29Lib 分館

図書館・情報学関連の雑記、読書ノート、音楽ノート、日常生活の愚痴など。

英国労働者階級の惨状レポート、概念上の混乱あり

2018-04-22 22:31:39 | 読書ノート
オーウェン・ジョーンズ『チャヴ:弱者を敵視する社会』依田卓巳訳, 海と月社, 2017.

  現代英国階級事情。チャヴとは英国の下層階級の若者を指す言葉で、子だくさんで、公営住宅に暮らし、生活保護を受け、ジャージを着たまま外出し、働かないで昼間からドラッグとアルコールをやっている、というイメージらしい。ただし、著者は広めの定義でこの語を使っており、労働者階級全体をチャヴとみなして議論を進めている。オリジナルのChavs: The Demonization of the Working Class (Verso) は2011年刊で、邦訳には2012年版と2016年版の後書きが追加されている。

  本書で著者は「チャヴは労働者階級のステレオタイプとして適切なイメージではない」という主張を展開している。残念ながら、この重要な論点で本書は議論が混乱している。というのは、チャヴとは一部のグループを指すものであって、そもそも英国で労働者階級全体を指すものとしては使用されていないのだから。これでは藁人形論法である。英国労働者階級の惨状とその原因を探る内容なのだから、そもそもチャヴをメインテーマであるかのように見せる必要などなかった。しかし、著者は注目をひくためにあえて戦略的にこの侮蔑語を用いているようにも見える。

  この点を除けば「ここ30年で英国国内で格差が広がり、労働者階級の暮らしぶりが悪化していること」の良質なレポートとなっている。1979年に始まるサッチャーによる改革によって、労働組合が弱体化し、英国国内の工鉱業が壊滅した。1997年に労働党が政権に着くが、ブレアもゴードンも中流階級寄りのニューレイバーだった。彼らはメリトクラシーを奨励して労働者階級に対して中流への階級移動を煽った一方、低賃金の労働者や無職者を無能な者として無視した。結果、仕事もセイフティネットも失われて、希望を亡くした人々が下層に滞留している、と。

  その処方箋だが、まずは団結して選挙で影響力を振るい、中流上層への課税率や法人税率を高めよ、という方向となる。そこまではいいのだが、最大の問題はどうやって英国で労働者階級向けの仕事を作り出すかである。仕事といっても、レジ打ちのような最低賃金すれすれで解雇も容易なものではなく、世帯を構えることのできる程度の収入のある長期に安定した仕事である。だが、これについては特にアイデアがない。どうしようもない、というのが本当のところだろうか。本書の範囲を超える難問とはいえ、彼らに経済的な自立の機会を持たせないままでは片手落ちである。というわけで、受け皿の無いままハードランディングな構造改革をしてはいけない、というのが日本への教訓かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育支出の妥当性について数字を使って検証

2018-04-16 19:35:56 | 読書ノート
中澤渉『日本の公教育:学力・コスト・民主主義』中公新書, 中央公論, 2018.

  教育の社会学・経済学。社会全体でみたときの、教育のコストとメリットを計量してみよう、という意図の内容である。教育言説によくあるエピソード的なものを廃して、エビデンスで議論する、というわけである。そのためのツールである統計学の使い方や、そもそも教育におけるメリットとは何か、それをどうやって測るのか、という話が本書の中心となる。著者は大阪大学の先生で、『なぜ日本の公教育費は少ないのか』(勁草書房 2014)でサントリー学芸賞をもらっている。

  正の外部性を理由に公的負担による教育が実施される。しかし、教育の利益は私的に享受される部分もある。では私的な負担と公的負担のバランスはどの程度がいいのか。大学の場合、著者によれば、世界的にみても日本では私的負担に偏りすぎており、収益率の観点からもみても高卒者より大卒者のほうが社会にもたらす便益が大きい。なので、大学教育にもう少し政府は支出してもよいはずだという議論となる。このほか低所得者層に支援をすることによって格差を縮小できるとも提言されている。ただし、これらの結果にたどり着くまえに「議論を整理して変数を統制して」という話がけっこう続くので、それを楽しめるかどうかだな。

  新書にしてはけっこうハードな内容だろう。実に多くの論者の議論が紹介されるので、読者は整理しきれないかもしれない。それぐらい情報量が多い。個人的には効果の測り方に関する議論についてはとても参考になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しげに装ってはいるものの中味は手堅い教科書。計算問題満載

2018-04-10 14:29:46 | 読書ノート
スティーヴン・レヴィット, オースタン・グールズビー, チャド・サイヴァーソン『レヴィット ミクロ経済学』安田洋祐, 高遠裕子訳, 東洋経済新報社, 2017-18.

  ミクロ経済学の教科書。昨年『基礎編』が発行され、今年になって『発展編』が発行されている。原書は二分冊ではなく、Microeconomics (Worth Publishers, 2013.) という一冊もので、著者表記の順序もAustan Goolsbee, Steven Levitt, Chad Syversonとなっている。邦訳はレヴィットの名を前面に出すなど『ヤバい経済学』にあやかろうというマーケティングをしているけれども、本書はあくまでも教科書であり、頁数も大部なので気楽に手にするものではない。

  中級教科書ということで、数学を多用する。ただし、薄めの教科書でよくみる、記号の並んだ式を示して展開して「はい証明終わり、理解しましたね」みたいな説明ではなくて、具体的な数値を式に投入していちいち式を展開して計算するという、懇切丁寧な説明となっているのが特徴である。演習問題も盛りだくさんで、計算する機会は多い。しかし数式の話が続く分、辛気臭いところも多く、楽しんで読み進められるというものではない。先生の説明なしでもある程度独学できるというのが大きなメリットだろう。

  邦訳は初版を基にしているみたいだが、原書は2016年に第二版が出ている。ハードカバー版より安価なルーズリーフ版なるものもあるようだが、単にバインドしていないだけなんだろう、それでも150ドルほどする。教科書が高価なのはあちらでも問題になっているみたいだが、日本の場合と額が違うよな。日本だと2000円超えると学生に購入させるのに躊躇するところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懸念は医療保険の安定的財源。だから増税を、と。

2018-04-05 22:17:48 | 読書ノート
権丈善一『ちょっと気になる医療と介護:増補版』勁草書房, 2018.

  権丈先生の一般向け書籍第二弾の増補版。前著『ちょっと気になる社会保障』と同様くだけた語り口を期待させるが、けっこうシリアスで切迫感がある。まだ400pを超える頁数を割いての議論であるため、前著よりは丁寧な説明となっている。

  年金は大丈夫だが医療と介護には問題がある。少子高齢化云々、というわけで現在医療制度は改革の途上にあるという。その方向は、基本、高齢者は在宅のまま通院治療という形でケアし、重篤の場合は入院とするというものである。介護もこのシステムにくっつける。しかしながら、負担を迫られる団体や地域の抵抗、あるいは政治の場では増税が難しくなっていることもあって、先行き不透明な部分もある。方向は正しいのだから、あとは財源をどうするのかが問題だ、という。

  著者は消費税増税の先送りを憂いている。だが、増税の景気への影響を懸念する議論にも説得力があって、この件に関しては素直に同意できないところである。世代間対立を煽るのはよくない、と著者はいう。だが、短期的な就職機会等への影響が無視できない以上、世代間対立を矮小視するのもゆきすぎだろう。この点はさておき、全体として興味深い内容である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

所属大学を異動しました・その2

2018-04-01 17:20:26 | チラシの裏
  本日から日本大学文理学部教育学科の所属となりました。異動は人生で二度目です。日大でも司書資格課程の担当となります。一年間だけ平野英俊先生との二人体制でやります。さいたま市在住なので新宿経由の桜上水までの通勤がちと辛いな。ずっと自転車通勤だったので、満員電車に恐怖感がある。

  なお今年度、前任校の文教大学には非常勤講師として訪れます。2018年度の司書資格課程は、一年間のみ専任のいない非常勤講師だけによる運営となります。2019年度になって新たな専任が着任する予定です。今年度前期中に公募がJREC-INに掲示されるはずなので、興味のある方はお待ちあれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モントリオール産チルウェイブ系エレポップ

2018-03-25 23:34:31 | 音盤ノート
Seoul "I Become a Shade" Last Gang, 2015.

  カナダ・モントリオール出身のエレポップ三人組。深く残響処理されたクルーナー系匿名的ボーカルと浮遊感のあるシンセサイザーの取り合わせで、いわゆる"chillwave"系にカテゴライズできる。バンド名が都市名と音楽ジャンルのダブルミーニングとなっているが、あまりソウル/R&Bの影響は感じない。強いて言えば、「後期ロキシーミュージックはR&Bを独自に消化している」と言われてなるほどとやっとわかるのと同じレベルである。この喩えは若い人にはわからないかもしれないな。

  要はWashed Out(参考)フォロワー──1stの頃の──の音である。アルバムに収録されている曲のクオリティは高いけれども、地味めの落ち着いた楽曲が続く、ある一曲を除いて。その一曲であるtrack 4 'Real June'は淡くきらめくアップテンポの明るい曲で、フックのあるせつないメロディが印象に残る。リヴァーブの効いたギターのアルペジオも印象的で、ネオアコファンにもシューゲイザー好きにもお勧めできる名曲である。Chillwaveの影響下からさっさと脱して、このようなドリームポップ路線の楽曲を量産すべきだと思う。

  アルバム全体を通して聴くとしんみりするが、一曲だけ場違いで、その一曲が素晴らしいという作品。日本盤CDも発行されていて2曲のボートラがついているけれども、まずはyoutubeで試し聴きすべき。そろそろ二作目が出てもいい頃ではないだろうか。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

望ましい性格を努力によって身につける

2018-03-21 09:34:01 | 読書ノート
鶴光太郎『性格スキル:人生を決める5つの能力』祥伝社新書, 祥伝社, 2018.

  ビッグファイブを「性格スキル」と捉えてキャリアについて考えるという試み。半分は環境、半分は遺伝で決まるとされるビッグファイブだが、遺伝の面についてはまったく言及しない。五因子のうち有用なものを、環境を整備して努力によって身につけていこうと呼びかける。

  ビッグファイブには「開放性」「真面目さ」「外向性」「協調性」「精神的安定性」の五つの因子がある。米国では「協調性」が低いタイプのほうが所得が高いが、日本ではそれが高いタイプのほうが所得が高い。「外向性」は職種によって影響の出方に違いがあり、管理職や営業職では高いほうがよく、専門職の場合それが低いほうが仕事で成果がでやすいという。最も重要なのは「真面目さ」で、キャリアだけでなく寿命にもプラスに働く。しかも、「真面目さ」は年齢を経るごとに高めることができる。

  ということで、「真面目さ」をいかに培うか、保護者や教師、および読者に効果的な指導法・獲得法を説くことに後半の頁が割かれている。一方で「開放性」は、成人してから高めることが難しく、学齢期に文化芸術に対する感性を磨いておいたほうがよい、とも。また、「協調性」や「真面目さ」を培ううえで、OJTと転勤の多い日本的雇用慣行は役に立っていたのではないか、とも示唆される。

  以上。どちらかと言えば遺伝の影響が強調されてきたビッグファイブだが、本書は後天的に獲得可能であると論陣を張っている。環境の影響はあまり論じられてこなかったきらいがあり、この点が本書のオリジナルなところだろう。性格のプラスの面を後天的に獲得することは大変だろうか?読者は、本書を手にとる時点で十分「真面目」であると考えられる。すでにスクリーニングされているわけで、それを獲得する努力は難しくないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非正規雇用増と並行して減少したのは正規雇用ではなく自営業である、と。

2018-03-15 11:31:02 | 読書ノート
神林龍『正規の世界・非正規の世界:現代日本労働経済学の基本問題』慶應義塾大学出版会, 2017.

  労働経済学。戦前の労働市場の実態から、日本的雇用慣行の成立と現状、労働法や労使関係、非正規雇用の業務内容まで詳しく探り、現在の日本の労働市場の全体像と方向を提示してみせる大著である。著者は一橋大学の先生。図表が小さくて老眼には辛く、また統計処理も複雑で、細かなところは完全には理解できたとは言えない。しかし、実証手続きに目をつぶってその言わんとするところだけを汲むだけでも、十分に啓発的である。

  1990年代末から日本的雇用慣行が崩れてきた、あるいは時代遅れだから捨てるべきだと言われてきた。しかしながら、2010年代半ばになっても正規雇用者の数は減少しておらず、また終身雇用が衰退しているわけでもなく、安定的に推移している。したがって「正規雇用者が非正規雇用者に置き換えられた」という通俗的なイメージは正しくない。1980年代以降の労働市場の変化は、自営業者の長期的な衰退によって代表されるべきで、非正規雇用者は自営業者に入れ替わるかたちで増加してきた。この傾向に対して、派遣法制の成立・改正はそれほどインパクトを持っていないという。

  では非正規の被用者となることは自営業よりマシなのか。収入に関して言えば非正規雇用されたほうがよく、ワークライフバランスに関して言えば自営業のほうが優れているという。一長一短なわけだが、しかし数十年にわたって非正規雇用が選択されてきた。その理由は推測されてはいるものの、今後の検証課題とされている。また、日本においてはこれまで、働き方のルール作りは労使で話し合うという形でコントロールしてきた。その合意は労働法以上に裁判所で尊重されてきた。しかし、非正規雇用者の数が拡大するにつれ、法・裁判・行政機関などの介入が増えるだろう(ニュアンス的には「必要だろう」とも取れる)と締めくくられている。

  以上が本書の中身。この他、戦前の民間の就職斡旋業や、女性労働、賃金格差や派遣が非正規に占める割合まで、労働問題で争点となりそうなさまざまな論点への言及がある。ハードではあるが、働き方改革を考えるための基本書籍として有用だろう。もう一回読むつもり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気に入っていたファッションが時代遅れになって

2018-03-11 15:20:48 | チラシの裏
  自分のことをファッショナブルな人間であると考えたことはないのだが、好みというものはある。また、服装のことを考えだすと無駄にエネルギーと時間を使うので、晩年のスティーブ・ジョブズに学び、できるだけ同じものを着用している。なので靴下はみんな黒、普段のズボンは茶色のツータックチノパンと決めてここ数年は過ごしてきた。

  先日、古くなったユニクロのツータックチノパンを買い換えようといくつかの店舗を探したのだが、生産を終了したのか、どこにも在庫がなかった。ノータックだらけである。自転車に乗る人間なのでももが太く、また男のくせに尻に肉がついているほうだ。このため、細い長い脚をきれいにみせるノータックでは動きにくく、またシルエットも不格好で似合わない。結局、手ぶらで帰宅することになった。

  ネット検索をかけてみたところ、どうやら現在ではツータックは時代遅れのものとして扱われているらしい。匿名のブロガーに「だ、ダサい。ダサすぎる!」と吐き捨てられ1)、男性ファッションの若い専門家(?)には"細身のシルエットが好まれる現在、タックの入ったパンツはオヤジ臭いものの代名詞とされてしまっています"2)と冷静に解説されるという具合である。知らんかった。今更ながらかなりショックだ。

  今時は細い身体を演出するのが流行りなのか。これは「若い身体を持っています」という性的ディスプレイ行動なのだろう、腹が出てきた中年男性から差別化するための。個人的にはもう腹は出てきているし、家庭もあるから別にモテなくてもいい。ファッションで流行に乗ろうとも思わない。お願いだから誰かツータックチノパン作ってほしい。というわけで今日もそれを探している。

-----------------------------------------------------

1) いろいろ気になるどっとこむ "まだツータックパンツのスーツ着てるの?ダサい40代にならないために", 2016.4.30 http://iroiro-kininaru.com/archives/1037.html


2) ライター田中 "ワンタック、ツータックのスラックス(パンツ)はオヤジ臭いか?" / 大人になれる本 http://otonaninareru.net/suit-tack/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金塊密輸DJのデビュー作は知られざる和製ボサの良品

2018-03-08 22:31:48 | 音盤ノート
Studio Apartment "Paraiso Terrestre" RD Records, 2002.

  今日DJが金塊密輸で逮捕されたというニュースを目にした。記事を読んでも「森田昌典?誰?」という感じだったが、Studio Apartmentのメンバーだったか。個人的には1stと2ndだけ聴いたことがある。1stはけっこう気に入っていて、今でもたまに聴くことがある。このアルバムがそれだ。

  この頃はまだ三人組で、DJ、ピアニスト、ベース兼打ち込み担当という編成だった。音はボサノバとアシッドジャズの混交ハウスである。阿部登のピアノソロは巧いし、ゲストの女性ボーカルも力みすぎることなく爽やかに歌う。けれども、洒落ているように装っていても、リズムとメロディセンスにどこか垢抜けなさも感じる。このあたり、Kyoto Jazz Massiveにも共通する和製ハウスの限界であり魅力でもある。軽やかさと同時にかすかに密室性も漂わせており、ちょっとしたカルト臭が感じられなくもない。

  そうした点が僕のツボだったのだが、メンバーとしては克服したい弱点だったのだろう。2ndの"World Line"(New World, 2004)になるとボサノバ要素が減少し、歌いあげるスタイルのボーカリストを雇って線の細さを払拭した。逞しく健康的な二人組ハウスユニットに変貌してしまった。僕の耳からすれば「普通」で面白くない。2ndは発売時に特典付きCDを購入したのだが、あまり聴くこともなく短期間で中古盤屋に売り払った。でも商業的にはこちらの方が成功したみたいだ。以降は彼らのことを追っていない。

  というわけで1stは打込みボサの愛好家は聴く価値あり。歌詞は英語とポルトガル語、およびスキャットで、洋楽のように聴き流せる。ただし、CDは廃盤のようなのでストリーミングで聴くべし。Studio Apartmentもこの路線に戻ってきてくれないかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加