今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

山で道に迷うと沢に行く法則

2018年08月15日 | 時事

山口県・周防大島での2歳児行方不明事件が、3日後に無事解決してなによりだった。

発見者は、前日にやってきたアカの他人である78歳の老人。
だがその正体は、ボランティア界では”師匠”と呼ばれる、凄腕の捜索請負人。

その人に注目する前に、まずは行方不明になった当人の方を問題にしたい。

といっても行方不明の翌日に2歳の誕生日を迎えた幼児なりたての年齢。
対象関係論的には母親に対する「再接近期」を迎え、母への愛着が再燃する頃。
なので、母でない親族との同行を嫌がり、母の元へ戻ろうとした。
ところが、慣れない親族宅で、帰り道も行きとは違っていたため、家に行き着けなかった(それを放置した祖父が責められても仕方ない)。

その後は、年齢的にも行動力がなかったこともあり、道を大きく踏み外すことはないものの、どんどん道なりに山に入り込んでしまった。

小学生くらいになれば、迷ったら来た道を引き返すという判断もできたろうが、 そういうメンタルマップ(脳内地図)はまだ形成されていない(そういえば「となりのトトロ」のメイも 道迷いに2度も陥った)。

発見されたのは、道脇にある沢(小さな川)。

またもや沢だった。
山で道に迷うと人は沢に向ってしまう(5月に東京奥多摩で家族とはぐれた少年も、同月新潟の山で遭難死した父子も)。
経験も判断力もない2歳児でもそうするとは、どうやらこれは本能的な行動なようだ。
そしてそれが深い山だと沢相が険悪なので致命的になるが、幸い今回は人里近くの森の中の小さな流れ。
むしろ、水の確保と暑気の回避になった。 
あともう一つ大事なことは、3日間あまり動かなかったと思われる。
それによって絶食状態でも体力を消耗せず、 また危険に遭遇するリスクも減る。

さらに幸いなのはこの間、天気が安定していたこと。
接近中の台風、いや数日前に私が経験した一過性の雷雨であっても、沢は増水し濁流と化していたろう。
それにびしょ濡れになって体温が奪われる。 

ついでに、今回の出来事をこの子は心に刻むだろうか。
そうはならない可能性が高い。
私の甥が2歳の誕生日の前日に、皆でイタリアに行き、あちらにいる姉一家と盛大な誕生会をやったのだが、後年それを含むイタリア旅行自体を覚えていないという。

確かに、私も2歳の時の記憶はない。
この年齢では、エピソード(出来事)についての長期記憶機能が成熟してないためだろう。
でもこんな大事件だったら、トラウマになって忘れないはずと人は思うかも知れない。 

フロイトが言うには、ごく幼い時に体験したトラウマは、抑圧され、さらには何でもない出来事に変換されて記憶されるという。
フロイトは、人が思い出す最初の記憶(たいていなんでもない情景)をあえて「隠蔽記憶」と名づけた。
なので、この子もこの出来事を忘れてしまう可能性が高い。 

コメント

「バケツ降り」の雷雨

2018年08月12日 | お天気

今日は大学のオープンキャンパス(高校生たちに大学公開)で、午前中は模擬授業を担当。
といっても教室にいるのは、高校生だけでなく、その母や父なども交じり、年齢と性別がバラバラ。
高校生向けにあえて軽い内容にしたので、親受けはイマイチだったかも。 

午後3時に無事に終ると思ったら、それまで夏の暑さだった空が一転にわかにかき曇り、雷鳴が響くようになった。
タブレットアプリでXバンドレーダーを見ると、 大学の南に積乱雲の強いエコーが発達中。
その地にあるわが「日進」気象台は、北風になっている。
すなわち、発達中の積乱雲が周囲の空気を取り込んでいるのだ。

そして充分発達した積乱雲から、強烈な雨が落ち始めた。

「日進」によると、雨量強度の平均は30mm/h(瞬間値はその数倍を記録)。
土砂降り(20mm)を超える大雨警報クラスで、道路に白いしぶきが立つ強さだ。
「バケツをひっくり返したような雨」と形容されるレベルなので、私は強度30mmの雨を「バケツ降り」と名づけている。

駐車場に停めてある車が換気のために窓を少しあけていたのを思い出した。
窓を閉めないと車内がびしょびしょになる。
迷わず傘を差して、駐車場に向って走る。

稲光と雷鳴が響く中、駐車場横のグラウンドの木立の間を、思いきって通り抜ける(グランド上に単身傘を差して出るのが一番危険。ただし木立近くも側劇を受けるので安全ではない。要するに雷雨の中屋外に出ること自体が危険)。 

雷の直撃を受けない事を祈りながら傘をたたんで、急いで車に入る。
傘を差してきたのに、全身びしょ濡れだ。
そう、30mmの雷雨は「傘を差しても全身が濡れる」ことになっている。
まさにバケツの水を浴びた状態。
窓を閉めたものの、この雷雨の中、まだ屋外に出るのは危険なので、車内でしばらく待つ。
だが、いっこうに小やみにならず、むしろ雷が激しくなる。

エンジンをかけずに車内で待っているので、蒸し暑くなってきた(この雨では窓を開けられない)。
なので、ワイパーも効かないほどの雨の中、車を動かし、建物に近い駐車場に移動して、そこから研究室に戻った。

「日進」を確認すると、風向がさきほどとは真逆の南風になっている。
充分発達した積乱雲から、下降流が吹出しているのだ。
1分間隔で更新されるXバンドレーダーエコーをしばらく見ていると、
大学の近くにあった最も強いエコー領域が消えた。
積乱雲が衰退しはじめたのだ。
やがて、雨の強さも普通の雨程度になってきた。
これで帰宅できる。 

途中、スーパーに立ち寄って買物をして、車に戻る頃には、雨はやんで、周囲の空が明るくなっていた。

コメント

やっと読んだ『自我の終焉』

2018年08月11日 | 作品・作家評

クリシュナムーティ著『自我の終焉—絶対自由への道』(根本宏・山口圭三郎訳)篠崎書林
この本は、自分が学生時代に購入して、ずっと”積ん読”状態だった。 

なぜ買って読まなかったかというと、タイトルだけで、仏教の基本テーゼの一つである「無我論」のことだとわかるので、読んだ気になってしまって、改めて読む気にならなかったから。

それが最近、私が接近したトランスパーソナル心理学の本で引用されていたので、そういえばこの本持っていたなと思い出し、読んでみた次第。

内容を簡略に説明すると、
現象をありのままに経験することで、既存の限定された自我を超越できるということ。
これを私の「多重過程モデル」で言い直すと、システム3という非日常の心を開発することで、システム2の主体である”自我”を超越した心に達することができるということ。
かように、私の多重過程モデルにぴったりはまっているので、とてもわかりやすかった。

この自我を超越する視点は、それこそ「トランスパーソナル」であるが、著者は、超個的な存在(観念)を実体視しない点が既存のトランスパーソナル心理学と違う(システム3の現象学的態度を堅持している)。

システム2までの既存の心理学も、システム3とかなりダブっている認知行動療法的なマインドフルネスも、そして本当はシステム4という境地に達してほしいトランスパーソナル心理学も、自我あるいはそれに代わる何ものかを実体視している(既存の心理学はシステム2の主体=自我をそれこそ大切にしている)。

この主張、もし私が買った当初読んでいたら、心理学理論としては受け付けなかったろう。
幸い、自分の方が既存の心理学を拡大した多重過程モデルに達したので、心理学として受け入れることができた。
その点でいいタイミングで読んだことになり、”積ん読”には意味があるなと我ながら感心する。 

さらに、ここしばらく、前近代的非科学思想を引きずっているトランスパーソナル心理学や気の理論の本を続けて読んでいたので、これらが内在しているシステム2的妄念・妄想のアカが取れて、心がすっきりした。

「システム3って何?」という人でも、マインドフルネス(認知行動療法的/仏教的)を知っていれば、著者が、自我による誤った条件づけ・認知的バイアス(システム1)や自動的思考(システム2)を問題にしていることが理解できよう。

本書でさらに特徴的なのは、クリシュナムーティはこの境地を目指すのに導師(グル)を不要としている点。
この手の多くの教説本は自己流を戒め「よき師につけ」と勧めるもの。
それって実はその本の著者の自己宣伝を含意している。

クリシュナムーティによれば、導師を求めることは、自己の願望を求めているにすぎないという。
だから、その願望を満たしてくれそうな人にハマり込む。
麻原彰晃という誤った導師(グル)にハマって、それこそ他人と自分の人生を台無しにした人たちをわれわれは知っている。 

クリシュナムーティ自身、ほとんど独学でこの境地に達したがゆえの確信によるのだろう。

そういえば、仏典によると、釈尊が入滅の時、弟子たちがこれから誰を師とすればいいのか釈尊に問うた。
釈尊の答えは、「己れを頼りなさい。法(ダルマ)を頼りなさい」だった。
どこぞの誰を頼れとは言わなかった。

さらにそういえば、私ら大学教師も、学生に「自分の頭で考え、自分の言葉で語れ」と指導する。
決して「私のように考え、語れ」とは言わない(教師は導師ではない)。
”自分”が現象と一体になれれば、その経験は限定された個我の主観性ではなくなるからだ。
ただ学生の”思考”はシステム2レベルの作用だから、クリシュナムーティの境地には達していないが。 

コメント

東日本が突然”秋”に

2018年08月07日 | お天気

今朝、東京のわが「本駒」気象台は、21℃に下った。

昨夕から、突然涼しい風が吹きだして(それまではムッとした熱風)、ずっとつけっぱなしだったエアコンを止めたほど。

「本駒」の観測記録によると、昨夕から露点温度が急に下り、それまでの数日間とは明らかに異なる気団に覆われたことがわかる(日射の影響で日内変動が大きい気温よりも、露点温度の方が気団の交替が分りやすい)。

残念ながら「本駒」は周囲が高いビルに囲まれているので、風向は歪められている。
そこで気象庁のアメダスを見ると、東京を始めとする関東エリアはことごとく北寄りの風となっている。

天気図を見ると、関東の南に台風13号が接近していて、北からの風を吸い込んでいる。
風上の北方には、オホーツク海高気圧がいつのまにか発達して東北日本の太平洋側に勢力を伸ばしている。
この高気圧は時に東日本に冷夏をもたらすもので、たとえば札幌が30℃になっても道東の釧路の気温が低いのもこの高気圧のため(海流の影響もある)。

関東を含む東日本は急に”冷夏”パターンになった。

しかも台風とオホーツク海高気圧との間、まさに関東南岸には停滞前線が発生している。
これは南の夏の気団と北の秋の気団との境界で、この前線は通常は9月後半に北から南下して梅雨の逆パターンである秋雨前線に発展する。

すなわち、東日本は突然秋雨前線の北側、すなわち”秋”の大気状態になってしまったことになる。

もっとも、これから北上する台風に押されて、この秋雨前線も北方に追いやられるから、この突発的”秋”状態は一時的でしかない。

ただし、かように秋の準備ができてしまったのも確か。
なるほど、確かに今日は”立秋”だ。 

コメント

静岡(JR東海)の無冷房車

2018年08月05日 | 

学校が長期休暇にあたる期間は、JRの「青春18きっぷ」で名古屋から東京(実家)まで、中距離の列車を乗り継いで帰る。

合計6時間も冷房の効いた車内でじっとしているため、身体が冷えることから、盛夏でも服装は長袖・長ズボンにしている。

昨日でやっと補講が終わり、私も夏休み。
18きっぷでのんびり帰京する。 

名古屋から豊橋までの快速はいつものように快適だった。

ところが、乗り継いだ11時23分豊橋発浜松行き(3両)、そして12時27分浜松発興津行き(3両)は、いずれも冷房がない車両だった(乗った瞬間、暑さでムッとする)。

設備的には天井の中央部に送風口の溝がある。
そこから風は来るがちっとも冷たくない(扇風機と同じ)。

携帯の気象計で測った車内温度は32℃。
iPadに装着するサーモグラフィで送風口を測ると30℃を超えている。
冷房が”弱い”のではなく、そもそも冷房が作動していないのだ。
そのくせ窓は開かない(もっとも外は35℃を超えているので、外気を入れたくない)。

今どき、いや今の時期、無冷房列車に乗せられる不幸な乗客になってしまった。

当然、乗客はみな暑がっており、扇子があればあおぎっぱなし、携帯扇風機を持参している人は顔にあてっぱなし。
日頃この区間の利用者はこれらの装備が必要らしい。

実際、ときたま通る車掌に誰も文句を言わないので、この区間はこの無冷房車が標準なのか(冷房が故障しているとのアナウンスもない)。 

JR東海は在来線を冷遇しているといわれるが、競争相手のいない静岡県内でそれを実感する(文字通りの”冷遇”なら歓迎だった)。

予定通り、島田で13時25分の 熱海行き(3両)に乗換える。
この車両は新しく、冷房はきちんと利いていた(車内28℃。送風口の温度26℃)。
へたしたら豊橋から興津までの間ずっと無冷房車になるところだった。

熱海から先(JR東日本)は、もちろん冷房車。
ただ室温が25〜26℃なので、長時間乗っていると手足が冷えてくる。 

コメント

名古屋も40℃越え

2018年08月03日 | 生活

大学は8月から夏休みなのだが、その期間を利用した集中講義として毎日4コマの長時間授業をこなしている。

昼間はずっとエアコンの効いた教室で講義をし続けているため、本日、地元名古屋が40.3℃に達した事も幸か不幸か知らなかった。

幸とは、もちろん、記録的暑さを体験しないですんだことで、不幸とは、名古屋初の40℃超えを地元にいながら体験できなかったこと。

もっとも、前に記したように、仕事が終って市内の棲み家に帰ると、室内は連日40℃を超えているので、私はすでに名古屋宅内で40℃超えの気温を体験していたのだ。

長年生きてきて、日本でこうたやすく40℃の気温を体験するとは、誰が予想しただろう。

しかも昼は40℃で、夜は熱帯夜(25℃以上)どころか30℃を下回らない。

エアコンつけっぱなしのおかげで寝苦しくはないが、連日1限からの集中講義のため、朝から余裕がない。

 

ところで、最近我が一族のルーツ探訪のブログ記事へのアクセスが増えているけど、
連日世間を賑わしている日本ボクシング連盟の会長さんは、ウチとは縁もゆかりもないからね。

コメント

トートリュックの欠点を補うグッズ

2018年07月29日 | 生活

私が”究極のアイテム”と認定した「トートリュック」(リュックになるトートバッグ)。
その長所については、その記事で述べたが、夏になってリュックと共通した欠点が露呈した。

背中が蒸れるのである。
いや蒸れるどころか、背中が汗でびしょびしょになる。
これはリュックが背中と密着し、しかも背中は本来その広い面を利用して発汗による体温調整の場になっているため、密着面が汗でべっとり濡れるためである。

登山をやっていた時は、この欠点といつも直面していた。
登山中の休憩後、濡れた背中に塗れたリュックを背負う時のあの不快な冷たさ。
そして登山中の不快な背中の熱さと合わせて、登山中に感じる不快の双璧だ。 

最近の登山用リュックはその点が配慮され、素材と形状で背中のべとついた密着を軽減してくれている。

ところが、街用のトートリュックは、リュック部分が付け足しなのでそのような配慮がまったくない。 

そこで、この問題を解決するアイテムが別途必要になる。

それは、リュックと背中の間に挟むメッシュの板状アイテムで、しかもUSB給電で作動するファンがついている。
メッシュ状の挟むアイテムは登山用としてすでに存在していたが、それにファンがついて強制的に風を通す製品は、さすが、秋葉のサンコーレアモノショップならでは。
もちろん外付けバッテリが必要だが、4000 mAhほどのコンパクトなもの(1000円ほど)で充分。
本体のUSBケーブルとの位置関係で、バッテリはズボンの右ポケットに入る。
ファンの回転が必要ない電車内などではポケット内でケーブルを抜けばいい。
ファンを回さなくても、メッシュ板が強制的にリュックとの間に空間をつくっているので、それだけで通風性は確保される。
ただ、通風性は確保されても、背中は上述したように本来的に汗が出る場なので、背中の汗を0にするほどではない。
それだから、ファンの向きを通風用に上向きに固定するのではなく、背中側に向けてくれたらなお良かったのに。  

この商品2980円で、取り付けも汎用なので、私が持っているすべてのトートリュックに装着できる。
東京用と名古屋用と2つ買った。 

サンコーレアモノショップリンク貼っとくけど、今日の時点で商品が見当たらない。完売したかな。

コメント

熊谷、復活の記録更新

2018年07月23日 | お天気

最低気温が30℃だったので、今日は暑くなると思っていた。

まずは13時29分に東京の「青梅」が 40.8℃を記録し、本日のトップに立った。
東京といっても、奥多摩の山の麓である青梅はここ数日調子がよく、 関東でも上位に立っていた。
記録時は北東風1.6mで、西(奥多摩)風のフェーンでなく、風上は平野部しかもヒートアイランドとは無縁の方向。
風向は有利でないのに、よく頑張っている(高温要因が複雑なようだ)。

そして13時40分に、本命「多治見」(岐阜)が40.7℃を記録。
今日は東京より名古屋の方が暑くなる(39℃)と予想されていたので、多治見なら40℃を超えると思っていた。
まだ13時台で、風向は多治見が日本一になった時と同じ西風(西側に山がある)。
青梅に少し足りなかったが、午後の伸びに期待したい。

14時14分には、なんと我が私設「本駒」(東京)が40.1℃を記録。
2015年8月7日に40.5℃を記録して以来の40℃超え。
青梅には及ばないが、都心部でもこの暑さなのだ。
ちなみに同じ私設の「日進」(愛知)での最高は37.8℃(13時56分)。
どうやら今日は東海より関東の方が気温の伸びがいい。

そして、14時23分、ついに、あの「熊谷」(埼玉)が41.1℃を出した。
それまでの江川崎(高知)が出した41.0℃の日本記録を更新する快挙!
その前回の日本一(40.9℃)は多治見と分け合ったが、今回は単独1位。
熊谷の名を再び全国にとどろかせることになる。 
ここ数年は、利根川の向いの「館林」(群馬)に押され気味だったが、今夏は調子が良かった。
北西風1mという点で、本来なら館林が高温になる風向での勝利。

その館林は、14時41分に、39.4℃を出すのが精いっぱい。
今夏は熊谷の敵ではない。
移設した影響もあるかもしれないが、今日は東風4.1mと不利な風だった(関東では東風は海風)。

残念ながら多治見は、有利な西風にもかかわらず、その後は伸び悩み、結局、7月18日の値と同じで終った。

心情的には多治見を応援していたが、熊谷の復活も、同じ関東人としては嬉しい。

だが、これで今年の夏が終ったわけではない。
むしろ勝負はこれからといえる。 

コメント

東京の最低気温が30℃!

2018年07月23日 | お天気

東京都心に近い住宅地にある我が私設「本駒」気象台によると、今朝の最低気温が30.0℃(5時22分)を記録した。
最低気温の最高記録である。

ちなみに、都心だが北の丸公園の森に囲まれたアメダス「東京」では、昨夜の最低気温は28.5℃(1時4分。なぜかその後2時、3時に30℃を超える)。

過去経験からみて、これは異常事態だ(今後は異常でなくなるかも)。 

もちろん、エアコンをつけて寝ているので、この外気温を知らずに済んだが、そのエアコンの廃熱が夜の気温を下げない要因になっているのも確か。
それに昨日予想したように、雲が多いので放射冷却も起きない。

実は、電気エネルギーを消費せず、排熱も出ないすぐれた冷却法がある。
使うのは水だけ。
水の気化熱を使うのだ。
夜になったら、東京で一斉に「打ち水」をしてみたらどうだろう。

水が蒸発する時に熱を奪うので、地上空気の熱源である地面が冷却される(屋根や壁面に打ち水するのも効果的)。
欠点は、ほどなくして蒸発しきったら冷却効果もなくなること(持続性がない→繰り返せばよい)。
また結果として水蒸気が増えるので、大気中の湿度は若干上る。
それで上空の雲が雨を降らせてくれたらなおいい。 

ちなみに、蒸発によって奪われた地面の熱エネルギーは、どこにいったのか。
中学あたりの理科で習ったと思う。 

コメント

東京の最低気温が29℃

2018年07月22日 | お天気

母が朝、2階のダイニングに行ったら室温が29℃になっていたので、いそいでエアコンをつけたという。
予想外の昇温に驚いたのだ。

そこで我が家の屋上に設置してある私設「本駒」気象台のデータを見たら、なんと本日未明(4:40)の最低気温が29.1℃。→本駒気象台

熱帯夜どころではなかった(体感温度指標の熱指数は最低で34℃)。 
母にも、一晩中エアコンをつけるよう言ってあるので、就寝中にこの高温は体験していなかったが、睡眠中に熱中症になってしまう気温になっていたとは恐ろしい。

さらに最低気温が下らないと、日中の昇温はそれに追加されるので、より高温になりやすい。
幸い、今日の東京は雲が多めなので、日射による昇温効果は数日前よりは低そうだ。
むしろ、雲がどんどん発達して、積乱雲による夕立を期待したいが、上空に寒気がないので、積乱雲にまで発達する条件には乏しい。
このまま雲が多いままだど、夜間に放射冷却ができないので、また超熱帯夜になりそう。 

かような状況なのでエアコンのフル稼働を続けざるをえない。
ワットチェッカーと室温計を頼りに、せめて効率的な設定を心がけたい。

コメント