リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

2つの新しいアルバム

2018年09月18日 15時05分13秒 | 音楽系
ポール・マッカートニーの新しいアルバム、「エジプト・ステーション」がビルボードの1位になったそうです。5年くらい前の前作もプロデューサーを変えて、随分サウンドが変わったなと思いましたが、今回もまた別のプロデューサーが担当したそうです。

今回の作品もとてもポールらしい冴えが感じられる曲が多いのはさすがです。新しいプロデューサーを得て、ポールの作品として違和感がなく、でもいままでとは少し違う新しい感じのアレンジや録音処理が魅力的です。彼と仕事をしたい若い人は一杯いますから、そういった若い才能を得てますますサウンドに磨きがかかっているという感じです。若い人にも、彼らにとってみれば少し古風な感じもあるポールの音楽は、すごくアピールするのでは。まぁどっかのバンドみたいにジジイとばっかりといつまでもやっていたのでは、ファンはジジイとババアだけになってしまうということですか。

あと1枚、新しいアルバム。ヨーロッパを拠点に活動している、リュートの大家今村泰典氏の新しいバッハのアルバムです。もう大分前に彼はバッハのソロ・リュート曲を2枚のCDに録音しましたが、今回はマタイ受難曲、ヨハネ受難曲のアリアも含めた2枚組アルバムで、9月末に彼自身の執筆による日本語解説付きでナクソスより発売されます。

今回は全ての曲が原調のまま演奏されています。前作では例えばホ短調のBWV996はト短調に移調されていましたし、BWV998のプレリュード・フーガ・アレグロはニ長調で演奏されていました。いわゆるニ短調調弦のバロック・リュートで原調のままで全ての曲を演奏をするのは不可能です。リュートを弾かない方にとっては、この話はどうでもいいのでしょうが、演奏する側からすると大問題なのです。

今回今村氏はどういう手法を使ったのかというと、変調弦(スコルダトゥーラ)をいくつかの曲に取り入れました。彼が使った変調弦は、6コースまでは各コースの音程間隔を変えない方法です。前回ト短調で演奏した原調がホ短調の曲は、短3度調弦全体を下げてホ短調に、同じく前回ニ長調で演奏したプレリュード・フーガ・アレグロは半音調弦を上げて原調の変ホ長調で演奏しています。タブ譜的に見れば前回と同じものになります。もちろん実際は多少は変えているでしょうけど。

1曲だけ例外なのが、1006aです。この曲においては、1コースからミド♯ラミド♯ラ以下ホ長調の音階のバス弦、のような変調弦を使っています。この方法はもう40年以上前ですが、当時のバーゼル・スコラ・カントルムの教授であった、オイゲン・ミュラー・ドンボア氏がこのホ長調組曲を実用的に演奏できる変調弦として提唱していたものです。今村氏は若い頃ドンボア氏にも師事をしていましたので、40年以上経って初めて「世に出た」という感じです。ドンボア氏は惜しくも数年前になくなられましたが、きっと草葉の陰で喜んでおられることでしょう。

このアルバムには、受難曲のアリアも入っているというのはすでに述べましたが、それにオルガンでムリス野田亜希さんも参加されています。彼女は名古屋出身で、以前バロック音楽の旅のコンサートにも出演していただいたことがあります。バーゼル・スコラ・カントルムを卒業後はヨーロッパに拠点を置いて活躍されています。

このアルバムに使った会場は、今村氏の自宅のすぐ近くの教会です。いい響きの教会がすぐ近くにあり、近所に住んでいる演奏家と一緒に録音できるなんて、素晴らしい環境ですね。
コメント (2)

ブラックアウト

2018年09月07日 10時16分37秒 | 日々のこと
台風が過ぎ去ったと思ったら今度は大地震です。北海道の山崩れには驚きました。今までに知っている山崩れというのとは次元が異なり、同時多発山体崩壊とでもいうべき感じがします。

今回の地震で電力供給にも大きな影響が出ています。北海道中で今だに停電が続き、完全に復旧するのには一週間以上かかるということです。この「ブラックアウト」は北海道全体で大地震が起こって、各地の発電所がやられたというのが原因ではないそうです。

北海道電力の発電体制が、今回被害を受けた苫東厚真火力発電所(出力165万キロワット)に依存しすぎていたというのが原因とのことです。これは東日本大震災を受けて、泊原子力発電所(出力207万キロワット)の稼働停止以降のことで、北海道電力はその危険性は承知していたようです。「ブラックアウト」に陥る危険を避けるため、北海道電力はガス火力発電所の新設を決め19年に完成予定でしたが、今回の地震には間に合わなかったのです。

東日本大震災後に当時の菅政権がかなりヒステリックに世論を煽って日本全国の原発を止めてしまいました。恐らく電力の専門家は今回のような事態は知っていたはずですが、恐らく冷静な議論なしに政治的パフォーマンスで決定した感じがします。

原発に関しては、作る前の議論ならいざ知らず、すでに作ってしまっているわけなので、多岐にわたる慎重な議論を経て総合的に判断すべきことだと思います。原発は危険だから即廃止すべきだというのは、あまりにナイーブな議論です。

危険だと言って原発を稼働停止させ、それが原因でブラックアウトが起こり、さらに当然稼働停止している原発の電源も停止し、原発自体が危機にあった(難は逃れたようですが)のは皮肉なことです。結果論ですけど、「危険な」原発を稼働させていれば、今回の事態には至らなかったというこです。

それにしても、再生エネルギー賦課金の問題もそうですが(今月も2000円近くをたくさんお金を儲けている業者さんに献納させていただきました)7年前の菅直人民主党政権の失政には誠に罪深いものがあります。(民主党政権は菅直人政権以外もたくさん「亡国的」失政がありましたが)

国のトップの決断は実に重いものがあります。私は今回の「ブラックアウト」は人災ではなかったかと思うのですが、このような事態に陥らないためにも、私たちは政治家の言動に対し、しっかり目を見開いていなくてはなりませんし、選ばれた政治家も負託に値する行動をとらなくていけないと思います。
コメント (2)

大規模停電!

2018年09月05日 10時03分49秒 | 日々のこと
昨日の台風はすごかったですね。皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか。

ピーク時には家が揺れまくっていました。少し前の台風のときも揺れましたが、それよりはずっと風は強かったようです。今回の台風は速度が速いので16時過ぎにはピークを過ぎたかなという感じがしましたので、もうこれで一安心とデスクトップ・コンピュータを立ち上げて一仕事始めました。停電が心配ならノート・パソコンでやればいいのですが、さすがにピークを過ぎたので大丈夫だろうという判断です。

何日か前から、来年のリサイタル用に、アウグスブルク写本からクラインクネヒトのコンチェルトをシベリウスでスコア起こしをしていましたが、8時半頃に遂に打ち終えました。手書き譜は結構各パートが不統一なのでまだあと検討箇所は沢山ありますが、取りあえず形にはなりました。私はコンピュータは寝る前に電源を落としますので、まだ寝るには早い時間ということでそのままにして二階の居間でテレビを見ていました。

すると突然、プツンというような音がして真っ暗になりました。久しぶりの停電ですねぇ。ここ30年くらいは一度もなかったです。でも一応ろうそくと手巻き発電ラジオ(前日に点検してあります)は用意してありましたので、切り替えです。



何か懐かしい世界ですね。伊勢湾台風のときは1週間くらい停電していましたが、今回はすぐ復旧するだろうと思って不便さを楽しむことに・・・でも1時間経ってもまだです。もうそろそろ不便さを楽しめなくなってきました。(笑)部屋もエアコンが切れているので蒸し暑くなってきたし。9時前に停電して、2時間ちょっと経った11時過ぎにやっと電気は復旧しました。停電中にネットで調べていましたら相当規模の大停電だったようです。

電源を入れてあったコンピュータが心配なので、すぐに見に行きましたが、全く何事もなかったかのようにWindowsは立ち上がりました。最近のWindowsは堅牢なのですね!シベリウスもちゃんと復旧用のファイルが保存されていて、データが壊れるというようなことはありませんでした。ま、もともと保存はこまめにしていましたし。

翌日家の周りを見てみましたら、特に異変はありませんでした。ただ少し離れたところにある空き家の前にステンレス製の何かがくちゃくちゃになって落ちていました。これは町内会長さんに連絡しておかんといけませんです。
コメント (2)

河口湖自動車博物館

2018年09月01日 19時13分00秒 | 日々のこと
河口湖の近くに1年のうち8月のみ開館するという珍しい博物館があります。これまで2回訪問致していますが、8月の終わり頃になって急に思い立って家内と出かけました。

この博物館は、原田信雄さんという方が私財をなげうって作った博物館で、自動車の他、飛行機も沢山展示されています。私は飛行機の方に興味がありますので、見学はもっぱら「飛行館」が中心です。ここには主に日本の大戦機が展示されているという希有な博物館です。最近は岐阜県の各務原航空博物館で修復された陸軍三式戦闘機「飛燕」が展示されたりして、かつての日本の航空機を大切に扱うところが増えてきてはいますが、なんといってもここは世界で日本の大戦機が一番多く展示されているところです。誉、アツタ、栄といったエンジンの展示もあります。今年の目玉は、ほぼ修復が完了した陸軍一式戦闘機「隼」です。



この機体は初期型ですので、プロペラが2枚です。多分飛行可能な状態にまでは修復しないと思いますが、仮にそこまでしたとしても今度は飛ばすのが大変です、というかほぼ不可能に近いと思います。その点、昨年末訪問しましたカリフォルニア州チノにある「名だたる飛行機の博物館」はなんと飛行場が隣接しているのでさすがにアメリカです。この河口湖自動車博物館は今日から来年の7月31日までお休みです。

昨年の訪問は日帰りでしたけど、今回は箱根の強羅温泉に泊まることにしたので、博物館見学後は強羅に向かいました。御殿場を通って行くのですが、途中ふと思い出して、東山荘という施設に立ち寄りました。実はこの東山荘、1972年に日本で初めて古楽のサマーセミナーが開催されたところです。



この時は、バッハのBWV198から復元されたマルコ受難曲を演奏するというのがテーマでした。まだ二十歳そこそこの私は、まだリュートは持っていなかったものの、BWV198でリュートが使われているということは知っていましたので、このセミナーに行けばきっとリュートを弾く人がいるだろうということででかけましたら、予想通りSさんとNさんという方が参加されていました。

このセミナーはいわば「梁山泊」といった感じで、現在の古楽界の重鎮となられている方々が参加されていました。フラウト・トラヴェルソの有田さん、ガンバの宇田川さん、平尾さん、ヴァイオリンの小野さん(当時は中島さん)等々、2年後に師事することになる大橋敏成先生も講師で参加されていました。平尾さんは当時高校生、大橋先生のレッスンを確かフィッシャー館という別棟でレッスンを受けていました。リュートは当時日本には先生がいなかったので、リュートの研究もされていた大橋先生のヴィオラ・ダ・ガンバのレッスンを聴講していました。

東山荘は現在も営業していて、施設の中に入ってみましたが、アプローチのところと駐車場付近に当時の記憶と結びつくところが少しあったものの、それ以外は全く当時を思い起こさせるものはなく、46年の歳月の長さを思い知りました。ひとつくらい懐かしい建物があってそこで感慨に浸りたかったんですが・・・



コメント

暴風!?

2018年08月24日 13時53分52秒 | 日々のこと
台風20号、進路が当地からは若干はずれたとはいうものの、風はすごかったです。夜中の12時過ぎでしたか、何かドンと鈍い感じの物音がしたので外に出てみましたら、玄関に出してあった鉢植えがひっくり返って、南天の木が根っこと土もろとも鉢から抜け落ちて転がっていました。慌てて、少し離れたところにあった鉢に入れ戻して風の当たらないところに置き直しました。状況から察するに、単に風で倒されたのではなく、暴風によって鉢が舞い上がり、下に落ちたのではないかと思われました。

今回は暴風圏に入らないという予想でしたので、玄関に置いてある鉢植えはそのままにしておきました。結局当地には強風注意報は出ていたものの、暴風警報はでませんでした。でも、家が揺れるくらい風が強かったですから、警報が出てもよかったのではと思います。多分気象庁のデータが不正確だったのではないでしょうか。これって深夜だったからまだしも明るいうちにこんな状態になり、警報が出なかったら、学校の登下校なんか相当危険ですね。

暴風警報と言えば昨年のバロック音楽の旅講座第3回のときにも、リハーサル真っ最中の13時過ぎに暴風警報が出ました。基本的には私の判断で中止か継続ができたので、継続することにしました。その時は風は穏やかで、講座修了の4時半過ぎでもまだそんなに風は吹いていませんでした。実際に強い風が吹き始めたのは夜の8時を過ぎた頃でした。これは明らかに警報が出るのが早すぎた例です。

諸般の事情を考慮して、早めにとか遅めに警報を出すのはわからないことはないですが、正確なデータに基づいて、基準をきちっと守って警報を出した方がいいのではないでしょうか。
コメント

サマータイム

2018年08月22日 22時29分28秒 | 日々のこと
ネットのニュースを見ていましたら、勝手にサマータイムをやってみました、という内容の記事がありました。サマータイムの話題はそもそも某政治家が、オリンピックの酷暑対策としてサマータイムを導入してはどうかと言い出したのが発端のようです。

オリンピックといっても全ての競技で酷暑が問題になるわけではなく、主にマラソンとか競歩あたりが問題になるのでしょうけど、それの対策でサマータイムということしょう。

でもサマータイムを導入したら、まず桑名の石取り祭りの本楽が暑いうちに始めなくてはならず、大変です。本楽は暗くなり多少は過ごしやすくなってきた頃が「本番」で、日が明るく暑いときでは、熱中症続出間違いなしです。

では、全体をサマータイムの分2時間ずらして、暗さをを基準にしたらどうかという考えもあるでしょうが、石取り祭りの祭車は40台近くあり、順番が最後になった町内が神社に石取りの鉦太鼓を奉納して、町内に帰る頃はもう空が明るくなった頃になります。

これではどうみても祭りの遂行は無理でしょう。同じような問題は、阿波踊りとか各地で行われる花火大会についても起こることです。花火は暗くならないといけません。いつもの7時開始9時頃終了の花火大会を9時開始11時終了の花火大会なんて、翌日のことを考えると終わりまでつきあえない人が出てくる、あるいは翌日だるくて仕方がない人が出て来ます。

これら以外にも、コンピュータシステムの時間管理の関係から、電車の運行システムとか、銀行のオンラインシステムなどは多額の経費と時間をかけて作り直す必要があります。花火大会は翌日眠くなるくらいで済むかも知れませんが、コンピュータシステムにもし障害が出たら、かなり大きな損害がでるのではないでしょうか。

というようなことはシロウトの私が考えてもすぐに思いつくわけで、たかがオリンピックのために国民の生活に多大な負担や社会の混乱を招く可能性があるサマータイム導入なんて軽々しく口にしないでほしいですね。それとも老獪な某政治家のことですから、何か別の意図でもあるのでしょうか。
コメント (2)

今日も・・・

2018年08月06日 11時34分00秒 | 日々のこと
今日も午前11時現在、気象庁全国観測値ランキング最高気温の部で、37.5度で桑名がトップに立っています。2位、3位には強豪名古屋、多治見がつけているので、午後には抜かれるかも知れません。

最近このランキングの上位に常連化した感がある桑名市ですが、なぜかワイドショーでは取材に来たことがありません。やはり一日の後半でいつも他都市に一位を譲るという奥ゆかしさがあるからなのでしょうか。

先日からカリフォルニアに住んでいる娘一家全5人+息子from Tokyoが我が家に来ていて大賑わいですが、カリフォルニアはもっと気温が高く、桑名の最高気温なんてまだかわいいものだと、はじめ娘は言っておりました。


皆さんの来桑にそなえてプチリフォームです。

でもこの地方特有の湿気の多さと、夜になっても気温が下がらないのには、少々参っているみたいです。カリフォルには確かに日中の最高気温は40度を優に超える日が続くそうですが、夕方になるとぐっと気温が下がり、朝も涼しいそうです。娘は20年近く日本を離れているので、桑名の夏をすっかり忘れてしまったようです。
コメント

今日は暑い!

2018年07月23日 11時57分31秒 | 日々のこと
今朝起きた時にすでに部屋の中の気温は30度を超えていました。早速気象庁のサイトで確認しましたら、何と桑名は全国二位です。

今までも全国二位になったことがありましたが、おくゆかしい桑名のこと、決して一位は狙いません。はたして、お昼前には全国ベスト(ワースト)テンの圏外でした。やはり熊谷とか多治見は強いです。今日は関東と東海が暑いみたいです。こういうときは冷房の効いた部屋でアイスクリームを食べるのが一番です。
コメント

桑名の災害

2018年07月13日 23時39分11秒 | 日々のこと
今回の大雨による西日本各地の被災状況はすさまじく目を覆わんばかりです。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、一刻も早く地域が復旧されることを願っています。

私が住んでいる桑名も1958年の伊勢湾台風で大きな被害を受けました。私はそのころ小学校の低学年でしたが、自宅に水が入ってきたときのことを今でも鮮明に覚えています。電力は1週間くらい停電をしました。当時は車は普及する前で、車が流されるという被害はありませんでしたが、牛馬豚や鶏など動物が沢山死にました。ウチの近所に流れる小さな川の対岸には鶏の死骸がいつまでも残っていました。そこへ人が行くのは難しいのでずっとほったらかしにされ、亡骸は次第に朽ち果てしまいには骨だけになっていきました。

私が通っていた市立N小学校は、天井から30センチくらいのところまで水が来ました。小学校卒業まで、その水が来た跡がついた教室で勉強しました。その高さは床から2メートルくらいだったでしょうか。そのN小学校のすぐ前に、長圓寺というお寺がありますが、その寺の11代目住職であった魯縞庵義道(ろこうあんぎどう)が桑名名所図会(久波奈名所圖會)という桑名および近在各所の地誌、歴史などをまとめた著作の版下が完成したのが19世紀の初め頃だと言われています。19世紀始めの頃までの All about Kuwana です。



この久波奈名所圖會のファクシミリが昭和52年(1977年)に出版され、我が家でも購入致しました。私住んでいるのは江戸時代から大正年間には八幡瀬古と呼ばれた町ですが、200年以上前の近所のことが結構事細かに記述されているのに驚きます。その中で水害の話も書かれていました。

それによると慶安の洪水というのがあって、「走井山の下より東一面の海となれり」という惨状だったそうです。走井山の下というのは今で言うと北勢線馬道駅とか県立桑名高校につながる坂の麓まで水が来たわけで、これは伊勢湾台風の浸水域よりずっと広いということを示しています。そこよりずっと海に近い八幡瀬古は完全水没です。ちなみに伊勢湾台風時には我が町内は半分だけ浸水しましたが、残り半分は無事でした。これは伊勢湾台風時は鍋屋堤(揖斐川の堤防)が切れただけでしたが、慶安の洪水では、町屋川堤と鍋屋堤の両方が切れたという差です。2つの川の堤防が同時に切れたら桑名はアウトです。

名所図会にはこの水害が「慶安3年庚寅九月二日」のことだと記されています。調べて見ますと、西暦では1650年9月27日になります。伊勢湾台風は1958年で寅年ではありませんが、日が9月26日なので慶安の洪水と一日違いということになります。あと享保七年八月十四年(1722年9月24日)にも大きな水害があり、この年も寅年であったため、慶安の方を「大寅の洪水」、享保の方を「小寅の洪水」という、と名所図会には記されています。伊勢湾台風が寅年だったら「三寅の洪水」になるところでしたが、時期がいずれも9月で、大寅=27日、小寅=24日、伊勢湾台風=26日ですので、9月は桑名にとって厄月かも知れません。

名所図会の、慶安の洪水の記述で興味深いのは「矢田町行当たりの地面と七曲がり御門の笠木と高低同じとは、此の時の洪水にて知れたりと申伝えり」というくだりです。七曲がり御門というのは、多分今のN小学校の近くにあったと思いますが、そこと東矢田、西矢田町あたりの高低差が2メートルくらいです。伊勢湾台風の時は、東矢田と西矢田の境界線くらいまで浸水しましたので、私が小学生の頃見ていたN小学校の天井すぐ近くにあった浸水跡がウチの近くの地面と同じ高さということです。360年余りの間は、土地の高低差の変化はなかったことになります。でもその少し前1586年、桑名も大きな被害を被っただろう天正大地震以前は異なっていたかも知れません。

天正大地震のときは本多忠勝による町割(都市建設)以前ですから住んでいる人は少なかったかも知れません。桑名は、大寅、小寅、戊辰戦争では市街の破壊は免れましたが、第二次世界大戦時の数回にわたる空襲、伊勢湾台風とこの300何年かで何度も壊滅的な被害を被っています。あと大火もありました。さすがに火山の噴火被害は今後もなさそうですが、直下型地震は長いスパンでしょうけど、充分ありえます。桑名に住む人間として、この歴史上わかっている分はしっかりと認識をして備えをしていかなくてはいけませんが、実際にはどうしたものか。一応家を新築したときは、伊勢湾台風のとき浸水した高さに土を盛ってそこに基礎を築き家を建てましたが、でもこの程度では「大寅」がきたらイチコロです。まぁせいぜい水や保存食を備蓄してしっかりと保険に入っておき、大水が来たら桑名高校まで走って逃げられる体力をつける、といったところが対策でしょうか。
コメント

レッスンのたたき売り!?

2018年07月11日 12時25分01秒 | 音楽系
一か月くらい前でしたか、日本音楽著作権協会(JASRAK)から電話がかかってきまして、3月に行った一連のコンサートで、著作権使用料を払ってない曲があるのではないかと聞かれました。

私は古楽専門の演奏家ですので、ふつうは著作権使用料が発生する曲は演奏しない、と返事しましたら、今後著作権使用料発生しない曲ばかりのコンサートをするときは、こちら(JASRAK)に連絡を入れてくださいという返事でした。

ん、あれれ?それって逆じゃないの?著作権使用料を払わなくてはいけない曲を演奏するときにこちらから申請するのではなかったのかな?久保摩耶子委嘱作品や伊福部昭のファンタジアをプログラムに入れたときはきちんと申請して、しかるべき使用料を支払いました。

JASRAK側のあきれたいいぐさにカチンときたので、しばし毒づいた後電話を切りましたが、昨日のJASRAK関連の報道にもまた来たかと思いました。

それによれば、JASRAKは3月に大手音楽教室宛て契約を促す文書を送付、楽曲の著作権料として受講料収入の最大2・5%の支払いを求め、6月末で21事業者が契約に応じたとのことです。

ここまではうーむ、そーかーといった感じでしたが、会長さんがこんなことをおっしゃいました。

「たたき売りは、がまの油やバナナが仕入れ商品で、口上を述べて売るのは技術。同じことで、教えることは技術、仕入れは音楽や歌と考えれば、仕入れ代を払うのは当たり前だ」

私らはレッスンをたたき売りしているオッサンなんかい!と突っ込みを入れたくなりますが、どうもよくわからないたとえです。たたき売りとレッスンは相当状況が異なります。

JASRAK側には有能な法律の専門家がいて、法律的には、音楽教室側は「すでに外堀が埋められた」状態らしいのです。楽曲の90%を管理しているJASRAKは独占禁止法違反と違うのかい?とシロウトは思うのですが、この問題もすでに訴訟を経てクリアしたようです。

係争中の裁判でJASRAKが勝訴すれば、堂々とすべての音楽教室に支払いの網をかけてくるでしょうが、レッスン中での楽曲演奏とコンサートでの楽曲演奏どちらも使用料を取るというのはしっくりきません。専門家によりますと、演奏権の範囲が広がれば、たとえばオーケストラのリハーサルなんかも対象になってくるかもしれないといいます。

法律的には正当でも感覚的あるいは常識的に見てなんか変、というのはこの件以外にもときどきありますが、今後どうなっていくんでしょうか。
コメント (2)