29Lib 分館

図書館・情報学関連の雑記、読書ノート、音楽ノート、日常生活の愚痴など。

「狭い回廊」に入って留まり続けることの困難

2020-02-16 10:38:40 | 読書ノート
ダロン・アセモグル, ジェイムズ・A.ロビンソン『自由の命運:国家、社会、そして狭い回廊』櫻井祐子訳, 早川書房, 2020.

  制度の観点から各国比較をするという試み。『国家はなぜ衰退するのか』の続編となる。長いけれども一般向けである。原書は、The narrow corridor: states, societies, and the fate of liberty (Penguin, 2019.)である。

  前著で「包括的」と「収奪的」の二つに分類された政治経済体制のうち、「収奪的」の方がさらに「専横的」と「不在」に分割されている。前者は国家が強すぎるケースで、後者は国家が機能せずに「社会」が強すぎるケースである。このときの「社会」とは、部族だったり、階級だったり、中間共同体だったりいろいろだ。「専横的」と「不在」のどちらのケースも、暴力を抑止することができず、個人の自由が失われる。結果として、イノベーションが阻害される。

  繰り返し提示されるのが、x軸に社会の強さ、y軸に国家の強さをとったグラフである。その45度線上に、国と社会の間の力関係においてバランスの取れた先進国が現われる。著者らはそれを「狭い回廊」と呼んでいる。

  本書は、狭い回廊の中の国、社会の側に外れた国、国家の側に外れた国を、過去か現代かを問わず、その形成過程を詳細に分析していくという内容だ。分析されるのが、初期イスラム国家、古代ギリシア、中世イタリアのコムーネ、インド、ナイジェリア、ガーナ、米国、ワイマール期のドイツ、中国、コロンビア、南アフリカ共和国、スウェーデン、コスタリカ、チリ、レバノンなどなどである。日本については短い言及があるだけで大きく取りあげられてはいない。

  日本の読者にとって参考になるのは、やはりドイツのケースだろうか。国の制度はある程度行き渡っており、政府が不在となる局面は少ない。しかし、さまざまな「社会」が相互不信に陥り、そのうち特定の「社会」が権力を握るならば、抑圧的なシステム(ある種の問題を放置するという無能さも含む)が出来る恐れがある。これは実際過去に経験したことだろう。したがって、社会の動員(=政治参加)を促して国家を監視し、社会間で調整かつ協力を促すことが重要だというのが、本書から得られる示唆である。「どうやって」という話は読者の側にある。

コメント

マイブラ中毒患者のための代替治療薬

2020-02-12 17:29:29 | 音盤ノート
Fleeting Joys "Speeding Away to Someday" Thomason sounds, 2019.

  シューゲイズ。カリフォルニアはサクラメントの男女二人組のグループで、2006年と2009年にアルバムを発表しており、10年ぶりの新作ということになる。シューゲイズといっても、RideでもSlowdiveでもなくてMy Bloody Valentine。しかも「マイブラの影響を受けている(でも本人たちの個性がしっかりある)」というレベルではなく、マイブラが作りそうな曲をマイブラが演奏しているかのような、そのままなぞったような音を出すのが特徴である。音源がネット販売されているほか、北米ではLP発売がある。CD化は日本盤のみの模様。

  1991年に発表された”Loveless”は中毒性のあるアルバムだったが、マイブラはその後2008年まで沈黙する。あの独特の音響に脳をやられてしまった人間が一部にいて、バンドの活動停止期間中、激しい禁断症状に苦しむことになった。(なお、中毒患者の苦しみの記録が過去のエントリにある)。そうした中毒患者にとって、Fleeting Joysの2006年のデビュー作"Despondent Transponder" (Only Forever)は、ジェネリック医薬品のように苦しみを和らげてくれた有難い作品だった。しかしながら、本家が活動を再開させて以降、Fleeting Joysは存在理由を失った感があった。

  本家マイブラの方は2008年に復活し、2013年に21年ぶりのアルバムを発表した。2018年にもワールドツアーも行っているが、その際に新作が録音中であることもアナウンスされていた。正確には、まず2017年秋に「2018年初頭にはアルバムが出る」というニュースが駆け巡り、次に2018年春ごろ「2018年夏にはEPが出る」という話に替わって、続いて2018年秋に「秋にレコーディングが終わって2019年にアルバムがでる。次の作品もすぐ作り始めるつもり」というインタビュー記事となった。そして2020年を迎えたが、いまところ何も発表されていない。

  僕は、マイブラ関連の数々のフェイクニュースに騙されてきた古参のファンなので「またどうせ20年後だろ」と疑ってかかるぐらいの警戒心はある。けれども、それでも胸に希望の灯がともってしまったのも確かだ。また禁断症状が出始めたという頃に、タイミングよくFleeting Joysのこのアルバムである。「三作目だしそろそろ自分たちの個性を」などと考えないところが素晴らしい。いつものマイブラ節とマイブラサウンドで、きちんとジェネリック医薬品としての機能を果たしてくれる。8 track目の’Kiss a Girl In Black’なんかもう神々しい。救われた。
コメント

演劇的手法を取り入れたアクティブラーニング論

2020-02-08 15:55:07 | 読書ノート
渡部淳『アクティブ・ラーニングとは何か』岩波新書, 岩波書店, 2020.

  渡部淳先生は日本大学文理学部教育学科の教授で、僕の同僚ということになる。といってもわずか二年の付き合いだけれども。本書の奥付発行日は2020年1月21日だが、彼はその一日前の20日の夜に自宅で体調を崩してそのまま亡くなった。当日は授業を行って普通に帰宅したのだから、本当に突然の死だった。残されていた後期授業の採点の仕事が僕にも回ってきた。

  彼はICU付属の高校で20年ほど教諭を経験し、その後に大学の教授になった。演劇的手法を取り入れたアクティブラーニングを推奨しており、獲得型教育研究会なる団体を起ち上げてその普及に努めていた。学者肌の先生が多い日大教育学科の中では異色で、教えることが上手く、学生にも人気だった。学生に体を動かすよう求める彼の授業スタイルは、詰め込み教育が主流の中国からの留学生に衝撃を与えるらしく、彼らの多くが渡部ゼミを希望した。今年度も、希望が叶わず僕のゼミに流れてきた一人の中国人留学生が、ドラマ手法を使った教育をテーマに卒論を書いたぐらい。

  本書は彼の考えるアクティブラーニングの入門書である。率直なところ、いわゆる「アクティブラーニング」概念に含まれる教育手法の一部しか詳しく紹介できていない、効果や理論面での説明がないなど、十分に議論が尽くされてないという感想をもった。もし彼がまだ生きていたら、これらの点について議論してみたかったところではある。けれども、彼はあまりそういうことには興味を持っていなかったかもしれない。彼は、基本的に理論家ではなく、新しい教え方を追及する実践家だったからだ。そのような、彼が評価する教え方のアイデアが本書では多く紹介されている。

  数か月前、帰りの電車で一緒になった際、「初めての演劇経験は秋田の高校でだった」と振り返っていたことを思い出す。こうなってみると、もっといろいろ彼の人生について聞いておけばよかったと後悔することしきり。なお下のリンクは、文理学部の宣伝動画で、渡部先生の授業の様子を垣間見ることができる。教育学科でこういう授業はもうできないなあ。渡部先生、ご冥福をお祈りします。


コメント

個人の習慣改善よりも社会的慣習の変化を記したエピソードが秀逸

2020-02-04 15:41:18 | 読書ノート
チャールズ・デュヒッグ『習慣の力 / 新版』渡会圭子訳, ハヤカワ文庫NF, 早川書房, 2019.

  習慣を改めるためのハウトゥー本。もう少し心理学寄りの内容を期待して読んだのだけれども、完全に自己啓発兼ビジネス書だった。まあ、タメにはなったが。オリジナルはThe power of habit : why we do what we do in life and business (Random House, 2012.)で、最初の邦訳は2013年に講談社から『習慣の力 The Power of Habit』というタイトルで発行されている。その後2016年に講談社+α文庫となった。このハヤカワ文庫版は、2014年の原書ペーパーバック版のあとがきを訳出して加えたものである。

  人間の行動の4割は習慣でできている。「痩せたい」とか「健康になりたい」と思ってこれまでの生活スタイルをすべて変えようとしても上手くいかない。運動か、食生活か、あるいは喫煙や飲酒など不健康な嗜好か、いずれかの一つの習慣だけに注力すると継続できる。結果としてライフスタイル全体も変わってくるという。ただし、ただ我慢するだけではだめ。悪癖をしたくなるきっかけをきちんと分析して自覚し、ルーチンとなっていた悪癖を別の行動に置き換えなければならない。さらに、悪癖によって得られていた報酬(心の安らぎなど)を、置き換えたその別の行動によっても得られるようにしておく。そうすることで習慣の改善が達成できるという。

  以上。メッセージとしては上のように単純なもので、これをビジネスや社会運動のエピソードにつなげていって話を膨らませている。実をいうと、個人の習慣の改善の話よりも、社会的慣習がどのように変わるのかを示すエピソードのほうが面白い。スターバックスのスタッフ育成、公民権運動が広がったきっかけ、ロンドン地下鉄火災、医療ミスの克服やアメフトの新しい戦術などなどである。

  図書館の話も出てくる。1960年代半ば以降、同性愛の社会的認知を求める運動が全米で展開されるようになるが、なかなか進展がなかった。こうした中、米国図書館協会の求めに応じて、1972年に米国議会図書館は「ゲイ・レズビアン解放運動に関わる書籍」が分類されるカテゴリーを、「異常性行為と性犯罪」から、もっと中立的な「ホモセクシュアリティ・レズビアニズム・ゲイ解放運動・同性愛擁護」に変えた。この変更がそれなりの影響をもったそうで、精神医学会の同性愛の定義変更を後押しをして、いくつかの州で州法の改正をもたらしたとのこと。ささやかに見える分類の変更だけれども、その帰結にはちょっと感動する。
コメント

改革で高校国語から文学の比重が下がるという危機

2020-01-31 07:58:20 | 読書ノート
紅野謙介『国語教育 混迷する改革』ちくま新書, 筑摩書房, 2020.

  国語教育改革批判。共通テストのコンセプトを批判した『国語教育の危機』の続編である。前半1/3は2018年に行われた第二回プレテストの分析で、残りの2/3が高校国語の新しいカリキュラム編成に対する批判となっている。作問レベルの低さを指摘するプレテスト分析の箇所は、著者の辛辣さが小気味良いものの、『国語教育の危機』の延長線上にある。本書は、後半を読むべきものだろう。

  2022年から適用される新しい学習指導要領では、高校国語は、必修で「現代の国語」「言語文化」、選択で「論理国語」「国語表現」「文学国語」「古典探求」という編成となる。しかし、多くの高校は選択科目をすべて設置するわけではない。共通テストで扱われる実用的文書を重視する「論理国語」がほとんどの学校で採用されるはずだ。一方で、高校国語における文学や古典の比重がこれまでより低いものとなると予想される。なお、図書館情報学者として僕は改革に期待する派で、著者とは考えが異なる。

  以上のことを前提に、文科省関係者が執筆した「新学習指導要領の先生向け解説書」を取り上げて、新しい高校国語がどのような教育をするのか検証するというのが、本書の後半である。そして、取り上げた解説書で展開される授業内容は、「トピックを詰め込み過ぎているがために指導が浅くなり、目標を達成できない」「10代半ばの若者にすべてやらせるには過大すぎる」「執筆者はそもそも文学をわかっていない」などといった批判が展開される。読解力は下がるとも暗に予想されている。

  うーむ、解説書がダメだから新しい国語教育改革はダメだと言えるかどうかだが…ちょっと苦しいかな。本書は読者に支持を求めるための論証方法が適切ではないと思う。不確定な改革の結果を予想するよりも、むしろ現状の高校国語が本当にダメなものなのか、論理的思考力や表現力を育成できていないものなのか、これらを検証してみるほうが生産的だろう。「PIACC国際成人学力調査において日本は読解力で参加国中第一位であり、現状の国語教育で成功している部分も認識する必要がある」とかね。
コメント

21世紀に必要となる新しい「読解力」らしい

2020-01-27 09:16:45 | 読書ノート
新井紀子『AIに負けない子どもを育てる』東洋経済新報, 2019.

  『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の続編。前半は著者らが開発したReading Skill Test (RST)の解説、後半はRSTに対応するトレーニング法や授業例の紹介である。AIの話はほんの少しだけで、国語教育論だと思って読んだほうがよい。

  RSTは6分野で構成される。1) 主語、術語、目的語を見分ける「係り受け解析」、2) 代名詞が指すものや省略された主語・目的語を把握する「照応解決」、3) 二文の意味が同一かどうかを判定する「同義文判定」、4) 常識を動員して意味を理解する「推論」、5) 図やグラフと文の意味が一致するかどうかを判定する「イメージ同定」、 6) 定義と一致する具体例を探す「具体例同定」である。著者は、これらを文章の正確な読み取りのために必要なスキルだとする。それぞれの分野の問題例が4つづつ紹介されており、一人1500円払えば受検できるとのことである。

  後半は、RSTの受容の現状や、RSTで試された読解力を伸ばすための授業方法の紹介である。付随して、義務教育における国語において文学的文章の比重が高すぎることや、教師作成プリントによくみられる「重要概念の穴埋め」形式が、論理的に読む能力を低めるものとして批判されている。

  以上。RSTが測る「読解力」は、これまで国語教育できちんと認識されてこなかったものだ。こうした「読解力を構成するパーツ」が、AI研究によって浮かび上がってきたというのが、個人的には面白かった。ただ、短文のテストで長文読解の能力を判定できるのか、という点は気になった。RST成績と長文読解力との相関はある程度存在するのは当然であるとしても、RSTによって測られていない他の「読解力を構成するパーツ」もあるのではないだろうか。
コメント

東大とオックスフォードじゃ参考になるわけないだろうと思いつつ

2020-01-23 14:07:20 | 読書ノート
苅谷剛彦, 吉見俊哉『大学はもう死んでいる?:トップユニバーシティーからの問題提起』集英社新書, 2020.

  大学をめぐる対談。話者二人が籍を置く大学は、東大とオックスフォード大である。僕のような日大勤務の教員にはまったく参考にならないだろうと思いつつ、あまり期待せずに読んだのだが、そこそこ面白かった。会話は、苅谷のいるオックスフォードを場所として、吉見が議論をぶつけて苅谷がそれに答えるというパターンで進んでゆく。

  前半は日本で大学改革がなぜうまくいかないのか、なぜ大学の教育方法や採用方法が改まらないのか、というのが論議される。大学の理念の話もあるのだけれども、どうやら日本の組織の在り方、根っこには日本型雇用制度の問題があるらしいことが示唆される。後半では、オックスフォードや東大がどのような改革をしているのか(していないのか)、どのような教育をしているのかということが伝えられる。吉見によれば、日本の大学が目指すべき教育は、多国籍企業を渡りあるくようなグローバル・ビジネス・エリートの養成ではなくて、居場所をローカルに定めつつグローバルにつながってゆくような人材の養成であるという。まあ、確かに後者のレベルならば日本の大学でも育成できそうな気がする。

  あと、「印刷革命が中世の大学を窮地に追いやったという状況は、ネット情報に押された現在の大学の状況にもシンクロする」という話や、「20世紀の日本の出版市場の充実ぶりは、大学の先生をして著書の出版にエネルギーを注がせ、学生の教育の軽視を生んだ」という指摘もなかなか興味深いものだった。対談なので深堀りはされていないけれども、著者二人の慧眼が大学関係者にはためになる内容である。
コメント

1980年代前半の政治哲学をめぐる論争

2020-01-19 07:35:26 | 読書ノート
アマルティア・セン, バーナード・ウィリアムズ編著『功利主義をのりこえて:経済学と哲学の倫理』後藤玲子監訳, ミネルヴァ書房, 2019.

  倫理学と経済学。功利主義というか経済学批判の論文集である。一応、批判派だけでなく擁護派も寄稿している。原書のUtilitarianism and Beyond (Cambridge University Press)は1982年発行だが、重要な文献ということで今になって翻訳されたようだ。ただし、抽象度の高い議論が展開されるハードな専門書であり、ミクロ経済学(ゲーム理論を含む)がわかっていないと多くを理解できないだろう。監訳者による「解説に代えて」は内容理解の助けになるので、先に読んでおいたほうがいい。

  寄稿者は、編著者の二人に、ロールズ、R.M.ヘア、チャールズ・テイラー、ハーサニ(本訳書ではハルサニーと表記)など有名どころから、ジム・マーリース、T.M. スキャンロン、パーサ・ダスグプタ、ヤン・エルスター、エイミー・ガットマンほか5人が名を連ねている。率直なところ、いくつかの論考は何を問題にしているのかまったく理解できず(読む側の基礎知識不足のせい)、いくつかの論考は言いたいことはわかるがそれって重要か?という印象で、寄稿者が豪華なわりには個人的に面白いと思える論考は多くなかった。

  そのなかでは、ヤン・エルスターの「酸っぱい葡萄」はなかなか考えさせられる論考だった。功利主義は欲求が満たされたかどうかを考慮するだけだが、エルスターはそもそもの欲求がどう獲得されたかを問題にすべきだという。欲求のある部分は主体の置かれた環境によって形成される。センならば、周囲の環境が悪ければ欲求の水準も低くなり、功利主義はそのような人の境遇を放置してしまうことになると批判するだろう。これに応ずるかのように、エルスターは実現不可能な過剰な欲求がもたらす欲求不満を遡上にのせながら、適切な欲求不満を持つことを正しいとみなす。環境に適応するように選好を形成するのは自律を阻害する。一方で、学習による内発的な選好の形成は自律を保ったまま厚生を高めるので望ましいという。では、選好の内実をどう見分けるのか、という疑問が起こるがそこまでは論じられていない。この論考と同じタイトルの著書があるようなので探してみることとしよう。

  以上。「本人の著作を読んだことはないけれども、誰か別の人の著作でその名が言及されているのを見た」ことがあるというような執筆者の議論を、手軽に(一つ一つの論考の頁が少ないという意味で)確認できる本である。

コメント

英エジンバラのギタポバンドの30年後のデビューアルバム

2020-01-15 12:56:22 | 音盤ノート
The Motorcycle Boy "Scarlet" Forgotten Astronaut Records, 2019.

  英国の1980年代ギターポップ系のロックバンドで、ジザメリ・フォロワーだと書いたらわかるだろうか。わからないだろうね。The Jesus & Mary Chain(略称ジサメリ)のデビュー・アルバム"Psychocandy"(Blanco y Negro, 1985)の影響はとても大きくて、ファズなど歪み系のエフェクトを厚く施したギターサウンド──ノイズ音の壁──と、感情表現を抑えて素直にメロディをなぞるボーカル──ヴィブラート無し+スクリーム無し──というスタイルが、後発のインディーズ系のバンドによく模倣された。

  1980年代半ばにスコットランドに登場したジザメリ影響下のバンドに、The Shop AssistantsとMeat Whiplashがある。前者は1986年にアルバムを発表しているが、後者は1985年のシングル一枚のみで活動を停止。後者の野郎ども四人が、前者でボーカルを取っていたAlex Taylor (女性)を雇って結成されたのが、このThe Motorcycle Boyである。同時期にはカリフォルニアに同名のバンドが存在していてややこしいが、あちらは男だけのようだ。

  前置きはまだ続く。このThe Motorcycle Boyは、1987年に本作所収のシングル'Big Rock Candy Mountain'をインディーズレーベルのRough Tradeから発表し、その後めでたくメジャーレーベルのChrysalisと契約。1988年にプロモーション用の盤もプレスされてさあいよいよアルバムデビュー、というところまで漕ぎつける。ところが結局デビューアルバムは発売されず、バンドは再度インディーズに戻り、シングルを二枚を発表して活動停止。アルバムが発売されなかった理由はわからない。Alex Taylorの名もその後聞くことは無くなった。

  で、1989年初頭に発売予定だった彼らのデビューアルバムが30年遅れでやっと日の目を見たのがこのアルバムである。初お目見えなので、再発ではない。収録曲を聞いてみると、ファズギターとシーケンサー音と打ち込みドラムを組み合わせるタテノリな曲と、エフェクト控え目なギターを使ってアルペジオを多用するギターポップ系統の曲という二つがある。前者はチープでかつ目新しさがあり、センスを感じる。この系統の曲でアルバムを埋めればそこそこ認知を得たのではないだろうか。後者は、悪くはないのだけれども、まあまあという印象だ。

  というわけで、幻のアルバムである。ただ、Alex Taylorがこのバンドの活動停止後音楽活動をやめてしまったのは残念だった。彼女の平板な歌唱スタイルは巧さを感じさせないけれども、上品なアルト声で、色気や可愛げとは無縁だが、落ち着いていて清涼感があり、ちょっとした温かみも感じる。StereolabのLaetitia Sadierほど重くなく、My Bloody ValentineのBilinda Butcherほど浮世離れしていない。良い声である。The Shop Assistants期の写真だと見た目が不良姐さん風でその声とのギャップに驚くけれども。
コメント

機械が人間より上手く仕事をする現状および未来

2020-01-11 22:29:42 | 読書ノート
エリック・ブリニョルフソン, アンドリュー・マカフィー『ザ・セカンド・マシン・エイジ』村井章子訳, 日経BP, 2015.

  AIと労働の未来をめぐる考察。このコンビでの邦訳は、他に『機械との競争』(日経BP, 2013.)と『プラットフォームの経済学』(日経BP, 2018.)の二つがあり、本書は両者の間に挟まる二作目ということになる。著者二人はMIT所属。原書は The second machine age : work, progress and prosperity in a time of brilliant technologies (W.W. Norton, 2014.)である。

  内容は次のようなものである。蒸気機関が労働を変えた産業革命期に続いて、現在はAIによる労働の代替が進む「第二の機械の時代」の渦中だという。コンピュータの発達やデジタル経済の進展によって、仕事のやり方や消費の仕方が大きく変化しつつある。1980年代以降、米国における一人当たりGDPは上昇してきたのに、所得の中央値は横ばいだった。格差の拡大である。勝者となったのは、資本家、高度なスキルを持つ労働者、スーパースター(=さまざまな領域における第一人者)だった。短期的には、このほかの低スキルの労働者は市場で安く買いたたかれるか、失業する可能性がある。そこで、将来のために教育・研究・起業を支援する制度を整えつつ、負の所得税を導入して格差対策としよう、と提案がなされる。

  以上。巷で推奨されているベーシックインカムに比べれば、負の所得税のほうが抵抗が少なく導入しやすいという指摘はその通りである。低スキル労働者の失業という予想に対しては、ピンカーの新著や稲葉振一郎『AI時代の労働哲学』(講談社, 2019.)で批判がなされているので、そのまま受け入れるわけにはいかない。だが、格差拡大の傾向は確かだろう。あと、IT技術導入で影響を受けるものとして組織編制が挙げられているが、日本の企業はITが導入されてもあんまり変わっていないみたいなんだよなあ。誰かの別の本か記事で、日本の企業の生産性が低いのはそのせいかもしれないと指摘されていた(うろ覚え)。

  感想としては、どうするもこうするも、上に記すような流れがあるならば適応するほかないというだけ。大学教員としては「高スキル人材を育成せねば」という使命感はあるのだけれども、学生があまりノッってこなかったりする印象はある。
コメント