DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

民衆のために生きた土木技術者 八田與一

2019年06月17日 | 中華民國


コメント

外交部長、香港政府は「不道徳」と批判 台湾が法改正案審議延期の口実に

2019年06月17日 | 台湾ニュース
 
呉ショウ燮外交部長





香港の林鄭月娥行政長官





(台北 16日 中央社)呉ショウ燮外交部長(外相)は15日、香港の林鄭月娥行政長官が同日の会見で、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の審議を延期するのは台湾が香港政府の提案を受け入れないためだと発言したことを受け、外交部の公式ツイッターに英文のコメントを投稿した。呉氏は台湾のせいにするのは「不道徳かつ恥ずべきことで、全く受け入れられない」と批判した。(ショウ=金へんにりっとう)

台湾では去年2月、台湾旅行中の香港人の男が同行の女性を殺害し、香港に逃亡する事件が発生した。台湾側は香港政府に容疑者の引き渡しを繰り返し求めたが、両者間には犯罪人引き渡し協定が結ばれておらず、実現が難しかった。香港政府は今年初めに、解決策として「逃亡犯条例」の改正案を提出。一旦成立すれば、立法会(議会)の審議を経ずに中国当局に容疑者の身柄を引き渡すことが可能になる内容だったため、香港社会の不安をあおった。

同事件の容疑者引き渡しについては、台湾の対中国政策を担当する大陸委員会の邱垂正報道官が5月9日、同条例の改正を前提とした状態では香港と協議しないと強調。もし改正案が成立しても、香港にいる台湾人が中国大陸に移送される恐れが排除されない限り、政府は容疑者の引き渡しに同意しないと述べていた。林鄭氏は会見中、邱氏のこの発言を理由に、法改正の「切迫性はなくなった」とした。

法務部も同日、報道資料を発表。法改正が人権を損なう恐れがあるという焦点をはぐらかす無責任な行為だとして強く非難した。

コメント

ホテルで食べる庶民派グルメ 夜市メニューや独創的なタピオカピザも

2019年06月17日 | 臺灣グルメ
 
観光ホテルでも台湾の庶民の味が楽しめる




(台北 16日 中央社)台湾の庶民的な味をホテルで楽しんでもらおうと、台湾の観光ホテルでは、B級グルメをメニューに取り入れたり、販売したりする試みが始まっている。台湾は今年4月の訪台客数が単月として史上初めて100万人の大台を突破したのに加え、夏の観光シーズン到来も間近。より多くの観光客を引き付けようと、各ホテルがそれぞれの工夫を凝らしている。

グランドハイアット台北(台北君悦酒店)では、食器からセット内容までをそのまま踏襲した夜市風の鉄板ステーキセットを5日から提供している。同ホテルによると、五つ星ホテルとしては初めての試み。米国スタイルのステーキとは異なる台湾独特の味わいを、快適な環境で衛生的に楽しんでもらいたいとしている。期間限定で、8月4日まで。

コスモスホテル台北(台北天成大飯店)は今月初旬、主要な客層である外国人観光客をターゲットにした台湾風アイススイーツ店を館内に開店。南部・屏東県万丹のアズキや東部・花蓮県瑞穂産の牛乳、果物など台湾産の食材にこだわり、昔ながらのかき氷やマンゴーかき氷などを販売している。

シーザーパーク台北(台北凱撒大飯店)は、台湾で年間10億杯の需要がある人気ドリンク、タピオカミルクティーとピザをドッキングさせた、タピオカミルクティーピザを期間限定で提供している。12月30日まで。

コメント

台湾鉄道の駅弁、スマホ決済で購入可能に 車内販売にも適用

2019年06月17日 | 鉄道関連



(台北 15日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の人気商品である駅弁が、17日からQRコード決済で購入できるようになる。台鉄が15日に発表した。これまで現金払いのみだった車内販売にも適用するほか、中レキ、台東を除く全駅構内の直営弁当店、鉄道グッズ店「台鉄夢工場」での買い物にも利用できる。(レキ=土へんに歴、木を禾に)

台鉄が導入するのは「Taiwan Pay(台湾ペイ)」。店頭に掲示されているQRコードを自分のスマホで読み取り、支払額を入力して決済する。この支払方法を使って80台湾元(約280円)以上の駅弁を購入すると1割引きになるキャンペーンが7月22日まで実施される。

中レキ、台東両駅は設備の関係上、暫定的に導入が見送られた。

▽通勤電車のリニューアルも

台鉄は14日、EMU500型と同600型の通勤電車を全数リニューアルすると発表した。

台鉄が保有するEMU500型車両は340両で、いずれも車齢20年以上。2017年8月から2019年8月にかけて60両を改装し、主に新左営―屏東間で運行していたが、好評だったことから残りの280両と車齢17、8年のEMU600型56両、計336両に拡大されることになった。15億台湾元(約51億6000万円)の経費が投じられる。入札予定は2021年、落札後6年をめどに全作業が完了する見通し。

コメント

増える耕作放棄地、パパイア栽培で地域再生「茶葉を特産品に」

2019年06月17日 | 京都のニュース

パパイアの苗と吉岡さん




高齢化や獣害によって増える耕作放棄地を減らしたいと、京都府京丹後市網野町の男性2人が、熱帯の植物パパイアの栽培と茶葉の加工に取り組んでいる。50代からの新たな試みで、2人は「地域の特産品になってほしい」と願っている。

 網野町網野の織物業吉岡寿徳さん(59)と会社員安井良一さん(58)。農業での地域貢献を考えていたところ、安井さんが寒冷地である岐阜県高山市でパパイアを栽培していることを知り、2人で栽培団体「京丹後リーフ」を立ち上げて挑戦することになった。

 2016年春に初めて種から栽培してみたが、10センチ以上に苗が成長せず失敗。静岡県から苗20株を取り寄せ約10アールの畑に植えるとすくすくと育ったという。2年目からは作付面積を少し増やして栽培を続けている。

 パパイアは5月に苗を植え、3カ月で約2メートルの高さに成長する。収穫した葉を裁断し天日で干し、焙煎(ばいせん)してお茶にすると健康にいいという。昨年は千袋分(1袋約30グラム)を収穫した。果実は大きくならず青パパイアとしてサラダなどの食材に使われるという。

 ネットや市内外の手づくり市などで販売を続け、徐々に顧客がつき月70~80袋売れるようになった。吉岡さんは「栽培しやすいので町おこしになれば。お年寄りが元気になって古里に少しでも恩返ししたい」と話す。

 パパイア茶は1袋1200円。京丹後リーフ090(8381)3871。

京都新聞

コメント

防護柵やゼブラゾーン、安全対策工事が完了 園児死傷事故現場

2019年06月17日 | 京都のニュース

新たに整備された事故現場の交差点




大津市の県道で5月に保育園児ら16人が死傷した事故を受け、滋賀県が現場の交差点で進めていた安全対策工事が16日完了した。

 滋賀県は滋賀県警との協議を踏まえ、先月27日から工事を始めた。軽乗用車が園児らの列に突っ込んだ丁字路の南北に金属パイプ状の防護柵(高さ約75センチ)を設置し、南側には運転手から交差点が狭く見え、減速させる効果があるゼブラゾーンの区画線を新たに引いた。

 この日は朝から、前日の悪天候で順延された最後の工程に取りかかった。工事業者がコンクリートの基礎に防護柵を固定し、全ての作業を計画通りに終えた。真新しい防護柵に通行人が足を止める場面も見られた。

 工事費は約300万円。県大津土木事務所の担当者は「工事で全ての交通事故を防げる訳ではない。県民の皆さんには誰もが事故の当事者になり得ることを意識して運転してほしい」としている。

 県警は今後、昼間でも見やすい発光ダイオード(LED)信号機に切り替える。

京都新聞

コメント

京都)涼やか風鈴700個 綾部・東光院

2019年06月17日 | 京都のニュース






京都府綾部市上延町の寺院・東光院で「綾部あじさい風鈴祭り」が開かれ、本堂前につるされた700個の風鈴が涼味を誘っている。アジサイが見頃になる時期に合わせ、昨年からつるしている。

 風鈴は直径7センチほど。本堂前にやぐらを設け、つるした。アジサイは今月初旬から薄紫や白の花を咲かせ始め、約2500株が見頃を迎えた。そよ風が吹くと、境内一帯に涼やかな風鈴の音が響き、参拝客がアジサイとの共演を楽しんでいる。

 アジサイは来月初旬ごろまで、風鈴は9月4日まで楽しめる。松井真海(しんかい)住職(60)は「庫裏で冷茶の接待もあるので、ゆっくり過ごして涼んでほしい」と話している。拝観料は高校生以上300円。問い合わせは東光院(0773・42・2432)。

朝日新聞

コメント

京阪線路に植木鉢6個、運転士が見つけ急停車 けがなし

2019年06月17日 | 京都のニュース

【資料写真】京阪・石山坂本線




16日午前5時ごろ、大津市浜大津3丁目の京阪石山坂本線の線路上に、植木鉢などが置かれているのを、回送電車の男性運転士(37)が見つけ急停車させた。運転士と乗員1人にけがはなく、ダイヤに影響もなかった。大津署が列車往来危険容疑で捜査している。

 同署などによると、三井寺―びわ湖浜大津駅間で、線路沿いの民家の軒先にあった植木鉢やプランターなど計6個が約50メートルにわたり並べられていたという。

京都新聞
コメント

台湾で香港支援のデモ 「中国が次に狙うのは台湾」

2019年06月17日 | 台湾ニュース

香港を支援するため台湾の立法院前で開かれた集会




香港で犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」改正案への大規模抗議デモがあった16日、台湾でも抗議する香港市民を支援する集会が開かれた。

 中国は台湾に香港と同じ「一国二制度」の受け入れを迫っており、「今日の香港は、明日の台湾だ」という台湾側の危機感が深まっている。

 台湾の立法院(国会)前で16日に開かれた集会には数百人の市民が集まり、マイクを手に意見を表明し合った。友人らと参加した会社員の劉帛縉さん(30)は「中国が香港の次に狙っているのは台湾。のみ込まれるのが心配だ」と語った。

 香港で最初の大規模デモがあった9日以降、台湾各地で集会が開かれている。集会で語られるのは、「今日香港 明日台湾(現在の香港の姿は将来の台湾の姿だ)」という言葉だ。

コメント