カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪スケールモデルからアニメキャラクターまで、
幅広い分野の模型製作を詳しく解説!≫
(小さい写真はクリックで拡大)

「ジェットブルドーザー《3》」

2022年08月10日 | 製作日記 ジェットブルドーザー
まだコロナ禍ではあるものの、今年は各地で夏祭りが再開しているみたいだ。
所で、夏祭りで子供がよく食べてる、“リンゴ飴”ってあるけど、はっきり言って
「もの凄く食べにくい」よな(笑)。あれってなんでリンゴまるまる一個なの?
飴を舐めきった時点でリンゴを一個まるまる喰う勢いなんてなくなってるんだよな。
捨ててあるゴミの中にリンゴ飴のリンゴだけ殆ど残ったのを見かけたりしたし。
勿体無いけど気持ちは解る。なんか喰いきれないんだよ。
自分も昔一回だけ買ってもらって、飴だけ舐めて喰えなくなったことがある。
…もっと1/4の切り身に飴かけたやつとかにして欲しいなあ。
一個だと持ち歩くのも重いし。1/4だと値段も下がる。
子供って“一個まるまる”なことに満足感があるのかも知れないけど。
夏祭りの景色でふっと浮かんだ疑問でした。

↓窓の部分をルーターで彫り込んだ。
ちょっと白くて解り辛いので写真に破線を入れた範囲(矢印)。
窓を透明部品にまではしないぞ。中の耐熱服着たバージルまで作る気はナシ。
で、窓の位置はいろんな写真を見て悩んだんだけど、どうも食玩のヤツは
相対的に位置が高すぎるみたいだ。

↓これはプラ材の箱組みで繕ったシャシーである。
今上下が逆様で、写真左端が前方になる。ここにはエアインテイクのような形が付く。
当初はこの形でいこうと思ったけど、インテイクに上唇があるのに気付く。
なので矢印部の破線まで肉を付ける。

↓…こんなカッコかな。
いろいろ本編の写真見たけど、暗かったり明確に形が判る写真がない。

↓上下を正規の方向にした状態。
基本構造は5mm角プラ棒と1mm厚プラ板の組み合わせだ。

↓本体に合わせてみるとこんな具合だ。
シャークマウスみたいなインテイクになる。

↓えー、背中の箱形状を削り飛ばしたので本編通りの形を作っていこうと。
ここには円筒形の物体が載ってる。ウォータポンプ等の冷却設備が入っているらしい。
エポキシパテの塊で成形。上面が少し陥没した形みたいなのでプラ板の輪ッカを
着けて形を整えた。前に“楕円形に変形した”、とか書いたけど結局真ん丸みたいだ。
…まだ細かいディテールは後回しな。

↓サイズ的にはこんな感じ。
コックピットの屋根よりやや高く飛び出している。

↓なんとなく雰囲気見えてきたね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジェットブルドーザー《2》」

2022年08月02日 | 製作日記 ジェットブルドーザー
↓形の乖離で一番気になる前の尖がりを盛り付けます。
先ず盛る部分にパテが食いつくよう、ルーターで凹凸をつける。

↓エポキシパテで大胆に盛り。
柔らかいうちに指で押さえて大体の形に成形。

↓足回りのフェンダーとなる部分を削って成形(矢印部)。
幅方向は履帯幅をオーバーラップする範囲まで広げておいた。

↓狙いの形をイメージしやすいよう、仮に鉛筆で風防の形を描き込む。
写真の斜線部もボリューム不足なので盛り付ける形になる。
この部分の前端はキットオリジナルでは凹みがあり、エアインテイクのような
モールドとなってるんだけど、ココは設定から言うとヘッドライトだそうである。
盛り付けに伴い、位置をもっと前方に移動することになる。

↓凹みはプラボードとプラ板で工作。

↓これをオリジナル形状の前に接着(矢印部)。
5mmくらい前方移動した形だ。

↓足回りのフェンダー上部は滑らかなS字カーブを描き、
後部上面は僅かにはね上がったようなカッコになってる。
ここはやや強調しプラ板を当てて成形(白矢印部)。
又、コックピットの出っ張りの後部はフェンダー上部に比べて高く、段差があるようだ(黄矢印部)。

↓写真左は食玩。おおよそ近い形になった。
結局オリジナルの面がかろうじて残っているのは黄色い部分のみだ(^^;。

↓自分がジェットブルドーザーを好きな理由は、この重機らしからぬ
流線型のボディーにある。この魅力はジェットモグラにも磁力牽引車にも無い。
なんとも“美しいスタイル”のブルドーザーなのだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジェットブルドーザー《1》」

2022年07月26日 | 製作日記 ジェットブルドーザー

漸く、コレにかかる気になりました(笑)。  …この難物。
以前、「昔プラモ」の回でも紹介させてもらった、70年代のイマイ製プラモデル。
パケには子供にも何か分かるよう「サンダーバードブルドーザー」となっている。
小学生の頃、ジェットブルドーザーが好きで2回くらいこのキット買った記憶が。
砂場に持っていって砂を押して遊びましたよ。
その頃はやはりテレビで見た形の記憶だけなので「こんな形だったよな」と
納得してたと思うけど、今このキットを見るともの凄い形の乖離に気が付く。
同時に売ってた「磁力牽引車」はそうでもないのになあ。
今回は「じゃア、どんな形だったら許せるのか」みたいな修正をやっていきますね(^^)。

↓メインパーツをざっと仮組。  おお。コレコレ。
…“ジェットブルドーザー”だとは認識できるけど、その全てにおいてバランスがおかしい(笑)。
まぁ、テレビ番組と切り離してしまえば、これはこれでカッコイイのかもしれないけど。
先ず問題の大きさから言うと、“鼻ベチャ”。コックピットのすぐ前辺りはこんな絶壁ではなく
もっと尖った感じだ。次に足回りのボリュームが足りない。この見えてる4つの車輪は
この1.5倍くらいの径があるイメージだ。その次にこの背中に背負った箱形状。
ここは箱ではなく正確にはやや楕円形に変形した瓶のキャップのような形だ。

↓あまりに修正箇所が多いのでマストな部分を纏めてみると写真の項目が挙げられる。
丸内の数字は後の説明に登場する番号に対応。
①の破線は前の盛り形状。それに伴い②の赤斜線部は削り(不要)となる。
③はコックピットの出っ張りの後の方もボリュームを破線まで増したい。
④はそれに伴う削り部分。⑤は例の形が違う箱。ここは作り直す他なさそうだ。
⑥の部分も余肉が大きい感じ。
…で、②番と⑥番の兼ね合いから、もうこのボディー下パーツは不要と判断する。
シャシー部分はプラ板の箱組で工面したほうが早そうである。
「フルスクラッチの方が早い」という意見あり(^^A。
いやでも芯があるほうがいくらか楽だし、今回に限っては
「イマイのキットを使う」事に意義があるのだ(~~)b。

↓えー先ず⑤の箱カット。やりやすい順番で前後するけど…。

↓写真の上方にあるのは食玩のジェットブルドーザー。
食玩は結構正確に形を捉えてるのでめっちゃ参考になる。
見比べて、横方向のボリュームも足す判断。3mm厚のプラボードをあてがう(矢印)。

↓ボディー下パーツを使わないので下の部分にやや盛りの箇所がでる。
このようにプラボードの積層でフォロー。角を丸めて形を絞り込む。

↓⑤の箱のカットで開いた穴を塞ぐのに1mm厚のプラ板を使用。
加えて赤斜線部、④番の余肉をカット。矢印は③番の肉盛り範囲の目安に立てたプラ板。

↓①番の肉盛り範囲の目安もつけておく(矢印)。
この大砲(ニトロ弾発射砲身)の位置はたまたまジャストだったので
それを盛り部分の軸として使う。左右のシンメトリを出すのにも役立つのな。

↓…で、こんな感じ。
出来れば「イマイのサンダーバードブルドーザー」の面影を残したいと思ったけど、
こんなに四方八方をプラ板で囲ってしまっては面影がほぼ消えてしまいそうだよ(++;。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「BRDM-2《П'ятнадцять (ピヤトナイツェチ)⑮》」

2022年07月16日 | 製作日記 BRDM-2装甲車
コロナ新規患者がまた増えている。第7波だ。
しかし明日は祇園祭をやるらしいね。
大丈夫かなー、天神祭り以上に人が密集するのに…。

↓残りのパーツを付けちゃいますね。
これはバックミラー。ミラー部分にはミラーシートを貼ってそれっぽく(矢印部)。

↓ちょっと写真で見難いけど、機関砲照準器のワイパーはエッチングパーツ(矢印)。
これがまたむっちゃちっこい。全長3mmくらい。
エッチングの板から切り離した時点でくしゃみとかしたら絶対紛失する。

↓同じくちっこいのがこのスクリュー孔の蓋の押さえ金具(矢印2ヶ所)。
流石に薄いのでリアルなんだけどな。

↓矢印のパーツは予め組んであったけど折れ易いから接着を保留してた
旗のポールの受け金具。接着代が少なく触ったらすぐ取れるな。

↓で、まだアンテナが残ってたのですわ。
このまま使ってもいいんだけど、もっと長い状態の資料写真を発見。
先ずこの矢印の所から先は切り飛ばす。

↓0.3mm径の真鍮線でこんな形に。
さっきのパーツは矢印部で、やや力をかけて曲げてあるのがミソ。
左の直線のはこのアンテナを湾曲させた状態で固定する棒。

↓着けるとこんな具合になる。戦車でもよくこんなアンテナあるよな。

↓かくして「BRDM-2装甲車」完成。永らくお付き合いお疲れ様でした。
ネームプレートは手前側面に付けた。PC出力の紙の上からアクリルプレートを
ピン留めだ。1/1000の「ドメラーズⅢ世」でやったのと同じ。





↓えー、天井の蓋を外して裏返すとこんな。
左の方、沢山のペリスコープは根元(覗く所)が車体側に残る形だ。

↓内装も一通りどこから見ても殺風景さはない。





↓百均のプラケースに丁度収まることを狙った。埃除け対策も万全。



このキット、組み始めの方で“パーツの取り付け穴を自分で開けろ”という
指示があったと記したけど、実は“この穴は使わないから埋めろ”って指示もあったのだ。
キットにバリエーションが複数あるからこんな事になってるんだよな。
で、いくつかは穴も埋めたけど、埋めるの面倒臭くなって本来このキットでは
使わない設定のパーツを無理やり付けたりもした。
だから設定がややゴッタ(混ぜこぜ)になってる。
内装に無線機とかの機材自作した時点でもうゴチャゴチャだったんだけど(^0^;。

タイヤを切った状態なのでヴィネットが自然な感じになったかと。
…ところで、さっき祇園際のハナシが出たけど、これに使う山鉾は曲がり角を通過するのに
もの凄い苦労しながら方向転換する。“辻回し”というやつだ。
竹を車輪の下に敷いて、水をかけながら力尽くで滑らせて回転させる。…何年か前に見てて
「山鉾にステアリング付けたら早く曲がれるよな」と思ったことがある。
でもこの祭りに際しては必死こいて方向転換するのが迫力で見所なんだそうだ。
4WS機構で車輪を曲げてコーナリングしたら、ワビもサビもなくなっちゃうんだろうね(笑)。
岸和田のだんじり祭りとは性格が違うのだ。
でもその曲げる機構を大勢で操作するとか、それはそれでカッチョイーかもしれないぞ。

      《閑話休題》
水陸両用、さらに泥濘でスタックしないよう補助輪が付いていたりと盛り沢山な車である。
BRDM-1、BRDM-2、初期型から後期型までいろんな仕様が沢山作られたようだ。
ロシアのメカものは丈夫で安くて使い勝手もいいっていうイメージがある。
払い下げの車体を民間用に改造して、キャンピングカーみたいになってる動画も見た。
それどころか客を乗せるタクシーになってたりとか。乗り心地は悪そうだけど。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「BRDM-2《Чотирнадцять (チュトゥルナイツェチ)⑭》」

2022年07月12日 | 製作日記 BRDM-2装甲車
↓アンちゃん2人を塗装。
フィギュアのパケでは迷彩服だったけど、国連仕様のBRDM装甲車の
上に座ってる人の写真を見て、そんな色に塗る事にした。
ちょっと服の形は違うけど防弾チョッキを羽織ってるところは似ている。
先ず基本はこんな、ちょうどゼレンスキー大統領が着てるシャツみたいな
色で、防弾チョッキはそれよりやや明るめのグリーンである。
写真には水色のキャップをかむった人が居たので例のツバ付き帽子は
水色に塗った。 …確かにちょっと国連っぽいかも。

↓携帯のピストルはなんか“SIG”系っぽいのが
プラ製のホルスターに入ってる形のが付いていた(矢印)。
隣に“ウジー”のサブマシンガンもあるけどコレは使わない。

↓こんな具合になった。
…んー、ドライブラシがイマイチだな。
そう言やあ昔、ある“Y”さんという著名なモデラーの方に、
「ドライブラシって、筆のタッチが出ちゃうと失敗なんです」
と言われたことがある。 …あいやァ、それは解ってるんです、
解ってるんですけど、筆に付いた塗料がいいアンバイに乾くまで
待ちきれないのなf(^^;。 本当はビシバシ擦ってるのに
僅かに塗料が付くくらいまで乾かさないといけないのが、待ちきれなくて
やっちゃうからいかにも“筆で擦った”ようなタッチが出てしまう(泣)。
筆の毛ももっとヤラカイの使うべきなんだろうし。

↓荷物もこんな感じ。
何れも基本色を塗ってそれより暗い色で墨を流し、
後に明るい色でドライブラシしている。

↓荷物類はこのように配置(各矢印部)。
左写真の上の壁に付けた2つは実車写真でこんな形の袋が
壁に付けてあるのを見て真似した。

↓フィギュアを再び配置。
泥濘んだ分かれ道で、道に迷ったのか停車して、無線で連絡取り合ってる、
みたいなシチュエーションが想像出来る。後にもいっぱい車列がいるのかもとか…。



木製の飾り台にもニスを塗った。
でもまだ完成じゃないのな。触ると取れ易いパーツが幾つか残ってます。
→次回完成予定
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする