リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

テレマンのアリア

2022年10月01日 12時52分05秒 | 音楽系
テレマンのアリアをギター5重奏のために編曲してみました。原曲はマニフィカートTWV 9:18 第6曲のアリア「主は飢えたる者によきものを与え給う」、歌詞はルカ伝1章53節です。

先日近所のギター愛好家の集まりに呼ばれていったのですが、そこでテレマンのアリアと称する楽譜を見せてもらいました。それがまぁ何といいましょうか、めちゃくちゃな編曲で、それを使って合奏をしたいと仰っていましたので、義憤に駆られてきちんとしたアレンジを作るに至りました。


(最上段がヴァイオリンオブリガート、二段目が歌のパートです。三段目のパートは3rdと4thを一緒に書いています。一番下がバスです)

そのめちゃくちゃな方の編曲はネットに転がっていたもので、編曲者名は忘れましたがその方の編曲は沢山アップされているようです。いつぞやのロバート・ダウランドのVarietie of LUTE-lessonsのナンチャッテ日本語訳(タイトルが「リュートレッスンの諸相」でそもそもここから誤訳でした)もそうでしたが、ネットにはクズみたいなのが沢山ありますのでご注意を。

こちらが音源です。

テレマンのアリア

テレマンのTWV 9:18のオリジナルはネットで探しても見当たらないので、You Tube にアップされているビデオクリップから「耳コピ」をしました。曲自体はとてもシンプルで分かりやすい建て付けです。通奏低音の、鍵盤で言う右手で弾く部分は私がリアライズしました。もともとが多分あまり訓練されていないオケでも弾けるように作ったようなので、アレンジもとてもシンプルで弾きやすいものになりました。メロディがとても印象的、耳に付きますね。このようなシンプルな和音や音の動きだけで魅力的な音楽を作れるのはさすがテレマンです。

Windows 11 22H2 降臨!

2022年09月30日 13時30分24秒 | 日々のこと
Windows Update をチェックしましたら、22H2 が降りてきていました。現時点でのインストールバージョンは21H2でしたので、ひとつ飛んでインストールしたことになります。でも22H1って見かけませんでしたけど。

インストールは特に問題もなく終了しました。ただ、Windows Update を見てみましたら、ナントカという累積更新プログラムのインストールに失敗しました、というメッセージが出ていましたので気がかりでしたが、次の日にはきちんとインストールが完了していました。

この22H2は大型のバージョンアップということで、気になっていたフォトアプリからの印刷が改良されているかどうかチェックしてみました。半年くらい前からフォトアプリから写真を印刷すると、写真が「中抜け」になってしまう現象が続いています。改善を期待して印刷してみましたが・・・まだ中抜けでした。これってどうなっているのかなぁ。写真の印刷は別のアプリでもできるので取りあえずはいいのですが、なんとかして欲しいことは欲しいです。

このこと以外は特に不具合はありませんが、いったいどこが変わったのか(改良されたのか)よくわかりませんが、すぐ気がついたのは、ウインドウズ・ボタンを押して出てくるメニューのレイアウトが変更できるようになったことです。このくらいは始めからやっておいて欲しいところですが。

あともう少しは便利になった機能があるみたいですので、チェックしてみたいと思います。今回の大型バージョンアップ 22H2はネットで調べても深刻な不具合は出ていませんので、まだの人はインストールしてみるといいかも知れません。

ドイツ空軍ユーロファイターとゼロ戦

2022年09月29日 19時29分38秒 | 日々のこと
ドイツ空軍の戦闘機が初めて日本に飛来しました。


写真は富士山周辺を航空自衛隊のF2戦闘機(奥の2機)と編隊を組んで飛行するドイツ空軍戦闘機「ユーロファイター」

今回の飛来は、8月から10月にかけてドイツ空軍が初めてアジア太平洋地域に戦力を展開する訓練を行っていることを象徴したもののようです。最近どうもこの付近は物騒だということが、ヨーロッパの国々にも共通認識されたようです。

これと逆のパターンがかつてありました。今を去ること1940年の秋、真珠湾攻撃の約1年前です。日本から2機のゼロ戦がドイツのベルリンに向けて飛び立ちました。ヒトラーがゼロ戦の長い航続距離と空戦能力に興味を持ち、飛来を要請したのです。もちろんパイロットは日本人でです。2人のパイロットは、日本の支配圏が及ぶところを縫うように飛行しましたが、全てのルートが安全なわけではなく、敵対する国々を通過しなくてはなりません。また無給油でベルリンまで飛ぶことはできないので、安全な給油地点を選らばなくてはいけません。

ベルリンに到達できたのは安藤大尉が操縦する1機のみでした。到着以降彼は操縦の腕を買われて彼の地の航空学校で教官をつとめる。ある日安藤大尉はベルリン南部の上空で、ドイツ空軍のメッサーシュミットBf109と模擬空戦を行うも、大尉が操縦するゼロ戦が圧倒的勝利を収める・・・

という話が佐々木譲作「ベルリン飛行指令」の内容です。最初に呼んだときはあまりにリアリティがあるので、実際にあった話なのではと思ったくらいです。バーゼルにいた頃私が伴奏をつとめていたテノール歌手の石川洋人さんから薦めてもらって読んでみた小説です。これがはじめての佐々木譲作品でしたが、この時以来私は氏のファンになりました。


【謹告】今村泰典講習会中止のご案内 

2022年09月28日 18時51分40秒 | 音楽系
来る10月17日、桑名市のくわなメディアライヴ1F時のホールで開催予定の「今村泰典講習会」は都合により中止となりました。すでに受講、聴講あわせて10数名の方が予約されており昨年同様有意義な会になることが期待されていただけに大変残念です。また次年度以降の開催に期待したいと思います。

通奏低音用例新発見!(3)

2022年09月27日 17時53分54秒 | 音楽系
通奏低音の用例は、もう活字ではあまり見なくなりました。2011年頃から見かけるのがめっきり減っています。大体はちょっと本来の意味とはずれたところで使われていて、「低い音が絶え間なく鳴り続いている」という意味で使われることが多いです。音楽の用語だとそれはドローンとかオルゲル・プンクト、オルガン・ポイントにあたると思いますが、なんとなく理解できる漢字で書かれている「通奏低音」が選ばれるようになったようです。

全くバロック音楽のことをご存じない方が通奏低音という漢字の意味だけから判断すると確かに「低い音が絶え間なく鳴り続いている」とか「基調として脈々と流れている」という意味だと判断してしまうのも無理はありません。通奏低音ということばの本当の意味は分からなくても漢字から大体判断でき、でもあまり聞いたことがなく何となく高尚な語みたいな感じがする。そこにはペダンティックでスノッブな匂いが漂う、なかなか絶妙な所に位置する言葉です。

今までに集めた用例の中で、本来の意味と同じで使われていた例は1件だけです。



アナウンサーは喋る通奏低音だ。

     笛の楽園 僕のリコーダー人生  朝岡聡著 東京書籍の中日新聞の宣伝            2002年3月31日



朝岡聡さんはよく知られたアナウンサーですが、実は慶応バロックアンサンブルでリコーダーを吹いていた方です。道理で正確な用法です。

通奏低音用例新発見!(2)

2022年09月26日 11時40分23秒 | 音楽系
今回の新発見は知り合いのNさんに教えてもらったのですが、ニコニコ生放送のビデオの一節です。



杉本博司「・・・(日本文化の特質として)本歌取りは(日本文化の)通奏低音としてあったのではないか」

ニコニコ生放送
(8分31秒あたりです)
杉本博司、本歌取り---日本文化の伝承と飛翔、という展覧会会場でのインタビュー。


杉本博司さんは箱根の岡田美術館で作品を見て以来、注目(ってエラそうですが)しています。最近NHKの日曜美術館という番組で彼がプロデュースした「江之浦測候所」の特集をやっていました。ここは是非行ってみたい所です。

通奏低音用例新発見!(1)

2022年09月25日 19時08分17秒 | 音楽系
最近は評論文や小説などで「通奏低音」という言葉を使う人がめっきり減ってきました。10年ほど前までは結構見つかって、私のHPにも「通奏低音用例集」というコーナーを作っていたくらいです。

通奏低音の用例というのはこんな感じのものです。


・・・キャスリンの目に映ったものは,けっして美しくなく,優雅でも神秘的でもない,荒々しい近代社会だった。経済原理の大波に飲み込まれ,一方で軍靴の響きが通奏低音のように鳴り渡る,息苦しい社会だったのだ。・・・


佐々木譲「エトロフ発緊急電」
新潮文庫版p. 139平成6年11月25日四刷
2004年3月5日確認


この文章の引用は直接佐々木譲さんにメイルして掲載の許可を頂いたものです。ちなみに佐々木譲さんはこの少しあと直木賞を受賞されて警察小説の分野などで大活躍されています。

「イバリピ」と「とりどり」

2022年09月24日 10時49分40秒 | 音楽系
「イバリピ」と「とりどり」
先週までバロック音楽の旅15の準備にかかりっきりでR.ダウランドの「とりどりのリュート曲撰」の版組やイバリピ3,4の編集の手がずっと止まっていました。やっと今週の中頃から再開できてます。

R.ダウランドの方は、ジョン・ダウランドの論文の三分の一くらいは来ました。お父さんの論文は、ブサールのそれと比べると図版が少ないですから本文の版組は楽ですが、フレッティングや音律の理論が書いてあるところで註をかなり書く必要があります。註はまとめて最後に書くのではなく、見開き2ページに収めるようにしたので、レイアウトが結構大変になってくると思います。それさえなければ、あと1時間もあれば完了するのですが。まぁこの際なので翻訳も少し見直しながら行っていますのでよけい時間がかかっています。おっと翻訳は大橋通一先生でしたね。

イバリピは3までタブセッティングプログラム(Django)に書き終えています。このあとそれをjpgに出し、フォトショップで「整形」します。ホントはDjangoで全てできるといいのですが。五線譜だとSibelius一本で全て完結しますのでありがたいですが、タブのアプリではそこまでの高機能ものはないようです。

イバリピ4は曲の選定は終了しましたが、一度実際に弾いてみて中級レベルでは難しい箇所が出てきたらその曲は差し替えないといけません。でもせっかく選んだのですから、その曲は自分のレパートリー用に取って置きます。

返答が届きました。

2022年09月23日 14時13分04秒 | ローカルネタ
DX関連で桑名市のHP「みんなの声」に投稿したのが8月25日、その返答を頂いたのが9月12日でした。返答を頂いた部署が間違っていると思いましたので、再度その旨を投稿したのが同じく12日でした。そして昨日のお昼過ぎにその返答がデジタル推進課長の名で届きました。長くなるのでかいつまんで書きますと;


簡単な挨拶。国のDX推進に触れ、桑名市のDX推進について具体的に例示。(ここまで9行)
最後に私の意見について、(最後の1行で)利便性の向上に努めるので理解して下さい、という内容でした。


9月12日の再投稿は;

1.DXを推進している当該部署からの回答をお願いしたい。
2.私が指摘した問題について具体的な目標を挙げての回答がほしい。
3.必要な時間を取った上で回答してほしい。

の3点が骨子でした。1.に関しては対応していただきましたが、2.に関しては「利便性の向上に努めるので理解して下さい」ということなので何ら具体性がありません。3.に関しては確かに10日後に返事は来たのですが、この内容では充分に時間をかけて議論をしたとは言えません。一番重要な部分はわずか1行ですからこれなら即日返答できます。理由はよくわかりませんが単に10日後に返答したということでしょう。

これで桑名市のDX推進をしている人たちの姿勢がよくわかりましたので、次のようにお礼の返答をしておきました。

この度は大変お忙しい中、桑名市のDX推進姿勢をお教え頂き誠にありがとうございました。

「みんなの声」はこれでお仕舞い。まあ大方予想通りでしたが。


チェロアンサンブル

2022年09月22日 16時31分14秒 | 音楽系
孫が教えてもらっているチェロ教室の合同アンサンブルがあるというので、今朝早起きしてZOOMで視聴しました。まぁ早起きと言っても朝の8時ですけど。(笑)向こうの時間だと前の日の夕方4時ころです。

あらかじめZOOM入室のためにリンクを送ってもらっていましたので、時間になったらそれをクリックして・・・



こんな感じで始まりました。曲は賛美歌のHow great thou art です。とても有名な曲でキリスト教徒なら知らない人はいないという曲らしいです。少し前にこの曲を教室の先生、Jimに4パートのチェロアンサンブルのためのアレンジを頼まれました。Jim先生に個人レッスンで指導を受けた生徒さんが今日はじめて全員揃ってアンサンブルということに相成ったわけです。生徒の前でJim先生がチェロ1のパートを弾きながら指導していました。

まだちょっとハーモニーのバランスが悪かったり、一拍休みを抜かして入ったりしていた子もいましたが、全体としてはまずまずの出来です。途中先生からアドバイスを求められたので気づいたことを2、3伝えましたが、その後もう一回通したらすぐそのアドバイス通りに出来ていたので感心しました。なかなか皆さんやりますねぇ。Jim先生の指導の賜でもあるでしょう。

本番は11月12日だそうで、それまでに練習を積んだら素晴らしいが期待できます。本番はよく響く教会だそうなのでとても濃厚なサウンドが響き渡ることでしょう。楽しみです。