さうぽんの拳闘見物日記

ボクシング生観戦、テレビ観戦、ビデオ鑑賞
その他つれづれなる(そんなたいそうなもんかえ)
拳闘見聞の日々。

不動産屋の片手間とはいえ

2009-05-29 23:53:21 | 辰吉丈一郎
あまりにもひどい内容の番組を見てしまいました。
TBSのスマップの何やら言う兄さんが司会の、辰吉特集みたいな番組です。
辰吉の少年時代からの再現ドラマと、薬師寺戦のハイライト放送が中心でした。
 
以前、タイの試合に密着するなど、辰吉をドキュメントで追いかける対象(=ネタ)として
定めた以上、とにかく徹底的に辰吉を持ち上げ...ているつもりなんでしょうが、
昔から辰吉を見ていた者にとっては、かえって辰吉に対する侮辱にすら感じました。


細かいところから行くと、まず辰吉のデビュー戦の相手が「元世界ランカー」。
二戦目の相手は「元世界王者」になっていました。
どういう奴が台本書いてるんでしょうかね。アホとしか言いようがないですね。
資料ひとつロクに見ないのか。ウィキペディアすら見ないんですかね。

で、あの薬師寺戦を半分くらい、カットして放送してましたが、これがひどい。
薬師寺のクリーンヒット、攻勢のシーンを可能な限りカットして、辰吉が攻める場面を中心に編集してありました。
ランダエタ対亀田第一戦をハイライトにした時と同じ手法を、
日本版アリ対フレージャー戦ともいえるあの名勝負に対しても用いたわけです。
結果、何故か、さして打たれもせんうちから辰吉の顔が腫れ上がっていく怪奇映像の出来上がり。
世にもまれなるオカルト・ファイトになってしまいました。

TV局の、ましてTBSのやることに、いちいち目くじら立ててもしょうがないかもですが、
当時、放送したCBCが、辰吉と薬師寺のどちらにも肩入れしない公正な実況解説を徹底して追求し、
結果、素晴らしい試合にふさわしい実況放送を実現したことを、なんとキー局自らの手で、ぶち壊しにしました。

で、ラストラウンドには何か知らんけど、柄の悪い兄ちゃんが罵り合い、泣きながら野球する
映画のテーマソングが流れ、お涙ちょうだいで終わり。しかも来週に続く、とか言ってました。


まあ、ある意味、さすがTBSといえましょうか。
もう放送事業止めて、不動産だけいじくっとれ、アホ、ボケ、カス。
文句があったら、かかってこい、ダボ。いつでも相手なったるぞ( ̄○ ̄)/
...まぁ、このへんにしておきましょうか(^^;)


しかし、何より情けないのは、こんな低脳が作ったとおぼしき番組に、辰吉が出ていることですね。
この番組を通じてしか、今の辰吉を見知ることが出来ない、それが何よりも辰吉の現状がどういうものであるかを
一番端的に伝えているわけです。何とも、悲しいことですが...。

コメント (6)

闘う人の心

2009-03-10 18:50:51 | 辰吉丈一郎
辰吉、タイでの二試合目は7回TKO負け。世界戦以外では初の黒星となりました。

相手はタイ1位とのことですが、少なくとも国際的なレベルでどうこうという選手ではないはずですし、
往年の辰吉ならば、2、3回での片付け仕事、という試合になっていたことでしょう。

動画を見ていないのですが、ネット上で散見した写真で見た印象でいえば、
倒れかけた時の表情などは、本人の感覚ではよけたつもりのパンチがよけきれずに打たれ、
それによってよろめく自分の身体を制御出来ず狼狽している、という様子でした。
つまりは、典型的なオールドタイマー、ロートルボクサーの姿がそこには見て取れました。

以前も少し書いたとおり、今の辰吉が上位ランカーだチャンピオン・クラスだと言わずとも、
「まともなプロのボクサー」と闘って勝てる状態にあるとは、誰も思っていなかったでしょう。
そして今回、まさしくその通りの結果が出たわけです。
にもかかわらず、辰吉は「まだやるのかと思う人が大半やろう。けど、それが辰吉や」と、
なおも現役続行の意志を語っているそうです。


「闘い続ける人の心を 誰もがわかっているなら 闘い続ける人の心は あんなには燃えないだろう」


昔、こんな古い歌がありましたが、今回の辰吉のコメントは、傍目には理解不能です。
おそらくこれまで支援してきた周囲の人々が、なんらかの形で説得するのでしょうし、
時間が彼の心を、今とは違う方向へと導いてくれることを願いますが。


これまた以前も書きましたが、辰吉丈一郎の試合結果をTVの生中継でなく、
こんな形で知らされることがあるとは、かつてはまったく想像できないことでした。

若き日の、誰もを一目で魅了し、驚愕させたその才能は、眼疾と敗戦、引退と再起、
強いられた引退制約と海外渡航、その他諸々、嵐のように降りかかる苦難との闘いの果てに、
JBCの与えた、欺瞞に満ちた特例ライセンスの失効を待ってのタイ渡航という、
誰もが想像しなかった形で、その終焉を迎えようとしています。

彼がこのような形での再起を選んだ影に、様々な事情と、彼自身の譲れない思いがあったことは、
報じられている範囲の話だけでも充分に想像でき、ある程度は理解もしているつもりでした。
しかし、それでも、かつて彼の才能に魅了された全ての人々にとって、それはあまりにも悲しく、
受け入れがたい運命なのです。
その果てに敗れて、なおも「それが辰吉や」とは、誰も思ってはいないのです。
そのことだけは、辰吉丈一郎にもわかってもらいたいと思うのです、が...


「闘い続ける人の心」のありよう、その狂気とも言える凄まじさの前に、
私は無意味な言葉を連ねているに過ぎず、ただ、打ちのめされたような気持ちでいます。
コメント (5)   トラックバック (1)

不変

2008-10-28 00:28:33 | 辰吉丈一郎
今まで(たぶん)見たことのない「GBR」さんというサイトに、
辰吉の試合の様子が詳細に報じられていました

動画も複数アップされていまして、そちらも見ました。
しかし、辰吉の試合が動画サイトでしか見られないという事態を、
かつて辰吉丈一郎のボクシングに熱狂していた頃には、
全く想像できなかったですね。
まぁ、動画サイトの存在そのものが想像できませんでしたが(^^;)

辰吉のデキについて言えば、彼の壮絶なキャリアと、
そこに加わった5年のブランクを考えれば、リングに立つだけでも難事だと思います。
まして専属トレーナーもおらず、所属ジムの支援もない状態です。
動きが悪くて当然、良かったらそれこそ化け物ですね。

今回の相手、極めて弱かったです。
そして今の辰吉にとっては、この相手選び、悲しいことに正解でした。
辰吉本人にとっては、この相手と試合すること自体が屈辱でもありますが、
それを受け容れてでも闘うことこそ、辰吉自身が望んだことでもあります。

5年前、足の故障を押して強行されたアビラ戦以降、
今回の、試合自体も背景も厳しい再起戦に至るまで、
5年もの時間が、無駄に使われたような気がしてなりません。
ひたらく言うと「どうにかならんかったんかいな」です。

辰吉の状態が、こういう相手としか闘えない状態なら、
どうにかして国内でやっておけばよかったし、
その時々の状態に応じた相手と、相応の試合をしながら、
辰吉が調子を取り戻すために段階を踏んでいけば良かったのです。

しかしそういう当たり前の考えが通らなかった様々な事情こそ、
辰吉丈一郎の悲劇、苦難だったのでしょう。


今回、辰吉のやっていたボクシングは、やはり辰吉のものでした。
やや左足加重、前傾気味で、ヘッドスリップに依存した防御、
低いガード、しかし左のリードとボディブローを巧く散らして
攻撃の端緒とし、コンビネーションで切り込んでいく。

辰吉はかつての自分自身を、変わりなく追い求め続けていることが、
Youtubeの画像からも、はっきり伝わってきました。
そして悲しいことに、もう、彼が追い求めるかつての彼自身を
取り戻すことは二度と無いだろう、ということも確信できました。


今回の試合については、様々な形で辰吉を捉えた意見が
既にあちらこちらに出ていました。
様々な困難を乗り越えて、曲がりなりにも試合をするところまで
辿り着いた辰吉を称える声、
辰吉の身体を案じる声、試合が行われた背景についての議論など、
どれもこれも共感でき、また一理ある意見ばかりでした。

ボクサー辰吉丈一郎は、かつての天才を失って、多くの傷を負い、
長く苦しいブランクを経てなお、多くのボクシングファンにとり、
敬意や愛情、または敵意、峻拒の対象であり続けています。

そして、それ故の栄光と苦難を経て、なおかつ闘い続ける意志。
その主、辰吉丈一郎は、故・佐瀬稔氏の言葉通り「極めて希有な存在」です。
彼の先行きがどうあろうと、それだけは変わることなく。

コメント (4)

楽しみでもなく、悲観するでもなく

2008-10-12 23:25:08 | 辰吉丈一郎
少し前に記事が出ていましたが、
辰吉の再起戦はタイで、10月26日、
相手はノラシン・ギャットプラサンチャイ、という話です。

この話題についてはこれまでもあれこれ書いてきましたけれど、
どうやら今度こそ具体的に動いているようです。
しかし、38歳の誕生日を過ぎ、ライセンスも失効した直後に、
こういう具体性のある話が動き出す、ということ自体が
辰吉丈一郎の悲劇なのだと、改めて思わされる話です。


かつて、著名な某スポーツライターの記事にて、
辰吉が若い頃に受けていた劣悪なマネージメントが暴かれたことがあります。
デビュー直後からすでに、ボクシングの枠を越えた注目を集めていた辰吉が、
その人気に不相応な安い報酬で試合をし、試合以外のTV出演料や取材謝礼を
全額ジム側に搾取されていた、という内容でした。

もちろん、真偽の程など知り得ませんが、話半分としてもひどい話でした。
その後、辰吉が弁護士を通じてジムと交渉するようになった、という話を聞いて、
ああ、なるほどなぁ、と思ったものです。

ボクサーとジムの関係がすべからく良好なわけもないでしょうけど、
辰吉丈一郎という、あらゆる意味で普通の枠に収まらない、
特別なボクサーの悲劇性は、ここにあるのだと感じてきました。

数々の打撃戦を重ね、眼疾を患い、ブランク5年の38歳のボクサーに対し、
引退を勧めて納得させられないマネージメントの貧困。
ボクシングを通じて彼と接し、信頼関係を結ぶ人間の不在。
今回のライセンス失効を待っていたかのような再起戦への動きは、
改めてその事実を証明しているように見えます。


ノラシン・ギャットプラサンチャイの試合は直に何度も見ていますし、
TVでも見ていますが、戦績はともかく、その技量は一流のそれです。
私が見た中で言えば、本当にノラシンに勝ったボクサーは長谷川穂積だけ。
熟山竜一、池原信遂は判定に救われただけ、と見えました。
今の辰吉が、そういう相手と、敵地タイで闘って勝てる状態にあると
考えるような楽観は、おそらく誰の心中にも無いでしょう。


しかし、そういったこととは別に、この試合が行われることには、
重要な意味がある、とも思います。

デビュー8戦目での世界奪取、三度の世界奪取と王座転落の間に、
網膜剥離で引退勧告を受け、引退誓約を強いられての再起を繰り返した
「特例ボクサー」辰吉丈一郎が、その特例から解き放たれての試合。

世界戦及びそれに準ずる試合のみに与えられるという、
歪な妥協と欺瞞に満ちた条件付きのライセンスとは無関係の試合。

辰吉が「特例ボクサー」ではなくなり、普通のボクサーとして闘うことは、
辰吉が最後の最後で掴む、ひとつの勝利ではないのかと思います。


彼の持つ規格外の才能と存在感は、彼に数々の栄光と、
それに倍するほどの苦難を与え続けました。
しかしそれも、遠からず、終わることでしょう。


実現するかしないか、まだわからないこの試合ですが、
私は、楽しみにするわけでも、さりとて悲観するでもなく、
ただ10月26日という日を待っています。

コメント (3)

是非、ご一読を

2008-02-18 23:54:31 | 辰吉丈一郎

毎月15日、まぁ、こういっちゃなんですが、惰性で書店に足を運びます。
ほとんど義理買いの世界ですが、(←言い過ぎ?)、
毎月、ふたつの専門誌を購入するためです。
ま、最近は、変な奴が表紙になることもなくなったんで、
そのへんは安心ではあるんですが。
ボクシングファンになりたての頃の、それこそ隅から隅まで、
目を皿のようにして読んでいた頃とは、やはり読み方が違っています。
「青年老いやすく、いつしか専門誌は斜め読み」という
諺もありますし(あらへんあらへん)。

しかし、そういう、だらけきった読者である私を、思わず刮目させたのが
今月のボクシング・マガジン表紙でした。
ハイ、辰吉-薬師寺対談です。


13年前のあの試合...と書き出して、
うわ、もう13年経ってんのかぁ...と
思わず愕然となってしまいますね。
本当に、つい昨日のことのように思い出されます。

思い起こせば、辰吉丈一郎のキャリアとは、嵐の中をうねる大河のようなものでした。
若くして眼疾を患い、引退危機に立った天才辰吉の行く先がどうなるかが、
あの頃の私にとって、大げさに言えば人生最大の関心事だったような気がします。
そんな私にとり、薬師寺保栄というボクサーは、
主役辰吉と比しての、単なる脇役でした。

しかしご存じの通り、勝者となったのは薬師寺でした。
私はTVの前で、あまりにも単純に「薬師寺の方が強い」としか
言い表しようのない、あの試合展開を見て、唖然となっていました。


あの試合を報じたボクシング・マガジン増刊号の表紙には、
「辰吉神話の終焉」という言葉が載っていました。
今振り返っても全くその通りで、後の、あの劇的なシリモンコン戦勝利ですら、
それまで私たちが辰吉丈一郎に求めていた「神話」とは
まったくの別物、別次元のものであったと言わざるを得ません。

私が辰吉を通じて見ていた夢、壮大な夢は、あの夜、名古屋のリング上で
木っ端微塵に打ち砕かれたのです。
そして、それを打ち砕いた男、薬師寺保栄の存在が、
初めて、大きなものとして、私の心中に残ったときでもありました。
あの試合は、彼がそれまでに培ってきた己自身のボクシング、
彼が費やした労苦に裏打ちされた強さが、十全に発揮された、
素晴らしいものでした。

そのあたりについては、木村雷太氏の「バンタム(軍鶏)の勝算」という
優れたノンフィクションに詳しいですが、
この試合が私のボクシング観(感)を、大きく変えた試合のひとつでもありました。


この試合で、運命に導かれて闘ったふたりのボクサーは、
13年の時を経て、再会し、語り合いました。
それぞれの生き様はまったく違い、それをお互いに知っている者同士が、
それぞれの思いで語り合った対談でした。

そのふたりの姿については、この記事の最後に、ボクシング・マガジンの
宮崎正博記者が、極めて冷静に、しかし熱い思いを込めて、付言しています。
かつて、神話を打ち砕かれた男は、今もボクサーであろうとし続け、
神話を打ち砕いた男は、第二の人生を生きてなお、かつての宿敵を思い続ける。


ボクシングとは、単なる殴り合いではない。
そして、ボクシングとは、単にボクシングであるだけではない。
これを夢中になって見ることは、うまく言い表せないけれど、
私にとって、大切な、意味のあることなのだ。

改めて、そんなことを思いました。


そんなことで、今月号のボクシング・マガジン、
是非、是非、ご一読をおすすめします。

コメント (2)

スパー許可

2007-05-17 00:19:25 | 辰吉丈一郎
辰吉帰国、早速ジムワーク、スパーも許可、とのこと。

以前、ここで少し辰吉再起問題について書きましたが、
私が思っていたのとはちょっと違う話になってきた感じです。

スパー許可、というのは、「そういう話」への流れでしょうか...?



コメント (4)

決断のための基準

2007-02-11 01:00:44 | 辰吉丈一郎
辰吉激白、という記事です。

辰吉が以前から語っていたことが大半です。
本人は足の負傷の完治に数年を要すると知った前回の試合の頃から
「38になってもやる」と語っていたくらいですので、
現在の状況も、復活への過程だと捉えているのでしょう。

しかしこの記事のなかで、読むべきところはたったひとつだけです。

>試合ができる体をつくらないと。それができなくなったら、やめる。


井岡弘樹が徳山昌守に敗れて、引退表明をしたときのことを思い出しました。
先日亡くなった津田博明会長は、徳山との試合後、報道陣をシャットアウトして、
試合直後の井岡と2~30分ほど話し合いをし、その後、井岡の引退を明言したのです。

「以前から井岡と話し合っていた。『普通の試合』に一度でも負けたら引退だと」

普通の試合、つまり世界戦以外の試合のことです。
井岡弘樹は世界を獲るためにボクシングをやるボクサーであり、
それ以外の試合で負けたら、そこで辞めないといけない。
それが、この師弟の共通認識だったのです。

己の存在意義に誇りを持つが故に、降さねばならぬ決断。
偉大なボクサーであればあるほど、その決断は辛いものなのでしょう。


辰吉はいろいろ、自身のこだわりや誇りを語っていますが、
上記の通り、ある程度の覚悟というか、彼なりの判断基準を持っています。
そして、遠からず決断の日は来ることでしょう。
我々が見知ることのない、孤独な闘いの果てに。

コメント (4)