崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「笑点」

2011年01月22日 06時27分59秒 | エッセイ
私は長寿番組の「笑点」をよく見ている。司会者の歌丸氏を禿頭や頭骸骨などで笑う時が多い。時々政治政党や政治家を笑材にすることもある。昨年12月BBCが放映した人気お笑いクイズ番組で、日本の被爆者が笑いのタネにされ、在英日本大使館が抗議していたという。広島と長崎で二重に被爆した人を運の悪い人としてネタにしたことはとても残念とは思うが、お笑い番組であることで流してもよいだろう。世界で行われるコメディに怒って抗議するのはどうであろうか。
 日本は冗談が少ない国であると感じている。昔私は冗談で言ったつもりが日本人の相手がまじめに対応して困った時が多く今はしないようなった。イギリスの有名な人類学者のラドクリッフブラウンは冗談関係と回避関係を以って社会関係を分析した。冗談関係は親しい関係であるという。これは常識になっている。イギリスがコメディに日本のことをネタにしたことは親しい関係であるという意味がないわけではない。聞き流す「ジェントルな日本人」を前提にしていると思って欲しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「編集」が「偏集」になって... | トップ | 「産学」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生の方が非常識ですね (朴正人)
2011-01-22 11:11:08
>広島と長崎で二重に被爆した人を運の悪い人>としてネタにしたことはとても残念とは思う>が、お笑い番組であることで流してもよいだ>ろう。世界で行われるコメディに怒って抗議するのはどうであろうか。

こういうことを平気で発想する先生の方がちょっと非常識ですね。冗談でもいっていい冗談と
いうものがある。日本が冗談が少ない国ではなく、理性と常識の問題ですよ。
韓国人の人権意識の希薄さを端的に見せつけてくれる発言です。特に保守的な韓国人にありがちな、、、、
日本社会でこういうことはあまり言わない方がいいと思いますね。
Unknown (通りすがりの一般人)
2011-01-22 12:56:06
冗談でもいっていいことと悪いことがあります。聞き流す「ジェントルな日本人」ってなんですか。聞き流していいことと悪いことがあるはずです。政治をネタにする風刺とは全く違うと思いますね。
冗談でもいっていいこととは (崔吉城)
2011-01-22 13:53:16
 一昨年李恢成氏の招請講演を行った時「北朝鮮に行った親族はいま?」と事実を聞く人がいて、李氏と司会者の私は困まりました。小説のストリーを「事実」と思うからです。私は小説の事実や「真実」は別のものですと応えました。
 冗談とは普通の「話し」とは違うレトリックが前提になって、演説などとは違います。「いっていい冗談」で何ですか。倫理ですべてを考え、判断すると文学や芸術は成り立ちません。
追記 (朴正人)
2011-01-22 23:50:21
被爆者を笑いのネタにしたことが
問題があるのです。日本では被爆者差別の
問題について敏感なんです。そういう
理由があるからこそ在英日本大使館もいくら
笑いの世界で冗談でもだまって見ていられ
なかったのです。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事