goo

こなすだけ?

4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

この時期、毎週の勉強がパターン化しやすいので、1週間の勉強がある程度決まってきます。

その結果として、ノルマをこなす、だけになりやすい。

これとこれをやれば終わりだ、みたいな感じ。それで何がわかったのか、どういうことができるようになったのか、は判然としていないまま、時間が過ぎていくのです。

例えば。問題を解いてみる。すぐにはわからない。そこで解答を見る。なるほど。というので、答えを写す。

ズルではないのです。このくらいのことをしないと、ノルマが終わらないから、そうする、という話。

で、力はつくでしょうか?

すぐ答えを見て、ノートに写しておしまい、であれば力はついていかないでしょう。

これは良く勘違いされていることですが、ここまでの勉強をしたから、合格するという絶対的な量は存在しません。

受験勉強というのは、子どもが与えられた時間の中で、どのくらい思考能力や表現能力を鍛えてきたか、が問われるだけであって、「どのくらいの問題を解いたか」が競われているわけではないからです。

この時期、単にノルマをこなすだけで、「なにができるようになっているか」曖昧にならないように注意してください。





Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。


今日の田中貴.com
めんどくさい問題の増加

6年生の教室から
復習する時間がない!

算数オンライン塾
6月6日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )