オペラファンの仕事の合間に パート2

大好きなクラッシック音楽やフィギュアスケート、映画などを語ります。メインは荒川静香さんの美しさを語るブログ。

メドベージェワ、オーサーコーチ門下へ。

2018年05月08日 12時35分13秒 | 2018-2019年シーズン
2月の平昌オリンピック銀メダル・ロシアのエフゲニア・メドベージェワが7日、羽生結弦君と同じ、カナダのブライアン・オーサーコーチに師事することを正式に表明しました。
練習拠点をロシアからカナダに移すメドベージェワ。キム・ヨナがバンクーバーオリンピックでの金メダルの時のコーチもオーサー。
このところ気になっていたのは、ロシアから若い選手が、どんどん輩出していますが、どうも使い捨て感を強く感じていました。やはり息の長い選手に育って欲しいと強く願っていたので、長く続けるには、メドベージェワにとって、良かったのではないかと思います。
またメドベージェワと羽生君の2ショット画像はいろいろあり、息の合ったところを見せてくれているので、メドベージェワの存在は羽生君にとっても、いい刺激になるでしょう。
私は3月末、大阪でのアイスショーで初めてメドベージェワの演技を見ました。たいへん魅力的なスケーターです。
新しいシーズン、メドベージェワが新しいプログラムで、どう演技が変わるのかが楽しみです。





にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒川静香さんがフィギュア世界殿堂入り。

2018年04月20日 14時35分48秒 | 荒川静香さん
今月17日、荒川静香さんのフィギュア世界殿堂入りが発表されました。

日本人では伊藤みどりさん、佐藤信夫さんに次いでの快挙。

荒川静香さんは2006年トリノ冬季五輪女子金メダリスト。そして引退後はプロに転向。プロになっても、美しさが増し素晴らしい演技を見せてくれています。

私は荒川静香さんの現役時代からの大ファン。こんな喜びはありません。

これからの荒川静香さんのさらなるご活躍を期待しています。


この素晴らしい報せを私と同じ荒川静香さんの大ファンであるシフさんに捧げます。









にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界選手権2018~「THE LEGENDS~メダルウィナーズ・ガラ~」

2018年04月14日 15時21分20秒 | 2017-2018年シーズン
長らくブログ更新が滞っていました。仕事の面で何故か忙しくなったことと、facebookの対応と重なり気になりながらも、ズルズル来てしまったのが現実です。しかし、この間もフィギュアスケートへの愛情は何ら薄れてはいないことだけは間違いありません。
先般、CS放送のJスポーツでの今年の世界選手権の放送でエキシビションを含めて全競技、全ての演技を見終えたばかりです。
本来ならば、競技毎にコメントしたいのですが、今はとても気力と時間がないので、機会があれば書き込んでみたいと思っています。
今年の世界選手権は2月の冬季オリンピック直後だけに見方が難しかったと思います。オリンピックを終えて、もう一度、コンディションをピークに持っていくことの難しさを改めて痛感しました。けっしてオリンピックの時のように、最高の演技を披露することが出来ない難しさの中で、少しでも最高の演技を目指そうという姿勢、また、その中で宇野昌磨君のように、氷上に立ったら、けっして諦めない姿勢を見せてくれる演技を見て、私はオリンピックにないフィギュアスケートを見る醍醐味を強く感じることが出来ました。「オリンピックのあとの世界選手権なんて」と言う声も知っていますが、けっして、そうではない!と声を大にして言いたいものです。
さて私は先月3月30日に大阪のなみはやドームへ「THE LEGENDS~メダルウィナーズ・ガラ~2018」を見にいきました。そして私自身、フィギュアスケートを満喫するものがありました。
女子シングルが一番好きな私にとってエフゲニー・メドベージェワ、アリーナ・ザキトワ、宮原知子さんの演技に拍手喝采。
そして、ネイサン・チェン、ハビエル・フェルナンデス、パトリック・チャン、エフゲニー・プルシェンコの演技を見ていると男子シングルの系譜を目の当りにしているようで震えるような感動を憶えました。
そして次のフィギュアスケート界を担う坂本花織さんの「カラーパープル」、宇野昌磨君の「トゥーランドット」を見て、フィギュアスケートの歴史に、また新しい扉が開かれた気持ちになり感慨無量でした。
私も元気なうちは、これからもフィギュアスケートを見続けていきたい。このエキシビションを見ながら強く感じました。
当ブログは先行き不透明で、更新は少ないかもしれませんが、行ける所まで行ってみたいと言う気持ちです。
いよいよ新しいシーズン。今年のNHK杯は広島での開催。今までNHK杯へは、チケットがどうしても取れず、残念ながら行ったことがないので「今回こそは!」と思っています。






にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペアの高橋成美さんが引退。

2018年03月31日 16時52分01秒 | 2017-2018年シーズン
フィギュアスケート・ペアの高橋成美さんが引退を発表しました。
2012年の世界選手権では3位。当時、CS放送のJスポーツの番組を見終えて私はブログで、こう記していました。
「高橋成美さん&マーヴィン・トラン組は最終滑走だったのか!それも王者アリオナ・ザフチェンコ&ロビン・ゾルコヴィー組の直後の演技だったのか!
会場音だけの映像。
美しい音楽に乗っての素晴らしい演技。見ていて目頭が熱くなってくる。特に演技中の成美さんの表情の豊さ。今までは、どちらかと言うとスピード感あふれる演技が特徴でしたが、今シーズンに入って世界のトップクラスのペアの演技に相応しい優雅さ、美しさが際立って来ました。本当に素晴らしいペアが我が国から生まれたことを、本当に嬉しくてたまりません」
当時のパートナーはカナダのマーヴィン・トラン。この後、国籍問題で、この素晴らしいペアがコンビを解消したことは本当に残念でした。もし、このペアが続いていたら、毎シーズン、世界の強豪たちと肩を並べる存在になっていただろうと思うと世界のペア界の大損失だったと言っていいでしょう。
マーヴィン・トランとのペア解消後、けっして彼女にふさわしい相方に恵まれていたとは言えなく、ケガもあり彼女自身、苦悩したのではと思います。
引退後の動向に関しては、まだ何ら情報はありませんが、ケガもきちんと直して、また何らかの形でフィギュアスケート界に復帰して、あの素晴らしい笑顔を見せて欲しいと願うばかりです。
なお、下は2012年・世界選手権の画像です。








にほんブログ村

にほんブログ村




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世界選手権が終わってしまった。

2018年03月27日 15時05分27秒 | 2017-2018年シーズン
今シーズンの世界フィギュアスケート選手権。
録画はしていますが、仕事が忙しく、まだ全て見ていません。またペアやアイスダンスは全く見れない状態。
今月末からCS放送のJスポーツで全競技ノーカットで放送予定なので、こちらをきちんと見て、今シーズンを締めくくりたいと思っています。
それにしても樋口新葉さん、本当に良かったですね!
きっと今回の結果は大きな自信となったとおもいます。4年後の北京オリンピックに向けて大きな第1歩になったに違いありません。新葉さんの、これからを大いに注目したいと思っています。
今週の30日。大阪へ「メダルウィナーズガラ」を見に行く予定です。
ザキトワ、メドジェーエワ、宮原知子さんなど豪華メンバーの演技をしっかりと見て、感想をコメントしたいと思っています。







にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「浅田真央展」

2018年03月16日 14時51分33秒 | 浅田真央さん
今日は、岡山駅前の高島屋で開催中の浅田真央展を見に行きました。多くの衣装やパネル写真、オリンピックや世界選手権でのメダルなどの展示でフィギュアスケートの大好きな私は時間を忘れて見いりました。ノービスから引退までの数々の衣装。浅田真央さんの競技生活がいかに長かったかを痛感するものがあります。衣装やパネルを見ながら、あの時、この時と思いを馳せるものがありました。
バンクーバーオリンピックの時のラフマニノフの前奏曲「鐘」の衣装を見ると、あの時の壮絶な演技を思いだしました。この衣装を着てバンクーバーの、あの緊張感あふれるリンクに立ったのか!そしてフリーでは二度もトリプルアクセルを成功させたのか!この衣装を着て!
4年後のソチオリンピックでのフリーの衣装。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番での演技。衣装を見てるだけで熱くなるものがあります。
また現役最後のシーズンの「火祭りの踊り」のショートプログラムの黒色とフリープログラムの赤色の衣装が並んでいるのを見ると、改めて最後まで真央さんが挑戦的な姿勢を崩さなかったことを目の当りにするものがありました。
ただ、一番印象に残ったのは、真央さん愛用のスケート靴。色もあせ、正に使い切った感の強く感じるスケート靴に、真央さんの今までの苦闘が伝わってくるようで、言いようもない気持ちでした。
浅田真央さんは引退してしまいましたが、手元には今までの演技の録画が、いろいろあるので、見直して行きたいと思います。









にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界ジュニア選手権2018

2018年03月13日 13時57分46秒 | 2017-2018年シーズン
23 Mako YAMASHITA JPN FS 2018 World Junior Champs


世界ジュニアの女子シングル。
3位に山下真湖さん。ジャンプのきれいな選手。まだ中学生。これからが楽しみです。私が以前から注目している横井ゆは菜さんも6位。
3月17日の土曜日にCS放送のJスポーツで放送があるので、じっくりと演技を見るつもりです。
3位の山下真湖さんのフリープログラムの演技の音楽は歌劇「蝶々夫人」の音楽。
ジャンプも高さがあり素晴らしいですが、この年齢で、これだけの情感あふれる演技。
演技が音楽に負けていないのが本当に素晴らしい。


にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月30日は「メダルウィナーズガラ」

2018年03月09日 14時48分52秒 | 2017-2018年シーズン


3月30日大阪へ「メダルウィナーズガラ」を見にいきます。

アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ、宮原知子さんにエフゲニー・プルシェンコ、宇野昌磨君など豪華メンバー。

鈴木明子さんの名前もあります。

翌日からは「スターズオンアイス」ですが、仕事の関係で無理なので、絶好の機会かもしれません。


にほんブログ村

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今井遥さん、引退。

2018年03月02日 15時52分32秒 | 2017-2018年シーズン
まだ平昌オリンピックの話題に湧いている中、フィギュアスケートの今井遥さんが現役引退を発表しました。
私の好きなスケーターの一人だっただけに、やはり寂しさを感じます。
2009年暮、私は翌年2月のバンクーバーオリンピック代表選考を兼ねた全日本選手権の翌日、エキシビションである「メダリストオンアイス」を大阪のなみはやドームで見ました。
この時、初めて当時ジュニアだった今井遥さんの演技を初めて見ました。彼女は、まだ中学生だったと記憶していますが、たいへんハツラツした若さあふれる演技が強く印象に残っています。
また、この時、同じジュニア代表として羽生結弦君や村上佳菜子さんも出演していて、年月の経つことの凄さを実感するものがあります。
以前、何かのフィギュアスケートの雑誌で将来の夢を問われて「プロスケーター」と答えていたことが強く記憶に残っています。この数年、彼女はケガで、たいへん苦しんできました。引退を機に、きちんと養生して、アイスショーなどで再び、あの美しい演技を見せて欲しいものです。




にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピック、エキシビション

2018年02月27日 17時48分39秒 | 平昌冬季オリンピック
昨晩は平昌オリンピックのフィギュアスケートからエキシビションを録画で見ました。
アイスダンス、私の大好きなイタリアのアンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテによるチャップリン・プログラム。
また男子シングル銅メダルのハビエル・フェルナンデスの楽しい楽しい大パフォーマンスなど見所満載。
楽しく、美しく、そして華麗で豪華なオリンピックならではのエキシビション。
これで私の平昌オリンピックが終わりました。4年後の北京オリンピックも元気でいたいという気持ちで一杯です。








にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピック、女子シングル・フリー

2018年02月26日 22時24分51秒 | 平昌冬季オリンピック
平昌オリンピック、フィギュアスケートの女子シングル・フリーが終わって数日が経ちましたが、まだ、あの凄かった最終グループの余韻が残っています。しかし、何故か、私の心の中ではモヤモヤ感が残っています。
ショートとフリーの合計で220点越えをしても、メダルに届かなかった宮原知子さん。何とかならなかったものかと言う気持ちが今もあります。
フリーでの歌劇「蝶々夫人」の音楽での演技は本当に素晴らしかった!感動的だった!そして強く心に残る演技でした。それをメダルと言う形で残すことの出来なかったもどかしさ。彼女の演技が素晴らしかっただけに、しばらくは残るのでしょう。
金メダルのアリーナ・ザキトワ、銀メダルのエフゲーニヤ・メドヴェージェワのロシア勢は本当に見事でした。特にメドヴェージェワのフリーでの鬼気迫る演技は強く印象に残りました。
ザキトワは15歳での金メダル。15歳での金メダルののち、これから彼女が、どんなスケート人生を歩むのか?そして、これから体型も変わっていくと思いますが、どう乗り越えていくのか?、心配でもありますが、今回の金メダルを通過点として、さらに大きな存在に成長して欲しいと願うばかりです。
ロシアからは、どんどんと若いスケーターが登場していて、ロシアの養成システムに驚くばかりですが、願わくは長いスパンで活躍できるスケーターを育てて欲しい。ザキトワやメドヴェージェワには、ぜひとも次の北京オリンピックを目指して欲しいし、出場して欲しい。ロシアからは、もうイリア・スルツカヤのような選手は出てこないのだろうか?円熟した華麗な演技。ロシアの選手の、そんな演技を見てみたい。
昨晩の閉会式。日本選手団の行進の中に宮原知子さんの姿を見ることが出来ました。素晴らしい笑顔だった宮原知子さん。おそらく、彼女は、これから先も、しっかりと見据えているでしょう。これからの、今回の結果をバネに、さらなる飛躍を期待しています。そして日本の女子フィギュア界を引っ張って欲しいと強く願っています。そして坂本花織さんも見事でした。たいへんな存在になる予感がします。
4年後の冬季オリンピックは北京。どのような顔ぶれになるのか、今から楽しみです。これからの4年間、しっかりと見て行き、北京オリンピックを迎えたい。それまで私も元気でいたいものです。





にほんブログ村

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピックでの宮原知子さんの「蝶々夫人」

2018年02月23日 18時38分14秒 | 平昌冬季オリンピック
【NHK】【ノーカット実況なし】4位 宮原知子のフリー<ピョンチャン>


私の心の中は、まだモヤモヤしていますが、宮原知子さんの歌劇「蝶々夫人」の音楽での演技は本当に素晴らしく感動的でした。宮原さんには、今回のオリンピックでの結果をバネに、さらに大きな存在になって欲しいと強く願っています。


にほんブログ村

にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピック、女子シングル・ショート

2018年02月22日 21時29分53秒 | 平昌冬季オリンピック
昨晩の私のfacebookと同じです。いよいよ明日はフリー!
私は今シーズンの宮原知子さんのフリーのプログラム「蝶々夫人」が大好きなので楽しみにしています。


フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム。
今日(21日)は仕事だったので、今、録画で全部、見ました。
あさってのフリー。最終グループの6人。

アリーナ・ザキトワ
エフゲーニア・メドヴェージェワ
ケイリトン・オズモンド
宮原知子
坂本花織
カロリーナ・コストナー

最高の6人。フリーでは、どんなドラマが生まれるのか!楽しみです。それにしてもロシア勢は異常なくらい凄い。凄すぎて、思うこと多々あります。
宮原さんと坂本さんも本当に素晴らしい演技でした。
なぜか、フリーは1日おいての、あさって。あさっては私は休み。私の公休日に合わせてスケジュールを決めてくれたのかな?
女子シングルのフリーをリアルタイムで見るのは、荒川静香さんの時のトリノオリンピック以来です。しっかりと宮原さんと坂本さんを応援します。
また宮原さんの情感あふれる最高の「蝶々夫人」の演技を期待しています。


にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平昌オリンピック、アイスダンス・フリーダンス

2018年02月20日 15時54分23秒 | 平昌冬季オリンピック
アイスダンスのフリーダンスが終わりました。残念ながらNHK・BSの放送が第3グループの途中からだったので何か中途半端な気持ちでしたが、やはり世界の強豪たちの演技は見応えがあり、大きな舞台での演技に馴れているはずの強豪たちも、演技後、涙ぐんでいる姿を見ると、いかに4年の一度のオリンピックが特別なものであるか、実感するものがあります。
金メダルはカナダのテッサ・ヴァーチュ&スコット・モイアとフランスのガブリエラ・パパダスキ&ギヨーム・ジゼロンの争いだかと思っていましたが、ヴァーチュ&モイアが金、パパダスキ&ジゼロンが銀となりましたが、この二組は、まさにアイスダンスの最高の演技と言っても言い過ぎでなかったでしょう。この演技をリアルタイムで見ることができて、アイスダンス大好きの私は本当に幸運だったと思います。
バンクーバオリンピックから8年。この間、アイスダンスの持つ可能性を極限まで突き詰めた演技を見せてくれたヴァーチュ&モイア。バンクーバー、ソチでのライバルだったメリル・デイビス&チャーリー・ホワイトが引退してしまいましたが、そのあと、フランスの若いパパダスキ&ジゼロンの躍進が、さらなる刺激になったかのように、もう究極かと思える演技を見せて感嘆するばかりです。
パパダスキ&ジゼロンはベートーヴェンの月光ソナタでの演技。技の難度など忘れさせられる流れるような演技の見事さは言い表す言葉がありません。昨日のショートではアクシデントがあり、どうなるかと思っていましたが、見事に立ち直ってくれて本当に安堵しました。
アメリカのマイア・シブタニ&アレックス・シブタニの兄妹のコンビの銅メダルは嬉しかった。先月1月の全米選手権では連覇が叶わず2位での代表。やはり昨日のショートから、気迫が凄かった。定評のあるツイズルは何か引き込まれそうなくらい凄いものがありました。
そして日本の村元哉中さん&クリス・リードは15位。坂本龍一の音楽に乗って持てるものを出しきった演技。村元哉中さんはシングルからの転向ですが、その際、いろいろと葛藤があったと思いますが、転向時から演技中の仕草や顔の表情などにアイスダンスのセンスあふれた演技を見せてくれていました。見事に今日の演技に、その成果をはっきりと見せてくれました。まだまだ、これから伸びていくであろう未知数の魅力を秘めていると思います。これからが本当に楽しみです。
さて、いよいよ明日は女子シングル。何か、こちらまで緊張してきました。






にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスダンス、フリーダンス直前!

2018年02月20日 09時50分52秒 | 平昌冬季オリンピック
私はアイスダンスが大好き!今日は、いよいよオリンピックのフリーダンス。放送が待ち遠しいです。
さて私のアイスダンスのバイブルは田村明子氏著の「氷上の舞 煌めくアイスダンサーたち 」です。バンクーバオリンピック後の2012年に出版された本ですが、今も時々読み返しています。
伝説の「ボレロ」のトーヴィル&ディーンから、昨日のショートダンス1位のヴァーチュー&モイアまでアイスダンスの系譜や名プログラムの紹介など、アイスダンスの魅力がぎっしり詰まった本だと思っています。
あとがきの「(アイスダンスは)一般的にシングルほどしられてていないけど、本当にスケートが好きなファンはアイスダンスが大好きと言われています」という記述には嬉しくなります。
日本のアイスダンス界では村元哉中さんがシングルから転向してクリス・リードと組んで素晴らしい演技を披露しています。今日のフリーダンスが楽しみです。





にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加