閑居シニアの写真館

リタイヤして30年、いろいろと写真を写し続けています。最近は身近な風景を見たまま気ままに写真を楽しんでいます。

変わった花とスズラン

2022-05-19 10:03:23 | 

変わった花

変わった花と言っても形がおかしいとか言ったものではなく、同じ鉢植えなのに花の色がそれぞれ違うといった花だ。

花それぞれの咲いた順に色が変化するらしいといったものだ。

 

一輪一輪花びらの色が違う。

  

 

一鉢で色々は色の花を楽しむ事が出来るというのは珍しいのではないだろうか。

 

庭の片隅には可憐なスズランが咲いた。

何時の頃からか毎年咲くようになったが、あまり目につかない所に咲くので、見過ごしてしまうこともある。

5月も半ばを過ぎ、これからアジサイの季節に入るが、その後は身近なところで色々な花を見る事が出来なくなる季節に入る。

散歩の楽しみが少なくなるのは寂しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

移動販売車

2022-05-17 09:43:07 | 日常

移動販売車

ご当地に3月に移動販売車を手配することになったが、利用するかしないかとの調査に来ましたとスーパーいなげやからセールスマンが来宅。

それは有り難いと配車を依頼した。

4月になり、5月第一週から月・木曜日の2回立ち寄る旨の連絡があり、5月2日に第一回目の移動販売車が我が家の駐車場に来車してオープンした。

この近辺で配車の依頼をしたのは我が家だけとの事だったが、以来、月・木の2回来てくれるようになった。

実は、コロナ発生以来、日用品や食料品等を毎週一回一週間分をまとめて子供たちが調達してくれていた。

何時も子供たちに世話になることが申し訳なく思って居た所だったので、これで子供たちの世話にならずに済むと気持ちも楽になり、こんな有り難い事は無いといなげやさんに感謝。

品物も結構豊富、価格も安い。

何より良いのは、当方の希望の品を次回持って来てくれる事。

サービスも満点。

販売員と会話を楽しみながらの買い物を楽しんだ頃のような親しみを感じている。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タンポポの種穂

2022-05-15 09:44:37 | 

タンポポの種

先日、散歩の途中でタンポポの穂の群落を見つけた。

200平米ほどの植木畑の中にタンポポの群落があった。

あたり一面真っ白といった感じだった。

 

この日は散歩カメラの超小型カメラしか持っていなかったので、撮影は翌日にすることにし、その日は帰った。

ところがその晩雨が降ってしまい、翌日現地に行くとタンポポの穂は殆ど散り落ちてしまっていた。

折角だからと見られそうなものを選んで撮影した。

 

 

 

  

 

 

雨上がりで条件はあまり良くなかったが写すほどに面白くなり、あれこれと写したが気にいった写真は無かった。写真の出来よりも写真を写すこと自体が面白く、無我の境地入り込み浮世の事は放念、楽しいひと時だった。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シャクナゲとタツナミソウ

2022-05-13 10:28:00 | 

シャクナゲとタツナミソウ

シャクナゲの花が咲いた。

15年ほど前から庭の片隅に植えてあるのだが、日陰のためか殆ど成長せず樹形は悪い。

しかし、毎年いくばくかの花は咲いてくれる。

ツツジに似た花が一塊になって咲く。

 

 

青色のタツナミソウは我が家に始めてきたのが40年ほど前の事だ。

友人が一株持って来てくれたのが始まりだった。

以来毎年増え続け、庭のあちこちに群生するようになり、それが植木鉢に中まで侵入して咲くようになった。

繁殖力が強い花だ。

 

白いタツナミソウは3年ほど前から植木鉢の中に咲くようになったが、この花を植えた事は無く、自然に増えたものだ。

多分小鳥が種を運んできたものと思われる。

現在では青も白も増えすぎ、間引きに忙しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この春我が家の庭に咲いた花

2022-05-11 09:37:06 | 

この春我が家の庭に咲いた花

この春我が家の庭に咲いた花は一番先に咲いたトサミズキをはじめ色々とあった。

草花もあれば花木もあった。

ミニシクラメン

雪柳

クリスマスローズ

サクラソウ

 

花名は失念

花名失念、ツツジの仲間か?

ハナミズキ

 

 

チューリップ

 

スミレ

 花名不明

花名不明

雑草と片付けられている花、花名不明。

兎に角色々な花が咲き目を楽しませてくれたと共に季節の移り変わりを感じさせてくれた。

写真撮影が趣味の老骨に写真を撮る楽しみを満喫させてくれた。

この先6月位まではまだまだ色々な花が目を楽しませてくれる事だろう。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだまだあるご近所の花

2022-05-09 09:01:57 | 

次々と咲くご近所さんの花

ご近所さんの庭や表には初夏に咲く花が次々と咲いている。

散歩に出るたびに新しい花に出会う。

我が家の庭にも結構新しい花が咲いている。

 

 

我が家の庭にもエビネが咲いた。

一つ一つの花をよく見ると何処か人の顔に似ている。

人の顔と言うよりは宇宙人?といった感じだ。

三軒先のお隣さんの庭のエゴノキ。

 

我が家の庭のシラン。

数軒先のご近所さんに咲く花。

アジサイに似ているが果たして?

チューリップを玄関先で咲かせているお宅もある。

これは何の実だろうか。

サクランボ?ではないと思うがよく似ている。

これはバラ?だろうか。

とにかく花名に疎い老骨の事、名より愛でる方を優先。

 

新芽が赤い不思議な蔓状の植物の巧まぬ芸術?この赤い葉と緑の葉の織り成す構図が面白く何枚も撮った。

ゴールデンウイークの連休はコロナに対する色々な制限もなく、各地で大賑わいのようだったが、老骨としては何となくコロナの事が気になり、乗り物による観光には出かける意欲もなく、近間の散歩のみで過ごした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご近所さんは花盛り

2022-05-07 10:15:51 | 花のある風景

この10日ほどのご近所さん

この10日ほどのご近所さんは正に花盛り。

どの家にも何かしらの花が咲いている。

 

10日ほど前に小学校の片隅の竹林に出たタケノコは早くも5メートルくらいに成長している。

小学校前の小公園のツツジは満開。

マンション入り口のツツジも満開。

アパートの横にもツツジが満開。

藤棚の藤も見ごろ。

しゃれた佇まいのお宅のツツジも満開。

このお宅の垣根も花盛り。

垣根の内側には色々な花が・・・・・ オダマキの花

白いツツジも清楚な感じで美しい。

 

お向かいさんの玄関前。

こでまりの花?

一寸ご近所を歩くだけで色々は花に出会う。

花名は殆ど覚えていないが、眺めるだけで心が癒される。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

X山の花たち3

2022-05-05 09:32:28 | 

X山の植物たち

X山では一年を通じて色々な植物たちを見る事が出来る。

かたばみの花

 

ハルジオン

山吹の花

春から初夏にかけて色々な草花が咲く。

それぞれに名前が有るのだが、わかるものもあるが殆ど知らない。

昨日、散歩でX山を通った時に発見した花。

金らんではないかと思われる。

この辺りでは貴重な花だ。

もしこの花が本当に金らんであれば盗掘などされないように祈りたい。

 

2002~2010年頃にボランティア団体「故郷のの自然を守る会」がX山の保存のために調査をしていた。

老骨もその一員としてボランティア活動をしていた。

この小冊子は2005年3月に、2004年春から2005年春まで間での1年間を通じてX山に自生する植物の調査とともに写真撮影をした写真を一冊の小冊子にまとめたものだ。

この写真撮影を老骨が担当し1年間写真を撮り続けたものだ。

当時と現在ではX山の様相は全く様変わりしてしまっているが、X山は心の故郷としていつまでも残しておきたいものだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

X山の花たち2

2022-05-03 10:16:10 | 

X山の草花2

枯れ木が伐採された後は草原になり、色々な野草が繁茂している。

特に多いのがタンポポだ。

花盛りのもの、花が終わり丸い風船?状の種子。

吹けば落下傘の如く種子がふわりと飛んで行く。

そのさまが楽しい。

 

 

 

草原の主役はタンポポだ。

タンポポの種子が面白く、色々と写した。

「ほとけのざ」も結構沢山咲いている。

 

この花の花名は不詳。

小さな紫色の可愛らしい花だ。

この花の名は?

雑草とひとからげに言われているが、それぞれにれっきとした花名がある。

花は愛でるが花名を知らず、また図鑑で調べることもない老骨だが、見るものを写真に撮って楽しんでいる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

X山の花たち1

2022-05-01 10:55:11 | 

X山の草花1

我が家近くにX山と言いう雑木林がある。

もともとは農家の持山だったが、20年ほど前にX山の自然を守る会と言うボランティアの人たちがX山の植物調査や保存に努めてきた。

現在は市が管理をしているが、X山の管理ボランティアを募集している。

かくいう老骨も初期の「X山の自然を守る会」の会員として調査に参加していた。

X山入口付近。

X山入口にはこのような案内板が立っている。

X山の中に入るとこのような案内板があり、X山管理活動参加者を募集している。

X山の雑木が老朽化し、枯れ枝が落ちてきたり、倒木が出たりと林全体が老化してきたため、数年前から雑木林再生事業が発足した。

その事業のボランティアを募集しているのだ。

今では大分再生林が増えてきている。

多くの雑木が伐採され、その場所が空き地となり、野原のようになっている。

そこには色々な野草が繁茂している。

 

オドリコソウ?だろうか辺り一面に生え広がっている。

のいばら?だろうか花名に疎いので名は不明。

菜の花に似た可愛い花。

オオイヌノフグリ。

ぺんぺん草などと呼ばれるナズナ。

 

こんな貴重な花もある。

ムサシアブミだ。

名札を立て、花の周りに柵が設けられている。

20年ほど前には、銀ランや金ランなども自生していた。

当時の苦い経験で、貴重な花の周りに柵を設けると、その植物が盗掘されてしまうことが続出した。

今回もそのような事が無いように祈りたい。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする