中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

サービス業の売上高が伸びない

2019年12月01日 06時44分08秒 | マーケティング戦略とは

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京自由が丘のサービス業のコンサルティングをします。

今日はサービス業の売上高が伸びないについてです。

【サービス業の売上高が伸びない】
・サービスとは無料という意味ではなく、形のない財(無形財=役務)を提供する業種のこと。
・具体的には金融や物流、飲食業、学習塾、音楽教室、美容業、鍼灸や接骨院、そして私のようなコンサルティング業のことを言う。
・サービス業の付加価値の多くは人から生まれる。費用面から見ると、売上高に占める人件費の割合が大きいという特徴がある。
・サービス業の多くは提供する人(担当者)の質によって顧客満足度が大きく変化する。
・近年のシェアリングやサブスクリプション、古くはレンタルやリースは、モノ(有形財)をベースにしたサービス業である。モノベースの場合、人(担当者)の違いによるサービス品質の差が少なくなる。
・品質安定により収益拡大が見込める。

関連講演:
2020年1月24日に講演「営業・販路開拓・マーケティング・商品力強化」を久喜市商工会令和元年度創業塾で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「サービス業」テーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« PDCAとOODAの使い分け | トップ | 10月の中小企業景気動向 »
最近の画像もっと見る

マーケティング戦略とは」カテゴリの最新記事