崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

仕事の質

2008年09月20日 21時08分14秒 | エッセイ
アイルランドのダブリンからイギリスの田舎の空港へは自由席の飛行機に乗った。乗下車も歩く。荷物検査は田舎ほど厳しいのはどこの国でも同じ。入管が管理しないで警察がパスポートをコントロールする。日本人はノービザのはずなのに東洋系の人間は私一人だったので警察が私のパスポートをもって長く調査するので私は抗議した。またその厳しいセキュリティ検査のところでは脱いだ靴を上着と一緒に入れて、床をそのまま歩かせるリース空港の厳しい調査をへて飛行機に乗った。一安心ではある。無事にアムステルダムに到着した。5時間空港の中で待機して11時間弱で関西空港に着いた。ヨーロッパは4回行ったが、総合してヨーロッパの市民に対する官吏や事務員は誠意がなく、仕事の質、つまりクォリティがよくない。日本とは比べものにならないほど悪い。雑多な人種が集まっており、国際化という現象がこのように質を落としているのだろうか、もともと植民地を長くした歴史から管理支配の構造を負の遺産として持っているからであろうか。もっと調べたい。その意味で西欧諸国は先進国ではない。日本に戻って日本が先進国であると強く感じた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« from Armsteldam | トップ | コーラとコーヒー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気をつけて。 (大久保裕文)
2008-09-21 09:43:26
気をつけて、お帰りください。
調査の成果をお聞きすることが可能であれば、ありがたいと思います。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事