中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

ICT助言/現在のホームページがHTTPSにならない場合の対処

2019年12月24日 05時39分19秒 | 中小企業のSEO・MEOとは

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都新宿区の中小企業のコンサルティング、東京都台東区の中小企業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティングをします。

今日はICT助言/現在のホームページがHTTPSにならない場合の対処についてです。

【ICT助言/現在のホームページがHTTPSにならない場合の対処】
・理由があって従来から使っているホームページのアドレスがHTTPSアドレス(配信)にならない場合に、(1)今後もHTTPのままにする、(2)新しいHTTPSアドレスのURLをJimdo等で新規に取得する、(3)従来のURLをJimdo等のHTTPS配信しているWEBサービスに移設するの3択がある。
・(1)のHTTPのままはGoogle(検索順位を決める)やGoogle Chrome(安全でないページの表示を制限する)で不利になるため選ぶべきではない。
・(2)と(3)中小企業でもよく選ばれている方法。
・(2)は新規にアドレスを取得するので自由にURL(ドメイン名)を決めればよい。できれば業種や地域、特徴が伝わるようなURLが好ましい。
・(3)はWEBサービスによっては移設できない場合があるので注意する。

中小企業経営者の皆様、スプラムでは中小企業に最適な現実的な経営助言を行っております。ご連絡ください。

関連講演:
2020年2月12日に講演「売上UP!攻めのIT活用セミナー」を相模原商工会議所で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「HTTPSアドレス」テーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 経営者助言/SEOにおける更新... | トップ | 組合助言/組合上層部(理事... »
最新の画像もっと見る

中小企業のSEO・MEOとは」カテゴリの最新記事