カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪旨い酒、いい肴、いいプラモ≫


(小さい写真はクリックで拡大)

「AROUND 80's」

2018年07月18日 | イベントなど

去る7月15日、大阪日本橋のボークスSRで
「アラウンドエイティーズ」と名付けられた作品展示イベントがありました。
展示内容はだいたい1980年代のアニメ、映画等キャラクター物の作品を
一般から募って持ち寄るもので、但しガンプラは除外、という趣向でした。
近頃の展示会って「ガンダム系作品」があまりに多いので
「ガンダム以外のがもっと見たい!」というこんな企画も新鮮ですね。

↑会場のようす。
80年代からはみ出てても「これいいですか」とたずねて良ければOK。
「ガンダムだけナシ」、なだけで後はゆるい感じで気軽な参加でした。
自分も作品置いて写真撮り回ったので抜粋して紹介します。

↑いきなりナツカシー。「新造人間キャシャーン」のアンドロ軍団。
この敵ロボって別の種類が一気に画面に映ることないのでこんなにサイズに差が
あると思わなかった、ってのが印象(笑)。

↑今や入手困難っぽいプラモ、「ロボダッチ」。
この、きっちりウェザーリングしてるヤツを初めて見た気がする。
なので巨大感あり。多分設定的には人間サイズに近いと思われるけど、
高さ4~5メートルくらいあるような。
自分も昔、「タマゴロー」と「ガマロボ」買った。

↑塗装に力が入った入魂の「スコープドッグ」。色合いがすばらしい。
かなりディテールアップもしている感じだし。
この飾り代も工夫されてますね。自分も必ず木製台を使う方なので共感できます。
…タマに上のプラモと同んなじくらいコストかかったりするしな(^^A。

↑おわっ、これはプラモ?…「グロイザーX」のプラモ初めてみた。
しかも“超爆形態”っすね。敵をボコボコにやっつけそうでイイです。
若干70年代だけどいいもの見れました。

↑大迫力の「ガラバゴスタイプ」。チッピングが細かくて“鉄板感”がリアル。
後ろの棚部分にミリタリー用かなんかの荷物をいっぱい背負い込んでました。

↑ヴィネット風に綺麗に纏まった「ガリアン」。
ガリアン本体はさておき、周囲の景色も丁寧に作ってあって見応えグンバツ。
この透明レジン工作も結構ムツカシイんだよなあ。

↑退いてしまう程綺麗な仕上がりの「ズワース」。
胸とか盾に宝石はまってるみたい。こうなるとリアルかとか云うより
工芸品のようですね。ディスプレー台あれば更に美術品っぽかったかも。

↑なんかカワイイので撮りました(笑)。
ってかよく見るとこのスコタコ、チッピング錆の付き方とか
もの凄く自然でリアル! 皆んな地味に凄ワザ持ってんだもんなー。

↑これは我がAPC所属の模型雑誌ライター、ちょうぎ氏の「コルドバ」。
旧ニットーのキットより二周りぐらい大きなガレージキットという事ですが
巨大感といい電飾といい流石の仕上がり。ブリッジの赤い光の奥から
コワルスキー大佐の高笑いが聞こえてきそうです。

↑わーい(←子供か)、イデオン系のプラモがいっぱい。
昔に「ジグマック」と「ギランドゥ」は自分も作りました。
↓前回の「ソロシップ」はって?…もちろん持って行きましたよ(^^)。

とにかくは参加者や見物人の方々とも話もできて楽しい一日でした。
主催の皆さん、見に来てくださったギャラリーの皆さん、
猛暑のさなかありがとうございました、お疲れさんです(^^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「震電《壱》」

2018年07月14日 | 製作日記 震電
また蝉の鳴く時期がやってきましたね。あの声聞くだけで暑くなります。
ンで今度はまた旧日本軍戦闘機を作ろうと思います。最近ヒコーキ系に感心が
寄ってるみたいでよく作ってる傾向。

ハセガワ1/72「J7W1 十八試 局地戦闘機 震電」。
このヒコーキを初めて知ったのは小学生の頃。
タミヤ製の1/72(現在絶版)を友達が持ってたところからだった。
そん時の印象は「ゼロ戦に比べると何だかブサイク!」だった。
とんでもないスタイルなので「架空?」とも思ったくらいで…。
この先尾翼形を「カッコイイ」と思い始めたのはそのだいぶ後で、
それが“高射砲も届かない程高空を飛ぶB-29を迎撃する為の苦肉の策”
と知った時からだ。当時、通常の戦闘機ではその高さに登ることも出来ず、
上れたとしても20mm機銃では要塞のような爆撃機になかなか打撃を
与えられないという困難を打開する必要があった。
そこで重武装の妨げとなっているプロペラと発動機位置を後方に切り替え、
空いた前方に前例のないほどの大口径機銃を何丁も束ねて搭載。
加えて発動機は過給器付きで高空でも充分な性能を発揮。
高高度でもそれまでの戦闘機より約100キロ速い速度を出せたらしい。
こんな、レシプロ機としては類を見ないようなバケモンで、
しかも目的がそのような特化した究極のメカであることからも、
自分が考える“ゲテモノ”にそれこそ相当すると考えたのだ。
結局は実際に迎撃戦に出ることもなく終戦を迎えてしまった幻の究極兵器。
そう考えるとこのこっけいなスタイルが不思議にカッコよくみえてくる。

↓キット内容なんだけど表面のスジ彫りは思ったより詳しく入ってる。
ただ以前製作したタミヤの「紫電」にくらべると鋲のモールドは全くない。

↓先ず最初に1/48とか1/32モデルの写真を参考に鋲の穴を加工。
加工にはリューターの先の尖った精密用ビットを使った。

↓コレだけで結構精密感アップ(^^)。
主翼の方はひつこくならない程度に加工場所を選んでつけた。

↓これはプロペラ基部のカバー。矢印のモールドをスジ彫り、鋲穴共に追加。

↓前翼部分と上カバー。
4門搭載した機銃は右側2丁が一体成形、左2丁は銃身が別パーツだった。
弾帯とかの並び関係から搭載した位置がずれて銃口位置が全て前後方向で違っているせいなのな。
ここは震電の見せ場でもあるので一旦全て穴加工してしまい、
1mm径のプラ棒に0.4mm穴を加工したものを差し込んだ。
“五式三十粍固定機銃”の口径はその名の通り30mm。こんなごっつい感じの
バレルなので真鍮パイプよりプラ棒に穴を加工したほうが似て見えるのだ。
因みに1/72で計算すると0.42mmだったのでほぼスケール通りの穴が開いてる(^^)/。
こんなデッカイ機関砲弾が秒間25発ぐらい飛んで来たら流石のB-29でも一瞬でボコボコになる。

↓加工した部品のみ組み立ててみる。
眺めれば眺める程大戦中のヒコーキと思えないよな(^^A。
日本、特にドイツとかにこう云うヘンなのがいっぱい居たんだよなあ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コンパクトカセットの時代」

2018年07月09日 | 昔回想
自分は昔から結構音楽を聴く方である。
カシメルBARとして使っているテーブルの上に“CDラジカセ”があって
ここで呑んでいる時とか、だいたい何時もBGMをかけているのだ。
ビクター製で、ラジオ(FM、AM)カセット、CD、そしてMDまでが再生できる。
最近は大手の電気店に行ってもこんなラジカセが少なくなってきていて、
特にカセットがかかるヤツに至っては機種が凄く限られてきている事に気が付いた。
コンパクトなオーディオセットも新しいメディア対応のみだったりと、
だからこのラジカセが壊れたらどうしようかと心配になっていたりとかね。

↓CDもいいけど、自分の場合はカセットテープ(コンパクトカセット)で聴くのが主。
なんでかと言うと人生の大半かけてかき集めた好みの曲がほぼ全てカセットテープに
収まっているからである(笑)。持ってるケータイがガラケーで、ネットから曲を
ダウンロードするなんて事をしない時代遅れの輩にはしょうがない話でもある。
CDは買ったりするのだけど、例えば好きなヒット曲が聞きたくてそのアーティストの
アルバムを購入したとする。でも大体はその目当ての曲ともう一曲くらいイイのが
入ってるだけで、あとはパッとしない地味な曲が殆どなパターンが多かったりと。
聞き込むうちに気に入ってくるのもあるけど、やっぱりコスパは悪い。

…で、学生時代はよくラジオから歌謡曲や洋楽のヒット曲を録音したりした。
俗に云う“エアチェック”というヤツである。なのでその頃のカセットテープには
時代ごとのベスト10に入ってきたような曲ばかりがひしめいているのだ。
'80年代の洋楽が一番多いかなー。兎に角濃い曲目である。
アルバムを店で借りてきてダビングしたのもあり。その頃はCDとかじゃなく
「レコードレンタル」だ。勿論レコードプレーヤーがあってそこからテープに録る。
全曲そのままコピーしたのもあるけど、レコード何枚分もの目当ての曲目だけを選んで
収録する場合もあった。ややプチプチ雑音の入った曲は多分レコードから来たやつだ。
古いモノは40年くらい経ってるのもあるけど、不思議に「テープが伸びちゃって
聴けなくなってしまった」なんてのはまだ出ていない。
今もカセットテープ売ってるけど、流石にかつて程のバリエーションはない。

↑カセットテープのデザインは様々で、その時の気分でカッコイイと思ったのを購入した。
一番多いのはこのSONYの長方形の窓が付いたヤツかなー。写真のは白とエンジだけど
黒いのやらグレーのやらもある。この左の「SUPER PACK」と手書きしたのに
エアチェックの曲が詰まっている。「5」は勿論5本目という意味だ。
かけると洋楽邦楽のヒット曲ばかりがランダムに聴けてまるで有線放送を聴いている
ような感じ。

↑この左側の全部透明ってのも好きだった。確か「TDK AD-スプレンダー」とかいう。
真ん中のもTDKでクリアーブルー成形が綺麗なタイプ。左の乳白色パターンは少ないけど
2本くらい所有。

↑自分が持ってるので一番古いのはこのタイプ。おそらく40年以上昔のヤツ。
当初はテープの残量を確認する為の真ん中の窓がこんなに小さかったのだ。

↑時代ごとに変わったデザインを見かけると買っていったので、変り種の形も多々あり。
因みに収録してあるアーチストを挙げると
「YES」「カーズ」「ハート」「A-Ha」「シンディーローパー」「ネーナ」「マドンナ」
「ジャーニー」「プリンス」「U2」「ホールアンドオーツ」「ユーリーズミックス」「ポリス」
「レベッカ」「ELO」「ダイアーストレイツ」「トーキングヘッズ」他…。
…な。1980年代バリバリでしょ(笑)。ウォークマンに入れて外出したりもしたなあ。

↑この左は窓がクリアーブルーで粋なデザインだ。そして見た瞬間に飛びついたのが
右のヤツ。大昔の“オープンリール”時代をイメージさせる奇抜なアイデア。
…大昔と言ったけど、自分は小学低学年のときウチにオープンリールのプレーヤーがあって
それで音楽聴いてたけどなf(^^;。因みに聴いてたのは「ベンチャーズ」とか親父のあおりで
「軍歌」とか。‥小学生で「加藤隼戦闘隊」とか知ってたんだよナマイキに。‥なんだかなあ。
こんなコンパクトカセットテープを初めて見た時は「ちっこいー!!」とか
「供給側と巻取り側が一挙にひっくりかえせる!」と革命を感じたくらいだった。

↑カビが生えそうなハナシは置いといて、最後の写真はメンテナンス用カセットである。
右のヤツはまあ大体判るかもしれないけど“クリーニング用”。
下側に付いたスポンジにクリーニング液をつけてプレーヤーにかけると
中のギアーがまわってヘッド(テープ内容を読み取るところ)をクルクル拭き取る
仕組みになっている。左のヤツは“ヘッドイレーザー”というシロモノ。
これを見かけるまで自分も知らなかったのだけど、プレーヤーのヘッドにはだんだん
余計な磁気が溜まってきて綺麗な音が聴けなくなってくるらしい。
それを除去するのがこのマシン。これを入れてプレイボタンを押すと
「キュン!」というノイズと同時に一瞬で磁気を除去。
当然ながら電力が要るのでボタン電池が入ってる。
最近気にしてないけど今も売ってるのかなー。レコードと同じでテープを好んで
使う人がいるので沢山は見かけなくなっているもののもっといいモノがあるかも知れない。

今回はまだまだけっこうマニアが居そうなコンパクトカセットの思い出でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ソロシップ《Ⅷ》」

2018年07月01日 | 製作日記 ソロシップ
↓イデオンのアンテナの“T”の字なんだけど、やれるかトライしてみた(矢印部)。
瞬着で留めただけなんで気が付いたら無くなってそうだけどな(^^;。

↓基本色はキャラクターレッド。
肩の辺りは“Bメカ”のフロント部分なので少々塗り分けが多い。

↓塗りあがるとこんな。当初思っていたよりは「ちゃんとイデオン」だ(笑)。
ウェザリングはソロシップに合わせ“グランドブラウン”を使った。

↓ソロシップの上に付けるとこんな具合に。
メンテナンスデッキに立ってるとことか寝かしてある作例が多いけど
亜空間とかの設定で、この浮遊感のある表現もいいんじゃないかと。

↓デコパにニスを塗り、パソコンでプリントしたネームを貼って完成(^^)。
左の“IDEON”の文字部品は付属のスタンドに付けるものを流用。



↓…も少しエンジンナセルのステーが長いとカッコよかったかも知れない。
右写真は垂直離陸モード。結局構造的に回転はさせられず、一回エンジンを
外して挿しなおさないと方向を変えられないんだけど。



今回はキット的にソロシップが寸詰まりな雰囲気だったのと
全体が上下に分厚い感じ(特に船首部分)だった問題の修正がキモとなりました。
もうひとつはミニイデオンが思ったより「らしくなった」のがちょっとウレシイ。
初めに部品を見た時は一からスクラッチを考えたくらいだったけど、
折角の付属部品を生かせられてよかったと思います。

えーと“コスモ”のフィギュアも付いてたけど、今は無視しています(^^A。
でもガンプラでよく見かける、「このキットに誰ソレは付いていません」とかではなく
「ディスプレイ・スタンド及びユーキ・コスモ付」と書いてあるもんな。
ある意味盛り沢山なキットで楽しめる内容だったのが判る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ソロシップ《Ⅶ》」

2018年06月21日 | 製作日記 ソロシップ

《兵庫の(フテにゃんならぬ)ブテにゃん》

兵庫県のある施設にドライブに出かけ、昼食をとってまったりして帰ってくる、
というのをタマにやる。まったりしている時にそこから散歩に出て、河川の
ほとりで猫に出会った。野良なんだけど凄く人懐こくて目が合うとこっちに
寄ってきていきなり写真のような体勢になる。背中やお腹をさするとゴロゴロ
喉を鳴らす。最初に会ったのは2016年初頭で、それから何回かこの場所に
行く度、気になって様子を見に行くようになってしまった。
野良にゃんのくせに太っているので多分、近所の人から餌をもらっているんだろう。
先日も会えたのでこの写真を撮った。「ほんじゃ元気でね、また会いにくるわー」

↓で、ソロシップは詳細部分を着色しました。
写真の矢印部は「~力場発生装置」とかなんとか色々設定があり、
赤い色指定になっている。

↓船体後部もここが赤に塗られてた(白矢印部)。
黄色矢印は窓のようなので農園ドームに合わせてゴールドで着色。
えーと矢印付けるの忘れたけど、4個のエンジンナセルにある小さい三角翼の
後端はせり出してランディングギアになるらしいので、
ウェーヴのモールドプレートを使って滑り止めのようなギザギザをつけた。

↓そしてウェザリングカラーは基本的に“グランドブラウン”を使用。
やはり施したパールカラーの効果がやや薄れてしまったなあ。

↓これは底面。
実はウェザリングカラーの処理前にパネル塗り分けを追加した。
マスキングして塗装したのではなくデカールの細切れを利用したもの。

↓一先ずソロシップ完成(^^)/。



…まだ“金色”っぽい雰囲気は残ってる感じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加