goo

2018年2月17日 梅三昧

 二度の雪の後、日差しが春めいてきたような気がしております。何が違うのかと云えば、冬の間太陽が低く横から差していた光が少し上から注がれるようになってきた違いなのかと思ったりするこの頃です。


 あるいは鶯神楽の蕾が膨らみ始めているかと思って久しぶりに急斜面の雑木林に入ってみましたが・・・。若葉は出始めてはおりましたが、さすがに蕾はまだでした。


 急斜面を登りきりったところで尾根道が見えてきました。クヌギやコナラ、山桜が点在するところを見ると、かつては雑木林であったところに竹が侵入してきたようである。


 いつも雑木と竹の混合林の中から望遠レンズで引き寄せてみているので判然としないのですが、勝手に花桃だと思っているピンクの花も咲き始めましたようです。





 今年の冬は低温が続いて入りましたので、寒さが少し緩んできた途端に一斉に咲き始めたようです。タイトルに「梅三昧」と書いたので、三枚(^^)。


 上ばかりを見て歩いていたわけではありません。足元にもちゃんと春がやってきておりました。

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年2月12日 春遠からじ

 二度の雪の後の恩田の森は概ね例年並みの寒さと云ったところだったのか、日陰に積み上げられた雪以外はとけてなくなり、厳冬も終わりに近づいて来たような気がします。とは云っても二度あることは三度あると云いますから春の訪れまでにはもう一度くらい雪が降るかも知れません。


 雑木林の木々。この写真を見る限り、冬枯れのように見えますが良く見ると芽吹きに時に備えて枝先が膨らんで来ているのがわかります。


 クヌギやコナラの芽生えはもう少し先ですが、日当たりの良い場所では梅の花が咲き始めています。これは竹林をバックにした梅か花。


 Upも一枚。


 こちらは開花の時を待つ三椏(みつまた。三又、三枝とも書く)。この一枚で「ミツマタ」の名の由来がお判りいただけますでしょうか。

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年2月3日 春の小さな足音

  1月22日から23日にかけては4年振りの大雪となりましたが、またまた木曜日の夜から雪。今回は5センチ程の積雪で、気温が高かったせいもあり金曜日の夕方にはほとんど溶けてしまいました。


 白山谷戸。さすがに雪もほとんど消えて、春を静かに待つ田んぼ。


蕗の薹。二度の雪の後に見つけた春。春の小さな足音が嬉しくなります。


 山茱萸(さんしゅゆ)の蕾の先からも春の色がのぞいていました。


 なるせの森の谷戸奥にはまだ雪が残っていました。日当たりの悪い場所でも平地があれば畑として使ってきた往時を今に伝えています。本当の春までにはもう少しの時間が必要なようです。

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年1月29日 雪の恩田の森

 雪が降ったのは一週間前でしたが、それ以降も朝方はマイナス4度近くまでも下がる寒い日が続いていますのでいまだに雪が消えない恩田の森です。



 白山谷戸の田んぼもご覧の通り。


 トトロの切り通しに向かう道も真っ白。


 春の野菜が植えられた畑もこの通り。野菜の高値は当分解消しそうもありませんね。


 さすがに日当たりの良い斜面の雪は消えておりました。黄色の水仙の花を見つけてホットしました。


 一枚を除いては雪の写真ばかりになってしまいましたので、最後に辛夷の花芽。これもいつもご覧いただいている写真でしたね。今日は流石に撮るものが少なくて・・・。失礼いたしました。

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年1月21日 冬の森

 1月も早や後半。これから二、三週間は一年でもっとも寒い時期になります。目に入るのは冬枯れの野と森ですが、少しずつ春の足音が聞こえて来ているのもこの季節です。


 冬枯れの野。

 冬枯れの森。


 春の花、椿も咲き始めました。


 早春の野で真っ先に咲く、「まず先」-->「まんず先-->「まん先」-->「まんさく」。


 レタスや白菜などの葉物がやけに高値となっているこの冬ですが、長ネギはそれほどでもない?畑にはたくさんありますよ。


 梅の開花が遅いとは先々週に書きましたが、この紅梅はすでに満開をすぎておりました。梅は桜よりも個性があり長く楽しめますね。

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2018年1月6日 今年最初の森

 新年おめでとうございます。昨年は6月以降撮影・掲載の頻度が極端に少なくなってしまいましたが、今年はできるかぎり二週に一度の撮影と掲載を心がけたいと思っております。本年も「blog恩田の森Now」をどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今日は三週間ぶり、そして今年最初の森歩きに出かけてきました。夏場の三週間ほどではありませんが、それでも三週間の間に森はすっかり冬に、そしてほんの少しではありますが春の気配が感じられるようになっておりました。


 雑木林の中から空を見上げた図をモノクロームでご覧いただいております。三週間前にはまだ少し残っていた枯葉もすっかり落ちて森の中がすっかり明るくなっておりました。カラーでご覧いただくと南関東の青い空に冬枯れの森が清々しく見えますが、モノクロームでご覧いただくとまったく違ったイメージとなります。おどろおどろしくも力強く美しい造形美を感じていただけたら幸いです。


 モノクロームの写真では空の色がわかりませんが、どのくらい青いかと云えばこのくらい青い空(ローパスフィルターの汚れが判る程の)。おなじみの白山谷戸の田んぼと冬枯れの森です。


 おなじみついでに「トトロの切通し」。周りのクヌギやコナラが葉を落としたところに冬の低い陽が差し込み長い影を落としています。


 色彩の乏しくなった森で目を引く赤い実。万両の実です。


 たわわに実った金柑。砂糖に漬けたり煮たりして食べますね。私は苦手ですが。


 蝋梅。半透明の花弁が蝋細工のように見え、また臘月(陰暦十二月の別名)に咲くことからの命名とのこと。「梅」の文字が当てられておりますが梅とは別種です。


 最後に本物の梅の花。この冬は寒い日が続いているせいか梅の開花も遅いように感じますが、これから少しずつ咲き始め長く楽しませてくれることでしょう。

毎日更新のblogも是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/gauche7

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年12月17日 冬至前

 一週間前は絵に描いたような小春日でしたが、今日は「天気晴朗なれど風強し」で、散歩にはいささか不向き。冬の散歩はどんなに寒くてもOKなのですが、風が何よりの大敵。多少気温が高くても風が強いと体感温度が下がりますし、被写体は風に揺れて止まらず、ストーブでお湯を沸かすのもままならず、ようやく湧いたお湯でラーメンを作ってもなんだか落ち着かず喉に流し込み、コーヒーは取りやめ早々に退散ということになります。どんなに寒くても、曇天でも風がなければ冬の散歩としては上々の天気ということになるのです。

冬至間近の低い日に輝く雑木林。森の雑木の黄葉も今日まででしょうか。


 たわわに実をつけた栴檀(せんだん)の木。無患子(むくろじ)同様果肉にサニポン含み、石鹸のない時代には洗濯に利用されたとのこと。餌が乏しくなる時期の小鳥たちの餌になる、と書いて、果たして小鳥たちは石鹸擬きを食べてお腹を壊さないものかと心配になりました。


 小春日に咲く水仙の花。染井吉野が、春のある時一斉に咲きそして散ることによって愛でられるのとは対照的に、早いものは師走に咲き遅きは卯月に咲く水仙。それで良い、個性あってこそ一つひとつの花が輝くのだと、人間もまた同じと思う私はへそ曲がりでしょうか。


 農家の庭先の夏みかん。冬至にすでに色づいているのに春になっても酸味が強くて食べられず、初夏になってようやく酸味が和らぎ食べられるようになる、考えてもみれば不思議な蜜柑です。


 冬の畦道。どこにでもありそうでも横浜辺りではもう見つけることが難しくなってしまった田んぼの畦道ですが、恩田の森にはまだ残されております。何も云わず何も考えず、ただ土を踏む足の裏の感触を楽しみたい畦道です。

毎日更新のblogも是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/gauche7

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年12月10日 穏やかな初冬の森

 今年は6月以降なかなか散歩&撮影に行くことができない日が続いておりましたが、11月末からは三週続けて森に行くことができました。水と食料と小さなガスストーブが入ったデイパックとカメラ機材、しめて10kgを担いて10kmを歩くのはいささか堪えますが、それにも増して精神的なリフレッシュ効果は大きく、かけがいのない時間となります。


 私が歩き始めた10時頃には随分と暖かくなっておりましたが、日陰で見つけた霜が降りた葉っぱから早朝の冷え込みを伺い知ることができます。


 すみよしの森のメインストリートです。日陰は寒く日向は暖かい。真夏の散歩とは逆に、一刻も早く日向を歩きたくなるものです。


 薬師堂境内の無患子(むくろじ)の木の実。栴檀(せんだん)同様果肉にサニポンを含むため、かつては石鹸がわりに使われたそうです。



 南天の実です。正月飾りにするために、その前に鳥に啄まれないようにネットがかけられたものも見かけます。


 実をすっかり落としてしまった木もあれば、まだ沢山の実を付けている木もあります。これはすみよしの森南麓の柿の木。バックは美しく紅葉しているあかねの森です。


 枯れ薄(すすき)も低い日に透かして見ると、なかなかどうして美しいものです。


 冬に向かう畑。これは春菊のようです。南関東に位置し横浜の海もほど近い恩田の森は冬も比較的温暖で、白菜、大根、キャベツ、ブロッコリー、春菊、小松菜などの野菜が栽培さています。

毎日更新のblogも是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/gauche7

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年12月5日 初冬

 今日の恩田の森。雑木林の中から空を見上げれば、黄葉が進んだとは云えまだたくさんの葉が残っておりました。これが12月、初冬の南関東、横浜の雑木林です。すっかり葉を落とし青空が見えるようになるのはほとんど晦日近くになってのこととなります。


 すみよしの森の小谷戸。左側は先週もご覧いただいた柿の木ですが、今日は「引き気味」に撮ってみました。この小径をさらに進むと「トトロの切り通し」があります。


 今が盛りの山茶花です。「さざんかの宿」をイメージしながら撮ってみましたが、いかがでしょうか(笑)。


 履いているトレッキングシューズが埋もれてしまうほどに落ち葉が降り積もった上り坂。この道を登り切ると都県境の尾根道です。


 農家の庭先で咲いていた水仙。福島で生まれ育った私が東京に来て驚いたことの一つに水仙の花が12月に咲いていることがありました。福島では水仙は春の花でしたので、首都圏がいかに温暖であるのかを教えてくれたのがこの水仙の花でした。


 なるせの森の谷戸の入り口で餌を喰むヤギ。この谷戸の門番を仰せつかっているかのようなヤギですが、もちろん吠え立てたりもせず来る者を優しく迎え、帰る者を心静かに送ってくれます。

毎日更新のblogも是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/gauche7

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2017年11月25日 冬隣

 「晩秋」と書きかけて「冬隣(ふゆどなり)と書き直しました。


 季節の変わり目にはいつも迷うのです。南関東の11月はまだ冬ではない。でも、霜が降りた跡を目にすればもう秋とも書き難い。そんな季節にぴったりの言葉が「冬隣」。日本語の語彙はホントに豊富。いつ冬が来てもおかしくない、そんな遅い秋の一日です。


 残り柿と云うにはいささか残り過ぎでしょうか。いつ頃からなのか柿を食べることが少なくなりました。恩田の森でも日当たりの良いところでは蜜柑に取って代わられつつありますが、これからの季節、この残り柿が小鳥たちにとって貴重な食べ物となることは間違いありません。


 道端でたわわに実った柚子。恩田の森では、生活に必要な柚子、黒文字、お茶などの樹木がごく普通に道端に植えられていたりします。


 薬師堂の隣の民家の庭先で咲いていた白い山茶花。


 恩田の森の紅葉。森の木々の多くはクヌギやコナラと云った落葉樹ですので恩田の森の秋は基本的には黄葉。探せば紅葉もないわけではありませんが、残念ながら山全体が紅く染まった写真をご覧いただくことはでませんので、「裏庭的写真」でお容赦を。


 すっかり花が少なくなった森でしたが、なるせの森の入り口で畑と小径の間で菊の花が咲き乱れておりました。なんと云う名前が付けられているのか知る由もありませんが、辺りに清しい香りを漂わせておりました。


 秋から冬へと向かう森。落葉の季節を迎えた木々ですが、実は既に次の春の用意がされてもいるのです。これは春真っ先に花を咲かせ木五倍子(きぶし)の花芽です。


 こちらは逆光に輝く辛夷(こぶし)の花芽。緑は手前に残っている合歓の木の葉です。


 なるせの森の都県境の尾根道から「娑婆」へと降りてくる小径。できることならいつまでも留まり見ていたいたおやかな道です。

 帰り足に、奈良川で青鷺と小鷺を見つけました。これは小鷺。四羽程いた小鷺のうちの一羽です。

毎日更新のblogも是非ご覧ください。http://blog.goo.ne.jp/gauche7

The contact to the author of this page:gaucheadgc(at sign)gmail(dot)com
Type "ijnuG ihsoyiK" adversely, and find me on Facebook.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ