閑居シニアの写真館

リタイヤして30年、いろいろと写真を写し続けています。最近は身近な風景を見たまま気ままに写真を楽しんでいます。

庭のバッタ

2022-08-16 09:51:20 | 昆虫

バッタとクモ

雨上がりの庭の花にバッタがいた。

形からオンブバッタと言われるバッタだと思う。

小さなバッタを背中におんぶして歩くバッタがいるが、そのバッタのような気がする。

体長は約2センチほど。

このバッタは長い顔の持ち主だ。

眼も細長い。

正面から見ると一層顔が長いく、愛嬌のある顔が可愛らしい。
このバッタは羽が生えて飛ぶ事が出来るバッタになるのだろうか。

家の外壁に小さなクモがいた。

俗にハエ取り蜘蛛と呼ばれるものだと思う。

家の中でも時には見かける事がある。

蜘蛛の巣を作ることは無い。

手を近付けると素早く逃げる。

 

政府は制限なしの外出や旅行を許可している。

お盆の各地の賑わいぶりを見ると、自分も出かけたいと思うが、やはりコロナ感染が怖い。

従って、コロナな感染を極端に警戒し、外出は医者に行く時くらい。

それ以外は外出することは無く、閉じこもり生活。

日常品は子供達が調達してくれる。

それ以外は、4月から移動販売車が我が家に立ち寄ってくれるので、殆どの食料品は間にあう。

14日は涼しく足の痛みも和らいでいたので、人に会わないコースを選び、早朝の散歩に出たのが唯一例外だ。

また巣籠り生活が続くだろう。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台風一過?

2022-08-14 10:15:13 | 日常

台風一過?

昨夜は台風8号が関東地方に上陸するという予報が出ていた。

市役所からも大雨警報、洪水警報の注意報が発令された。

夕方、風と雨がやや強くなったかなと云った感じだった。

台風に備えて色々と準備をして10時30分頃に就寝。

今朝、起きて雨戸をあける。

外は全く異常なし。

思えば、昨夜は殆ど風もなかった感じ、雨もさほど降った気配がない。

テレビのニュースでは、近隣の町の被害が伝えられていたが、何故か我が家付近ではなにも無い感じだ。

朝、暑くならない内にと散歩に出る。

この散歩もコロナ感染拡大が激しくなってから一度も出たことが無かった。

3か月位い出なかったと思う。

道々台風の影響はあるのかと見ながら歩くが、全くその気配はなかった。

あるお宅の門にヤモリらしきキャラクターが門に付いていた。

なかなか可愛らしい。

近くの小公園の百日紅も台風の影響は全く無し。

本当に台風が通過したのだろうか?と疑問が湧く。

別のお宅の百日紅も異状なく綺麗に咲いている。

道端に張り出したノウゼンカズラ。

これも綺麗に咲いている。

昨夜の雨が花に残っていた。

テッポウユリ?かな。

背丈が高くひょろりとしているが、折れもせず立っていた。

散歩の道すがら見た風景は台風が通過したとは思えない程日常的風景だった。

台風に見舞われ、被害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カマキリの子供

2022-08-11 09:45:08 | 昆虫

カマキリの子供

近年、我が家の庭で昆虫の姿を見かけなくなったと嘆いたが、庭の植え込みなどをよく見ると名も知らぬ小さな虫を時々見つける事が出来る。

大きさが10ミリ以下と言う虫が多い。

蝶や蝉、トンボの類はめったに見られない。

カブトムシ、クワガタムシ、カナブン、カミキリムシに至っては全く見る事が出来ない。

昆虫とは違うが、カタツムリ、アオガエル、ガマガエル、なども見た事が無い。

夜、街灯の明かりに寄って来る虫や蛾の類も全くいない。

カマキリの子供を見つけた。

体長は3センチ位、羽はまだ生えていない。

カメラを近付けるとカメラに向かって威嚇する動作を見せる。

そんなカマキリが可愛らしく、何枚も写してしまった。

逆三角形の顔が愛らしい時もあれば、精悍な様相を見せる時もある。

 

両眼の大きさが顔全体の半分くらいを占める。

視覚で獲物を見つけるのだろうか。

触覚も見事に長い。

撮影していて、このカマキリの子供の餌になる小さな虫がいるのだろうか、虫がいなかったら餓死してしまうのではないだろうかなどと、思ってしまった。

成虫になれば羽も生え、行動範囲が広くなるので餌探しにはさほど困らないと思う。

子供たちの生存確率はどのような物なのだろうかと考えてしまった。

撮影を終わり、おい確りと生きろよ!とエールを送った。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

深度合成

2022-08-08 10:40:45 | カメラ

深度合成

前回は、画像合成とソフトフォーカスについて検証してみたが、オリンパスのカメラにはもう一つ面白い装置が付いている。

それは深度合成と言うものだ

深度とは被写界深度の事を言う。

被写界深度とは主役になる被写体にピントを合わせた時に、その前後にピントが合ってると見なされる距離がある。

それを被写界深度と言っている。

他のカメラにも付いているかとは思うが、オリンパスカメラにはその被写界深度をコントロール仕組みが付いている。

通常は画面左の猫にピントを合わせると、バックのキャラクターはボケてしまう。

バックのキャラクターまでピントを合わせようとすると絞りをf16とかf22とかに絞らないとピントが合わない。

場合によってはそれでもバックの被写体にピントが合わないかも知れない。

仮にバックまでピントが合ったとして、その奥の被写体もシャープに写ってしまう。

オリンパスの被写界深度を使うと、絞りは解放絞りでもバックの被写体にもピントを合わせる事が出来る。

写真は手前の猫にピントを合わせ、絞りはこのレンズの開放値f4で撮影したもので、バックのキャラクターはボケている。

この写真は、カメラの被写界深度を使い撮影したもの。

絞りは上の写真と同じf4開放絞り。

ピントは手前の猫に合わせている。

奥のキャラクターまでシャープに写っている。

この様な接写の場合は特に手前と後ろにピントを合わせるのは難しいが、この被写界深度を使うと簡単に奥までピントを合わせる事が出来る。

この花の写真は奥の花にピントを合わせたもの。

すると手前の花はボケてしまう。

この写真もf4開放絞りで撮影。

同じ花を今度は手前の花にピントを合わせ、同じf4開放絞りで、被写界深度を使って撮影したもの。

通常このような場合、両方の花にピントを合わせるのは殆ど不可能に近いが、簡単に両方の花にピントを合わせる事が出来る。

絞りを絞り込まないので、花の後ろは奇麗にぼけたままの状態だ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソフトフォーカスと合成

2022-08-06 09:32:41 | カメラ

ソフトフォーカスと合成

デジタルカメラの時代になって急速にカメラが進歩し、一眼レフカメラやミラーレスカメラ等には色々な撮影プログラムが内蔵されるようになった。

しかし、それを満足に使いこなすことはプロでない限り殆どない。

高価な値段を支払ってもったいないと思う。

かく言う老骨も殆ど使った事が無い。

そこで、試しにソフトフォーカスと、合成を使ってみた。

初めての事、何をどのように合成したら良いのか分からず、適当にやって見た。

先ずソフトフォーカス。

ソフトフォーカスは名の通り、被写体の写りを柔らかいソフトな感じに表現する方法だ。

パンジーをソフトフォーカスで写して見る。

ふんわりとした表現で、暖かみを感じる。

我が家のミニトマト。

丁度食べごろになっている。

ふんわりとにじむような感じで、やはり暖かみを感じる。

摘み取るのが惜しいような気がする。

 

次は合成。

カメラで撮影する時に2枚の写真を合成するやり方だ。

最初にやって見たのは犬のキャラクターと花の合成。

最初に犬を撮影、続いて花を撮影したもの。

花に埋もれた犬?と言った感じになった。

これは扇風機と花の合成。

初めに扇風機を写し、次に扇風機の真ん中の丸い部分に花が来るように撮影し合成。

先に撮影する被写体は出来るだけ暗いものとか、バックは暗いものを撮影するのがベストのようだ。

写真の扇風機の真ん中の丸い部分が白かったので、合成した花が引き立たなくなってしまった。

この写真は初めに花をぼかして撮影、次に別の花を普通にピントを合わせて撮影、合成したもの。

普通に撮影した場合、手前の花とバックの距離が程離れていないとこの様にバックはボケないが、合成することによって、バックをぼかす事が出来た。

同時にソフトフォーカスのような効果も得られた。

この写真も上の写真と同様の手法だが、時計の場合と同じようにバックの白い所に花が来たために、主役の花が白茶けてしまった。

ソフトフォーカスは柔らかいふんわりとした表現をするために、被写体選びが一寸難しいように感じた。

二枚合成も同じく被写体選びが難しい。

要領が分かったような気がするので次回又挑戦してみよう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我が家の庭で羽化して行く蝉

2022-08-04 09:24:35 | アルバム

我が家の庭から羽化して行く蝉

我が家の庭から毎年十数匹のアブラゼミが羽化して行く。

庭には蛹が這い出た穴が無数見られる。

不思議なのは羽化する場所だ。

地上訳30センチ位の所で家の壁で、うつむき加減の状態だ。

これは地上2メートルくらいの木の幹。

これは、地上3メートルくらいの所から出た枝から分かれた別の枝の先端まで約2メートルの柿の木の葉の裏。

と羽化する場所に差がある。

この差は一体何故なのか。

地上に出た時の場所の関係なのだろうか。

片や地上30センチ、片や地上5メートル以上、地上に出た時の場所により樹木が見当たらなかったためなのだろうか。

7~8年前に樹木に産み付けられた幼生がやがて地下に潜り、7~8年後に地上に出た時に、地表がコンクリートになっていたりして地上に出る場所が見つからない事などで、死んでしまうものもあるのかも知れない。

やっと地上に出たとしても羽化する時間がなく、やむなく地上30センチの場所で羽化してしまうのだろうか。

いずれにしても良く分からない蝉の羽化。

羽化して飛び立ち別の枝にとまるアブラゼミ。

羽化してから1~2週間の命。

確りと跡継ぎを残してもらいたいものだ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

盆栽の根元に生えたコケ

2022-08-02 09:51:03 | 動植物

盆栽の根元に生えたコケ

35度を超える暑さが続く。

この熱さは8月半ばまで続きそうだ。

暑さに弱い老骨にとって8月は地獄になりそうだ。

外出はコロナのせいもあるが全く無し。

エアコンのきいた家に閉じこもり?だが、庭の植物の水やり位は庭に出る。

足の痛みも90%くらい回復。

全快まで後一歩と言った所だ。

そんな折に見つけたのが、盆栽の鉢に寄生したコケだ。

このコケを最初に見た時はつるんとして先のとがった葉の様な物だったが、それが先端の部分が花か実のようになってきた。

花か種子かは分からないが、木漏れ日を浴びて美しく輝いていた。

マクロ撮影も面白い。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

百日紅

2022-07-31 10:25:31 | 

近所を歩く

夕方涼しくなってから痛い足をかばいながら15分くらい近所を歩く。

足が痛たくて歩行がままならないと言うのは情けない。

何とか平常の姿を保ちながら歩くのは辛い。

足が痛いなりに歩けば良い所を見栄を張って痛くないふりをして歩く(笑い)

歩くうちに目に付いたのが百日紅。暑さにも負け咲き誇る姿に勇気を貰う。

 

歩くうちに数軒に百日紅の花が咲くのを見た。

百日紅の木を植えている家庭が意外と多い。

オシロイバナ?の咲き乱れる小道を抜ける。

鬼百合を植えている家庭も結構ある。

花数が付きすぎ、重みが増し花ごと傾いてしまっている花もある。

短い散歩時間の間に見た花は、暑さに強い花のみだった。

足の痛みをかばいながらの散歩はこれらの花に勇気付けられたような気がする。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春から今までに見た花4

2022-07-29 09:48:54 | 

春から今までに見た花4

春から今まで見た花は無数ある。

その中で撮影したものはごくわずかだ。

4回にわたってアップしたものはごく一部。

PCの中にはもっと多くの写真があるが、ここにアップしたものは現在PCの中に残っている写真だ。

自分のお気に入りのものは外付HDの中に保存されている。

アジサイの花の写真は今までにもアップしているが、本当に無数の花を写している。

花ではないが、我が家で育てているミニトマト。

かたばみの仲間。

この二枚は園芸種のものだと思う。

八重咲のドクダミの花。

以前にも紹介したが、八重咲のドクダミは珍しく、以前にある広場で咲いていたものを一株頂戴したものだ。

夏に向かい花数は少なくなってくるが、園芸種を含め、まだまだたくさん見る事が出来るのではないだろうか。

足を痛めて満足に歩けない事と、コロナ・オミクロンの感染者数の拡大とによって、子供たちからきつく外出を止められているので、当分乗り物による外出は出来ない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春から今までに見た花3

2022-07-28 09:36:43 | 

春から今までに見た花3

日にちがたつと先に見た花が一段と華やかになったりすりと、同じ花を何回も写してしまう。

ヤマボウシの花もお向さんの垣根越しに見える花で、つい写してしまう。

ヤマボウシの花。

百合もご近所さんの花だ。

白い百合は清楚な感じで好きな花だ。

こんな百合の花もあった。

トラノオの仲間だろうか?

朝顔とドクダミの花。

春先からコロナの感染者が爆発的に増え、益々外出は控えなければならなかった。

そんな中コロナの4回目の接種を終えた。

何故かよく言われる接種後の副作用は1回目から4回目まで、ファイザーではあったが、接種した針の後が少し痛んだ程度で、全く支障はなかった。

接種後の副作用を恐れて接種しない人がいると聞くが、多少の副作用が人によっては出るとは思うが、接種を恐れずにしてもらいたいものだ。

日本のコロナ感染者数が世界一と今朝のニュースで報道していたが、あまり名誉な話しではない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする