ひろの東本西走!?

読書、音楽、映画、建築、まち歩き、ランニング、山歩き、サッカー、グルメ? など好きなことがいっぱい!

祝・「ひろの東本西走!?」 開設14周年!

2018-11-12 22:49:37 | ブログ

祝・「ひろの東本西走!?」 開設14周年!


2004年11月18日に当時の「ブログ人」(OCN)で当ブログ「ひろの東本西走!?」を開設して初記事を投稿(記念すべきそのときの記事はこちら)し、まもなく14周年になります。ちなみに13周年の記事はこちらですし、カテゴリで「ブログ」をクリックすると、更に以前の記念記事などが出てきます。ちょっと早めですが、いったん今年の記念記事をアップしておきます。写真2枚の間に文章を挟みましたが、これらは後に追記/修正するかもです。

ブログは現在、下記の2つを開設しており、昨年4月からはリハビリ系(笑)別ブログ「脳出血を乗り越えて  ひろのアクティブリハビリ」も始め、2つのブログを内容別に下記のように使い分けていますが、同じネタ/題材で書く内容を少し変えたりすることもよくあります。

★ 「ひろの東本西走!?」

  ----主には趣味関係(建築探訪、まち歩き、ランニング、ウォーキング、
    読書、映画、音楽)やその他、文化・芸術・デザイン関係 など
「脳出血を乗り越えて ひろのアクティブリハビリ」
  ----主には脳卒中やリハビリ関係

他にもランニングクラブの掲示板、FacebookLINEグループ(複数)などもやっており、どこにどの記事を書いたか/アップしたか分からなくなったりも度々です。Instagramもトライしかけたけど中断(笑)。

また各々で結構時間を取られて、なかなか当ブログ「ひろの東本西走!?」での記事アップがままなりません。これはここ数年と同じ課題ですが、エスカレート気味です。とは言え、やはりベースは当ブログですし、これまでに蓄積したデータや自分(&時々家族)の記録も膨大なので今後も継続あるのみです。

ネットを通じて色々記録&アウトプットしておく重要性は感じているものの、自分
でいつ頃どんな記事を書いたか忘れていることも多いですね。Googleなどで自分のブログ記事を検索することもしばしばでして(汗)。ですが、久々に過去記事を読み返してみると、かなり忘れてしまったことも多く、「おー、そう言えばこんな記事もアップしていたなあ」と懐かしく思うこともありますね。一度これらをきちんと総括/再整理したい気はあるのですが、時間がないかなあ。。。

そうそう、アウトプットに関しては、樺沢しをんさんの著書「アウトプット大全」の感想キャンペーンに応募して、20名/220名の入賞ラインに滑り込みました!

シニアになって自由に使える時間が増え、これまでよりも建築探訪に行けるかと思いきや、他にやりたいこと/やるべきとも多く、時間が全然足りません。やりたいことは増える一方ですね。自分のこと(仕事、リハビリ・トレーニング、病院・障がい者手帳)、家族や家のこと、母や実家のこと、後見人になっている伯母や伯母宅のこと……などなど。


コメント

イケフェス(生きた建築フェスティバル)大阪2018

2018-10-30 21:52:10 | 近代建築

約一ケ月ぶりの記事アップです。

今年も10/27・28の2日間、「イケフェス(生きた建築フェスティバル)大阪2018」で歩き回りました。
歩行再建、動きや身のこなし改善はかなり進みましたが、一応「転ばぬ先の杖」を持っての行動のため、<初日>は今年も保護者(妻)同伴で(笑)6ヶ所を見学しました。

最近、やることが「てんこ盛り」状態が続いていてブログなどにあまり時間がとれないため、イケフェス関係記事も超簡単にします。昨年も2日間見学したのですが、ブログにアップしたのは1日目だけでした(こちら)。イベントは終了していて今年用の情報提供には遅くなりましたし、写真や説明文は後からボチボチと(笑)。

82・食道園宗右衛門町本店ビル→43・伏見町宗田家住居→<昼食:油そば美味!>→68・日本聖公会川口基督教会(お向かいの旧・川口アパートも)→<コーヒータイム>→18・日本基督教団大阪教会→12・リバーサイドビルディング→78・新桜川ビル

以前見学したところも含まれており、やはり、初見だった食道園・宗田家住居・リバーサイドビルが特に良かったです!この3つはテイストや見どころも大きく異なっており、それも興味深かったです。この日は地下鉄乗り換えでの階段昇降も多く、結局、約9時間の外出(座っていたのは約2時間)で麻痺足の左足はガクガクに(汗・涙)。

<2日目>

この日は単独行動でした。

見学したのは結局、38・芝川ビル(酒井一光さん追悼企画ほか)→57・本願寺津村別館(北御堂)→58・御堂ビル(竹中工務店本店、館内ガイドツアー参加)の3ヶ所のみ。御堂ビル(竹中工務店本店)の館内ガイドツアー最終回が、大人数&かなり駆け足ツアーとなってしまいましたが、屋上庭園や7階~4階のオフィススペースなども見ることができました。室内に吹き抜けの階段があり、デザイン性や遊び心などもあってスッキリと美しく素晴らしかったです! ※但し7階~4階は写真撮影禁止で無念。

夕方に散髪を予約していたため&疲れを残さないため、早めの4時前には見学を終了して帰宅。

見学した3つは近くなので後から考えたらパッパッと回れそうなものですが…勘違いしてこの日は公開ナシの60安井建築設計事務所を途中でルートに入れ&しかも徒歩で目指して到着直前にミスに気付いたり、食事やお茶も含めて順番や場所、時間帯を間違えたり、時間配分をマズッたりで、なーんか1時間半くらいはタイムロスしたような気も(汗)。

それも含めて日曜日も疲れました。なお、この日の外出時間は約7時間でした。座っていたのはやはり2時間くらい?

コメント

感想キャンペーン・優秀賞の賞品が送られてきました!

2018-09-30 17:28:33 | 本と雑誌

今日は台風24号接近のため自宅でおとなしくしています。

さて、趣味系ブログ(当ブログ)の記事
https://blog.goo.ne.jp/hirohiro009/e/82cc4fbc68021fc283d48b8174636ab1
や、リハビリ系ブログ(「脳出血を乗り越えて ひろのアクティブリハビリ」)の記事
http://hirohiro009.jugem.jp/?eid=198
で書いていましたが、精神科医・樺沢紫苑さんの最新著書「学びを結果に変える アウトプット大全」の感想キャンペーンに応募して優秀賞に入り、その賞品【しおんちゃん先生マグカップ】が送られてきました。その記念写真です(笑)。

今後はもっとアウトプットに磨きをかけねば!

コメント

「アウトプット大全」感想キャンペーンで優秀賞に滑り込みました!

2018-09-23 09:38:04 | 本と雑誌

「アウトプット大全」感想キャンペーンで優秀賞に滑り込みました!

先日、精神科医・樺沢紫苑さんの最新著書「学びを結果に変える アウトプット大全」(サンクチュアリ出版)を読み、ブログにアップしたその感想文を「感想キャンペーン」に応募してみたところ・・・

  応募総数:223名
  最優秀賞:  5名
  優秀賞 : 16名
の中の優秀賞に滑り込みました\(^o^)/
残念ながら「食事会ご招待」があるという最優秀賞には入りませんでしたが、優秀賞まで広げさせて頂くと約10倍の競争率をクリアしたと言えますね。

その結果発表があった樺沢紫苑さんの公式メルマガから該当部分のみコピーさせて頂くと(原文から少しモディファイしています)、

******************************************************

精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ
─────────────────────────────────
第1177号 2018年9月13日発行
─────────────────────────────────
『アウトプット大全』感想キャンペーン、結果発表!!
─────────────────────────────────

『アウトプット大全』の感想を書いてくれた人に豪華プレゼント!!という感想キャンペーン。8月31日に締切りまして、時間がかかりましたが、ようやく審査が終了しました。

応募総数223名。
全ての感想を樺沢が読ませていただきましたので、のべ4時間以上、10日以上かかってしまいました。

最優秀賞【食事会】の4名
優秀賞 【しおんちゃん先生マグカップ】16名

それでは、当選者の発表です!!
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
おめでとうございます!!

★最優秀賞【食事会】の5名 (マグカップもプレゼント)
→当初予定の4名に絞れなかったので、5名としたそうです。
 ※具体的なお名前はカット。

☆優秀賞【しおんちゃん先生マグカップ】16名
  Aさん
  Bさん
   :
   :
  佐々木宏さん
   :
   :
  以上

16名中4名は最終選考に残った方で、ほぼ、「最優秀賞」水準の感想でしたとのこと。

メルアドが違えば&内容が違えば複数回応募してもOKとのことだったので、私はブログにアップした3つの感想文を応募しました(いったんアップした時点で応募し、修正してから再度応募したりも)。どのメルアドからどの感想文を送ったのか記録・控えを残していなかったため、そのあたりが自分でも定かではありません(汗)。多分、ブログ記事としては、これこれのはずです。

【樺沢さんの講評】

今回の感想キャンペーンは、過去最高レベルの感想文が集まり、ハイレベルの戦いとなりました。『アウトプット大全』を読んで、実際にアウトプット力をアップさせていることが、感想文からも伝わります。ビックリしたのは、ブログをやっている人が多いことです。応募者の3人に1人は、ブログに感想文を投稿していました。さらに、優秀賞、最優秀賞の20名のうち、ブログをしている人は17人。なんと85%の方がブログをやっていたのです。

ブログをしている人は、圧倒的に文章力が高く、内容もわかりやすく、個性的なものが多い、と感じました。やはり、ブログをしている人は、アウトプット力が高い。ということが証明されたようなものです。ブログをしていない人で、「優秀賞」以上に入った方は、「想い」の勝利です。最優秀賞の5名に通じる特徴は、文章を「読ませる」工夫がある、ということ。「本を気付き」を、「自分の体験」と上手に結びつけている。自らのビフォー・アフターをリアルに語っている、ということが言えます。

コメント

山の本ベスト30はこれだ!

2018-09-04 11:44:56 | 本と雑誌


(学生時代の写真:再掲(汗))

たまたま図書館でふと手に取った「本の雑誌2017年6月号」は特集が「そこに山があるからさ!」で、座談会・山の本ベスト30はこれだ!があり、学生時代にちょっと山歩きをやっていた私としては懐かしく・興味深く読みました。リスト本の中で読んで良かったと思ったもの、未読だけど気になったものを挙げると、

日本百名山(深田久弥)
青春を山に賭けて(植村直己)
孤高の人(新田次郎)
単独行(加藤文太郎)
垂直の記憶(山野井泰史)
風雪のビヴァーク(松濤明)
K(谷口ジロー、遠崎史朗)
チベット旅行記(河口慧海)
星と嵐(G・レビュファ)
北八ツ彷徨(山口耀久)
山靴の音(吉野満彦)
果てしなき山稜(志水哲也)

などです。新田次郎さんの山岳小説は名作揃いですが、「孤高の人」は大学のときに読んで大感動し、私の生涯のBEST BOOKにも含めるかもしれません。加藤文太郎さんの登山スタイルや生き方に憧れる仲間も多かったですね。また、この本は技術者の物語としてもとても面白かったです。

昭和初期、ヒマラヤ征服の夢を秘め、限られた裕福な人々だけのものであった登山界に、社会人登山家としての道を開拓しながら日本アルプスの山々を、ひとり疾風のように踏破していった“単独行の加藤文太郎"。その強烈な意志と個性により、仕事においても独力で道を切り開き、高等小学校卒業の学歴で造船技師にまで昇格した加藤文太郎の、交錯する愛と孤独の青春を描く長編(Amazonより)。

河口慧海は私の実家がある堺に生まれた仏教学者・探検家で、「中国や日本に伝承されている漢語に音訳された仏典に疑問をおぼえ、仏陀本来の教えの意味が分かる物を求めて、梵語の原典とチベット語訳の仏典入手を決意。日本人として初めてチベットへの入国を果たした」人です(wikipedia より) 。山の本に「チベット旅行記」が属するかはちょっと?マークですが、独特の雰囲気があり、とても面白かったことをよく覚えています。

また、山にはミステリーが良く似合うという記事では「高い砦(D・バグリィ)」などが掲げられていました。この小説は冒険小説の名作としても名高いですね。

単なる登山関係の本だけではなく、実にバラエティに富んだリストです。私であれば他にもう少し付け加えたい本があり、これは別記事で書きます。

コメント