♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■神を恐れ敬い誓願を立てたヤコブ / 羽鳥頼和

2018年04月07日 | Weblog
2018/3/3放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。今日は旧約聖書の創世記28章で語られている、神を恐れ敬い請願を立てたヤコブについてお話しします。

 ヤコブは父親のイサクに、親戚の家から自分の妻を迎えるために親戚たちが住んでいるパダンアラムに行きなさい、と言われました。彼は言われた通り旅に出ました。ヤコブはある場所に辿り着き、そこで一夜を明かすことにしました。彼はそこで石をとって枕にし、その場所で横になり眠りました。すると彼は夢を見ました。それはこんな夢でした。
 一つのはしごが地面に立られています。そのはしごは天にまで届き、神の使いたちがそのはしごを昇り降りしています。そして神がその上に立ってこう言われました。
 「わたしはあなたが横たわっているこの地をあなたとあなたの子孫に与える。わたしはあなたと共にいて、あなたがどこへ行ってもあなたを守る。わたしはあなたに約束したことを成し遂げるまで決してあなたを捨てない。」

 ヤコブは眠りから覚めて言いました。「神はこの場所におられる。それなのに私はそれを知らなかった。この場所は何と恐れ多い所だろう。ここは神の家にほかならない。ここは天の門だ。」

 ヤコブは、神がここにこられ約束を果たしてくださる、と確信したのです。そして神に請願を立てて言いました。
 「私はあなたを私の神としてあなたに仕えます。ここに神を礼拝する所を造ります。そしてこれからは神がくださるもののすべての十分の一を必ず神に捧げます。」

 今でいうならヤコブは婚活をしに出かけたのです。そして婚活に行く途中で神が自分の人生に約束を与えてくださり、神がその約束を必ず果たしてくださることを知ったのです。その事実を知った時、ヤコブは神を恐れ敬いました。そして自分の結婚に神の導きがあることを信じて神に期待したのです。そしてこれからも自分は神を恐れ敬い信頼し、礼拝することを神に誓ったのです。

 明日は日曜日です。神に礼拝をささげるためにお近くのキリスト教会にいらしてください。

(PBA制作「世の光」 2018.3.3放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■試みにあわせないでください... | トップ | ■神の恵みに感謝する / 岩... »