つらいと思う日々に

いたずらにわが身世にふる・・・

貧しいというチャンス

2012-07-31 | Weblog
「貧しい中からも分かち与える人は最上である。」
人間としての価値ある人である。
次期人生、裕福を味わう。

裕福であるにもかかわらず物惜しみする人、
次期人生は貧困を味わう。
貧困を味わっても、
更にむさぼり激しくては餓鬼の世界の住人となる。

裕福であって施すのは当たり前である。
それによって何か利益が生じることは無い。
当たり前のことにおまけは付かないものである。
まして下心があるとするなら、次期人生、餓鬼、飢餓となる。
裕福ということは、甘んじていれば怖い目にあうことでもある。
施して当たり前であるために、
当たり前のことをしているだけでは向上は見込まれない。
それどころか、その立場を有効に活かせなかった反動は大きいものである。
この世の中は試しの世界である。
試されて生かされている。
自分の努力の賜物であるとしても、
驕ってはいけない。
コメント

自己責任

2012-07-30 | Weblog
外部からの刺激を受けて想行識が作られるために、この世は
受想行識の世界となっている。この受想行識もまた
是によってそのまま輪廻する。
死ねば、この世は即あの世となって、あの世も即この世となる。
是によるものであるために、この世もあの世も変わらない世界となっている。

苦しいからと言って死んでしまえば、
あの世もそのまま変わることのない苦しい世界である。
これは善人であるとか、悪人であるとかに係わりのないものである。
狂気の沙汰でない限り、死は生きる者には恐怖である。
この恐怖を超えて死を選ぶには、
正気ではありえない。
勇気などと呼べるものではなく、
狂人でなければ常人ではありえない。
狂った気のままに死んでしまえば、狂った世界となって
苦しいだけの世界となってしまう。
受想行識の世界である。
是に善悪など無く、慈悲などもない。
あらゆる面で、自己責任である。
そのうえで、稀なく生まれたこの世の中は、
慈悲ある世界。
生まれたことが苦しみでもあるが、
一つのチャンスでもある。慈悲の慈をもらい、さらに活かせる稀なる機会なのである。
どう受け取るか、心次第である。
是の心遣いをどうくみ取れるか、自己責任である。
コメント

2012-07-29 | Weblog
とても良いものと分かっていても
高価であれば使うことができない。
便利と分かっていても高価であれば
その便利にあやかることは難しい。
命の重さは地球よりも重い、それほど大事なもの大切なものであると
されながら、
病にかかれば、人の命も金で計られる。
裕福であれば助かる命も、貧困であれば軽い命、捨てられる。
そんなことがあってはならないといっても、世界中では多々である。
人は、矛盾の中に生きている。
世の為、人の為、あなたの為と論じて好いものを作っても、
高価であれば、その値の効果はいきわたらない。
生きとし生けるものに幸せをとして、世の為、人の為、あなたの為、そして、それが自分の為である。
いきわたらない効果は慾の為である。他とは一線を画したいという自分の優劣の優、慾の為である。
そこに本音と建前があるために失敗する人の慾絡みである。

あなたの為と真に思うなら、それは、「献」である。
真の愛は「献」である。
故に、真実の神仏に一切の金銭は必要ないものである。」
命を救いたいと思う神仏は「献」の一文字である。
無償に与えられているものであるが、得られる者の自由によって、
そこに障害が作られている。
水に溺れている人を見たとき、咄嗟に助け出そうとする心が献である。
誰にもある心である。
まことに、あなたの為とするなら損得など無く、献の一文字である。
それには、羨み、妬み、恨みはわかないものである。後にも先にも。

正しい者、神も仏も、一切お金はかからないものである。
金品の要求はまがいものである。
コメント

よしっ!

2012-07-28 | Weblog
起き上がるとき、どっこいしょと口に出る。
気だるさが蔓延して、あ~ぁ疲れる。

よし、・・・・と声を出して起き上がる。
何かをするときに必ず「よしっ!」と口に出せば、
なにやら物事がはかどる。
「よしっ」の一声
一日をうまくのりきる。
コメント

退化の運命

2012-07-27 | Weblog
暑いときは汗をかき寒いときは震える。
時に合わせて体は反応して自然に対処する。
何に頼るということなく自らを変えて自然に合わせていく。
なるべく楽に生きて行けるように体は進化していく。
あらゆる機能を駆使していけば、やがて機能は発達して
環境に適応した姿となる。それは適応した姿であるために美しい姿となっている。
無駄の無い姿である。どれひとつとっても役に立たないというものは無い。
自然に合わせるということは、楽に生きていけることになる。
知能というのはそのように使って道理に適うものであるために、
誤りの無い能力となっていく。
それを優れた能力という。すべてにおいて勝る能力である。
すべてにおいてというのは、自然に起こるすべての事柄である。
自然を操ることができることとなる。
それはつまり、気を操ることということ。
自由自在に気を操ることができるために、あらゆる機を制御できる。

自然に合わせて生きる。これが進化である。

知能が誤って使われて、
季節の中で、人に合わせて季節を変えて、暑さ寒さに対応する。
快適というのは、実は体を退化させていく。
依存というものを作り出すために、常に不安が付きまとう。
そして、多大な労力を生み、苦が明確となって降りかかる。
人工的というのは、いつまでもあるわけではない、儚いものであるために。
人は、誤った進化を遂げて、忽然と消えうせる宿命を運命としてしまった。
それは、無知からくるの一言である。
コメント

非情事態にするな

2012-07-25 | Weblog
道に外れたことをしてなければ、
路頭に迷うことはない。
道に外れたことをしなければ、
路頭に迷うこともない。
心配事は生じても難なく消え失せていくことになる。
立ち回ることは皆都合がよくついていく。

善いことをするのも悪いことをするのも自由である。
そのことの果は自業自得で、まぎれもなく受ける。
為した本人に的確にあらわれる。
神仏とて阻止することはできない。
道の理であるために。
道理は非情である。

コメント

察するに

2012-07-24 | Weblog
一日は早い。起きたかと思えば寝る時間になる。
まこともって一日は早い。
そんなことを思う一日の中、
ふと、
ツバメが巣作りをして、卵を産み暖めて子が生まれた。
ひっきりなしに周りを飛び交い、餌集めをして子に与える。
親が来るたび子はわめき、餌をもらう。
ほおばりながら、いつしか子は大きくなって巣立っていく。
親元を離れ、巣には帰ってこない。
親の役目は終わり、子は子としてどこかへ旅立って行った。
親もやがて巣には戻ってこない。どこへ行ったのだろうか。
役目が終わるということは、察するにある。
にぎやかだった巣は、ひっそりと静まり返り、面影を残すのみとなった。
鳥が家のどこかに巣を構えることは、
災いが無いためとして喜ぶ。
なにやら、生き物の安全本能を持って、ほんの少し先大人になるまでを
予め知ったのだろう。そんな不思議を喜んではかりとしていたものだ。
安全というものを道理に学び、
不便をもってして本能を養い、危険を察知した。
やがて、朽ち果てることを受け入れて、
自然に体を横たえて、恐れを感じずに目を閉じていく。
私という一生が閉じられる。一日が終えるようにまことに早くそして、簡単に。
そして、あの人はどこへいったのだろうか、察するにある。恐らく・・・
コメント

このよの幸せ

2012-07-22 | Weblog
食べているときが幸せである。
生きているという意味合いで幸せである。
それよりも、
寝ているときが幸せである。
何も思わずにただぐっすりと
眠っているときが幸せである。
この世の一番の幸せである。
そう思う。

この世に生まれてこれたことが、
花が咲いたことのよう。有り難い事。
あとはどれだけ咲き誇れるか、それだけだもの。
殊の外、
実を付けて楽の種蒔けたなら
それこそ本望、代の幸せ、この余の幸せ。
コメント

花の命は短くて・・

2012-07-22 | Weblog
人生は花のよう。
生きていれば、どんなものにも栄枯盛衰はある。
あまりにその華やかなときは短くて、
辛く、切なく、哀しく、苦しく、虚しくあるものである。
野に咲く花もあれば、路傍に咲く花もあり、手塩にかけられ咲く花もある。
手塩にかけられ咲いた花は、ひときわ艶やかで美しいものであるが、その華やかさのあまり、
近寄り難く香り、造り香を放つ。ちやほやされながら、実に弱い。
まことに、人の手を借りなくしては育たない、憐れな花である。
野に咲く花も、道端の花も、いっとき華やいで美しいものだ。
甘く香るものと、個性ある香るものと、美しくも香らないものと
それぞれにある。美しさに魅せられ手折られて、手折った人を僅かながら飾り立て、絶える花もある。

すぐさまに、花も萎れて草臥れて、実を結ぶもの、種となるもの、ただ伏せるものと、あとかたもなくなってしまう。
華やいだころの美しさはどこへやら、微塵も無くきたなく土に横たわる。
また、次の年、同じように花は咲く。
去年の花に似て・・・。
・・・繰り返すことに何を見出すか・・・まるでそこに知者の意図があるような。
コメント

浄化される日

2012-07-21 | Weblog
普段になくという季節が過ぎ去って、いつしか、いつも通りの秋がめぐってくる。
そのために、「なんか変」を感じていたが、すぐさま忘れて
何事も無かった、あるいは何事も起こらない日々が続いていくものとして、
平和的感情ボケとでも言おうか、無防備、自己中的感覚で持って世の中を判断してしまう。
巷にもじわじわと不都合、不便であって当然が忍び寄っていることに気づくことが無い。
自然は不便であり、不都合としてあるものである。
時として、子供が善し悪しも知らずに、気まぐれでアリの巣穴をかき回してしまうように、
善悪も無く自然は猛威を振るい人々の生活をいじる。
それは、そこに動くものがあり、動くものが動くものにどの様に対応していくのか、いるのかの
反応でもある。汚いものには汚く反応というように。
動くものはその動きに反応して存在の対応となっている。
定まらぬもの、つまり、乱雑に動くもの、起伏が激しいものは刺激の反応が激しくて、ぶつかり合って
壊れてしまいなくなってしまう。それは粉々にわれ砕けて、平らな動きに直されていくのである。
起状の無い滑らかな動きとなっていくのである。それは安定しているために、動いているのか分からないほど静かである。
刺激となることが無いために、永遠とその状態を保つものとなる。完成された姿というのは、
見た目に動きの伴わないものであり、美しいの一点である。
光の速さで動いていて、よって、浮き沈みが無い。何ものにも影響を受けることが無い単独の存在となっている。
あらゆる力が及ばないものとなっている。
幸国には段差が無くまっ平らである。躓いて転ぶということが起こらない。
不便というものが無く、不便を感じることなどない。陰日なたになるところが無く、あらゆることの
利便性のよいものとなっている。
凸と凹が無いのである。互いの不便が合わさってできているために、何も問題が起こらない。
相対性がひとつの中に無いのである。滑らかな動きは、故に、音も無く静かにあり、あるのか無いのかも分からないほどである。
ただ、滑らかに動き輝いている。
乱雑になっているというのは醜く一定性が無い。汚れているという言い方をするが、
汚れていくものはどんどん汚れていくが、あるところまでいけば、汚れは落とされていく。
乱雑が正されて、まとめられたものとなって美しいものに変化していく。
自然が美しいのはそのためである。
絶え間なく動き回ることが浄化の動きとなるためである
完成されていない姿のものは、激しく動き回り、その動きは起伏に富、醜いものである。
やがて、その起伏がゆえに対立しあい削り取られていく。滑らかになり、きれいなものとなっていく。
各性質に見合いその場にあてがわれて、整頓となっていく。
生きているもの、動き回るものはみな浄化のための動きとなっている。
そのことを感知し、認識していったもの、認識が行為となっていったものが、
命の浄化、向上となっていく。幸国に住むもの、整理整頓となっていく。それは、下等であれ高等であれ平等である。
さて、時は進み、豊かな現代になってきた。
まだ発展途上にある国が多いなか、先進国といわれる国においては、善悪の判別もなかなか進んでいるが、
いまだ、人の醜さを克服できないでいる。
差別、いじめ、自分さえよければが横行している。
人のいざこざが大きくなれば戦争、殺戮となっていく。
敵を倒す(人を殺す)ことが、勲章となって正しいとなってほめられる。
生きとし生けるもの、殺されたくて生きているものは無い。
幸せになりたくて生きている。
その心を、自分に他人に当てはめて、誰でもひどい目に合いたくないものである。
それを知らないために、そんな簡単明白なことを知らないために、
野蛮が行われる。
そんな野蛮なことをいまだに改めないでいるのかと、自然は質す、正す。
自然は、浄化の法で成り立っている。
悪がきわまっていくとき、それは正される。
もとを糺せば、人が悪い。致し方なし、自然の判断である。道理の判断である。
それは間違いの無い判断であるために、避けられないものである。
コメント