中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ集 中小企業経営者ブログ

ボトルネック業務を改善する着眼点

2022年09月20日 06時42分18秒 | 中小企業の生産性向上

中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の中小企業のコンサルティング、東京都目黒区の専門サービス業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティングをします。

今日はボトルネック業務を改善する着眼点についてです。

【ボトルネック業務を改善する着眼点】作成 中小企業診断士 竹内幸次
・例えば商品を仕入れてから倉庫に配置し、受注を受けてから商品をピッキングして梱包して出荷する場合、どの工程がもっとも手間が掛かり、時間が掛かり、ミスする可能性が高いかを考えてみよう。
・一般にもっとも手間が掛かる業務は、その業務が上手くできれば利益が増え、上手くできなければ利益が減る業務とも言えるはず。このような業務や工程のことをボトルネックという。製造現場でよく使われる言葉ではあるが、流通加工等の物流分野でもボトルネックの解消は重要です。
・A社員が担当するA業務と、B社員が担当するB業務との関連が大事になる。もしもA業務が遅れれば、B業務には着手できず、従業員を遊ばせてしまうことになる。逆にB業務が遅ければ、Bの前にはAが完了した業務が蓄積されて、製品や情報の鮮度が落ちてしまう。
・理想はAとBの間に仕事待ち時間がなく、また、中間在庫もない状態。そうなるために、AとBの業務時間を測定してみよう。ほぼ同じ時間で業務が終わるようにAとBの業務量を調整するとよいでしょう。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

2022年9月22日に講演「DX戦略~中小企業のDX推進事情と最新WEB活用」をちばぎん総合研究所ビジネススクールで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「ボトルネック」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
デジタル活用講演(Zoom等オンライン講演可能)・講師は高い集客力、確かな講演満足度のスプラムへ
創業塾満足度全国1位。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、SEO、デジタル活用、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,400回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2022 SPRAM All Rights Reserved. 中小企業診断士問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新規店舗オープン時にはプレ... | トップ | 経営効果が高いSNSハッシュタ... »
最新の画像もっと見る

中小企業の生産性向上」カテゴリの最新記事