今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。職場と実家以外はたいていソロ活です。

一日前のスカイツリー

2012年05月21日 | 東京
金環日食を見た日の午後、気分を新たに、
明日オープンの東京スカイツリーを見に行った。
浅草で都バスを降りて、雷門前を通り過ぎ、隅田川にかかる吾妻橋に出ると、
川向こうにアサヒビールと墨田区役所ビルの間にスカイツリーが現れる(写真)。

浅草を訪れた観光客は、指呼の間に見えるスカイツリーにも行きたくなるはず。
すなわち、浅草からスカイツリーまでの1.4kmの道は、
今後の東京観光のメインストリートに発展するだろう
(言い換えれば押上側の商店街は苦戦を強いられる)。

と考えながら、道沿いを歩いていると、目の前、いや頭上に巨大なスカイツリーが再び現れる。
普通の視野には入らないので、思いきり頭を反らせないとツリーの上部が見えない。
ツリーの足下から見上げると、こちら側に倒れてきそうな錯覚を覚える。

ツリー下の運河沿いの道脇には、さっそくスカイツリーグッズの土産物屋が開業しており、
大繁盛の様子。
「スカイツリーまんじゅう」「スカイツリーせんべい」「スカイツリークッキー」「スカイツリーキャラメル」
「スカイツリーベビースターラーメン(もんじゃ味)」など思いつくものは一通りそろってある。
もちろん、ストラップ類や卓上置物は言うに及ばず、形状が細長いだけにボールペン、箸などもある。
開業前日の土産として、スカイツリークッキー(商品名はもっとシャレている)を愛知の職場用に買った。
私の職場の同僚たちは、開業当日にそこの土産を口にできる。

見物人が多いスカイツリータウンの前を歩く。
オープンの明日以降と違うのは、どの店にも客が入っていないだけで、
開店準備がほぼ完了状態なので、風景的には明日と変わらない。
こちらが散財しないですむ分、今日来て問題ない。

もとよりスカイツリーには冬の晴天日までは上に行くつもりはないし、
タウン内のテナントといってもユニクロやらマツキヨやらなので、あえて買物の用もない。
ただレンタサイクルがあるのは、周辺部への観光にいい。

タウン内で唯一オープンしているのはコンビニのファミマ。
そこにはスカイツリーを象ったペットボトル(ミネラル水:400円)とスカイツリーの図が入った東京サイダー(300円)が土産用に置いてあり(いずれも価格は容器代といえる)、
100円値引きのチラシをもらったこともあり、それらを実家の土産に買った。
やはりこの地のオリジナルの商品といったら、土産物か。

あと運河周辺では、地元のボランティアを中心にゴミ拾いの人海戦術。
明日以降どっと押し寄せる人たちは、金以外の望まれないものも落していくんだろうな。

今日だからこそ、オープン後とほとんど同じ風景を、静かな状態で見て回れた。
これで、ここにはしばらく来なくていい。
次は東京の長年の主役・シンボルの地位を奪われた東京タワーに行くか。
スカイツリーを眺めに。
コメント   この記事についてブログを書く
« 金環日食の間に起きた事 | トップ | 刃物を持っていそうな者と対... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東京」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事