今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

2019年私的ドラマアウォード

2019年12月30日 20時11分22秒 | 日記
 今年見た連続ドラマを自分の好みだけで表彰してみようという企画です。ちなみに自分が見たものだけですので、世間一般の評価等は一切気にしていません。あしからず。

 今年放送された連続ドラマで最初から最後まで見たのは以下の通り。


◇NHK(BS含む)
なつぞら
いだてん
デジタル・タトゥー
少年寅次郎
蛍草 菜々の剣
サギデカ

◇日テレ
同期のサクラ

◇TBS
グッドワイフ
集団左遷
わたし、定時で帰ります
ノーサイドゲーム
凪のお暇
G線上のあなたと私

◇フジテレビ
後妻業
まだ結婚できない男

◇WOWOW
トップリーグ
東京二十三区女
絶叫
坂の途中の家
盗まれた顔 ~ミアタリ捜査班~


 自分のブログのドラマレビューを参考にしてますが、全話見たからといってすべて「面白かった~」というわけではありません。細かい評価は抜きにして選ぶと以下の通りとなります。


※最優秀作品賞:「凪のお暇」

※優秀作品賞:「いだてん」「デジタル・タトゥー」「蛍草 菜々の剣」「坂の途中の家」「わたし、定時で帰ります」

※主演女優賞:黒木華「凪のお暇」

※主演男優賞:高橋克実「デジタル・タトゥー」

※優秀新人賞:清原果耶「蛍草 菜々の剣」

※脚本賞:宮藤官九郎「いだてん」

※敢闘賞:木村佳乃「後妻業」、柴咲コウ「坂の途中の家」、高畑充希「同期のサクラ」

 結局NHKとWOWOWが強いわけで、民放のドラマにはさらなるレベルアップを願います。そんな中で「凪のお暇」は良かったと思います。再放送あれば見るかも。あとは「蛍草 菜々の剣」はまったく期待しないまま見たら結構面白かったし、清原果耶さんはあの若さで凛々しさと貫録のある佇まい。アッパレです。

 ということで、上記女優の方はご連絡いただければ賞状と記念品をお渡ししますので拙宅までお越しいただきたいと。男優及び脚本家の方はご遠慮いただきたく…。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2019年 今年読んだ本 | トップ | 録画したまま忘れていたディスク »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大女優の予感 (天使のうたた寝)
2019-12-31 09:38:46

管理人様が名前を掲げた、黒木華さん、清原伽耶さんへの賞賛はごもっともだと思います。

黒木華さんは、国際的な賞で注目を浴び、決して人目を引く美人女優ではありませんが、
卓越した演技力で玄人筋からは評価が高かったですね。
今回の一寸コミカルなキャラの現代劇は一見ミスキャストとも思えましたが、
流石に見事に演じきってましたね。ドラマの評判も良くて、またこれで女優としての
キャパを広げたでしょう。

そして今、私が最も注目してるのが清原伽耶さんですね。
一見、今流行のガールズグループの中の、センターではなく一寸脇の方に居て余り目立たない
それでいて「伽耶ちゃんがんばって」とコアなファンがついていそうな女の子です。

がしかし、そのお芝居は「この子ホントに17才?!」と感銘する程の演技力です。
実際「なつぞら」では長い年月をまたがった、広い年齢層の役柄を演じていましたが、

  「伽耶、おそろしい子!」(このコメント某人気少女マンガから引用)

と驚嘆致しました。
これはもはやアイドルではなく、既にベテラン女優としてのたたずまいを有しています。
2020年は間違いなく彼女の年になり、オファーは引き手あまたになるでしょうが、
これほどの才能を持った子なのですから決してスポイルされないように周りがサポート
してもらいたいです。
そして先の黒木華さん、尾野真千子さん、さらには大竹しのぶさんのような実力の
ある人と共演してそこから何かを学び女優としてさらに高みを目指して欲しいですね。
きっと清原伽耶さんならそれが出来ると思うのです。

今年はこの場をお借りして、ドラマや映画の事を徒然なるままにコメントさせて頂き
ありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎え下さい。
清原さん (ハイパパ)
2020-01-05 23:20:52
あの子は今後どういう女優になるか楽しみですね。色々な役が回ってくるとは思いますが、注目したいと思います。ドラマ系にはいつもコメントいただきありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事