ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)

クラシックピアノのレッスンと演奏活動を行っています。ちょっとした息抜きにどうぞお立ち寄り下さいませ。

「文化芸術活動に関わる全ての皆様へ」 by 文化庁長官

2021年05月12日 | レッスンメモ
楽しみにしていた「別府アルゲリッチ音楽祭」の全プログラムが中止になりました。コロナ禍の中、ぎりぎりまで開催への模索を続けたであろう関係者の皆さんや、出演を予定していた演奏家の皆さんの思いはいかばかりかと胸が痛くなります。コロナとの戦いの中で「文化芸術活動」は何がOKで何がNoなのか、どんな工夫と対策であれば認められるのか、これからもそれぞれの現場で試行錯誤が続くでしょう。

日本の文化芸術政策の中核をになうのは文化庁です。その文化庁の長官が先日「文化芸術活動に関わるすべての皆様へ」と題したメッセージを発表しました。その中で次のように述べています。

「これまでの新型コロナウイルス感染症との過酷な闘いの中で明らかになったことは、このような未曽有の困難と不安の中、私たちに安らぎと勇気、明日への希望を与えてくれたのが、文化であり芸術であったということです。文化芸術活動は、断じて不要でもなければ不急でもありません。このような状況であるからこそ、社会全体の健康や幸福を維持し、私たちが生きていく上で、必要不可欠なものであると確信しています。」

私も同感です。私は、私の小さなピアノ教室に集う生徒たちに、このことをしっかりと伝えていきたいと思います。

「文化芸術活動に関わるすべての皆様へ」 pdf版
令和三年五月 文化庁長官 都倉俊一


<以下、メッセージの一部を転載します>
「感染拡大のリスクをできる限り抑えながら、文化芸術活動を続けていくことは、不可能なことでは決してありません。したがって、文化芸術活動の休止を求めることは、あらゆる手段を尽くした上での最終的な手段であるべきと考えます。皆様におかれては、これからも文化芸術に関する活動を、可能な限りご継続ください。文化庁長官として私が先頭に立って、そのための支援に全力を尽くしてまいります。
文化庁に設置した感染症対策のアドバイザリーボードの提言では、クラシックコンサート・演劇等の公演は、観客が大声で歓声、声援等を行うものではないため、観客席における飛沫の発生は少なく、感染拡大のリスクは低いとされています。これらの公演については、消毒や換気、検温、マスク着用の徹底はもちろん、観客席で大声を出さないことの周知徹底を行い、入退場時やトイレ等での密が発生しないための措置の実施や感染防止策を行ったエリア以外での飲食の制限、公演前後の練習や楽屋等での対策等を業種別ガイドラインに基づき行えば、リスクを最小限にしながら実施することが可能です。」
コメント

別府アルゲリッチ音楽祭 「世界に羽ばたく音楽家たち」

2021年04月08日 | レッスンメモ
今年の「別府アルゲリッチ音楽祭」はいろんな意味で本当に楽しみです。コロナのせいで去年はありとあらゆる公演が中止になりました。アルゲリッチ音楽祭も例外ではありませんでした。大分県の音楽シーンではこのアルゲリッチ音楽祭というのはある意味象徴的な存在感をもっているので、これが今年はできるんだということであれば、何か厚い雲の間から一条の明るい日差しが差し込むような、そんな気持ちになってきます。

特に今回は「世界に羽ばたく音楽家たち」と銘打ったリサイタルシリーズに登場する、4人の若手ピアニストたちの演奏がとても楽しみです。
5月9日:亀井聖矢
5月23日:三浦謙司
6月5日:山縣美季
6月22日:藤田真央
この顔ぶれ、素晴らしいじゃないですか! 絶対に聞き逃すわけにはいかないと思って、なんとかこのうち3枚のチケットを入手できました。1枚だけはどうしても都合がつかなくて諦めたのですが、とにかくワクワクドキドキ楽しみです。

コロナ禍がこれ以上広がることなく、すべてのプログラムが無事に予定通り開催できることを心から願っています


生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック
コメント

「奇跡のレッスン」のエッセンス

2021年03月24日 | レッスンメモ
NHKの人気番組「奇跡のレッスン」は私の大好きな番組で、いつも欠かさず録画して見るようにしています。スポーツや芸術、料理や書道も含めて、その道の世界トップクラスの実績をもつ元選手や指導者たちが、一般の生徒たちのもとを訪れて、一週間ほどサプライズ指導するという夢のような企画番組です。

私はピアノ指導者として毎日子供たちと接しています。どうすればこの子たちをもっと伸ばせるか、もっともっと上手に教える方法はないか、やる気を引き出すにはどうしたらいいか、いつもいつもこんなことを考えています。この番組はそんな私にとって、本当に価値あるヒントと気づきの宝庫です。番組で取り上げるのは毎回違うテーマですから、例えばスピードスケートのレッスンの回をみて、それがピアノの指導に何か役にたつのかと思われるかもしれませんが、これがほんとに役に立つのです。なぜかといえば、取り組むテーマにかかわらず「子供たちに指導する」という根本のところは同じだからです。

これまで見てきた一連の番組を通じて、私なりに感じた「奇跡のレッスン」のエッセンスを箇条書きにしてみます。

1)まずは「見立て」。初対面でさらっと練習風景を見ただけで、パっと問題点と課題を見抜く。レジェンド指導者たちはこの「見立て」の能力がすごい。
2)「課題の整理」。見立てから、やるべき課題を整理する。技術的な課題はもちろんですが、やる気がなさそうとか、雰囲気が暗いとか、コミュニケーションが足らないとか、いわゆる「練習以前の問題」も決しておろそかにしない。
3)「豊富で効果的な練習ノウハウ」。一つ一つの課題について、それを改善するための具体的なドリルを一つ一つ練習に取り入れる。ここは個別の競技や習い事に応じてその指導者が提供する一番のノウハウの見せ所です。この番組でみたレジェンド指導者たちに共通して言えることは、課題とドリルの間の関係が明確でしかもものすごく効果的だということです。例えば、Aという課題を克服するために a という練習を一生懸命繰り返してきた生徒に対して、「うん、それじゃ、bという練習やってみて」これでコロッと結果が変わるのです。Aという目的地に行くために、道は一つではありません。a、b、c ・・・といく通りもあります。レジェンド指導者たちはここでそれまで子供たちが経験したことのないような、より効果的で理にかなった指導を次々と展開していくのです。
4)もちろん素直に言うことを聞く生徒たちばかりではありません。相手は世界的な有名人なんですけど、それでも中には自分には関係ないと思ってる子だっているんです。そんなときは「やって見せる」これです。これは効きます。生徒たちはみんな指導者のことを見ています。どこまでこの人の言うことを本気で聞いていいのか? 口先だけのうるさい大人がまた増えただけなのか?レジェンド指導者たちが往年の片りんをチラッと見せるだけで、たいていの子供たちは目を丸くします!

この番組を見ていると、指導者の責任は大きいということを痛感します。子供たちは指導者次第で、その指導次第で、驚くほど変わることができるのです。私はピアノ指導者のはしくれの一人として、縁あって私の教室に通って来てくれている生徒たちのために、もっともっと精進していこうと思っています。
ハナズオウの花が咲きました。

生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック
コメント

譜読み三昧

2021年03月15日 | レッスンメモ
PTNAの課題曲が発表されて大急ぎで選曲に取り掛かっています。それぞれの生徒につき四曲ずつ、しかも、幼稚園生から高校生まで各グレードに応じて選んでいくのですから大変です。生徒一人一人の特性に応じて大体の腹案を決めて、そのうえで本人とよく話し合って決めていきます。たくさんの候補曲の譜読みのスタートです。一体どんな曲かな?どんな音楽かな?ワクワクしながら譜読みを進めていくと、少しづつ分かってきて楽しくなります。とはいえ、そこそこ大きな曲になってくると、譜読みに時間がかかって、なかなかすらすらと弾けません。

さあ、ここからが運命の分かれ道です。がんがん譜読みに取り組んで一日もはやく楽しく弾けるようになるか、はたまた、なかなか譜読みが進まず、時間ばかりが過ぎていくのか!?!? 小さな曲を弾いていた頃とは違って、だんだん大きな曲になってくると、時間がかかるのは当たり前です。しかも時間を取られるのはこれだけではありません。私の教室ではコンペの課題曲だけではなく「あれ」も「これ」もとできるだけ多くの曲をやってもらいます。中にはたくさんの曲に押しつぶされそうな気持になる生徒さんもあるかもしれません。でも、そのあとに、きっと弾けるようになったことへの喜びに代わります。大好きな曲、憧れの曲がたくさん弾けるようになると、達成感が盛り上がって本当にピアノが楽しくなります。
譜読みは時間がかかるもの。とにかくあせらず一歩一歩着実に読み進めていきましょう。早く弾きたくて焦って譜読みをすると、雑な読み方になってしまって、後々修正するのが大変になります。じっくり丁寧に、指使いや、スラーやフレーズのくくりを考えながら、慎重に読み進むことが大切です。最初に音の読み間違いや、音抜けなどをそのままにして適当に進んでしまうと、そのくせがなかなか抜けなくなります。最初に脳に入ってきた情報はどこかで覚えていて、訂正したはずなのに、あとでひょっこり、それも本番で顔を出すなんてことも起こるのです。春ももう本番。この春休みは譜読み三昧。しっかりピアノと仲良くなってじっくり譜読みに取り組みましょう!

生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック
コメント

季節は進む

2021年03月08日 | レッスンメモ
時間が経つのは早いですね。いつの間にか桃の節句も終わり、おひな様は元通り箱に入ってお休みに入りました。年度替わりの季節は受験の季節でもあります。教室の生徒たちからも次々と朗報が届きました。音楽専門の高校や大学へと進む生徒、一般国立大学をピアノのAO入試で突破した生徒、皆それぞれにピアノを生かして道を切り開いてくれて、とても嬉しく思いす。

さて、先日このブログでも紹介した「PTNAレッスン見学会」ですが、コロナ対策を万全にして無事終了。見学に来てくださった8名の先生方の前で、いつも通り元気に楽しくレッスンいたしました。少しでも皆さんの参考になったとしたらうれしいです。そしてその次の週にはPITNAピアノコンペティションの課題曲が発表されました。いよいよですね。昨年のピティナは中止になったので、生徒たちも私も、今年は去年の分も頑張るぞ! という強い意気込みをもって取り組みます。生徒たち一人一人の顔を思い浮かべながら課題曲選びをして、スタートダッシュです。

山を見ると雪が解けています。

庭にでると馬酔木がほころび始めて、ほかにも小さなつぼみや新芽があちこちに。

季節が進んでいますね。春がもうやってきています。生徒さんたちもそれぞれ新しい環境に希望を膨らませながら、ピアノっ子らしくたくさんの曲を楽しんでほしいです。生徒さんとたくさんの曲たちに囲まれて、私の胸にも希望が湧いてきます。

生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック
コメント

おひなさま

2021年02月17日 | レッスンメモ
20年ぶりにおひなさまを飾ってみました。我が家のおひなさまは娘がアメリカで生まれたときに、私の母が日本から送ってくれたもの。飾りやすいようにと選んでくれた二人びなです。こちらに帰ってきてからはずっとランちゃんがいたので、いたずらが心配で飾れませんでした。今回ほんとに久しぶりに飾ってみると、なんだか童心にかえってテンション上がりました




生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック
コメント

ペダルの技術

2021年02月07日 | レッスンメモ
初めてペダルを踏んで音を出してみたときのこと、おぼえてますか? 私は、フワ~ンと音が広がって、そして重なって、夢の世界に連れていかれたような感じがして、おどろいたのを覚えています。私の生徒たちも教室で初めてペダルを踏みながら音を出してもらうと、決まってにっこり笑顔になって私の顔を見てくれます。きっと私が感じたのと同じようなことを感じているのでしょう。

ペダルの役割そしてその効果とは、音の響きを助けたり、音を重ねたり、音色を変える手伝いをしたり、音と音をわざと混ぜたり、つないだりなど、ほんとにたくさんあります。ペダルの入れ方ひとつで、驚くほど表現が変わり、曲の雰囲気が変わります。

まず、どんな目的でペダルを踏むか考えて、踏み方をいろいろ習得してほしいです。深く下まで踏むだけではなく、浅く踏んだり、浅くから深く、または深くから浅く、ずっと浅く、あるいはちょこんとだけ、その深さも何種類もあります。また、タイミングに関して、楽譜の同じところ(同じ音)で踏んでも、ある人は、濁り、ある人は濁らない。これはタッチ、指の離れ方と足の踏み方との連携によってうまくいったりうまくいかなかったりするものです。それは弾く人の響き、曲の表現の違い、大きくフォルテを出しているときとピアニッシモの時とでも違います。なんといってもその人のセンスが必要です。「混ぜる」と「重ねる」そして「濁る」ということはそれぞれ全然違うということがしっかりわかる耳を育てることが大切です。「ペダルは耳で踏む」と、ある先生がおっしゃってましたが、うまい表現だと思いました。そしてそれができるようになるためには、ペダルに慣れる。ペダルを器用に扱う足と耳を育てることが重要だと思います。

楽譜通りに弾くことがお約束とされているクラシック音楽の中で、ピアニストにとってのペダル操作は自分の解釈とセンスで勝負する大事な部分です。そもそもペダルの指示など全然書かれていない曲が多いし(バロック!)書かれていても必ずしもそれが最善と思わなければ自分でより良い工夫をしてもよいのです。ま、この辺はいつかまた述べるとして、とにかく曲が生きるよう、うまくペダルを使いこなしましょう。

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村

コメント

スタート

2021年01月17日 | レッスンメモ
年明け早々コロナ禍の不安が高まってきていますが、私は例年通り、お雑煮とおぜんざいで体力の増強に努めています。ただし、年末恒例の餅つき大会を中止にしたので、今年のお餅はスーパーで買ってきたお餅です。我が家のお雑煮は鶏ガラだしのスープにお餅とかまぼこ、それに水菜を浮かべます。鶏ガラスープなのでとっても身体が暖まります。年明けの寒波はこのお雑煮と熱燗で乗り切りました。そして1月11日は鏡開き、ここからはお雑煮に代わっておぜんざいです。小豆を煮るところから始める本格派です!

これが夕方のおやつに最適。腹持ちもいいし、新年の縁起物ですから背徳感もなく気持ちよく食べられます。これで夜のレッスンにぐんと力が入ります。今年の暮れにはコロナの心配もなくまた我が家で餅つきができるといいなと思います。

さて、もう1月も半分が終わりました。そろそろみなさんピアノに本腰を入れるときですね。何事もまずスタートが大事。年の初めだけがスタートではありません。一日一日、毎日がスタートです。毎日練習を何時からスタートすると決めておきましょう。もちろん練習の中身もあらかじめはっきりさせておいて。そして、それをやれたかどうかのチェックと反省を忘れずに。この繰り返し。スタート、中身、そして反省。この3段階をきちんと回していけば、自分でお家でコツコツ積み上げていけると思います。この三つの中で特に大事なのは私はスタートだと思っています。自分で自分の意思で、ピアノに向かうこと、これです。自分の意思で、さあやるぞと一歩を踏み出すことが大切です。そうしないと、自分の中のエネルギーが燃えあがりません。さあ、今日も最初の一歩を自分の意思で、「うまくなるぞ!」という強い気持ちでスタートしてみてください。

生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村



コメント

謹賀新年 2021

2021年01月02日 | レッスンメモ
新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
今年は丑年ですね。牛の歩みのように、一歩一歩しっかりと、

それぞれの個性にあわせて、まっすぐに、

さあ、みんな元気だしてがんばろー




生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村





コメント

もっと素敵に弾きたい!!

2020年12月31日 | レッスンメモ
ピアノ教師の私は、生徒さんにピアノを教えるのが仕事です。これは当たり前。でも逆に生徒さんから私の方が刺激をもらったり、教えられたりすることもたくさんあります。最近のそんな例を一つご紹介します。

私の教室では発表会が終わると、みんなそこで弾いた曲は一区切りつけて、新しい曲にうつるようにしています。なので、今年の発表会が終わった後、生徒のSちゃんにも新しい曲を提案しました。そうしたら、Sちゃん「その新しい曲にも挑戦するけど、発表会でやった曲ももう少し続けたい」というのです。その理由を聞いてみると、実は発表会のときの出来に満足していない。この曲はとっても大好きな曲なので「もっと素敵に弾きたい」ということでした。私はそれを聞いてなんて素晴らしいことだろう!と思いました。もちろんOK してその曲も新しい曲も、ほかのたくさんの曲もどんどんやっています。そうしてレッスンを重ねて、改めて聴かせてくれたその発表会で弾いた曲は、まあ、本当に見違えるようによくなって、「あ、まだこんなにうまくなれるんだ!」と驚きました。もっと欲張ってもっとこの曲を深めてもらおうと思ったのでした。

いつも子供たちの可能性を信じて、私の方からこのくらいかなという線引きをしてはいけないと注意しているのに、ついつい、「この曲に関しては今のところこれでよしとして、次に行くか・・・」と先を急いでしまう時もあります。あれこれ勉強してもらいたいものがたくさんあるのでどんどん先に進んで広げていくのも、一つの曲をじっくり深堀するのも、どちらもとても大切なこと。この両方のバランスが大切なんですね。でも今回は私の見立てが甘かったと反省しました。Sちゃんが自分の意思をはっきり伝えてくれたおかげで、彼女の大好きなこの曲を、発表会本番の時よりも数段上のレベルまで仕上げることができたのです。「もっと素敵に弾きたい!」という思い。これが彼女をそうさせてくれました。この思いを大切に、ますます、頑張ってピアノうまくなろうね。


生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村








コメント

姫島小学校 アウトリーチ

2020年12月21日 | レッスンメモ
大分県の国東半島の沖に姫島という島があります。人口2,000人弱のその島に姫島村立姫島小学校があります。姫島村の教育委員会様からお招きいただいて、その姫島小学校でピアノ演奏のお仕事をしてきました。



姫島小学校の子供さんたちは礼儀正しくて、みんなとっても元気。「動物当てクイズ」も大盛況!生徒さんの反応の良さがうれしくて私も楽しく演奏できました。

このコロナ禍のなか、子供たちのためにこのようなコンサートを企画して、実現させてくださった学校と教育委員会のみなさまに心から感謝申し上げます。また、事前の準備から当日のお世話など担当の方にはとても暖かく丁寧に接していただきました。おかげさまで私にとっても思い出に残る貴重な演奏体験となりました。

それでは姫島小学校の生徒の皆さん、また逢う日まで。最後まで聴いてくれて本当にありがとうございました。心の中にいつも音楽を~





生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村



コメント

ピティナ・レッスン見学

2020年11月27日 | レッスンメモ
来年の2月に「ピティナ・レッスン見学」を私の教室で行うことになりましたのでお知らせいたします。ピティナ会員指導者の先生方を対象としたピティナ主催の企画で、私の教室で行うのは2回目です。ご興味のある方は是非下記のリンク先をご覧になってください。

ピティナ・レッスン見学お申込みのご案内
2018年4月に実施した時のブログ記事はこちら



生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村

コメント

2020年 発表会

2020年11月18日 | レッスンメモ
2020年11月14日、音の泉ホールで教室の発表会を行いました。コロナ対策に細心の注意を払いながら、関係者皆さんのご協力を得て、例年通り、いや、例年以上の熱演がみられて、とても嬉しかったです。
コロナの中だからこそ、音楽の大切さを感じ、そしてそれを伝えていくことの喜びを感じました。弾く人も聴く人も、みんなの暖かい心が集まって、本当にワンチームになれたようで最高に幸せでした。




生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村

コメント

ワクワクした気持ちで

2020年11月10日 | レッスンメモ
私はピアノ指導の仕事が大好きです。

一人ひとり個性の違う生徒に対して、どうやってピアノをうまくなってもらおうかと色んな作戦を立てるのが面白いです。どうすればもっともっとピアノ好きになってもらえるか知恵をしぼるのもやりがいがあります。そして、その作戦がうまくいって、その子が急に伸びたり、ようやく課題をクリアできたりすると、すごくうれしくなります(私がです!)。作戦がうまくいって生徒がうまくなって、生徒はもちろん親御さんも喜んでくれて、そのくせ一番うれしいのはもしかすると私じゃないかと思ったりします。だから毎回、教室に入ってくる生徒の顔を見るたびに、ワクワクした気持ちでレッスンをしています。そうすると、ますますパワーが出てくるんですね。時には張り切りすぎて、生徒の方がタジタジするくらい。「せ、せんせい、ここらへんで・・・」と言わんばかりに目をぱちくりさせてる時もあったりします。そんな時はさすがに「あら、張り切りすぎたかしら?」と言ったりもしますけど、まあ、たいてい皆さんもう慣れてるみたいで笑いながらついてきてくれるので、基本的にはその姿勢をつらぬいています。

楽しさってつられるときがありますよね。ピアノのレッスンというのは何も1から10まで楽しいことばっかりというわけではもちろんないので、時にはゲーム感覚で冗談交じりに、時には大げさなジェスチャーを加えながら、笑いをとる! それも一生懸命笑いをとる、これ、大事だと思っています。私が楽しそうにしているとそれにつられて生徒も楽しくなるということが、やっぱりありますから。私は不機嫌なのに、生徒は楽しそうということは、まずありません。まず先生である私が教えることを楽しまなくちゃですね。自分の方から、ちょっと楽しく教えるように意識して工夫する。それがうまくいくとその子の心を動かすことができます。心が動くと一生懸命ピアノに向かってくれるようになる。そうするとうまく弾けてピアノが好きになる。だからレッスンは極力楽しい方向で!というのが私のモットーです。さあ、今日もワクワクした気持ちで生徒さんを待ちます。

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村



コメント

授かりもの

2020年10月23日 | レッスンメモ
今月20日にお誕生日を迎えられ、86歳におなりになった上皇后美智子さま。美智子さまは幼いころからピアノを習っておられて、クラシック音楽の大ファンで聴くのも演奏するのも大好きでいらっしゃるというのは有名ですよね。ところが最近はお病気のせいで「左手指が自由に動かせないことから、昔のようにピアノを弾くことが難しくなった」そうです。これはおつらいでしょう。私だったらどんな気持ちになるだろうと想像するだけで、首を振って考えるのをやめたくなります。でも上皇后さまは、「今までできていたことは“授かって”いたもの、それができなくなったことは“お返し”したもの」こうおっしゃって、この状況を受け止めていらっしゃるそうです。素晴らしいお言葉だと思います。
記事


ピアノが弾けるというのはもちろん本人の「努力」のたまものに違いないのですが、その努力というのは実は一人でできるものではありません。いろんな人の支え、応援、指導が必要ですし、交通事故にもあわず、きちんと毎日食事ができて、大きな病気もしないからこそ初めてその努力が可能なのです。こうしてよくよく考えてみると、ピアノが上手になる、次々と素敵な曲を弾けるようになるというのは、本人の努力だけではなくて、こうしたありとあらゆる環境や運のおかげなんだと気が付くはずです。

私にとってこれは音楽の神さまからの大切な大切な授かりものです。だからいつかお返ししなければならないその日、その時まで、ずっと大切にいつくしんでいきたいと思っています。そしてその日がきたら、心の底から感謝を込めて、朗らかにお返ししたいと思いました。

生徒さん募集中です。まずはこちら愛野由美子ピアノ教室ホームページをクリック

クリックしていただけると嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村

コメント