崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

黒田勝弘氏に会った

2008年08月25日 06時39分31秒 | エッセイ
 昨夜小倉で産経新聞ソウル支局長兼論説委員黒田勝弘氏と初めて対話をした。日本人記者としては韓国滞在が最も長い。韓国では日本の右翼だといわれる。しかし韓国語でも本を書いて、韓国批判を続けている。反日の強い韓国で住み続けられたのはなぜだろうか。彼はいう。おそらく韓国のメディアは民族主義一色でアンバランスなので彼を時々利用することでバランスを取ろうとしたことによって、彼は韓国で無事に住むことがゆるされたはずであると説明した。なるほどと思った。
 しかし彼は外から韓国を鋭く批判して韓国人にとってその批判が受け入れられて視野を広げてきたことは彼の大きい貢献だと思う。特に日本の植民地に関する韓国の政策や否定的態度を批判したことは今の韓国の開放にも繋がったのであろう。韓国一桜の名所であった昌慶苑の桜を植えかえる韓国の政策を批判したことに私は大いに賛成であった。韓国の知識人が発言できない時、彼は発言したのだ。日本の「右翼」というより、逆に「韓国の右翼(?)」といってもよい。昨日彼の講演では在日が多く聴取したという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 葛蔓 | トップ | 唾液、ツバ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「やっぱり韓国は面白い」 (朴 仙容)
2008-08-25 09:36:12
 ↑タイトル名をテーマにした黒田勝弘さんの、日韓フェリー「モジライン」就航記念講演でした。

 黒田さん、若い時は左翼的な活動をしていました。産経新聞入社後も、それは変りません。でも、この頃は右翼的な人士に見られます。大昔から親しく付合っていますが、今も昔も、黒田さんの言動は変りません。でも面白いものです。世間の見る眼が、勝手に変るのです。

「星野監督のお蔭で、今年の日韓関係はよくなる。星野仙一の大きな功績だ」と、500人近くの北九州市民(聴講者)を前に、黒田さんが言い放った。会場がざわめいた。韓国人気質を語ったのです。ご本人は野球(北京五輪)で韓国に負けたことを「星野仙一の采配ミスだ!」と、かなり悔しがっていた。

 強烈な皮肉を込めた話ですが、黒田さん曰く、日韓関係のもつれって、そんな他愛のないことで解決するのだそうです。最後は大真面目で「星野仙一に感謝!」と言っていた。論理的ではありませんが、凄くよく分る話でした。

 昨日は黒田勝弘さんを交え、昔の仲間がたくさん集って、旨い酒を飲みました。崔吉城先生任が、お出でくださり、場が盛り上がりました。感謝! です。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事