中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

日本経営の温故知新

2019年08月01日 05時50分25秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都練馬区のサービス業のコンサルティング、東京都昭島市の製造業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は日本経営の温故知新についてです。キャッシュレス消費者還元事業の5%還元(国による実質的な割引政策)がとくに中小小売業やサービス業で話題です。消費増税の影響を最小限に抑えるための政策ですが、ポイント還元(実質割引)以外にも日本型の経営手法を行うことで経営を活性化することができると私は思っています。

【日本経営の温故知新】
・最近日本市場に参入している外資小売業は、それまで日本が得意としてたきめ細かな接客を前面に出して顧客を買う気持ちにさせて業績を伸ばしている。
・一方、日本の製造小売業の中には人手不足、人件費抑制の観点を重視しして衣類のセルフレジを増やしている。店員と一言も話すことなく商品を買うことができる。
・外国では飲食店等ではチップ支払いをするが、日本では外食はおもてなし(接客)を含めての付加価値と考えており、料理メニュー価格自体にチップ代金が入っている。つまりおもてなし接客自体は本業という意識が昔からあった。
・会社は資本の集合体という株主から視点よりも、人(従業員)の集合体として機能することが多かった。不合理なことや非効率があったものの、全体としてみれば現代経営の方が組織が機能していないことが多い。

関連講演:
2019年11月16日に講演「起業プランから経営活動プランへ」を立川商工会議所創業応援塾で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「温故知新」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 訪日外国人の消費ニーズの調べ方 | トップ | サービス業は物販でも収益を... »
最近の画像もっと見る

経営革新・イノベーション」カテゴリの最新記事