さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

自分を曲げずに、変えずに闘い、敗れる 赤穂亮、タイでKO負け

2015-08-07 19:37:02 | タイ国ボクシング



今日の夕刻、ネットで生中継を見ることが出来ました。
タイで行われたWBOバンタム級タイトルマッチは、元王者プンルアン・ソーシンユーが、
日本の赤穂亮を2回ノックアウト。二度目の王座獲得となりました。


初回、やはり地元のプンルアンが好調で、鋭いジャブ、ワンツーを繰り出す。
赤穂はすかさず左ボディ、右クロス。間を置かず打ち返そうという姿勢は良し。
しかしこれまでの試合と同じく、相手と間を詰めて闘うわりにはガードが低く、開き気味。

初回の半ばからか、徐々にラフな展開。赤穂は打ったあと、接近戦で防御の手立てがないので
お決まりのようにクリンチに行くが、これはプンルアンが一枚上手。
赤穂のバランスを崩したり、ラビットパンチを打ったり。赤穂には良いことがない。
しまいには投げられてしまう。この直後にゴング。

2回、映像が映った時点でレフェリーが両者のグローブを拭いている。何かあったのか。
プンルアンが連打、後頭部にもパンチが入る。赤穂は左ボディを突き刺す。
しかしプンルアンが出て、ロープ際で揉み合い、両者もつれてコーナーへ。

後に、スロー映像を見ると、赤穂の肩の上からプンルアンが左の肘打ちを決めているように見える。
これで赤穂がロープに腰を落としたところにプンルアンが連打、右がまともに決まって赤穂ダウン。
あの状態で打たれては、とても立てない。そのままKOとなりました。


客観的に見ても、非常に問題のある試合でした。
試合が長引けば注意くらいはしたかもしれませんが、プンルアンのラビットパンチは野放しで、
最後の一連の攻撃も、かなり悪質な反則だったように見えます。


敵地、しかもタイだから、というのは、従来の古い常識論ではあるでしょう。
こういう、ドサクサに巻き込まれた時点で負けだ、という見解があることも理解はします。

しかし、いつまでもそういうことでいいんですかね、という気持ちも、一方ではあります。
軽量級では、一定数の世界戦が開催されるマーケットであるタイですが、昔から今にいたるまで、
ちょっと度を超した酷い話が、リングの上でも外でも、頻繁に見え、聞こえてきます。

最近もアムナットvsカシメロ戦は、見た人の間で、かなりの「評判」を取っていました。
この試合をダン・ラファエルがネットで視聴して、そうとう厳しい批判をしたらしいですが、
井上尚弥や田中恒成の好ファイトが、Youtubeで広く見知られたのと同様、こうしたタイの現状もまた、
これからは広く世界に知られ、厳しい批評にさらされるべきでしょう。
もっとも、そういう時代はもう、すぐそこに来ているのかも知れませんが。



敗れた赤穂亮ですが、その闘いぶりは、今までの彼の流儀そのまま、という感じでした。
相手と正対して、近い距離から、突き立てるようなパンチを上下に飛ばし、ぐいぐい攻める。
技術的に言えば若干無謀にも見える、まして世界王者経験者、今までの相手と違い、簡単に下がってはくれない。
しかしそれを承知で打つ。逆に打たれる可能性が、五分かそれ以上であっても、攻めて行く。

相手の老獪さ...というか、地元である前提を勘案しての卑怯さに、まんまとしてやられた感のある、
何とも苦い敗北を見てなお、赤穂亮は変わらず、彼自身だった。そんな印象も残りました。
彼の試合をこれまで何度か見て、いずれ彼の流儀が通らない時が、何らかの形で訪れるだろう、と
ある程度想像はしていました。そして、今日の試合が、その時だったのでしょう。

ただ、出来るならもう少し、真っ当な場所での、真っ当な相手との試合であったらな、と。
それが何より、残念に思えました。
コメント (6)

槍を失い、雑兵に討ち取られた 佐藤洋太、タイで完敗

2013-05-03 21:11:38 | タイ国ボクシング

開始早々、シーサケット・ソールンビサイがサウスポーで立ち上がったこと自体を、
佐藤洋太が苦にしているとは、最初の内は思いませんでした。
さして踏み込まれているようにも見えず、長い右ストレートや速いサイドステップも
時折出て、敵地にしては悪くないのかな、と。

しかし、そう思えた時間は、振り返ってみればほんのわずかでした。
低い姿勢から力強く攻め込み、上下に強打を散らし続けたシーサケットは
試合が進むにつれて、どんどん自信、確信を得た者の強さを見せていきます。
佐藤の左ボディブローや、単発ながら良い角度で入ったかと見えた右クロスは、
シーサケットの肉体を打ってはいても、彼の闘志を挫くことは出来ませんでした。


佐藤洋太は長い距離の攻防で、多彩で卓越した技巧をもって、
対戦相手の力を削ぎ、自身の特徴を生かして闘う展開においては、
間違いなく世界屈指の実力者だと思います。

しかし今日の試合は、その観点からいって、まったく彼の試合ではありませんでした。
対戦相手は持てる力を全て出し切り、佐藤自身はその特徴を全く生かせない。

距離を取れず、サイドに出られず、フェイントは見てもらえず、踏み込まれて打たれる。
足を止めても、ショートパンチを出すスタンス、アングルを元々持っていないので、
結果として手数で劣り、シーサケットを勢いづけてしまい、また打たれる、の繰り返しでした。

リング外での、我々の目には見えないところでの何事かを想像はしてみても、
これだけ何もかもが悪い方に回る試合では、佐藤の完敗もやむなし、としか見えませんでした。
長槍の騎兵が、その槍を早々に失い、雑兵の振る小太刀に切り刻まれるような試合展開は、
その終幕が容易に想像出来て、3回あたりから、見ているのが辛かった、というのが正直なところです。


試合前は、佐藤の技巧が、大した選手とも思えないシーサケットを圧倒するのでは、と想像していました。
原田、海老原などとは、悪いが相手が違うだろう。あのパスカル・ペレスを破ったタイの英雄キングピッチと、
聞けば日本でいわゆる「噛ませ」的試合に出て負けたこともある、シーサケット「とかいう選手」を一緒にしてどうする、
いかに敵地といえ、佐藤が捌くだろう。
万一があるにしても、競った試合で、変な判定が出て、とか、そんな感じではないか、と。

しかしその甘い想像は、木っ端微塵に砕かれてしまいました。
今まで見た中で、おそらく最悪の佐藤と、これこそ想像ですが、おそらく過去最高のシーサケットがぶつかった。
その結果が、今日の試合だったのではないか、と思います。


佐藤が今日のような状態に陥ってしまった原因は、目に見えない範囲でいろいろあるのでしょうが、
見えた範囲で言うと、やはり相手の左構えに戸惑った?こと、キャンバスとシューズの違和感など、
その他にも試合開始の待ち時間、会場の気温等々、いくつかエクスキューズはあるのかもしれません。

しかし何よりも、対戦相手のシーサケットの闘志、果敢に攻めきろうとする強固な意志こそが、
もっとも佐藤にとって脅威だったのではないか、と思います。
佐藤の左ボディや右クロスが、序盤の内に何度か好打しましたが、地元の後援と声援を受けて
前進してくるシーサケットにダメージを与えても、その闘志を削ぎ、打ち砕くには至りませんでした。
タイのボクサーの、母国における本来の強さは、佐藤の想像を超えたものがあったのでしょう。


悪いですが、この挑戦者を日本に迎えていれば、仮につまらない試合になったとて、十中八九、
佐藤が防衛していたと思います。しかし、これがボクシングの怖さなのでしょう。

今日負けたから明日頑張ろうとか、次は来週、会場を相手の地元に移して第二戦、とかいう
他のスポーツとは違って、一発勝負のボクシングというものの怖さ。
優れた技巧の持ち主とて、ひとつの歯車の狂い、好打しても手応えが得られない戸惑い、
そうした僅かな切欠から、徹底的に打ち崩されてしまう、身体を傷つけ合う直截的な闘いの持つ怖さ。

何だか、未だに内容と結果が信じられない、納得出来ないまま書いていますが、
本当に、ボクシングとは怖ろしいものだ、ということだけは確かに感じています。


そして、佐藤洋太のボクシング、あの多彩な技巧、様々な仕掛けがちりばめられた
見ていて楽しい、飽きの来ないボクシングは、また再現されることがあるのでしょうか。
それを安易に期待していいのか、疑問に思うほど、あまりに重く、傷の多い敗北でした。本当に残念です。




コメント (4)

ポンサクレック敗れる!

2012-11-01 23:57:57 | タイ国ボクシング

本日、日本時間だと夕刻だと思われますが、あのポンサクレックが無冠戦で
3ラウンドに二度倒され、TKO負けを喫しました。
動画がありましたので紹介しておきます。

相手はレイ・ミグレノ、というフィリピン人で、レコードは私が見たものだと
15勝(13KO)20敗3分。ポンサクレックとは三度目の対戦で、過去二度は
8回判定と初回KOで敗れています。
それ以外にも、リチャード・ガルシア、ドァンペッチ、デンカオセーン、
テーパリット、ソニーボーイ・ハロといったところに軒並み負けており、
最近の三試合も全て判定負けで、三連敗中という選手です。

ポンサクレックにしたら調整試合の一環のつもりだったのでしょうが、
2Rからの映像を見る限り、往年の、適切な位置取りが全く見られず、
足の運びは重く、上体もふらふらしていて、バランスが悪く、安定感がまったくありません。
顔がポンサクレックの顔やなかったら、誰やコレ、という感じでした。

3R、左フックを食って効いたか、その後右を食って倒れ、立ったものの
足取りはふらふら。詰められて再び倒れ、仰向けに伸びてしまいました。


どこからどう見ても、限界、としか言い様のない姿でした。
どうやら、この小さなタイの英雄にも、グローブを壁に吊す時が来たようです。


基本技術を徹底的に叩き込まれた、バランスの良い、攻防兼備の名選手でした。
ミゲル・カントの記録を破る過程で、何度も来日し、日本のフライ級ボクサーたちにとって
高く険しい壁として、長らく存在したわけですが、今にして思えば、
こんなに巧くて強い、出来の良いボクサーを何度も直に見ることが出来て、
本当に有り難いことだったなぁ、と、感謝すらしているほどです。

本田秀伸戦で見せた技巧、小松則幸戦での衝撃的な強さ、
いずれも目に焼き付いて離れません。

さすがにそろそろ限界が来る頃だろう、と思ってはいましたが、
こうして現実に映像まで見てしまうと、何だか寂しい気持ちがしますね...。



コメント (2)

ポンサクレック奪還

2010-03-27 21:55:10 | タイ国ボクシング
ポンサクレック、王座奪還なりました。
TVの前で、タイ国旗の小旗二本持って「チャイヨー!」言いながら見てましたが(←ウソです)、
一部で言われているほど衰えているわけではなく、デンカオセーンみたいな練習不足でもなく、
17度防衛のタイの英雄としての誇りを感じさせる闘いぶりでした。

右リードの正確さ、再三当てた左ボディストレート、踏み込みの良さ、
要所で決めた右フックのカウンター、連打に交えた右アッパー。
いずれも、往年の片鱗(あくまで「片鱗」の域でしたが)を見せて、
亀田興毅を確実に捉え、突き放すには充分な技量を発揮しての勝利、見事でした。
今後は内藤大助との5度目の対戦となるのでしょうか。


しかし、あれほど一方がクリアに打ち勝って、判定が2-0というのも理解に苦しむところですが、
今回の鬼塚勝也の解説こそ、意味のわからないものもなかったですね。

実況アナや佐藤修は、時折ポンサクレックのヒットや技量を語っていましたが、
鬼塚は亀田ひいきという次元を超えた「ストーリー展開」に終始し続けていました。

なんかもう、別世界に生きてはりますね。現役時代も「他とは違う」存在であることに
血道を上げているような印象がありましたが、「解説」なんてハナからまともにやるつもりもないようです。
「解説の鬼塚さん」じゃなくて「語り部の鬼塚さん」に肩書き変えてもらいたいですね。

現役時代、ほんとに良いボクシングしましたし、ファンだったんですけどねぇ...。
数年前にも書いた覚えがありますが、解説者としては本当に、最低最悪です。残念です。

コメント (11)

イーグル、母国で散る

2007-11-29 22:52:55 | タイ国ボクシング
イーグル、王座転落とのことですね。

あちこちで情報を見た限りでは、足使われて、イーブンぽい回を
ほとんど取られた、という感じだったようです。
やはり、色んな意味で、母国タイは、イーグルにとって敵地だったということでしょうか。

どんな試合だったかはWOWOWで見ないとわかりませんが、
なんか、再戦してもタイでやったらまた負けかな、って感じがします。
日本での活動はスポンサーの問題もあり、厳しいような話ですが、
どうにかならんものでしょうかね。

日本の上位選手との好カードや、胸を貸す形のカードはいくらでも思いつきますし、
それこそ、ローマン・ゴンサレスとの対戦などをやってもらって、
もう一度、世界へのチャンスを得て欲しいところです。


それと、内藤大助の次が、タイ開催だという話がありますが、
なんとか日本開催にできないものでしょうか。
どっちつかずの試合になったら最後、勝ち目ゼロ、という感じみたいですね。

コメント (4)

イーグル、凱旋試合...?

2007-10-01 22:29:33 | タイ国ボクシング
イーグル、母国で防衛戦
相手は1位オーレイドンです。

今までは日本でのみ闘い、母国ではそのことを指して批判的なことも
言われたことがあるらしいイーグルですが、スポンサー撤退により
ついに母国での世界戦となりました。ええのか悪いのかわかりませんが...。

相手の実力がどうなのか、勝ち負けは、という話ももちろんですが、
当日の試合、またはそこに至るまで、イーグルが母国においてどのように扱われ、
どういう雰囲気の中、リングに上がるのかにも、興味があります。
というか、多少心配でもありますね...通常の意味で「凱旋試合」として
盛り上がって、幸福な結末になればいいのですが。




コメント

タイ御一行様来日

2006-10-04 12:27:03 | タイ国ボクシング
10月8日に嘉陽宗嗣の挑戦を受ける
WBCライトフライ級暫定チャンピオンの
ワンディ・シンワンチャー来日。

は、いいのですが...シリモンコンも来とるがな(^^)


本日はWBAスーパーバンタム級王座統一戦もあり、
しばらくの間、ちょっとしたタイマニア週間ですね。

ソムサック・シンチャチャワン×セレスティノ・ガバジェロの
ストリーミングは本日午後3時ごろからこちらである...らしいです。

...しかし、ちゃんと表示されませんね。
軍系列の局なんで、クーデター関係でサイト管理どころじゃないかも...残念。


=====================================

えー、結果、カバジェロが3RKO勝ちで王座統一。
スリーダウンKOだったそうです。まずは完勝でしょうか。

池原の世界戦はどうなるのでしょう...。

コメント

ポンサクレック、またも勝つ

2006-05-02 09:53:00 | タイ国ボクシング
WBCフライ級タイトルマッチ、ポンサクレック×中広大吾戦を
インターネットで見ました。
生中継ですからねー。良い時代になったものです。

小さい画面から受けた印象では、やはり多くの日本人挑戦者たちと同じく、
中広もポンサクレックの正面に立たされて打たれる、という試合展開を踏襲した、
という印象でした。

ポンサクレックの試合は、大阪での本田秀伸戦と小松則幸戦を見ています。
結局ポンサクレックを右の選手が攻略するには、如何に正面に立たないか、
左回りをして死角から打つか、がテーマになります。

しかしポンサクレックの、立ち位置を取ることに対する集中力と
右フックや右アッパーで相手の左回りやダッキングを殺す厳しさは
他の名サウスポーと言われるボクサーと比較しても、群を抜いています。

小松が完敗を喫した試合などはその典型でした。
試合開始早々にポンサクレックの右足と小松の左足が
立ち位置をめぐって激しく争っているのが見えました。
そして小松はその立ち位置争いに敗れてしまい、
それ以降、小松はポンサクレックの左が一番当たり、
自分のパンチが一番効かない位置に立たされて打たれ続けました。

今回の中広もほぼ同じ展開でした。
ただ、ポイントはことごとく失ったものの、
散発的に良いパンチを返したこともあって、
ポンサクレックもKOは諦めたようです。
そういう面では中広も頑張ったと言えるかもしれません。
2Rの左カウンターからボディに追撃を受けて倒された場面は強烈で、
もう終わりかなとさえ思いましたが、よく粘りました。


さて、ポンサクレックは亀田戦を熱望しているらしいですが、
おそらく実現しないであろう試合の話はパスするとしまして(^^;)
現実的には、次に日本人と対戦するとしたら、小松×内藤戦の勝者、と
いうことになるのかもしれません。

上記したような横の動きによる「対ポンサク」限定の話をすれば、
一番ポンサクレックを苦しめうるのは、サイドへ動く意識が強い内藤と
いうことになりますが、第二戦などはあれだけ頑張ってもなお、
基本技術の部分で及ばなかったのも事実です。

打倒ウィラポンは長谷川穂積という突然変異の天才によってなされましたが、
日本人の手による打倒ポンサクレックは、実現せずに終わるのでしょうか。
今の日本フライ級、それぞれに特徴のある面白い選手が揃っているんですけどねぇ...。



コメント (2)

アヌワット・ゲオサムリット

2005-11-13 23:38:04 | タイ国ボクシング
先日深夜、関西ローカル(だと思う)の雨上がり決死隊司会「雨スポ!」を
見るともなしに見ていると、男前の人気キックボクサー、小野寺力の引退試合の
様子が流れていました。

相手が、ムエタイの最優秀選手賞、いわゆる全階級通じてのMVPみたいなのを
2年連続で獲っているという、アヌワット・ゲオサムリット。
現代最強のムエタイ選手...というだけでは収まらないらしく、
テロップには「ムエタイ800年の最高傑作」。

ひええ。

と、何もそんなのと引退試合なんて、と思うところですが、
小野寺には小野寺のこだわりというかけじめがあったのでしょう。

試合は小野寺のいいコンビネーションも当たりましたが、
2Rに左フック一発で倒され、立ち上がったものの、
右ストレートを連続して喰い、壮絶なKO負けとなりました。

ちょっと小柄にも見えたアヌワットですが、パンチはかなりのものがあり、
それをなかなか、いい角度で当てていました。
短い映像からも、タダ者ではないことがよーわかりました。

この選手、あまりに強すぎてムエタイじゃ敵がおらず、
もう国際式にでも転向せなしゃーない、みたいなお話も聞いたことが。

そのうち、世界タイトルマッチのリングに上がっていたりするんでしょうか。
コメント (2)