中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

オンライン営業に必要なハード機器

2020年11月05日 06時42分34秒 | デジタル化支援・デジタル活用

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は神奈川県商工会連合会商工会職員研修会で講演「小規模企業のオンライン活用術~オンラインミーティング、リモートアクセス、WEB活用で生産性アップ~」行います。

中小企業診断士 講演
▲横浜での商工会経営指導員向けのオンライン活用講演です

今日は本日の講演に関連してオンライン営業に必要なハード機器についてです。

【オンライン営業に必要なハード機器】
作成 中小企業診断士 竹内幸次
・ウェブカメラ。多くのウェブカメラが売られている。中小企業がオンライン営業で使うことを考えると、まずはレンズが画角を選択するとよい。ざっと広角レンズか、標準レンズか。広角レンズは、1台のパソコンの前に4人等の複数人が座っているような営業に適した画角。標準レンズは、パソコンの前に座った人のみが営業する時に適している。
・マイク。オンライン営業では音質はとても重要。一般にノートパソコン内蔵マイクを指向性がなく、パソコンが置かれた場所の音を拾うので、相手には反響やノイズが聞こえてしまう。これを防止するためには外付けマイクを使うとよい。
・スピーカー。職場からオンライン営業する場合には、周囲に同僚もいるので、イヤホンを付けた方が相手の言葉もクリアに聞き取れる。オンライン営業用の個室がある場合には、USB接続の小型スピーカーを付けると、相手の声を大きくして聞くことができる。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2020年11月18日に講演「ITツールを活用した組合強化・魅力発信」を千葉県中小企業団体中央会令和2年度ふさの国商い未来塾で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「オンライン」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
デジタル活用講演(Zoom等オンライン講演可能)・講師は高い集客力、確かな講演満足度のスプラムへ
創業塾満足度全国1位。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、SEO、デジタル活用、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,300回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2020 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレート・リセットの準備 | トップ | SEOの成功は拡散思考と収束思考 »
最新の画像もっと見る

デジタル化支援・デジタル活用」カテゴリの最新記事