中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

講師の立場から考えるZoomウェビナーとミーティングの違い

2021年03月27日 07時44分38秒 | デジタル化支援・デジタル活用

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は今後の講演レジュメを作ります。

今日は講師の立場から考えるZoomウェビナーとミーティングの違いについてです。

【講師の立場から考えるZoomウェビナーとミーティングの違い】
作成 中小企業診断士 竹内幸次
・Zoom公式サイトにあるように、Zoomミーティングとウェビナーは適した用途が異なる。
・ウェビナーは「参加者はお互いにやり取りすることはありません。」と説明されている通り、講師と受講者とのやりとりをしない前提で設計されている。
・中小企業診断士としてZoom講演をする場合、30~40人の参加者の場合はミーティングの方が参加者とのコミュニケーションが取れる。講演が成功する要素が多い。
・ウェビナーは複数パネリストとのディスカッション等を100人を超すような大勢の参加者に聴講してもらう方式が合う。
・パネリストが講師1人なのにウェビナーを使うと、参加者反応が何も得られず参加者の様子に応じて話し方を変えることができない。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っています。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2021年5月15日に講演「会社をPRする中小企業のSNS・WEB活用法」を事業承継センター株式会社社長の勉強会で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「ウェビナー」をテーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。Zoom等のオンラインコンサルも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2021 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 対面商談よりもオンライン商... | トップ | マンボー、まんぼう、まん防... »
最新の画像もっと見る

デジタル化支援・デジタル活用」カテゴリの最新記事