中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

過去のブランドイメージが邪魔して革新できない

2019年04月14日 08時50分59秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は過去のブランドイメージが邪魔して革新できないについてです。

我々中小企業からすると、自社名や商品名が「ブランド」になることはとても嬉しいことです。ブランド価値が付加されるため、収益性がアップします。自社にとって好ましい人材も集まりやすくなります。

ここで考えたいことは、そのブランドイメージのままで今後もよいのか?ということです。世界も日本も大きく変わっている今、20年前等に価値があったブランドイメージは本当に今後も有効なのだろうか?

【過去のブランドイメージが邪魔して革新できない】
・ブランドを持つことは良いことである。資産価値、収益ともにアップする
・現在のブランドイメージは、過去の積み重ねによるもの
・ブランドがあるが為に新規市場を見逃してしまうこともある
・既存ブランドがあるが為に新しいブランドイメージに脱皮できずに衰退することもある
・ブランドで笑い、ブランドで苦しむ事例として、トヨタやキヤノン、ユニクロ、セブンイレブン等の成長戦略をウォッチしてみる

関連講演:
2019年5月20日に講演「商談会・見本市出展における販路開拓セミナー」を公益財団法人高知県産業振興センター/第1回経営セミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「ブランド」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 革新とは時に現状を強く否定... | トップ | SEOから考えるホームページ内... »
最近の画像もっと見る

経営革新・イノベーション」カテゴリの最新記事