glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

’すずちゃんののうみそ’翻訳顛末記

2019-09-13 08:27:31 | 福祉と教育

 ’すずちゃんののうみそ’をエスペラント訳したいと思ったのが5月。足の小手術をしたので着手したのは五月半ばでした。8月翻訳し終えました。著者:竹山美奈子さんのすずちゃんへの思い、障害とは何かまだ理解していない方々に、障害について理解してほしいという願いをうまく表現できているだろうか。ふと不安になります。エスペラントの文法的誤りはないか、特に付録の部分ですが、わかりやすく翻訳できているかをも含めて、助言が欲しいと信頼できる方に原稿を送りました。10月12~14日は埼玉で日本エスペラント大会が開催されます。その準備作業を引き受けているそうで、原稿の点検は遅くなるとのことでした。自由に使ってよいとおっしゃた岩崎書店の係の方にもネットに公表で来たらお知らせしようと思っています。

 蛇足ですが、エスペラント大会の中日、10月13日には無料のプログラムがいっぱいです。最寄りの駅はJR浦和駅がですので交通の便もいいです。興味のある方はぜひお越しください。

 会場:〒330-8518 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4 埼玉会館

09:30~16:30 エスペラントを楽しむ部屋、若者番組、
09:30~12:00 一般公開講演会
13:30~16:20 公開シンポジウム


コメント   この記事についてブログを書く
« 詩について | トップ | 久しぶりの自然農講座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福祉と教育」カテゴリの最新記事