goo

公開買い付け

この前、ある生徒が先生に
「ねえ、公開買い付けってどうしてやるの?」
と聞かれていました。

来年の時事問題?出ないでしょう。
でも、確かにいろんな知識を一連の騒動で覚えましたね。

今日はLBO?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

退学者

私立中学の退学者が増えているという報道が
出ていました。

以前、私も増えているのではないかという実感を
お話したことがあるのですが、
2002年 259人
2003年 331人
2004年 359人

となっています。一番多い理由がいじめと不登校で
44.8%、反社会的行為が6.5%、学力不足による進級不能が
約10%という数字になっています。

私学でもいじめを防止することはなかなか難しいようですが、
いじめる子を退学させているようで、東京都中学校長会が
東京私立中学高等学校協会に対して「横暴な退学処分」の
自粛を申し入れました。

私学にはルールにしたがって、即時退学という方針を持っている
ところもあり、それを受け入れる公立中学側からすれば
「とんでもない」と思う部分があるかもしれません。

入学させた以上、少なくとも義務教育期間中は面倒を見てほしい
というのが公立側の意見ですが、私立側が「通常の範囲」として
いるようです。

私立進学熱が高まる一方ですが、ただ入ればいいということでは
なく、学校選びに関してこのような側面でも学校の中身をしっかり
見ておく必要はあるでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春休み

春期講習はある意味、一番のんびりした講習かもしれません。

まだ春だから、という気になるものです。
ただ、ついそこでタイミングを逃してしまわないように。
せっかくまとめて時間がとれるのだから、これまでの
復習はしっかりやっておきましょう。

1学期の予習までできれば、本当はいいですが。
予習ができると、確かに1週間の勉強が楽になります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

できるところをまず伸ばそう

新6年生は、今、算数と理科が重要です。
しかし、算数ができない子には大変苦痛な時期でもあります。

できない上に、難しい。だからもっと自信がなくなるのです。そうなると
勉強自体もいやになってしまうことが往々にしてあります。

そんなときは、いったん算数はおいといて、その子の得意なことをやること
です。確かに算数も重要ですが、一番損なっていけないのはやる気。

「君は国語はできるからねえ。」
ということばに救われる子どもは結構多いのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親も勉強しよう

親が勉強する姿を見る子どもたちは少ないかもしれませんね。

大学関係や、資格試験を受験するために親が勉強することは
あるかもしれませんが、その姿を子どもに見せることはあまり
ないかもしれません。

会社で必要な法律関係の勉強をしていたころ、娘がとなり
で中学受験の勉強をしていました。

親もいっしょに自分の勉強をするのもいいかもしれません。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

入試1ヶ月後

今年2月に中学受験をした子どもたちは、新たな生活を楽しんで
いるのではないかと思います。
小学校卒業前で、いろいろなイベントがあると思いますし、塾も
なくなって自由な時間が増えているかと思います。

でも勉強の時間をなくしてしまわないように気をつけてください。

私学の中には3月中旬から特別召集をかけてクラス分け試験を行う
学校もありますし、事前学習をさせる学校もあります。そこまで
行かなくても、宿題を出している学校もあります。

なぜ、こんなことをするのかといえば、勉強する姿勢を維持して
ほしいと思っているからです。
「え、大変だなあ」
と最初は思いましたが、完全に勉強しなくなるよりはいいかなあ
とも思います。

本当は、学校が指示をしなくてもそのくらいの準備ができると
素敵なのですが。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

関西からの受験者

今年は灘の試験が1月22日、23日に行われたので
関西の受験生が塾のツアーで難関校に受験しにきたようです。
きっと、開成中学何名という合格実績が関西の塾の折込を
にぎわしているのでしょう。

それに対抗してというわけでもないのでしょうが、開成では
次のような問題が出されたそうです。

下線部10(入り口に大きなライオンの像が置かれているデパート
について、そのデパートとして正しいものをひとつ選び、記号で
答えなさい。

ア 高島屋 イ 三越 ウ 東急 エ 松屋 オ 松坂屋

これは笑えると思いながら、しかし適切な問題なのだろうかと
いう気もしてきます。

しかし、結果として70名以上の繰上げをしなければならなかった
とすると、やはり書類である程度見越さなければならないかも
しれませんね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

塾も変わった

私が最初に塾の仕事を始めたころは1クラス50名なんて
当たり前でした。

一時は100名くらいを一人で教えていたこともあります。

今はそんなクラスはほとんどないでしょう。もっと細かく
能力別に分けられて、先生もいろいろなクラスを回るのが
普通なのではないでしょうか。

そして個別指導やグループ指導とさらにきめ細かくなって
きています。

でも、その結果として子どもは自分で学び取る力が少なく
なってきているのではないでしょうか。

何事もしてもらうと、自分で得ることが少なくなるものです。
教育はこれがあるから、単純にしてあげればいいという結論に
ならないのです。

だからといって、50人や100人授業がいいわけではありませんが。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

できないときの気持ち

問題ができない、教えてもらうことがよくわからない
というときの子どもの気持ちを考えてみてください。

「わからない、もっと教えて」という子は意外に少ないもの。
「どうせ、私できないから。」
「こんなの、到底無理だよ。」

子どもたちは普通はそうなるもの。それを怒っても、ただ
マイナスの方向が強くなるだけです。

少しでも、できるところから始めてみましょう。
でも子どもは同じところにはいません。
毎日進歩、毎日成長するものです。

できたら、ほめる。
そしてまた一歩。

この積み重ねが唯一、道を開く方法なのですから。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )