♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■主は生きておられる / 福井 誠

2022年11月26日 | Weblog

2022/6/24放送

 「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。今日も聖書を開いてまいりましょう。

 今日はサムエル記第二 4章9節から「主は生きておられる」と題してお話しをします。
 「主は生きておられる。主は私のたましいを、あらゆる苦難から贖い出してくださった。」

 将軍アブネルがヨアブに暗殺された事件は、イスラエルに大きな衝撃を与え、事態は急展開していきました。というのも、二人の略奪隊長バアナとレカブが、イシュ・ボシェテの権威はもはやこれまで、と見限って、自分たちの王を殺してその首をダビデに届けるのです。こうしてイスラエルの勢力は大きくダビデ側に傾いていきました。おそらく二人も、ダビデが喜んで自分たちを評価し引き立ててくれることを期待していたでしょう。しかしそれは大きな誤算でした。ダビデは彼らの期待通りに考えるような人ではなかったのです。

 物事には様々な進め方というものがあるものです。生き馬の目を抜くような人もいれば、情をもって物事が進む時を待つという人もいるでしょう。そのような意味では、ダビデは人情味のある人、たとえ小さな恩義であれそれを忘れない人でした。そして、サウルの手痛い仕打ちを受けても、サウルもまた神に愛された人であり、神に立てられた人であることを認める信仰の人でした。ダビデはなりふり構わぬ勝利よりは、誰が見ても受け入れられる公正な勝利、神に栄誉を帰せられる勝利を求めていたのです。

 世の中には、本当に二人の略奪隊長のような人がいるものでしょう。機を狙う者たちが悲しい結末を引き起こしていくことがあります。同じことをするにしても、物事の進め方、価値観の違いという問題があるのです。そのような意味で、中世の十字軍の蛮行の故に、キリスト教が信じられないという人もいるものです。

 しかし、問題はキリスト教にあるのではありません。信仰が悪いのではありません。信仰を究極の権威として悪用する人間が問題なのです。信仰者には信仰者らしい物事の進め方があります。そのためには、神を利用するのではなく、神の愛と正義に生きることなのです。

 では、今日も良き一日となるように祈ります。


    ( PBA制作「世の光」 2022.6.24放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■私にとっては手ごわすぎる ... | トップ | ■晴れの日ばかりじゃ / 関... »