中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

組織が個を弱体化させることもある

2021年08月03日 05時42分00秒 | 中小企業の人事・組織

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都中野区のサービス業のコンサルティング、東京都新宿区の中小企業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は組織が個を弱体化させることもあるについてです。

【組織が個を弱体化させることもある】
作成 中小企業診断士 竹内幸次
・一般には個(1)が10単位集まって組織を作ると力を持つ。1×10=10だが、外部からは15のように組織の力が過大にイメージされ、もしくは個の力が1.5になった(15÷10)ように見えることがある。これが組織という連携体の価値。
・逆に1の実力しかないのに1.5と思われたいがために組織に参加する個もある。自己研さんして1.1等に成長すればよいが、まれに0.66になることがある(10÷15)。つまり組織参加が個の力を弱くしてしまう。
・個が弱くなった例としては、個では決定できない、個のプロ意識の希薄化、組織の一部としてのみ機能する実力しかない等がある。
・中小企業経営者の皆様、自社の社内組織は個が弱体化していないか。自社が参加する外部連携組織は自社の個性を弱体化させていないか。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2021年8月5日に講演「販路開拓と生産性向上に役立つITツール・WEBツール活用術」を武蔵野商工会議所経営サクセスセミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「組織」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。Zoom等のオンラインコンサルも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2021 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« DX(デジタル変革)で変わる... | トップ | 経営トップのDX推進の本気度... »
最新の画像もっと見る

中小企業の人事・組織」カテゴリの最新記事