中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

領域を狭く特定すれば強みが明確になる

2019年11月11日 05時39分15秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都清瀬市の中小企業のコンサルティング、埼玉県久喜市の中小企業のコンサルティング、東京秋葉原の中小企業のコンサルティングをします。

今日は領域を狭く特定すれば強みが明確になるについてです。中小企業の経営戦略の基本は総合化ではなく専門化です。

【領域を狭く特定すれば強みが明確になる】
・売上減少や低収益に悩んでいる場合、事業領域を広げるよりも、特定ニーズにフォーカスした専門特化戦略の方がよい。
・専門特化すると品質や機能性がアップする。このため高価格でも受注できるようになる。
・ただし顧客の地理的範囲を広げる必要がある。そのためにウェブプロモーションは必須。
・自社や部門がトップクラスになるように事業領域を狭める発想を持つ。事業領域ありきではなく、トップシェアになるような市場設定が有効。

関連講演:
2019年11月30日に講演「簡単な事業計画の作り方」を寒川町商工会創業支援セミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「専門特化」テーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« YouTubeトレンドを見て事業ヒ... | トップ | 小さな効率化で大きな成果 »
最近の画像もっと見る

経営革新・イノベーション」カテゴリの最新記事