中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

受注営業活動は調査活動とアプローチ活動に分ける

2019年10月27日 08時25分52秒 | 中小企業の営業力強化

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都八王子市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は受注営業活動は調査活動とアプローチ活動に分けるについてです。中小企業はマーケティング、なかでもプロモーションが苦手です。

【受注営業活動は調査活動とアプローチ活動に分ける】
・とくにBtoB営業の場合が弱い。営業担当が不在であったり、ルートセールス担当者が新規市場開拓を担当したり。
・人手が少ないため、複数業務を行うことは中小企業ではよくあること。
・受注営業活動の1つ目は、販売先市場を調べて、できれば新規顧客をリストアップすること。
・受注営業活動の2つ目は、その新規顧客に対してのプロモーション(販促)を強化すること。
・連絡を待つのみの受注係であったり、調査もせずに新規顧客を訪問することは避けたい。

関連講演:
2019年11月9日に講演「ITを活用した効率的売上UP!」を寒川町商工会創業支援セミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「受注営業」テーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 利益は社会に役立った証拠 | トップ | 営業活動の成功の鍵 »
最近の画像もっと見る

中小企業の営業力強化」カテゴリの最新記事