向日市自治功労者、大橋 満 の平和ト-ク・・・世直しご一緒に!

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
日本語版新聞紹介

口利き疑惑が起きても入院して会見もしないで、いつの間にかうやむやにしちゃうのが日本の政治

2019-09-10 | 市民のくらしのなかで

青木理氏、チョ・グク氏の法相就任で日韓の政治の違い指摘

「どっちがいいか悪いかって言えば、僕は答えは明らかだと思う」

9/10(火) 10:30配信

スポーツ報知

 10日放送のテレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、韓国の文在寅大統領(66)が数々の疑惑が浮上しているチョ・グク氏(54)を法相に任命したことを特集した。

【写真】韓国がU18でV決定後にマウンドに空のペットボトルが散乱。大会関係者はマナーの悪さに激怒

 チョ氏が法相に就任したことに、コメンテーターでジャーナリストの青木理氏(53)は「韓国っていう今の国のありようっていうのが映し出された」とし、「10時間記者会見したんですよ。14時間、聴聞会やったんですよ。ある種の手続きとか建前っていうのは、きちんと尽くすんだと。それこそが正義なんであるというような、民主主義のありようとか政治のありように対する、正義のありようっていうものに対する、こだわりっていうのが強いんですよね」とコメント。

 一方「日本はどうかと言えば、森友学園・加計学園の問題でも証人喚問は出来るだけしないように、しても何も言わないように。あるいは口利き疑惑が起きても入院して会見もしないで、いつの間にかうやむやにしちゃうのが日本の政治」と指摘し、「どっちがいいか悪いかって言えば、僕は答えは明らかだと思うんだけれども」とした。

 悪化する日韓関係には「韓国が過去の歴史とかにこだわって、日本に何とかしろって言い続けるのは、韓国の政治とか建前とかっていう正義を求めるっていう、あるいはきちんと手続きを尽くせっていう。韓国の今の国民性みたいなのがある。日本はどっちかというと、もううやむやにしちゃえよ、ごまかしちゃえっていう方向に行くっていうのが、今の歴史問題の対立なんかにも非常に映し出されているところがあるなって思いながら見てました」と見解を示した。

 「だから非常に日本とは違うし、これが韓国のいいか悪いか、好きか嫌いかは別として、今の韓国の政治のありよう、国民の目線っていうことなんでしょう」と言及した。

コメント

朴クネ・チェスンシル事件とはまるで違う。国民を煽っても線香花火で終わるのでは・・

2019-09-10 | 市民のくらしのなかで

自由韓国党「国民に向けた宣戦布告」…

野党陣営の共同戦線の構築に意欲示す

登録:2019-09-10 03:21 修正:2019-09-10 08:27

「憤った国民の時間が始まるだろう」 通勤デモなど場外闘争を並行 
「チョ・グク問題」秋夕の連休にイシュー化する考え 
正しい未来党も「レームダック」、「政権退陣」

自由韓国党のファン・ギョアン代表とのナ・ギョンウォン院内代表をはじめとする議員たちが今月9日午後、ソウル光化門広場で、チョ・グク法務部長官の任命撤回を求めるプラカードを掲げている//ハンギョレ新聞社

 「大統領の時間が終わり、憤った『国民の時間』が始まるだろう」(キム・ヒョナ院内スポークスマン)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9日、チョ・グク法務部長官の任命を裁可したというニュースに、自由韓国党は「政権の終末」や「国民向けの宣戦布告」という厳しい論評を発表し、激しく反発した。解任建議案の発議や国政調査、特検などのための野党陣営の協力を続ける考えも明らかにした。第20代最後の定期国会が事実上、破局に突き進む可能性もある。

 ファン・ギョアン自由韓国党代表は同日昼、チョ長官の任命による対応戦略を話し合う緊急議員総会後、記者団に「状況を考慮して様々な闘争を並行していくことで意見が一致した」と述べた。一部では、光化門(クァンファムン)広場での「テント闘争」や「定期国会ボイコット」という声も上がったが、院内で使用可能な手段をすべて動員するということで意見が一致したという。その代わり、ファン代表ら指導部は、「通勤途中デモ」や「移動式遊説」などを通じて、チョ長官の任命に批判的な世論を高め、さらに野党陣営と市民社会まで含む国を挙げての対与党闘争を続ける案も議論することにした。

 実際、ファン代表とのナ・ギョンウォン院内代表など、自由韓国党議員たちは同日、ソウル銅雀区(トンジャクグ)国立墓地を訪問して参拝した後、光化門を訪れて、帰宅途中の市民に向けたデモを行った。ファン代表は「国を守れなかったことへの謝罪の気持ちで参拝した」と語った。秋夕(中秋節)の連休直前の10日と11日には江南高速バスターミナル、新村(シンチョン)、仁川(インチョン)富平駅の出会いの広場など、人が多く集中するソウル・京仁圏の拠点を短時間訪れる「移動式遊説」を展開することにした。

 正しい未来党もチョ長官の任命に「レームダック」や「政権退陣運動」を取り上げ、反発を強めた。ソン・ハッキュ代表は「今回の任命でいわゆるレームダックが本格的に訪れるだろう」と指摘し、オ・シンファン院内代表は「文大統領が国民との正面対決を選んだ以上、あらゆる手段と方法を動員し、チョ・グク退陣運動に乗り出す。文大統領が最後まで拒否した場合は、政権退陣運動につながるだろう」と警告した。

 野党たちは、チョ・グク長官が辞任を拒否した場合、来年の総選挙まで協力を続ける考えも明らかにした。ナ・ギョンウォン自由韓国党院内代表は同日午前、オ・シンファン正しい未来の党院内代表と面会し、民主平和党や無所属議員らとともに、チョ・グク候補者の任命に反対する野党陣営の共同戦線を構築することにした。野党の一部では、「チョ・グク事態」を機に形成された「反文在寅戦線」を強化し、野党陣営が政界再編を主導していくべきという声もあがっている。

 ただし、野党が長期的に強力な協力を続けることができるかどうかについては、懐疑的な見方もある。当面は沸き立つ世論に支えられて闘争への意志を燃やすだろうが、連休が終わって通常国会と予算決算の政局に入れば、野党陣営もそれぞれの道を選ぶということだ。

 何よりも、自由韓国党は、「チョ・グク政局」が続いた期間にも党の支持率を大きく引き上げられなかった致命的な弱点を克服しなければならない問題を抱えている。ナ院内代表は、聴聞会開催をめぐる党内紛の過程で、「戦略・疎通の不在」と批判されており、ファン代表は「場外闘争」のほかに政治的想像力を発揮できなかったという批判を受けている。ある韓国党関係者は、「実益のないボイコットではなく、ファン・ギョアン代表が独自の政治スキルで突破しなければならない時期だが、それだけの力量があるのかは疑問だ」と不安を募らせた。

チョン・ユギョン、キム・ミナ、チャン・ナレ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

http://www.hani.co.kr/arti/politics/assembly/909107.html

コメント

マトモな声が上がる一方、嫌韓感情をあおり続けているのが元駐韓大使の武藤正敏氏だ。

2019-09-10 | 安倍内閣の本当の姿は?

重用するテレビの不見識…

武藤正敏・元駐韓大使は元徴用工訴訟の利害当事者

9/10(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 相変わらずテレビは韓国叩き一色だ。そうした中、新聞労連が6日、〈「嫌韓」あおり報道はやめよう〉と題する声明を発表。情報番組「ゴゴスマ」(TBS系)で放送された中部大教授の武田邦彦氏の「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しないといかん」との発言や、週刊ポストの特集記事「韓国なんて要らない」を例示し、〈国籍や民族などの属性を一括りにして、「病気」や「犯罪者」といったレッテルを貼る差別主義者に手を貸すのはもうやめよう〉などと訴えた。

 マトモな声が上がる一方、嫌韓感情をあおり続けているのが元駐韓大使の武藤正敏氏だ。「元大使」の肩書でテレビに引っ張りダコなのだが、日韓対立の大きな火種となった元徴用工判決の被告企業との関係は全く言及されない。武藤氏は外務省を退職後の2013~17年、三菱重工業の顧問を務めていたのだ。

「武藤氏は元徴用工訴訟の利害当事者です。にもかかわらず、テレビは経歴を紹介せずに専門家として呼び、反韓丸出しの偏った意見を垂れ流している。視聴者をミスリードさせかねません。三菱重工はリスクマネジメントの一環で大使経験のある武藤氏を顧問に迎え入れたのでしょうが、成果は上がらなかった。武藤氏は己の失敗を韓国に押し付けるため、蔑視発言を繰り返している印象すらある。下品な言葉遣い、断定的な口調であしざまに隣国を罵る様子は見るに堪えません」(高千穂大教授・五野井郁夫氏=国際政治学)

「韓国の人は感情が高ぶった時に何をするか分からない」「普通は事実を積み重ねて歴史とするが、韓国では理想的な歴史に合わせて事実をつくっていく」――といった具合で、武藤氏の発言はヘイトそのものだ。

 識者の反発も広がっている。文筆家の古谷経衡氏は、武藤氏の著書「韓国人に生まれなくてよかった」に触れ、〈タイトルからしてモロ差別本〉〈元駐韓大使の武藤正敏が地上波に出るたびに局のPは、この醜悪な本の存在を知っているのか?と疑っている〉などとツイートしている。

 テレビは武藤氏と元徴用工訴訟の被告企業との深い関係やバッググラウンドを伝えるべきだ。

 
【日刊ゲンダイDIGITALの関連記事】
コメント

「数日以内あるいはおそらく何週間以内に、我々が彼らと交渉テーブルに戻ることを期待している」としたうえで、「それが最上の結果だ。北朝鮮住民のためにも最上の結果だ」と述べた。

2019-09-10 | アメリカの反応

ポンペオ長官「金正恩が交渉に復帰しなければ、

トランプが非常に失望するだろう」

登録:2019-09-10 03:45 修正:2019-09-10 08:35

「数日以内に北朝鮮との交渉テーブルに戻ることを期待する」 
米政府、連日北朝鮮に対話を求めるシグナル発信

 
               マイク・ポンペオ米国務長官//ハンギョレ新聞社

 ドナルド・トランプ米行政府が連日、北朝鮮に向けて対話メッセージを送っている。

 マイク・ポンペオ米国務長官は7日(現地時間)、ABC放送とのインタビューで、司会者が北朝鮮の核能力の向上について言及し、「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がトランプ大統領を騙しているという懸念はないか」と質問したことに対し、「数日以内あるいはおそらく何週間以内に、我々が彼らと交渉テーブルに戻ることを期待している」としたうえで、「それが最上の結果だ。北朝鮮住民のためにも最上の結果だ」と述べた。

 ポンペオ長官はさらに、「私は、金委員長が交渉テーブルに復帰せず、両指導者が3回も会って合意した事項と一致しないミサイル実験を行う場合は、トランプ大統領が非常に失望すると思う」と述べた。金委員長との「良好な関係」について語ってきたトランプ大統領も「失望する可能性がある」と発言することで、遠回しながら、繰り返し対話への復帰を求めたのだ。

 「合意と一致しないミサイル実験」は、長距離ミサイルを指すものとみられる。トランプ大統領は、金委員長が実験中止を約束したのは長距離ミサイルだとし、短距離ミサイルの発射は約束違反ではないという立場を示してきた。ポンペオ長官も同日、「短距離ミサイル実験は国連安保理決議違反ではないか」という質問に対し、即答を避け、「金委員長がトランプ大統領にした約束はかなり明確で、まだそれには違反していない」と答えた。ただし、ポンペオ長官は「我々は金委員長が短距離(ミサイルの発射)実験を行うことに失望した」と付け加えた。

 トランプ大統領と金委員長は今年6月30日、板門店(パンムンジョム)で会って実務交渉の再開に合意したが、いまだに開かれていない。北朝鮮は最近、「米国との対話に対する期待がますます消えていく」とし、米国の態度の変化を要求している。米国は「北朝鮮の政権交代を望まない」(トランプ大統領)や「トランプ大統領が今後1年間、重大な進展を作り出すことに専念する」(スティーブン・ビーガン国務省北朝鮮政策特別代表)などの発言を通じて、北朝鮮に「とりあえず、会って話そう」というシグナルを送っている。

ワシントン/ファン・ジュンボム特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
コメント

公演における芸術的なスタイルはバラエティに富んでおり、舞台美術のデザインに敦煌要素を際立たせ、透明LEDスクリーン「アイス・スクリーン」を初めて採用し・・・、

2019-09-10 | 中国をしらなければ世界はわからない

国内外の芸術家による芸術公演

「相約敦煌・2019」 甘粛省敦煌

人民網日本語版 2019年09月05日10:41
 
国内外の芸術家による芸術公演「相約敦煌・2019」 甘粛省敦煌
歌と踊りのパフォーマンス(撮影・李振龍)。

 

 

 

 

 

 

 

国内外の芸術家たちによる芸術公演「相約敦煌・2019」が9月2日夜、甘粛省敦煌市の敦煌大劇場で、「七色絲路(七色のシルクロード)」と題された歌と踊りのパフォーマンスの優美で軽快なメロディーとともにその幕を開いた。ラトビアやモナコ公国、中国など多くの国の芸術家がダンスや声楽、楽器演奏、雑技、武術、伝統演劇などのパフォーマンスを通じて、「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国の独特な民族の風情や互いに密接に結びついた多元的な文化を表現した。同日夜、9つのオリジナルプログラムは初めてインターネットでライブ配信され、世界各地の数百万人の視聴者を魅了した。公演における芸術的なスタイルはバラエティに富んでおり、舞台美術のデザインに敦煌要素を際立たせ、透明LEDスクリーン「アイス・スクリーン」を初めて採用し、舞台効果をさらに豊かにしている。中国新聞網が伝えた。(編集TG)

「人民網日本語版」2019年9月5日

コメント