DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

台湾「国家安全法」改正案通過、中国スパイに3億円以上罰金を

2019年06月20日 | 台湾ニュース

改正案の通過を告げる立法院の蘇嘉全・院長(議長)




中国当局の情報機関に協力しスパイ活動を働く公職員や軍関係者を厳罰する「国家安全法」改正案は19日、台湾の立法院(国会)の第三読会(三読)を通過し、可決した。改正案は、中国当局のために台湾でスパイ組織を設立する者に対して、刑事責任を追及し、7年以上の有期懲役と最高額1億台湾ドル(約3億4600万円)の罰金を科すと定める。

改正案は、国家安全または社会安定に危害を与え、外国、中国本土、香港、マカオなどの海外敵対勢力と、それらの勢力が派遣した者のために動いたり、またはスパイ組織を作った者に対して、3年以上10年以下の有期懲役と、3000万台湾ドル(約1億391万円)以下の罰金を科すとした。

外国、中国本土などの海外敵対勢力に公的機密情報を提供した者には、1年以上7年以下の有期懲役と1000万台湾ドル以下(約3464万円)の罰金を科す。機密情報を収集した者には、6カ月以上5年以下の有期懲役と300万台湾ドル(約1039万円)以下の罰金を処する。

また、改正案は、中国当局のためにネット上で情報を収集し、サイバー攻撃を仕掛けるハッカーも厳罰の対象にした。現職、または退職した公職員や軍関係者が、中国当局のために諜報活動を働いたと認定されると、退職金の受領資格のはく奪や、すでに受領した退職金の全額返還を定めた。

中国軍の諜報員・鎮小江氏が2002年から2007年までに、許乃権・元少将を含む台湾軍の退役将校10人を吸収した。「国家安全法」の有罪判決を受け、収監された許は2017年に釈放された。しかし、その後、毎月7万台湾ドル(約25万円)以上の退職金を支給されていることが台湾で問題視された。

一方、与党・民進党や野党・時代力量の議員は19日の三読で、台湾の新聞社やテレビ放送局などが報道の自由を濫用し、中国当局を美化する「フェイクニュース」を流布している現状を食い止めるため、関連法案の改正および制定を呼び掛けた。

大紀元

コメント

花園天皇の座像修理 長年人目に触れず、京都・亀岡の寺

2019年06月20日 | 京都のニュース



京都府亀岡市本梅町の延福寺に伝わる花園天皇座像がこのほど修理され、檀家たちに披露された。長年、厨子(ずし)の中に安置され、最近まで人目に触れることがなかったという。今後も非公開の予定で、住職は「大切におまつりしていきたい」と話している。

 同寺は高野山真言宗の寺で、重要文化財の十三重塔がある。花園天皇(1297~1348年)とのゆかりは、僧祐辨(ゆうべん)が天皇の病気治癒を祈願して回復したことで、寺が再興されたと伝わる。

 清瀧和弘住職(46)によると、花園天皇座像があった厨子は、天皇の位牌(いはい)と共に置かれていたが、50年ほど前に嫁いできた母親も中を見たことはなかったという。住職が4年前に寺を継いでから扉を開けてみると座像があったが、虫食いや汚れがひどかったため昨年度、府や市の補助金を得て修理した。

 座像はヒノキの寄せ木造りで高さ約36センチ。法衣をまとった姿で、彩色の跡が残る。制作年代は定かではない。修理では、小さな穴を埋めたり、クリーニングを施したりした。

 今月9日に寺で約70人が参列して落慶法要が営まれた。檀家たちも初めて座像を目にし、歌い継がれてきた花園天皇をたたえるご詠歌を奉納した。

 座像が入る厨子の扉は再び閉じられ、寺は公開はしないとしている。清瀧住職は「新元号になった年に修理ができたのもご縁。座像を公開するのは、約30年後の花園天皇七百回忌のころでしょうか」と話している。
 
京都新聞


コメント

和服にも洋服にも合う西陣織バッグ 上質な帯地で涼しげ

2019年06月20日 | 京都のニュース

帯地を用いたクラッチバッグを手にする永末取締役
(京都市下京区・京都高島屋)




医学書出版の永末書店(京都市上京区)は、自社で手掛ける西陣織の雑貨ブランド「樹英麗(きえれ)」の新商品を、下京区の京都高島屋1階で展示販売している。上質な夏の帯地を使った涼しげなバッグが並んでいる。

 西陣地域に所在することから、西陣織の魅力をPRしようと3年前にバッグ制作をスタート。唐織やつづれ織りの新しい帯地を仕入れ、加工している。

 今回は絽(ろ)など夏の帯地のクラッチバッグやトートバッグを中心に出品。金箔(きんぱく)を貼った「引箔」を使ったきらびやかな帯地や、流水やモミジをモチーフにした帯地を使い、和服にも洋服にも合うように仕上げた。

 担当の永末幸代取締役(37)は「西陣織の素晴らしい伝統技術を、おしゃれに身につけてもらえればうれしい」と期待している。

 25日まで。トートバッグ4320円から、クラッチバッグ6480円から。がま口ポーチやワインボトルカバーも販売している。

京都新聞
 

コメント

味噌ラーメン「綱取物語」が初出店 京都拉麺小路、7月オープン

2019年06月20日 | 京都駅ビル



JR京都駅ビル(京都市下京区)10階にある「京都拉麺小路」に札幌市を拠点とする味噌ラーメンの人気店「綱取物語」が初出店し、7月19日にオープンする。

中太ちぢれ麺を濃厚なスープと合わせ、あぶったチャーシューを入れた「味噌ラーメン」(880円)が主力商品。

なお、京都拉麺小路内にある「札幌 白樺山荘」は6月30日で営業終了する。

京都新聞
 

コメント

生コン製造会社へ強要未遂 容疑で関西生コン支部幹部ら7人逮捕

2019年06月20日 | 京都のニュース

京都府木津川市の生コンクリート製造販売会社の男性社長(59)に、組合員を正社員として雇用するよう強要したなどとして、京都府警は19日、強要未遂などの疑いでセメント、生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部)の幹部や組合員ら計7人を逮捕した。

 逮捕されたのは、関生支部のトップにあたる執行委員長、武建一被告(77)=恐喝未遂罪などで公判中=ら計7人。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成29年10~12月、同社でコンクリートミキサー車のアルバイト運転手をしていた関生支部の男性組合員(48)を正社員として雇用するよう求め、複数回にわたり同社の事務所に押しかけ、怒号を飛ばして脅迫したなどとしている。30年1月ごろ、同業者から情報提供があり、府警が捜査を進めてきた。

産経新聞

コメント

大津の交通事故 重体だった園児 意識回復

2019年06月20日 | ニュース
 


大津市で散歩中の保育園児の列に車が突っ込み園児2人が死亡した事故で、意識不明の重体となっていた2歳の男の子は、19日までに意識が回復したことが関係者への取材でわかりました。男の子は引き続き病院でけがの治療を受けているということです。

先月8日、大津市の交差点で散歩中に歩道で信号待ちをしていた保育園児と保育士16人の列に車が突っ込んだ事故では、園児2人が死亡、13人が重軽傷を負ったほか、2歳の男の子1人が意識不明の重体となっていました。

この男の子は大津市内の病院の集中治療室で治療を受けていましたが、関係者によりますと、19日までに意識が回復したということです。

男の子は引き続き病院でけがの治療を受けているということです。

NHK
 

コメント

駆け込み乗車拒まれ「ぼけ」 市バス追いかけ妨害容疑

2019年06月20日 | 京都のニュース

男が市バスを追いかけ、運転手の胸ぐらをつかんだ熊野神社前のバス停



京都市バスの車体をたたき、運転手の胸ぐらをつかんで運転を妨害したとして、京都府警は19日、放射線技師の男(65)=京都市中京区=を公務執行妨害の疑いで逮捕し、発表した。

 「走って乗ろうとしていたのに発車したので腹が立った」と容疑を認めているという。

 川端署によると、男は3月28日午後8時ごろ、女性運転手(40)の胸ぐらをつかみ、運転業務を妨害した疑いがある。男は熊野神社(京都市左京区)前の停留所を出発したバスを追いかけ、後部のドア付近をたたき停車させて乗り込んだ後、車内では「走っているのがわからんのか、ぼけ」と暴言も吐いたという。こうした姿がドライブレコーダーに映っていた。

 男が胸ぐらをつかんだため、運転手が「警察に言いますよ」と伝えると着席したが、その後も1分間ほど暴言を吐き続けた。運転手が「ご迷惑になりますのでおやめ下さい」とマイクでたしなめ、ようやく静かになったという。

 運転手は4月下旬、同署に被害届を出していた。

朝日新聞デジタル

コメント

翻訳家の李英茂氏に外国人叙勲伝達 日台間の相互理解向上に貢献

2019年06月20日 | 台湾ニュース

春の外国人叙勲で旭日双光章を受章した翻訳家の李英茂氏(左)







(台北 19日 中央社)春の外国人叙勲で旭日双光章を受章した翻訳家の李英茂氏への叙勲伝達式が19日、台北の日本台湾交流協会台北事務所代表公邸で行われた。李氏は、勲章を授けられたのは「この上ない栄誉」だと喜びを語った。

李氏は初代宜蘭庁長を務めた西郷菊次郎の治世をたたえる碑文の解読に協力し、菊次郎の故郷である鹿児島県と宜蘭県の友好交流の契機となるなど日台間の相互理解の促進に寄与。この功労が認められ、旭日双光章を受章した。

沼田幹夫代表(大使に相当)はあいさつで、李氏が宜蘭で小学校教師を務めていた際に日本の児童文学を中国語に翻訳し、原稿料を児童に還元していたことや、宜蘭県史館が所蔵する日本統治時代の日本語史料を翻訳するプロジェクトに携わり、同時代の文献への理解の促進に貢献した功績などを紹介。日台間の友好関係や相互理解の促進に対する李氏の多大な貢献をたたえた。

今春の外国人叙勲では、台湾からは李氏のほか、呉東進・新光呉火獅記念医院董事長(会長)が旭日中綬章を受章した。呉氏への叙勲伝達式は18日に行われた。

コメント

カナダの軍艦が台湾海峡通過 「異常なし」=国防部

2019年06月20日 | 台湾ニュース

カナダ海軍のフリゲート艦レジャイナ



(台北 19日 中央社)カナダの軍艦2隻が18日に台湾海峡を通過したと複数の台湾メディアが19日報じた。国防部(国防省)は19日夕、国軍は全行程を把握しており、「異常はなかった」として国民に安心するよう呼び掛けた。

船舶の位置情報を公開するサイト「マリントラフィック」によると、カナダ海軍のフリゲート艦レジャイナが18日朝に台湾海峡に位置していた。

外国軍艦の台湾海峡通過が相次いでいる。4月にはフランス海軍のフリゲート艦が通過したとロイター通信が伝えている。国防部の資料によれば、米国の軍艦は今年に入ってから先月下旬までに計5回通過している。

コメント

トルコ「トプカプ宮殿」の特別展  京都

2019年06月20日 | 京都のニュース









トルコのイスタンブールにある世界遺産、「トプカプ宮殿」の豪華な宝飾品などを集めた特別展が京都市で開かれています。

この特別展は、16世紀に最盛期を迎えたオスマン帝国の繁栄を紹介するもので、当時、政治の中心となった「トプカプ宮殿」で使われたおよそ170点が展示されています。

このうち、皇帝が使用した「玉座」は、アジア特有の横幅が広い形状に、刀や楽器などの装飾をほどこしたヨーロッパ風のデザインを融合させたもので、東西文化の交流がうかがえます。

また、宮廷の公式な行事で使われた「儀式用宝飾水筒」は、金で作られた水を入れる容器に無数のエメラルドやルビーがちりばめられていて、当時の皇帝の権威がしのばれます。

このほか、オスマン帝国を象徴するチューリップをモチーフにした武器なども展示され、訪れた人たちがじっくりと見入っていました。

京都国立近代美術館の梶岡秀一主任研究員は、「貴重な文化財が数多く来日していますので、この機会にぜひご覧いただきたいです」と話していました。

この「トルコ至宝展」は、京都市左京区の京都国立近代美術館で来月28日まで開かれています。

コメント

信号、3カ月間 青が上だった 金閣寺前

2019年06月20日 | 京都のニュース

さかさまに取りつけられ、17日に向きを変更した予告信号




京都市北区の金閣寺前の交差点の縦型の予告信号が約3カ月間、業者の設置ミスでさかさまになっていたことがわかった。京都府警が取材に明らかにした。本来は上から「赤黄青」の順だが、「青黄赤」になっていた。府警は17日、正しい向きに直した。信号を見間違ったことによる事故は確認されていない。

 交通規制課によると、府警から受注した業者が3月23日、電球式の信号をLED式に取り換えた際、向きを誤った。道路交通法の施行令では、縦型信号は「上から赤黄青」と規定されている。

 近くに住むタクシー運転手の男性(48)は「毎日この道を通るが、まったく気がつかなかった。赤か青かは気にするけど、信号の上下なんて意識していないからね。こんなことがあるなんて驚き」と話した。

コメント