私家版 宮城の野鳥DB since 1976

秋鮭を何とか食べようとするオオセグロカモメ成鳥冬羽。ワシオ君(第4回冬羽)とワシ子さん(成鳥冬羽)も鮭を食べていた。

2018年9月24日(月),10月7日(日),10月21日(日)蔵王

2018年11月13日 | 宮城蔵王
■2018/9/24(月),10/7(日),10/21(日)【天気】晴れ 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】蔵王エコーライン,馬の背
【種名】キジ♂1,アマツバメ,トビ,モズ,ホシガラス+,シジュウカラ,アトリ100+,カワラヒワ30+(7科8種)
【メモ】9月24日は晴れたが,駒草平のアマツバメくらいで,ホシガラスもほとんど出なかった。10月7日は満を持して暗いうちから家を出,駒草平に着いたが,ものすごい強風でその上は時間が過ぎてもすごいガスがかかり,山頂にも行けず,結局,アトリの渡りは見ることができなかった。10月21日,たぶんいないと思ってアトリをとりあえず探しに行ったが,何とこの日からエコーラインのゲートが8時にならないと開かず,それでも御釜には8:24に一番乗りだったが,今度は鳥が全くいないという状況だった。しかし,開門前にゲートからしばらく歩くと,今まで見たことがない場所にキジ♂がいてびっくりした。ホシガラスはそっちこっち飛んでいたが,近くには来なかった。ゲートに戻ると,7:34から7:40のわずか6分間の間に,約30羽ほどのアトリの群れが3回,カワラヒワの群れが1回,山頂方向を目指して飛んでいくのを観察できた。
【写真】
  
■御釜/アマツバメ
  
■馬の背からの風景
  
■駒草平から夜明けの風景。ものすごい強風の日。
  
■岩沼あたり/アトリの渡りの群れ
  
■ホシガラス/馬の背の道の氷


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年9月30日(日)蒲生海岸

2018年11月11日 | 蒲生海岸
■2018/9/30(日)12:34-13:21【天気】曇り 【レンズ】500Ⅱ 10/2(火)の写真を含む
【場所】蒲生干潟
【種名】カルガモ,コガモ,カワウ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,オオバン,ダイゼン幼羽1,オグロシギ幼羽1,チュウシャクシギ幼羽1,アオアシシギ幼羽9,イソシギ幼羽2,オバシギ幼羽1,ミユビシギ冬羽移行個体32,トウネン幼羽4,ハマシギ冬羽移行個体2,ウミネコ,オオセグロカモメ,ミサゴ,トビ,ノスリ,モズ,ハシブトガラス,スズメ,カワラヒワ(13科25種)
【メモ】コオバシギ夏羽情報をいただき,行ってみたがオバシギしかいなかった。アオアシシギとミユビシギが少ないながらも他のシギチと比べれば
多い方だった。イソシギが干潟でカニを捕まえて食べているのを初めて見た。トウネンはまだ幼羽のフレッシュな羽の個体もいた。ミユビシギは七北田川河口で水浴びの最中で,しばらくすぐ近くで見ていたがとてもおもしろかった。
【写真】
  
■このアオアシシギはとても無警戒で近くでじっとしていると目の前までやってきた/嘴が短くチュウシャクシギの幼羽/トウネンの幼羽でけっこう擦れているがまだ冬羽が出ていない。
  
■冬羽がかなり出ている個体とそうでない個体/後ろに腕を組んで走ってくる感じ。
  
■激しい水浴び
  
■餌を探すかなり幼羽のトウネン/カニを捕まえてごっくりのイソシギ幼羽
  
■個人的にはオオソリの方が好きだが,オグロシギの模様は天下一品。
  
■ここから10月2日。コオバシギがいない。オバシギの幼羽はいたけれど。そこでしかたがないので花を撮る。
  
■イソシギ幼羽/ハマシギの冬羽移行個体。もう少し擦れると,光沢の点々が出て,とても美しくなる。


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年11月4日(日)田谷地沼他

2018年11月05日 | 田谷地沼・宮崎地区
■2018/11/4(日)7:14-9:45【天気】晴れ 【レンズ】RF24-106 EF500Ⅱ
【場所】田谷地,白沼,長沼,漆沢ダム
【種名】ヤマドリ♂1,ヒドリガモ,カルガモ,オナガガモ,キジバト,トビ,ノスリ,モズ,カケス,ハシボスガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ(11科16種)
【メモ】秋の田谷地沼周辺のフィールド巡り。宮崎に勤務していた頃,よく行っていた二つ石ダムは時間がなかったのでいかなかったが,クマにもサルにもカモシカにも会えず,ノスリさえ飛ばない日だった。唯一,千古の森キャンプ場に行く途中の狭い山道の道路脇にヤマドリの♂がいて,窓から500mmを取り出すまもなく姿が見えなくなり,久々に眼の前で見たが,とてもきれいだった。
【写真】
  
■宮床ダムの朝霧
  
■田谷地沼/春の準備のミズバショウ/冠雪の船形山
  
■田谷地沼から千古の森キャンプ場に行く道の途中の巨木/白沼/長沼
  
■クサギ(シソ科)/原地区から薬莱山。一応鳥が飛んでいる。
  
■ヒドリガモとカルガモ


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月14日(日)16日(火)20日(土)大沼・赤沼カモ編その4

2018年11月03日 | 大沼・赤沼
■2018/10/14(日)・16(火)・20(土)【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】大沼,赤沼
【種名】シマアジ,トモエガモ
【メモ】赤沼,大沼を観察時間に移動していないとして,最低シマアジは3羽(♂1♀2成鳥),トモエガモ(♂♀成鳥)は2羽はいるようだ。
【写真】
  
■シマアジ♀non-br.
  
■シマアジ♀non-br./コガモ♀non-br.
  
■トモエガモ♀non-br.
  
■トモエガモ♀non-br./シマアジ♀non-br.(手前)とトモエガモ♀non-br.(奥)
  
■シマアジ♀non-br.(手前)とトモエガモ♀non-br.(奥)/シマアジ♀non-br./トモエガモ♀non-br.


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月30日,11月1,2日 仏舎利塔

2018年11月03日 | 県外・国外・その他
■2018/10/30,11/1,11/2(金)【天気】晴れ 【レンズ】EOS R+RF24-105mmLIS
【場所】国見仏舎利塔
【メモ】EOSRで星空を撮影してみた。モードはA+(おまかせ),f4 1秒 ISO12600 手持ち
自宅近くの仏舎利塔を入れて撮影。AF補助光が塔の上でピントを合わせる。マニュアルでも簡単に合う。ほとんど暗視カメラ。伊豆沼でも500に付けたらやたら明るく見えた。
【写真】
  
  
■昴が写っているはずなのだが・・・・。


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月29日(月)大和町鶴巣

2018年10月29日 | 七ツ森遠景
■2018/10/29(月)お昼時【天気】曇り 【レンズ】EOSR+100-400Ⅱ
【場所】大和町
【種名】コハクチョウ,アオサギ,ダイサギ,スズメ(3科4種)
【メモ】東北自動車道大和IC,大和SAを挟んで七ツ森の遠景が美しい鶴巣付近の広い田圃には,コチョウゲンボウ,チョウゲンボウ,ノスリ,ハヤブサ,ハクチョウ類がやって来る。以前,大郷町に勤務していたとき,たまに早く帰れたときや,土日出勤の帰りによく見ていたエリア。今日は,お昼時天気がいまいちだったが,鶴巣のミニストップでワンタンを買い,お湯入れて定点まで移動,そこで弁当を食べながら,EOSRと100-400で撮影してみた。これからシーズンなので時々,お昼時に来て撮影する予定。
【写真】
  
■曇り空の下コハクチョウの群れ/アオサギとダイサギ/七ツ森をバックにコハクチョウ


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月13日(土)大沼・赤沼 カモ編その3

2018年10月29日 | 大沼・赤沼
■2018/10/13(土)大沼・赤沼(2)カモ編その3【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】大沼,赤沼
【メモ】シマアジの明らかに♂ec.といつもいる少し明るい色のシマアジ♀non-br.と思う。
【写真】
  
■コガモ♂ec./これは誰でも分かるマガモ♂ec.
 
■コガモ♀幼羽たぶん/ヨシガモ♂ec.とコガモの何か。
  
■後日,比較的大きく撮れたシマアジ♀non-br./コガモが移動してきて降りたときに右端の方にシマアジ♂ec.がいて,慌てて中央に入れたが,後ピンだった。


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月9日(火)大沼・赤沼 カモ編その2

2018年10月27日 | 大沼・赤沼
■2018/10/9(火)大沼・赤沼(2)カモ編その2【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】大沼,赤沼
【メモ】カモメより難しい。コガモは個体識別勉強中。もっともっと見ないとわからない。今回,ヨシガモが出てきたが,♀とか幼鳥が出てくると・・・。ヨシガモはコガモ,シマアジ,トモエと比べると以外と大きいというのがわかった。オオバンもけっこう大きい。
【写真】
  
■マガモ♂ec.♀non-br./マガモ♀ec.(左)♀juv.(右)肩羽根の形状(丸いのと尖っている)で,たぶん。/オナガガモ♀ec.(左)♀juv.(右)肩羽根が整っているのとごちゃごちゃ。たぶん。
  
■コガモの?/コガモの?/ハシビロガモ♀non-br.
  
■目の色が違うハシビロガモの♀non-br,と♂ec./ヨシガモ♂ec.
  
■奥にシマアジ/オナガガモのとなりにシマアジ♂ec./ヨシガモ♂ec.
 
■いろいろいるカモの群れ+カンムリカイツブリ


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月8日(月)大沼・赤沼 カモ編その1

2018年10月26日 | 大沼・赤沼
■2018/10/8(月)大沼・赤沼(2)カモ編その1【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】大沼,赤沼
【メモ】アップに時間がかかったが,『日本のカモ識別図鑑』を本とKindleで何度も見て,識別してみた。間違っているのもたくさんあると思う。基本的にこの時期見られるのは,♂♀のエクリプス,♂♀の幼鳥なので,4種類いることになる(ハイブリッドはとりあえず除外して)。
【写真】
  
■トモエガモ♂ec.①白い○斑/ヨシガモ♂ec.頭部が暗色で②鎌状の三列風切り。手前からマガモ♀non-br,♂ec./ヨシガモ♂ec.頭部が暗色で③鎌状の三列風切り。左隣も同じヨシガモ。左はコガモ右はマガモ♀non-br.
  
■トモエガモ♀non-br./トモエガモの♀non-br.♂ec.♂は♀に比べると頭部が暗色/トモエガモ♂ec.コガモ♂ec.トモエガモ♀non-br.大雨覆い,次列風切のパターンがそれぞれ異なる。周りはコガモとオナガガモ。
  
■コガモは嘴の下が黄色いが,ほぼ同じ大きさのシマアジ,トモエは黄色くない。/コガモとハシビロガモの飛翔。光線の加減で緑色が青色に見える。
  
■コガモ他の飛翔


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年10月8日・9日・13日・14日・16日大沼・赤沼(1)カモ以外編

2018年10月20日 | 大沼・赤沼
■2018/10/8(月)9(火)13(土)14(日)16(火)大沼・赤沼(1)カモ以外編【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ,16-35Ⅲ
【場所】大沼,赤沼
【種名】ヨシガモ2,ヒドリガモ,マガモ,カルガモ,ハシビロガモ,オナガガモ,シマアジ3,トモエガモ2,コガモ,キンクロハジロ,カイツブリ,カンムリカイツブリ,ハジロカイツブリ,キジバト,カワウ,ヨシゴイ,アオサギ,チュウダイサギ,チュウサギ,コサギ,バン,オオバン,ケリAd1,ムナグロJ6,コチドリJ2,セイタカシギJ1,ツルシギJ5,アオアシシギJ1,ミサゴ,トビ,オオタカJ1,Ad1,ノスリ,カワセミ,チョウゲンボウAd♂1,ハヤブサAd1,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヒバリ,ヒヨドリ,ムクドリ,ノビタキ,キビタキ♀,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,オオジュリン(23科47種)見逃し:アカエリヒレアシシギ,オジロトウネン
【メモ】蒲生がさっぱりで大沼で見ていたら,カモのエクリプスが3種いるという情報をいただき,見せていただいた。トモエとヨシガモはわかったが,シマアジだけはなかなか分からず,これまで避けてきたカモの♂♀エクリプス,♂♀幼鳥の見分けにはまってしまった。それから,すでに購入していた『決定版日本のカモ識別図鑑』を夜な夜な見て,さらにKindle版を購入し,閑さえあればスマホやタブレットでも見続けた。特にコガモとシマアジ,トモエガモのページを何度も見て比較し,フィールドに通って実物を見続けた。本当は,目の前で見られればはっきり分かるのだろうが,なかなかわからず,とりあえず今日はカモ以外を掲載し,次にカモだけを載せることにした。それにしても大沼はよいフィールドだ。教えていただいたAさんに感謝です。
【写真】
  
■ケリ,マガモ,カルガモ,コガモ/ケリ,コガモ/ヘラブナを捕まえたカンムリカイツブリ幼鳥
  
■カンムリカイツブリJが潜ったと思ったらヘラブナを自力で捕まえ,飲み込むところ。
  
■オオジュリンをさがして見ましょう。/ミサゴは水中にダイビングして盛大に水しぶきを上げ魚を捕まえるので,飛び上がった後にずぶ濡れの羽に付いた水を空中で独特の飛び方でぶるぶるし,水をはじき飛ばす/ブラックバス(オオクチバス)を捕まえた。
  
■ミサゴAd♀/ノスリAd♂/ツルシギJ
  
  
  
■ハジロカイツブリの夏羽後期と同じく冬羽になりかけの個体が2羽で採餌していた。しばらく見ていたが1回も魚を咥えなかった。カイツブリ類は釣り人の近くに寄ってくるの法則。
  
■セイタカシギJ(羽縁が白い)
  
■大沼とバラ園


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年1月2日(火)蕪栗沼・北浦

2018年10月05日 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2018/1/2(土日)7:04-12:51【天気】晴れ時々雪 【レンズ】500Ⅱ
【場所】蕪栗沼,北浦
【種名】オオヒシクイ,ヒシクイ,マガン,ハクガン,シジュウカラガン,オオハクチョウ(1科5種)
【メモ】元旦に引き続き,2日もふるさとにガンを見に行った。蕪栗沼をメインに見たが,あまいめぼしい成果が得られなかったので,北浦に行ってみるとシジュウカラガンの大群とマガンの群れの中にハクガン成鳥がいて,とても美しい光景だった。
【写真】
  
■オオヒシクイ
  
■オオハクチョウ。眼がホルスタインに似てます。/シジュウカラガン
  
■鳴きながら飛び立つハクガン成鳥。2018年度もよいガンやツルが見れますように。


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年1月1日(月)化女沼

2018年10月04日 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2018/1/1(月)6:48-8:13【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】100-400Ⅱ 500Ⅱ
【場所】化女沼ダム
【種名】マガン,シジュウカラガン,マガモ,カルガモ,オナガガモ,キンクロハジロ(1科6種)
【メモ】元旦は化女沼にシジュウカラガンとマガンの飛び出しを見に行った。初日の出を見に行くというよりは,初飛びだしを見に行くという感じだ。ここの写真は背景が雪の船形山でなかなかいいのだが,手前に送電線があって絵にならないどころか,ピントもガンに合わなかったりする。それより,沼に飛び出してまた降りてくるシジュウカラガンが絵になる。それから,飛びだした後,早朝の田圃に降りているマガンの群れとか。いずれ,ここの飛び出しはシジュウカラガンの大群がメインで,風景自体も伊豆沼や蕪栗沼とはまた違った絶景がある。
【写真】
  
  
■シジュウカラガン
  
■マガン/雪が積もった田圃にマガンがいる風景


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年12月10日(日)蕪栗沼,周辺

2018年10月02日 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2017/12/10(日)10:38-13:10【天気】晴れ 【レンズ】500Ⅱ
【場所】豊里,蕪栗沼,沼部
【種名】マガン,ハクガン,シジュウカラガン,コハクチョウ,オオハクチョウ,チュウヒ(2科6種)
【メモ】南三陸コースから,豊里でシジュウカラガンの群れを見て,蕪栗沼から沼部の冬季湛水田でハクガン成鳥と幼鳥を観察した。
【写真】
  
■豊里のシジュウカラガン
  
■冬季湛水田のハクガン,マガン,ハクチョウ類


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2017年12月3日(日)蕪栗沼

2018年10月01日 | 蕪栗沼・白鳥地区
■2017/12/3(日)10:43-14:17【天気】晴れ時々曇り 【レンズ】16-30Ⅲ,500Ⅱ
【場所】蕪栗沼他
【種名】オオヒシクイ,ヒシクイ,マガン,カリガネ,ハクガン,シジュウカラガン,コハクチョウ,オオハクチョウ,ヘラサギ(2科9種)
【メモ】古川IC付近からマガンの大群が見えたので,蕪栗沼に行く前に行ってみると,船形山を背景に,シジュウカラガンとマガンの群れがいた。それから蕪栗沼に向かい,カリガネポイントで観察してから,蕪栗沼でワシの出現を待ったが,でたのは白猫だったのはおかしかった。
【写真】
  
■古川IC付近田圃のシジュウカラガンとマガンの群れ
  
■カリガネファミリー/白猫が通る。後ろに白いものも。
  
■ふるさとの風景
  
■ヘラサギ/亜種ヒシクイ/亜種オオヒシクイ


Copyright(C)2017 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.

2018年9月22日(土)・23日(日)大沼

2018年09月27日 | 大沼・赤沼
■2018/9/22(土)9/23(土)9/24(日)【天気】22日晴れ時々曇り,23日晴れ時々曇り 【レンズ】500Ⅱ
【場所】大沼
【種名】カルガモ,オナガガモ,コガモ,カンムリカイツブリ,カイツブリ,ハジロカイツブリ,キジバト,カワウ,ヨシゴイ,アオサギ,チュウダイサギ,チュウサギ,コサギ,バン,オオバン,オグロシギ幼羽2,ツルシギ幼羽2,イソシギ幼羽2,クロハラアジサシ幼羽1,トビ,オオタカ,ノスリ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ムクドリ,ノビタキ,スズメ,ハクセキレイ(17科31種)
【メモ】大沼にアジサシが来ているということで見に行った。最初,ウェブで止まっている写真を見たときに嘴が太い印象があったが,現地に着いてみると,白いアジサシが1羽飛んでいた。オオタカやシギ類を見てもう一度,アジサシが飛んでいるところに行き,写真が撮れないので,ハジロカイツブリを見に行ったり,南長沼に行ったりして,結局よくアジサシは撮影できず,まだ,同じ場所にいるオオタカに別れを告げて,次の日は決意も新たに(笑い),また沼にやって来た。とりあえずハジロクロハラ幼羽ということで,撮影したが,ダイビングはことごとくうまく撮影できず,100-400を持ってくればよかったと言い訳などして,もうだめだ!時間だと帰宅し,昨日よりは大きく撮影できた写真を見ているうちに,これってハジロでないね,と思い,以前赤沼で撮影したハジロクロハラアジサシの幼羽や,加瀨沼のアジサシの群れの中の幼羽を見ると,これはクロハラ幼羽と断定できたので,ブログのトップ写真に比較写真を掲載したりした。何だかよく分からないから鳥はおもしろい。ちなみに,食べている魚だが,一番下の2枚の写真を見ると,ヨシノボリやジュズカケハゼの仲間だろうか。小さい頃,家の近くのため池のヒシや浮き草の上にハゼの仲間の小さな魚がたくさんいるのを見たことがある。
【写真】
  
■アジサシをさがしている間,前方にカンムリカイツブリがいたので撮影した。♂らしき1羽(写真2枚)が羽繕いなどしつつ,もう1羽の方にそろそろと近づいていった。
  
■今シーズン春秋通して初めて見たオグロシギとツルシギ。ただし,秋で幼羽。
  
■なぜか飛ばないオオタカ成鳥
  
■ちっともアジサシのよい写真が撮れないので,さきほど飛んで行ってしまったシギを探しに南長沼へ。カモしかおらずチュウサギがドジョウを食べているのを眺めていた。
  
■もう夕暮れが近づいているのにまだいるオオタカ。/夜の月。ISO100,f4.0,1/2000秒の手持ち。月は輝いているのに,写真にすると白黒の世界。
ここで1日が終わり,翌日のアジサシ採餌シーン撮影に決意を新たにする。
  
■ハジロクロハラアジサシではなくクロハラアジサシの幼羽,第1回冬羽移行個体。嘴は太く,頭はごま塩で,ヘッドフォンが不明瞭で,背は一様でない。最初に見たとき,嘴が太いというのが第一印象だった。家に帰るまで,ハジロクロハラアジサシと思っていたが,ちょっと変だなと思い,以前赤沼で撮影したハジロクロハラアジサシ幼羽の写真と比較し,さらに加瀨沼で以前群れで来たクロハラアジサシの幼羽とそっくりだということで,クロハラアジサシが正解。
  
■クロハラアジサシ幼羽の正面顔/チュウダイサギの前を飛ぶクロハラアジサシ幼羽/ハスの前を飛ぶクロハラアジサシ幼羽。
  
■何回も目の前をゆったり飛び,最低3回は目の前でチャポンしたのに,全く撮影できず,遠くのダイビングはことごとくピンぼけ。かろうじてこの3枚が連続写真でダイビングは撮れなかった,小魚を捕らえて水面から飛んでいく写真。小魚らしきものを咥えて飲み込んだ。


Copyright(C)2018 Shigenobu Aizawa All Rights reserved.