中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

中小企業のIT相談役は誰か

2018年04月26日 05時54分56秒 | Webマーケティング・ソーシャルメディア

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は神奈川県平塚市の中小企業のコンサルティング、全国商工会連合会での打ち合わせ、東京都中小企業振興公社での打ち合わせをします。

今日は中小企業のIT相談役は誰かについてです。中小企業白書2018年版によると、社外におけるITに関する相談相手は「地元のITメーカー、販売会社」です。残念ながら中小企業診断士はまったく対象外のようです。中小企業診断士の試験科目には「経営情報システム」があり、ITに関してもしっかりと学んでいる中小企業診断士が多いのですが、やはり現場からはITとは無関係の資格者と認識されているのでしょう。

中小企業白書では以下のデータから「IT導入の際には地元のITメーカーの役割は大きい」と結論づけています。私も同感です。最初に相談したITメーカー等の企業からどのような助言を受けるのかはとても重要です。

相談する中小企業・小規模企業の経営者は以下を留意するようにしましょう。

・ITと言っても幅広い。自社の経営戦略や解決したい事項を明確にしておくことが重要
・ざっと販売促進系のITと、内部効率系のITに分けて考える
・セキュリティの観点も忘れずに相談する


▲ITの相談役は地元のITメーカーであり、中小企業診断士は意識にない

【関連講演】
2018年5月22日に講演「経営に役立つ!インターネット活用セミナー」を横須賀商工会議所で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「IT導入」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ITネットビジネス
この記事についてブログを書く
« 投資するなら大胆に | トップ | クラウドやIoT等のITの影響意識 »
最近の画像もっと見る

Webマーケティング・ソーシャルメディア」カテゴリの最新記事