中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

テレワークはBCP/事業継続計画として取り組もう

2021年09月02日 05時43分17秒 | デジタル化支援・デジタル活用

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都瑞穂町の製造業のコンサルティング、東京都八王子市の中小企業のコンサルティング、東京都国分寺市の中小企業のコンサルティングをします。

今日はテレワークはBCP/事業継続計画として取り組もうについてです。

【テレワークはBCP/事業継続計画として取り組もう】
作成 中小企業診断士 竹内幸次
・「コロナだからテレワーク」。これも悪くはない考えだが、テレワーク(在宅勤務、サテライト勤務、モバイルワークの総称)の可能性をもっと全体感をもって理解してみよう。
・コロナや自然災害、工場事故等の事業リスクを想定してBCP=Business Continuity Plan(事業継続計画)を作ることが多いが、多くの経営者が認識していないことがある。
・それは仕事の進め方が時代遅れになることによる売上ダウンと人手不足(従業員が退職する、新規採用ができない)というリスク。
・Zoomを操作したことがない場合には、まずは操作してみよう。ZoomとChromeリモートデスクトップの2つが使えれば「うちの会社でもテレワークできそう」と思うはず。
・テレワークはBCPの一環。このことを経営者は強く認識しよう。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2021年10月12日に講演「飲食店集客のデジタル活用術~中小企業のウェブサイト、SNS、そしてDXをフル活用しよう」を東京都中小企業振興公社/商人大学校令和3年度 実践講座 飲食店コースで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「BCP」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。Zoom等のオンラインコンサルも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2021 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スマホでのホームページの見... | トップ | どうでもいい仕事の見つけ方 »
最新の画像もっと見る

デジタル化支援・デジタル活用」カテゴリの最新記事