DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

銀座  数寄屋橋交番立て替え

2015年04月07日 | Tokyo GINZA

銀座  数寄屋橋交番立て替え 






JRのガード下を抜けてくると桜が満開。
左下に下りていくと地下鉄の入り口に.。
東銀座への長い地下通路につながっています。



この交差点から見えるのはルミネのある有楽町センタービルです。
特に珍しい光景ではないのですが・・・



実はこの交番が近々、立て替えになるというので記念に写真を撮りにやってきました。




とんがり屋根の数寄屋橋交番、建て替え 銀座守り33年

 れんがタイルの壁にとんがり屋根。東京・数寄屋橋かいわいのにぎわいと時代を、長く見守ってきた数寄屋橋交番の建て替え計画が決まった。耐震補強や女性用の部屋がないことなどが主な理由だ。

 同交番は1982年に完成。2階建てで延べ約53平方メートルと小ぶり。当時、東京都が進めていた「文化のデザイン」事業の一つで、交番では最も早い例だった。

 設計は、東京工業大教授も務めた建築家の山下和正さん(78)。銀座の街を意識し、鉄骨の構造にれんがパネルを貼り、とんがり屋根を載せた。「都市のシンボルとして分かりやすく、定着するものを考えた」。模型段階の屋根に目印につけていた待ち針を当時の警視総監が気に入ったため、そのまま待ち針風の彫刻になった、というエピソードでも知られている。

もうひとつの銀座ニュース

プランタン銀座(中央区銀座3)本館6階に4月24日、家具やホームファッションを扱う「ニトリ」がオープンする。銀座地区、百貨店には初出店となる。







コメント   この記事についてブログを書く
« 京都の町屋を“リノベ”した台... | トップ | 2015 京都の桜 東山 智積院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Tokyo GINZA」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事