今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

老母の誕生祝賀松茸パーティ

2018年10月06日 | 身内

10月生まれで今年89歳になる老母の誕生パーティを、例年どおり松茸の鉄板焼き食べ放題で祝った。

母は数年前に脳梗塞を患ったが、ほとんど後遺症もなく回復し、毎週のリハビリジム通いが奏効してか、骨密度は却って増えているほど。
毎週、トレーナーが指導するジムと町内会のカラオケとボランティア事務に通い、そして家には4歳を最年少とする孫たちと散歩が大好きなイヌがいるという、老人にとって最適な生活環境にあるため、すこぶる元気である。

その母の健勝を祝い、長寿を願う意味もあって、年に一度だけ、この季節の最高の味覚である松茸を家族でふんだんに食べることにしている。

購入担当は私で、松茸販売が居並ぶアメ横での決った店で買っている。
アメ横での表示価格は、もちろん交渉前提の値。
祝い事でもあるので、交渉を粘ることはしないが、最初の言い値よりは負けてもらう。

デパートの国産の売り値は、アメ横の表示価格並みなので(正しくは、アメ横の表示価格の方がデパートの価格を参照している)、デパートでは松茸以外の一緒に食べられるキノコ類を探してみるのだが、今までの経験では、風味・食感で松茸と同席できるものはない。

なので、アメ横隣の御徒町の吉池で、形が日本産とそっくりな中国産の松茸を買ってみた(3本で1700円程度。これでも国産に比べるとバカ安)。
中国産よりやや高めのカナダ産もあったが、見た目が松茸と同定しがたいので選択肢から外した。
ところが、形だけは松茸の中国産は、ラップを開けた段階から、あの固有の香りがなく、また食べてみて風味・食感もまったく無きに等しい(いうなれば松茸の形をしたエリンギ。それだったらいっそ2本100円のエリンギで充分)。
つまり日本産の松茸が”松茸”といえる唯一のものであることが、食べ比べてみてわかる。 

その松茸の風味を一番味わえる食べ方は、経験上、縦に4分割して、平らにしたのを、鉄板焼きにして、しんなりしたところをカボス・塩胡椒をつけて食べること(炭火焼きよりも風味が出る)。

せっかくなので、永谷園の「松茸のお吸い物」(松茸の風味エキス入り)にも本物を加え、また飯も市販の”松茸ご飯”を炊き込む(もち米をまぜて炊くととてもおいしい)。 
この組み合わせにすれば、あえて手間をかけて天ぷらや土瓶蒸しにする必要はない。 

残念なことは、4歳になったばかりの姪が、食べつけない松茸に手をつけないこと。
むしょうにありがたがっている大人たちに加わってくれるのはいつになることか。

ちなみに(これ、私の口癖だが、最近4歳の姪もこの言葉を覚えた)、今時分に信州の宿をとると、松茸づくしの特別料理を味わえる(もちろん、特別料金)。
ただ一人で賞味した経験では、分かち合える相手がいない感動の寂しさを味わってしまった。

コメント

姉来日

2017年12月23日 | 身内

昨日、今年最後の授業を終えた。

連休の今日、東京の実家に帰ると、イタリアに住む姉が久々の来日。
この新居には初めて。
すなわち、久しぶりに母の3人の子=わが姉弟が揃った。 

今日は、甥の14歳の誕生会。
総勢8人、3世代(3歳から88歳まで)で祝う。 
姉の来日祝いをかねて、寿司パーティ(その後はケーキ)。

年内の業務は終ったので、私もしばしの休息モード 。

コメント

米寿祝いの松茸パーティ

2017年10月07日 | 身内

わが母の誕生祝いには、季節柄、アメ横で松茸を買って、皆でそれを鉄板焼きで食べることにしている(つまり年に一度の贅沢)。
今年は米寿(88)なので、例年より奮発して、大振りの松茸を3箱(1.5kg)買った(小振りの安物は中国産)。
アメ横だからもちろん交渉(値札は最初から無視)。

雨天の店じまい前というタイミングをあえて狙い、その店で毎年(1回だが)買っていることをそれとなく恩に着せて交渉をスムースにした。

1本を縦に4枚にスライスするので、枚数は本数の4倍となり、 大人4人に中学生1人、小学生1人に3歳児の大人数で食べても、これでもかという量になる(写真:ただし「ハズレ」用のエリンギがいくつか混じっている)。
鉄板で焼いて、松茸が汗をかいて柔らかくなったら、カボスかレモンを搾って塩胡椒にさっとまぶして食べる。
香りだけでなく、コリコリした歯触りがいい。
ついでに市販の「松茸ご飯の素」を使って松茸ご飯にし、永谷園の松茸のお吸い物に本物の松茸を入れて(香りはもとより充分)、 松茸づくしとした。

とっておきのおいしいものは家族で食べたほうが断然楽しい。
以前、旅先であえて松茸づくしコースを一人で食べたが、なんかむなしかった。 

コメント

W誕生会

2017年09月24日 | 身内

昨晩は、孫ほど歳の離れている3歳になる姪(茉里佳)とその父親である弟のW誕生会(2人の誕生日は1日違い)。

例年(姪が生まれる前から、弟の誕生会用に)私が名古屋で松阪牛を買ってくることなっていて、それが9月の誕生会の主菜になっている。

最近の健康情報からすると、赤肉、しかも豚でなく牛ならなおのこと、アンチエイジングによくないのだが、まぁ年に一回のことだがら、悪影響はなかろう。
なにしろ、柔らかくておいしい(ついでに大人たちだけ、スパークリングワインも楽しむ)。

昨年の二歳の誕生会の時は、イベントの趣旨をよく理解できなかった姪だが、今年はよく理解しており、カメラを向けるとわざとポーズを作る(写真)。

ケーキは毎回(家族の誕生会ごと)、駅前のケーキ屋でショートケーキに祝辞を書き込んでもらう。
ローソクを立てて皆で「ハッピーバースディ」を歌う時は、私が小さなアコーディオンで伴奏する。 
プレゼントはリクエスト(プリキュアアラモードの『ぺこりん』)をアマゾンで注文。 
親からのプレゼントは、大きなキッチンセットで、三歳にして調理のまねが大好きなのだ。 
二歳の頃はゴリラが大好きだったのだが、すっかり女の子の趣味になっている。 

コメント

母、退院す

2016年03月16日 | 身内

2月28日に脳梗塞に見舞われた母は自分で救急車を呼んで、日医大のICUに入れられ、
数日後一般病棟に移った後、リハビリ専門病院に転院した。→記事
そして約2週間の入院生活を経て、昨日退院に至った(私は名古屋にいた)。
症状が出た脳梗塞としては最短といえよう。

脳梗塞は発症してから3-4時間以内に治療を受けるのがベストと言われるが、
症状が軽いとかえって確信がもてずに様子見となり、時間が経過して症状が重くなって始めて梗塞だと確信する。
その時はベストタイムを逸している。
母がそうだったが、それでも後遺症は軽微で、しかも日に日に回復していった。

自宅での生活が可能ということで退院が許可されたはずだが、それだけでなく、
入院が長引くことによる悪影響もあるようだ。

母と同室だった人は最初はきちんと会話できたが、数日の間に認知症の症状が出てきて、夜中で大声を出すようになったという。 
精神的な後遺症はまったくない母にとって、そのような環境はかえってストレスになる。 
それもあって早期退院を何より喜んだのは母自身だ。 

ただし歩行に若干の不安がある。
一番怖いのは、歩行中の転倒だという。
それによって、大腿部骨折による寝たきり化(上記の例のように認知症を併発するおそれ)、あるいは頭部を打つことによる脳損傷の危険がある。
なので外出はまだ控えている。 

コメント

母が脳梗塞に

2016年02月28日 | 身内

東京の実家での朝、部屋のドアを強くたたく音で目が覚めた。
何事かと思って飛び起き、ドアを開けると、そこには外出着をまとった母が立っていた。
「脳梗塞になったので、今から病院に行く」という。

母は携帯を持って、医療機関と話を続ける。
歩いて行ける近くの病院が脳梗塞の救急外来は受付ていないので、他の医療機関を当たっている最中だった。
私も急いで外出着に着替えて、母の通話を一緒に聞いた。

なんでも母は昨晩から右腕が重く感じ、動作の失敗などあり、
また缶ビールを半分ほど飲んだのだが、いつもと違って酔ったような感じが抜けず、
そして、夜中、トイレに行く時、右足がうまく動かず家具にぶつかったという。

さらに、電話で指示されたことを右手で筆記しようとしたら、思い通りに書けなくなっていた。
電話の向こうでは看護師が母の状態を確認するために、両腕を前に伸ばしたまま10秒静止できるかなど指示をする。
私が声を出して数えている間、両腕・両足ともに前に出して静止はできた。

自ら電話をかけ、指示を仰ぎ、外出の準備までしているのだから、頭脳は明晰で、運動能力もさほど損害がない。
でもテレビでさんざん観た脳梗塞の兆候に自分がぴったり当てはまっているというのだ。
脳梗塞になりながら、自分が脳梗塞だと判断し、あちこち医療機関に電話をかけ、外出する用意をし、私を起こし、私にあれこれ指示をする。
わが母ながら感心した。
もし自分が脳梗塞になったらここまで落ち着いてできるだろうか…。

やがて救急車が来て、母は自分の足で乗り込んだ。
搬送先は、幸い近くの日本医大。
脳血管障害の拠点病院だという
母の付き添いで救急車に乗って日医大に行くのはこれで2度目。
前回は鼻血が止まらなかっただけなので(一応”手術”をした)、今回はもちろんそれより深刻。

救急車内のベッドがそのままストレッチャーとなって、ICUに運ばれる。
応急検査の間、私はICUの椅子で待つ。
医師が来て、いろいろな承諾書への署名と、できたばかりの母の頭部MRI画像を見せる。
左脳の中央部の深い所にある小さな白い円が梗塞の跡だという。
病名は「ラクナ梗塞」
直径が15mm以下の梗塞の名だという。
小さくても俗名は「脳卒中」。

脳梗塞は進行する場合が2割あるという。
つまりまだ軽い症状だからといって安心はできない。
逆に言えば8割は進行しない。
母の友人も私の同僚も脳梗塞をやったが、その後は後遺症もなく普通に生活している。

ただ悔しいのは、あれほど健康に気を使ってきたのになぜ…という点。
降圧剤と血液をさらさらにする薬も常用していた。 
今回の血液検査で血糖値も問題ない。
生活習慣に思い当たるふしがないので、
医師に「きっかけといえるものがあるでしょうか」と尋ねたら、

医師が言うには、一番の要因は”年齢”だという。
確かに86歳は高齢に属し、わが親族では最長老だ。
母の母(私の祖母)は今の母より20歳若くして脳卒中で斃れた。
努力があったからこそ、この程度で済んだといえるかもしれない。
でも、日本女性の平均寿命だ。
まだまだいける。いってほしい。

コメント

私立中学進学

2016年02月02日 | 身内

甥っ子が私立中学に合格したという報せが入った。
私の母校の区立小学校に通っており、その小学校では大半が私立受験をするという。
別に親が奨めた訳ではなく、本人自らが私立を希望して、遠い塾に通っていた。 

公立(区立)が親だけでなく子ども自身から拒否されているようだ。
教育の主体である子どもに対する基本的態度が違うようであることは、私もうすうす感じていた。
実際、甥っ子は小学校で担任教師に拒否感をもち、スクールカウンセラーのカウンセリングを受けた。 

もっとも私自身は小学校~大学院まで公立で通し、特に高校には感謝しているが…

現在は、幼稚園から大学院まである私立学園に勤務している者として、教育のありかたが、上から頭ごなしに指図するやり方から、生徒(児童、学生)の主体的成長をサポートするやり方にシフトする動きの中にいる。
大学においても、昔のような一方通行の講義形式から脱しようともがいている。

私立学校こそ、それを先に実現しなくてはならない位置にある。

コメント

家族が増えた

2014年09月24日 | 身内

私事で恐縮だが、わが実家に姪が生れ、家族が増えた(同居しているので親族ではなく家族)。

少子化・非婚化が進むこの時代、家族が増えるって貴重な体験
(自分自身がそれに貢献していないのでなおさら)。

名古屋で仕事だったので、夜に一人で(瓶のエビスで)祝杯。

元気に育ってくれるのを楽しみにする。

コメント (2)

姉、3年ぶり来日

2014年05月12日 | 身内

イタリアの漫画学校の日本短期研修の引率として、ローマ在住の姉が3年ぶりに来日した。

本来は、毎年の行事なのだが、震災、いやむしろ原発事故の影響(の懸念)で、あちらの生徒の親が愛する子を日本に遣りたくなかったのだ。

調査によると、世界で一番恐れられているアクシデントが「放射能漏れ」なのだから仕方ない。

もっとも、原発事故当時の東京の放射線量が、日々のローマの放射線量より上回ったことはないし、石造りのあちらの家屋内にたまるラドンの濃度も相当なものだろうが(ちなみに東京の自宅では現在たった9Bq/cm3)、人々の恐怖心の根拠ってそんなもんだ。

さっそく近所の「もり一(イチ)」という回転寿司店(回転寿司の中では、コスパ最高レベル)に行き、腹いっぱい握り寿司を食べ、

昨日は、亡父の23回忌法要を2ヶ月ほど前倒しして、久々の元家族全員集合しての法事。

法事といえば、親族が集う機会なので、姉と同年配の従姉たち(父方、母方双方から)も呼んで、これまた久々の”女子会”(女子と言っていいのか…)。

月曜からは、姉の方も引率の仕事や旧知との再会などでほとんど日程が埋る。

私の方も、これからは週末まで授業が入るので帰京できなくなる。

とうわけで、つかぬまの姉弟再会を楽しんだ。

コメント

地鎮祭

2014年01月18日 | 身内

今朝はわが新居を建てる土地の地鎮祭。
わが家では地鎮祭は20数年以来の2度目だが、1度目は私は不在だったので、
見るのもやるのも今回始めて。

まずは、建築会社の人(以下、(建))が事前に、4隅に青竹を立て、しめ縄を張って祭場を作っておく。
当日、(建)がわが鎮守となる天祖神社の神職を迎えに行き、道具一式とともにやってくる。

(建)がしめ縄に四手を各面4本ずつ飾り、祭場の前に用意した土で盛土を設ける。
神職が、道具をセッティングし、東向きに祭壇を作る。
神職から指定された供え物を、施主が渡す。
神酒は、「4合瓶」としか指定されなかったので、個人的好みで岩手の銘酒「あさ開」の純米酒にした。
酒瓶に水引や包みは必要なく、神職が瓶の封を切って、自前の祭壇用の二つの酒器に入れる。
あと季節の野菜と果物数種、昆布、鰹節、スルメイカ、それに塩、米、水(これは指定漏れだった)。

いよいよ神事が始まる。
神職の最敬礼は、みごとに直角でキマっている。
180°方向転換時の足さばきは、回転動作が入る点で武家礼法とは異なっている。

修祓、降神、四方拝(敷地の四隅に紙吹雪を撒き、清める)と進み、
(建)の設計担当者が、刈初(盛土てっぺんの笹を木製の鎌で刈り取る)、
施主である私と弟が、鍬入(盛土に木製の鍬を左・右・左の順に三度入れる)、
(建)の営業担当者が、穿初(盛土に木製の鋤を三度入れる)、
それぞれ、「エイ、エイ、エイ」と声を出す。

神職、そして、施主家族全員、建築会社の順で玉串奉奠する(その際、神前に2礼2拍手1礼)。
神職が直々に酒器より神酒を各人に注ぎ(紙コップを用意)、
一斉に献杯をする。
盛土に塩と米を撒き、神酒も撒いて空にする。
塩と米が入った皿を合わせて閉じ、これを工事の時に盛土とともに土中に埋めるという。

以上で終わり。
祭壇を撤収し、青竹は土地に置いたままにする。
なお、青竹の先にカマキリの卵があったので、甥がそれをもらう
(甥の母=私の義妹は、小学生時にカマキリの卵を自分の机の引き出しに入れておき、大量のカマキリの子供を孵させた前歴有り)。
供え物は神社に供え、(建)の人はこの後も仕事が有るので、直会はせず、解散。

幸い好天だったが、寒かったので神職以外は外套を着たままだった。

コメント

遠い地の縁者を失う

2013年11月29日 | 身内
イタリアに住む姉の義母(イタリア人の義兄の母)が91歳で亡くなった。
遠い地にいて、血縁もないが、”親戚”という間柄になったことで、当地に行った時は、とてもよくしてくれた。
そういうこともあり、日本にいても、心理的にはとても近かった。
間接的な姻族といえども、自分の”家族”系列に入る人が亡くなると、喪失感がある。
一人残された高齢の夫(姉の義父)も、これからどうするんだろう。
とりあえず、宗教は異なるものの、家の小さな仏壇に向って合掌した。

葬儀に参列できない代りになんとかしたい。
コメント

松茸パーティ

2013年10月12日 | 身内
母の誕生会として、年に一度の松茸パーティ。
といっても節約するため、アメ横の毎年1回だけ行く店で、それを恩着せがましく交渉する。
値切り倒すのが趣味ではないので、適当なところで妥協する。
結果、信州産の極上8本に、岩手産を4本つけて、大1枚で収めた。
ちなみに、店頭最前列の本数の割りに安いやつは中国産だと。
ついでに他の店で白いカナダ産2本を小1枚弱で追加。

1本の松茸を縦に4等分して(傘が開いてないので等分できる)、合計56枚を鉄板で焼く(経験上、網焼きよりこの方が香りがいい)。
それを大人4人と子供と幼児で食べる。
毎度のことながら、香りはもとより、こりこりした濃密な歯触りが他のキノコとは全く違う。
味付けは塩コショウにスダチまたはカボス。
一緒にエリンギも焼いたが、なんとスカスカで無味乾燥なことか(日頃はこれで満足しているのに)。

月一度の温泉旅で、”松茸づくし”を一人で味わったこともあるが、
おいしい料理は一人で食べてもなんか寂しさが残る。
こうして大勢で食べてこそ幸福感が倍増する。





コメント

母校へ授業参観

2013年06月15日 | 身内
帰京後、
小学校4年の甥っ子の授業参観に行った。
甥の親(弟夫婦)は姪の参観に行くので、甥のリクエストにより、私が代りとなった。

そもそも甥の通っている小学校は私の母校で、
当時最新建築だったこともあり、校舎は今も健在。
私が通った同じ校舎で、40年以上を隔ててわが甥が学んでいる。

さて、児童の親族を示す名札を下げて、スリッパに履き替えて校舎に入る。
”何もかもが懐かしい”…
といっても時がたちすぎているせいか、当時の童心には戻れない…

教室に入り、後ろに立って、国語の授業を聴く。
今日は漢字辞典の引き方のレッスン。
黒板の他に、タッチスクリーンの40インチを超えるモニターがパソコンと繋がっていて、
漢字辞典の画面に、先生が指で印を入れる。
大学の教室にもほしい。

児童と対話式の授業で、各自勝手に声を出している。
この自由な雰囲気は(日本では)小学校に限られるだろうな。

甥っ子とは一回視線を交わした。

先生が出した、難読字の課題で、
甥の使っている辞典が他の子の辞典より収録字数が少ないことが分った。
私が大学時代に使っていた角川の『新字源』をあげることにしよう。
コメント

松づくしで祝う

2012年10月07日 | 身内
今や一族の最長老となった母の誕生会として、
松茸と松阪牛(いずれも私が調達)で”焼き肉パーティ”。
日頃はつつましく生活しているので、年に1度の贅沢だ。

8歳の甥っ子も昨年から松茸の味を覚え、
今年は大人と同じく香りや歯触りを堪能。
わが家の経験上、松茸は網焼きより、鉄板焼きの方が香りがいい。
松阪牛(一部、柿安牛も入る)は、義妹の作ったネギ主体の特性のタレで賞味。

大人4人でワインを3本空けて更に手近の缶ビールも空け、
久しぶりに酔った。
もちろん満腹。
コメント

7月1日の墓参り

2012年07月01日 | 身内

閏年の今年、さらに閏秒で1秒だけ得した?今日は、7月1日。
昨日6月30日は大祓(おおはらい)の日で、いわば小”大晦日”。
そして、初富士ならぬ富士山の”山開き”の今日は、小”元日”。
子(ね)の月で始まる前半が終わり、午(うま)の月が始まって一年の後半に入ったわけだ。
気分一新。

ちなみに今年は、6月を終えた時点で、室内の冷房を一度もつけていない。
これは省エネ意識の高まりのためだけでなく、実際に冷房が必要な日がなかったため。
ことしの夏は大丈夫そうだ。

さて、東京の実家では、7月4日の亡父の祥月命日(今年で20年目)の直前の日曜に、
菩提寺に墓参りならぬ”霊廟”参りするのが行事。
寺は目黒の五百羅漢寺で、そこは墓ではなくすべて屋内の霊廟、すなわち個々の墓のかわりに仏壇になっている。
そのため、管理は行き届いており、草むしりも墓の掃除も不要。
雨の日も日没後もお参りするのに不自由しない。

寺が近いこともあって、霊廟参りは家族の誰かがほぼ毎月やっているが(菩提寺は近くがいい)、
毎年7月のお参りがいつもと違うのは、お参りの後、寺付属の食事処”らかん亭”で、
計6名でちょっと贅沢な食事会をする点(昼から酒を飲むのは、正月三が日とこの日だけ)。
はっきり言ってこれが楽しみだったりする。

父の眠る寺で家族が集って楽しく過すこと自体、父に対する供養だと思っているし。

コメント