リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

ものがいいにくい時代

2022年01月23日 09時43分44秒 | 日々のこと
最近はものごとを断定的に言ったりはっきり批判してしまうのがはばかられるようで、例えばテレビ番組でとても有益な事柄を伝えるのでも「きっとあなたのお役に立つと思います」ではなく「あなたのお役に立つのかも知れません」と言って、突っ込まれても逃げられるような表現をします。

こういった傾向はここ10何年か前から続いているのかも知れませんが、(私もここで断定的には言わず逃げを打っています)昔はものごとをはっきりと言ってしまう人もいました。

某楽器専門誌での批評で、皇室の流れをくむ評論家が作曲家H氏の器楽作品について「ふざけた曲だ」の一言で評しているのを読んだことがありました。私自身もその曲はいい加減に書いた曲だなとは思っていましたが、それがちゃんとした雑誌の記事になっているのにはスッキリしたと同時に少々驚きました。もっともその後何らかの形で一悶着あったのは想像に難くありませんが。

当ブログでは基本的に他の演奏家についての評論や批判や推薦などはしないことにしていますが、異なるジャンルの人やグループについてはたまにすることもあります。きちんとした形で評論しても揚げ足をとられたり誤解されたり悪意に取ってしまう人がいますし、そもそもネットに載せるといつまでも存在したり拡散してしまったりしてロクなことはありません。

ネットで何か言うときは、論者が非対称の議論であることが大半で、その問題点はインターネットが普及する前のパソコン通信の時代に痛感していました。某パソコン通信で私の古楽に対する考え方に「論陣」を張ってやたら突っ込んでくる来る人がいて辟易していましたが、いわゆるオフ会でその方にお目にかかったら、楽器も演奏できず音楽の知識にも乏しい方でした。パソコン通信で高飛車に出て大論陣を張っていた方が、目の前で楽器を弾きながら説明したらよく理解していただけました。その時以来ネット空間で非対称の議論はしないことにしています。

ものがいいにくい時代になってきたのはネットの存在があるからだろうと思います。昔の生身のケンカだと、負けそうになったときに「こっこのヤロー、おぼえておけ!」と言って逃げるのが定番(少なくともドラマでは)で、言われた方も特に深追いはしないのが通り相場だったでしょうが、これがネット空間だと徹底的にしつこく相手を追い詰めます。なにせネット空間では「こっこのヤロー、おぼえておけ!」みたいなことを言って姿をくらませることができませんから。ネットのそのような状況が今度はリアルの生身人間に対しても還流され、ケンカのやりかたも執拗で残忍になってきた感じがします。

私自身リュートのことや他の音楽関連のことで明らかに間違ったことや誤解してほしくないことがいくつかあり言ってみたいと思うことがありますが、固有名詞を出さないで当ブログに批判的に書いたことがひとつふたつある程度であとはせいぜい少しチクチク突く程度です。当ブログのカテゴリー「ウソゆうたらアカンやろ!他【毒入注意反論無用】」では敷居を少し下げた記事を書いていますが、それでもまぁ穏当なものです。

リュートや古楽は自分が専門にしているだけあって、間違った情報や考え方が流布しているのを見るのはとても残念に思います。こう言った段階ですら「おまえの言っていることこそおかしいのとちゃうか?」と突っ込まれる可能性がありますから、もっとはっきり言ってしまった暁にはどうなるか火を見るより明らかです。私の方からは批判的な言い回しはできませんが、読者の皆様に置かれましては、当ブログも含めてネット情報は玉石混交でしかも「玉」はとても少ないということを意識されるといいかなと思います。もっとも、ここで肝心なこと、どれが「玉」でどれが「石」なのかの判断が難しいのです。これが言えないことがつらいところです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

結局Windows 11に

2022年01月22日 11時53分31秒 | 日々のこと
昨年12月の中頃にWindows 11にアップグレードしてしばらく使っていましたが、年賀状アプリが上手く動かないので、またWindows10に戻しました。これは昨年のエントリーで書いた通りです。

その後Windows10から11にアップグレードされないようにレジストリを書き換えた上で、ずっと使っていましたが、実はふたつの不具合に悩まされていました。

まずエクスプローラからの写真印刷の際に、印刷面が中抜けすることでした。これは調べてみると昨年の3月頃に21H1にアップグレードしたときに出るバグで、KB500****というパッチを当てることですでに解決済みでした。昨年の春頃にこちらが知らないうちに自動でパッチが当てられていました。その頃エクスプローラから写真印刷をすることはありませんでしたので、バグ自体に気づくこともなかったしバグが修正されていることも知らないというおめでたい話でした。

Windows 11から10にダウングレードする際に多分10の最も初期の状態に戻ってしまったので、不具合が露呈したのだと思いました。それではということでMicrosoftのサイトで当該パッチを探してあてて見たのですが、うまく解決には至りませんでした。

もう一つの不具合は、スキャナが使えなくなったことです。いろいろ各方面から情報を集めて対策を講じて見ましたが、解決に至りませんでした。

もう面倒くさくなったので、また11にアップグレードしたらなんとかなるのでは、と思ってやってみましたら印刷の中抜けはあっさりと直りました。今は年賀状アプリは使わないし、実はそれ以外のDAW系のものも含めて11で問題なく動作していましたのでアップグレードしてみたわけです。

あとスキャナに関しては、その時のついでにルーターをリセットしましたらあっさりとWindowsからスキャナが見えるようになり動作できました。この理由はよくわかりませんが、ダウングレードしたときにスキャナのIPアドレスが書き替わってしまったのでしょうか。

あとこれは大したことではないですが、立ち上げるとDropboxの同期ができないという表示がタスクバーに現れ、それを消す方法が分からなかったのですが、それもなくなりました。

ということで、レジストリを元に戻してアップグレードの時間も随分かかりましたが、再アップグレードして普通に何事もなかったかのように平和にWindows11を使っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まん延防止等重点措置

2022年01月21日 09時24分46秒 | 日々のこと
三重県でも県南部の尾鷲市、熊野市、紀北町、紀宝町、御浜町以外で本日から2月13日までまん延防止等重点措置が適用されます。細かいところは異なるかも知れませんが概ね今までと同様の方向のようです。

市の方からバロック音楽の旅14講座コンサート会場の対応について連絡が来まして、定員の半分以下で感染対策をきちんとしていれば開催可能だということでした。内閣府の基本方針では、大声をあげないイベントの場合は100%の収容人員でもいいとありますので、バロック音楽の場合は皆さん座って静かに聴きますので100%でもいいのでしょうけど。まぁとりあえず一安心です。多分ないと思いますが、緊急事態宣言発出となると話は変わってくるかも知れませんが。

第5回講座は1月30日で第6回が2月6日と2回とも重点措置の期間に入っていますが、私の直感的な予想では2月6日頃はピークを過ぎているような気がします。

県内のホールの対応も調べてみましたが概ね同様でした。昨年の12月にコンサートをしました横浜の鶴見区民文化センターサルビアホールのHPも見てみましたが、中止になっているイベントはありませんでした。このあたりは軒並みイベントが中止になった2020年3月終わり頃とは大きく異なります。その頃は実は今よりは感染者はずっと少なかったのですが、今よりずっと厳しい対策を取っていました。(おかげで東京でのコンサートがなくなってしまいましたが)今はウィルスとの共存の仕方がだんだんわかってきたという感じです。
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

90年代の作品(24)

2022年01月20日 08時55分36秒 | 音楽系
CM制作会社からモーツアルト風の軽い曲を作ってほしいということで作った作品です。弦楽四重奏みたいに4つのパートをきちんと書き込んでもよかったのですが、軽く作ってくださいとのことでしたので、メロディと単純な伴奏だけでホントに軽く作ってみました。

モーツアルト風

モーツアルトの子供の頃の曲にこんな雰囲気の曲があったような感じですね。この曲が実際のCMに使われたかどうかは知りません。会社の音源ストックにするためのものだったかも知れません。私自身は学校のラジオドラマのBGMとして一部を使用した記憶があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あんたが言うか?

2022年01月19日 16時35分01秒 | ウソゆうたらアカンやろ!他【毒入注意反論無用】
安定的な皇位継承有識者会議がまとめた報告書について各党のコメントをテレビで見ました。その中であれれ?っと思ったのがK党のコメントです。内容はおおよそ次のようなことを言っていました。

天皇は男系男子によって継承するということが問題。女性天皇や女系天皇も認めていくべきだ。

こういう意見はよく見られるものですが、K党が言うと、あんたが言うか?って感じがします。それはこの党がその綱領の〔憲法と民主主義の分野で〕の項で次のようなことを言っているからです。

---引用
党は、一人の個人が世襲で「国民統合」の象徴となるという現制度は、民主主義および人間の平等の原則と両立するものではなく、国民主権の原則の首尾一貫した展開のためには、民主共和制の政治体制の実現をはかるべきだとの立場に立つ。天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである。
---引用終わり

とても重要な語句は隠していますが、要するに「一人の個人が世襲で「国民統合」の象徴となるという現制度」=今の天皇制、を廃止して共和制にするということです。(ホントは制度ではないと思いますが、話がややこしくなるのでとりあえず制度ということにしておきます)そして最後の方の文言は、今はまだ時期が来ていないけど、時期が来たら廃止に向かって動く、ということでしょう。

「その存廃」と言う言葉を使っていますが、これはその前の文言と矛盾しています。「民主主義および人間の行道の原則と両立するものではなく」と言っているわけですから、「その存廃」ではなく「その廃止」でしょう。自ら言っているように共和制と天皇制は両立できません。それにそもそも「解決されるべき」ことでもありません。ひとつの方向に持っていこうとする巧みなすり替え技術がさえる文章です。

綱領に天皇制廃止を掲げている党に安定的皇位継承に関する報告書について意見を聞く方も聞く方ですが、答える方も答える方です。K党としてはまず始めに「ウチの党は他と違って天皇制廃止を目指していますが」ということをまず始めに言うべきです。それとも「ウチはまず天皇制の弱体化をねらうためにまず女系天皇を推し進め、その結果国民意識に皇室離れが起こってきたら、いよいよ我が党の出番です」とはっきり言うべきです。これがウソ偽りのない誠実な態度です。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気になる感染状況

2022年01月18日 12時40分37秒 | 日々のこと
今朝の桑名市内はうっすら雪化粧をしていました。時折強めに降るときもありましたが、降ったりやんだり、みぞれになったり時折陽が差したりという感じです。

積雪や火山の爆発、地震とは関係なく相変わらずオミクロン株の急拡大が進んでいます。三重県では蔓延防止重点措置を国に要請していて19日にも発出される見通しのようです。

重点措置が出ると市の施設の使用に制限が出ることがあります。すでに26日に開催予定だった市の文化講座が中止になっています。今月の30日とその翌週2月6日に開催予定のバロック音楽の旅14講座コンサート第5回、6回にも影響が出ないか注視しているところです。

市当局の話では今のところ重点措置を踏まえた対応は決まっていないとのことですが、なんとか行けるのではと考えています。といいますのも昨年5月に重点措置が決まったときも会場のメディアライヴ1F時のホールは閉鎖しませんでしたからです。でも8月に緊急事態宣言が三重県に発出されたときは、会場は閉鎖されました。そうならないことを祈るばかりです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自筆譜発見!?

2022年01月17日 09時03分04秒 | 音楽系
埋もれていた自筆譜が発見されました。バッハやヴァイスのものでしたら大ニュースですが、私の曲です。(笑)

短い曲だし適当に書きつけて行方不明だと思い込んでいましたが、専用のノートに書いていました。別のソロ曲の原稿を探していましたら、偶然出てきました。



実はこの曲、何日か前のエントリーで90年代の作品(23)をあげましたが、その曲です。聞こえている音が書いてあるだけで特にどうということはありませんが、ひとつだけ、すっかり忘れていたテキストが書いてあるのが発見と言えば発見です。

タイトルが、The Months of the Year ということで月の名前をリズムに乗って覚えるための音楽ですが、テキストはこんな感じです。

Snow in January, Ice in February, Wind in March ... Apples in October, Cold days in November, Christmas in December



作曲年が1991年1月6日となっていますので、そのころS堂が出版していた教科書に基づいています。曲をアップロードした少しあとに自筆の原稿に「再会」できるとは、奇縁といえば奇縁です。現在某市のトップをしているI氏もこの曲で英語を勉強したはずです。ご本人は覚えているかどうかはわかりませんが。(笑)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トンガ沖海底火山噴火

2022年01月16日 11時06分52秒 | 日々のこと
南太平洋の島国トンガ沖で起きた海底火山の大規模噴火で、太平洋側の日本各地で津波が発生しているようです。昨日の12時15分にスマホに津波注意喚起のメールが入ってきましたが、ほとんど影響はないだろうと勝手に思っていました。

すぐ後にテレビをつけたら何やらものものしい雰囲気でした。朝になってもまだテレビでは津波情報をやっています。昨夜は奄美群島に津波警報が出ていましたが、今朝になると岩手県に警報が出ていました。

奄美は南にあるのでわかりますが、なぜ北日本の岩手に警報が?と思いましたが、グーグルで地球儀を見てみましたら納得です。海底火山の位置から日本までは距離があることもあり、日本の南から北まで実際の距離は比率的に大して変わらないのです。

トンガ王国とは通信手段が遮断されているそうで彼の地の被害状況はわかっていません。海底火山の爆発は、幅約5キロの噴煙が高さ約20キロまで上昇したといいますから、トンガ王国の被害は甚大なものだと考えられます。

オーストラリアやニュージーランド、インドネシア、フィリピン、ハワイ諸島なんかの状況も知りたいところですが、何も情報が入ってきていません。今後の推移が気になるところです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桑名は豪雪地帯!?

2022年01月15日 10時00分17秒 | 日々のこと
昨日朝は15センチ超の積雪がありましたが、昼からオンラインレッスンをした名古屋市在住のN君の話では、名古屋市内は1,2センチだったそうですぐ雪は溶けてしまったとのことでした。

TV報道では名古屋市内の様子はやっていましたが、私が見た番組に限っては三重県の北部に関する中継はありませんでした。三重県北部といってもいなべ市は確かに警報も出ていたのでかなりの積雪があったようですが、四日市は大したことはなかったようです。

いつぞや今回と同じ状況のとき、名古屋市内の建築関係の業者さんから聞いた話ですが、桑名市の北部(いなべ市に近いところ)に行く仕事があったそうです。名古屋市内はほとんど積雪がなく、テレビなどの情報から三重県北部の情報もなかったことから、雪の備えなしに向かったそうです。ところが桑名市内に入ると思いもよらない積雪があり、現場に行くのに苦労したとのことでした。

今朝もまだ北向きの屋根には雪がたっぷり残っています。来週初めにはまた寒波襲来だそうで、今シーズン三度目の積雪があるかも知れません。桑名にお越しの際は一般の情報を鵜呑みにせずいろんな角度で情報を集めた上でお越し下さい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

また積雪

2022年01月14日 08時26分07秒 | 日々のこと
昨日の夜からぱらぱらと降り始めた雪、今朝になると15センチほどつもっていました。


今朝7時前に撮影

名古屋、四日市の積雪はテレビのお天気情報では報道されていましたが、桑名は15センチも積もっていますよ。でもこれがリハーサルの昨日でなくてよかったです。

昨年は全く積雪がありませんでしたが、今年はすでに2度もそこそこの積雪。日本海寒帯気団収束帯とやらの直接の通り道になっている当地はいなべ市とともに積もるときは積もります。でも積もるといっても今回程度ですが、何十年に一度くらいは50センチを超えることもあります。私の記憶では確か25年くらい前でしたか膝を超えるくらいの積雪がありました。

こういうときのためにスタッドレスに替えていますし、幹線路は普通に通れますから、生活にはあまり支障は出ていません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする