閑居シニアの写真館

リタイヤして30年、いろいろと写真を写し続けています。最近は身近な風景を見たまま気ままに写真を楽しんでいます。

お鷹の道から武蔵国分寺

2024-02-23 09:47:16 | アルバム
お鷹の道から武蔵国分寺

国分寺公園からお鷹の道の入ると最初に出会うのが伝説の池、真姿の池だ。


真姿の池周辺は奇麗に整備されている。
手前の階段を降りると右手に水神様がある。



水神様の鳥居の下には真姿の池の石碑が建つ。


水神様のj祠の周辺は一年中緑に覆われている。


右手が真姿の池、左手の道がお鷹の道。
角に休息所が有る。
真姿の池からの湧水と国分寺境内から流れる湧水がここで合流する。


お鷹の道に入る。
左手には湧水路が有り、右手には国分寺崖線の林が有る。


林の整備が始まったのだろうか、多くの木が伐採されていた。


国分寺資料館内にある七重の塔のレプリカが印象的。


湧水路の中にカメラを入れて見る。
湧水の流れが無く、水量が殆ど無い。


武蔵国分寺から流れ出る湧水は殆ど無く水枯れの状態だった。


湧水路には水は全く無かった。
この冬は降雨が少なかったために水枯れになったのだろうか、このような事は滅多に無い。



武蔵国分寺境内の紅梅、白梅が奇麗だった。


しだれ梅も満開状態だった。






しだれ梅越しに国分寺楼門を見る。


境内の万葉百花園には福寿草?が咲いていた。
月に1~2度訪れるお鷹の道だが、来るたびになにがしかの変化があり楽しい。
定番の散歩道だが、最近では結構疲れる。
今年は訪れる回数も少なるかも知れない。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 国分寺公園の花達 | トップ | 散歩道のキャラクターと窪東公園 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アルバム」カテゴリの最新記事