さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

やっと見ましたダブル世界戦

2010-01-24 00:15:08 | 関東ボクシング
ということで、さる方のご厚意によりDVDをいただきまして、
やっと見ることができました、11日のダブルタイトルマッチ。
今頃何やっとんねん、という話ですが、簡単に感想。


プーンサワットvs細野ですが、やはり細かいところの技術面の差が積み重なって
放送されたラウンドを見た限りでも、明白な差を感じました。
パンチの軌道、防御の際の読み、リズムの切り替えといったところで、
やはりプーンサワットの方がより緻密で、正確で、効率的でした。
元々フェザーの細野も、時折はパワーを感じさせるパンチを決めていましたが、
ほとんどが王者に読まれていた感じもありました。
体格差をほとんど感じさせず闘いきったプーンサワットは、さすが王者の貫禄でしたね。
長谷川穂積戦はないとしても、他の選手との対戦で再来日もあるのでしょうか。


サルガドvs内山戦、これはもう皆さんがすでにあちらこちらで絶賛されているとおりですね。
しかしまあ、あれほど打ちにくい的を、あれだけ辛抱強く、執拗に追えるもので。
しかも、リードしている最終回に倒しきったんですから。ただただ、あっぱれ、お見事です(^^)

強打者でありながら、丁寧に当て続ける攻撃と、集中して慎重に外す防御、
どちらもこれまでの、どんな相手との試合でも雑なことは一切しないという
内山高志のボクシングに対する心がけの良さとでも言いますか、そういう良さが
肝心の世界戦のリングにおいて、存分に出たと思いますね。


ファン・カルロス・サルガドについては、確かに超一流のチャンピオンとは言えないにせよ、
今回の敗北によってホルヘ・リナレス戦の勝利をフロックと断じるのも、ちょっと違うかなと思います。
今回初めて彼のボクシングを長いラウンドに渡って見て、これは世界の上位で
充分闘いうるレベルにある、と感じました。
少なくとも、破格の強打を持ちながら、それを過信せず丁寧に攻防のバランスを取りつつ攻める、
内山高志のような難敵でないと、攻略し得ないチャンピオンだったと思います。


ということで今頃ですが、新年早々、見事な王座奪取劇でしたね。
世界にも強豪ひしめく130ポンドクラスにおいて、逸材・内山高志の活躍に期待です。

コメント (5)

長谷川、フェザー級転向へ?

2010-01-20 19:24:14 | 長谷川穂積
内山と細野のダブル世界戦ですが、BSジャパンでの放送はアンダーカードの放送に
比重を置いた構成になっておりまして、それはそれで大変ありがたいんですけども、
やはりあれだけカットが多い放送ではなかなか試合を語り得ないというところで、
友人にDVDを送ってもらって、それを見てから書こうということで、更新が延び延びになっております。
15日に何か書くとうそぶいていながら申し訳ありません。
新年早々これでは先が思いやられます...。


さて、長谷川穂積の次戦は、4月、関東で西岡利晃とダブルメインイベント、
バンタム11度目の防衛戦か、或いはWBCフェザー級上位との転級初戦、
うまくいけば次期挑戦者決定戦となるかも、という報道がされています。

一番現実的で、実現の可能性があるのかと思ったWBAスーパーバンタム級王者、プーンサワット戦は
実現の可能性がゼロということです。
つまりバンタム級にとどまるか、或いはフェザー級転向かの選択になるということですね。
傍目に見ると、えらい極端な話やね、と見えるんですが、長谷川本人の希望と、
現実のビジネスの折り合いをつけた結果が、こういう話になったのでしょう。

いかにバンタム級で無敵の長谷川とはいえ、スーパーバンタム級をパスして一気にフェザーへ、という
誰の目にも困難を伴うであろうと見える一段飛ばしの転級を成功させることが出来るのか。
確かに心配ではあります。
しかし反面、長谷川穂積ならばこのくらいの難事に挑むくらいでないと、という
ファンとしての勝手な期待も同時にありますね。

こうなれば4月の試合は、是非、フェザー級の強豪相手に転向第一戦、といってほしいですね。
相手はWBC2位、ファン・カルロス・ブルゴスなら文句なしですが、こちらは先日試合したばかりで、
「ほな次、日本行きますわ」とほいほい来てくれるものかどうか...よくわかりません。
しかし、仮に他の選手になったとて、相手次第で充分、楽しみな試合になりそうです。

何より彼自身が言う「クラスを上げたらもっといいパフォーマンスが見せられる」という言葉が
フェザー級において、いつか実現されるならば、その過程として、これからの試合は
どれもこれもが注目の試合になるでしょう。
4月、西岡利晃との夢のダブルメインイベント興行、今から楽しみですね。

相手はいっそ、クリス・ジョンでもいいですねー。なんなら西岡との対戦でも良いんですけど...(^^)
コメント (7)

明日のダブル世界戦ですが

2010-01-10 21:58:03 | 関東ボクシング
悲しいことに、私の住むところでは、リアルタイムの放送がありません。
うち、TV大阪、映らないんです...。
当てにしていたBSジャパンはまさかの4日後放送。
ということで感想は15日に書くことになります。


簡単に予想ですが、サルガドvs内山には、大きな期待をしております。
内山の技術と強打は、世界王者を攻略しうるものだと思いますが、スピードやリズムでは
サルガドが上回ると思います。内山はジャブを正確に強く当てて、サルガドのリズムを落とし、
スピードを削いで闘う展開作りが出来るかどうか、でしょうね。

現状では乱立するアジア地域の王者たちの中でも、抜きん出て強い、真の「アジア代表」である
内山の世界王座奪取を期待したいですが、さてどうなりましょうか。


プーンサワットvs細野は、長谷川穂積の次戦の行方がどうなるかという意味でも興味津々です。
WOWOWで見たプーンサワットの試合を見る限り、機動力に優れたプーンサワットが、
細野の甘い防御を打ち崩すであろう、と思います。細野はパワーで上回る...はずですが、
それを「当て」にするだけの闘い方では苦しいでしょうね。


しかし、新年早々、思わぬ展開です。まさか生放送が見られないとは...。
どこか、ネットででも見られるとこないですかねぇ。参ったです。

コメント (3)