心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

暑いよぉ~

2016年07月30日 | ほんのすこし
連日の暑さに参りそうです。
そんな中でも幼い子はどこにその力があるのかと思うほど、元気です。
大人は逆にゲンナリ。
だんだん暑さ寒さに弱くなっていくのが常なのでしょうね。

それにしても毎年暑さの度合いが大きくなっていくような気がするのはわたしだけでしょうか?
暑いと冷たいものが欲しくなります。さっぱりしたものが欲しくなります。
娘がデラウェアでゼリーを作ってくれましたが、とてもさっぱりしていて美味しかったです。こういうものがあると嬉しいですね。
でもガス台の前で作業するとまたまた暑くて、汗との戦いの毎日。
出来るなら、黙っていても目の前に食事が現れる、ドラえもんのポケットが欲しいです。

あんまり暑いので、車の中は灼熱地獄であります。
ということで今日は少し涼しくなってから母のところに顔を出す予定です。
午前は男女参画センターで、センターまつりに参加してきました。大人用なのかなと思ったら、カエッコヤという子供のおもちゃの交換ができるコーナーもあったり、大型絵本の読み聞かせがあったりで、孫にとっても楽しい時間が過ごせました。
美味しいケーキとパン、帆立ご飯を買いました。友人が明日からいないので、と育てた野菜を持たせてくれました。
しばらく会わなかった知り合いもいて、色々な方とお話ができ、やっぱり外に出てみるのはいいものだなと思った次第です。皆さん変わらず元気で、こちらの方がパワーをもらってきました♪

孫はカエッコヤでゲットしたおもちゃ数点を大事に持って帰り、しばらく遊んで楽しんでいました。
たくさんの大人と出会うのもまた刺激になっていいでしょう。ただ同じような子供と接する機会が無いのが残念です。いつも大人相手ばかりでは不満もたまってくるのかなぁなんて思ってしまいますが。仕方ありませんね。

それにしても、なんて暑さなんでしょ!
外に出たくない!
コメント (4)

ブルーベリー摘み体験

2016年07月30日 | 家族のこと
27日、ブルーベリー体験に行ってきました。
この7月に娘と孫が来るというので、新聞に掲載されていたイベントを見て即電話してみました。担当の方がとても親切な方で色々と話したら、里帰りの間で孫が参加出来そうなものなどを紹介してくれました。
この体験には即申し込み。次の日には新聞にすぐに参加人数に達したとの記事がありました。電話で即お願いしたのが間に合って良かったなと思いました。
会場は郊外にある「陽気な母さんの店」の隣に新設された体験工房。そしてその裏にあるブルーベリー畑。たわわに実っています。



参加者は体験工房に入りきれないほどでした。小雨が降っていたので、早めに摘み取りに出ました。孫は朝からブルーベリーにちなんだ服装を選んでいて、やる気まんまん。
前に東京ではいちご摘みに行ったことがあるようですが、そのときはいちごが少なかったようです。今回はどうかな?
裏の畑に行く途中、近くの中学生が職業体験でボランティアをしていました。誘導してくれたり、参加者の手助けを。

畑にはいくら樹があったのだろう。数えてみませんでしたが、背の低い樹が一区画に植えられていて、その樹に実っているブルーベリーを渡されたカップに摘みながら食べるという作業をしました。
孫はまだ二歳ですので、背が低い。その孫の手が届くような樹を選びながら進みました。ここにあるブルーベリーは種が気にならなくて、口に含んだとたんスッと消えていくような食感でした。しかもあま~い!!
わたしも娘も孫も、カップに入れるより先に口に入るほうが早かったようです。

雨の様子を見ながら30分間。もう沢山堪能しました。樹によって味が違うのが面白かったです。
孫の服装がなんだかブルーベリー娘って感じで、スタッフの方が写してくれていました。
そのあと、体験工房に戻り、ジャムの作り方を伝授され、ソフトクリームにそのジャムをのせた物をいただき、孫も娘も大満足でした。
スタッフの方の大型絵本の読み聞かせもあり、二歳の孫は静かに聞いていることが出来るのか? と疑問でしたが、その疑問はすぐに払拭されました。
娘の膝に乗り、二人とも真剣に三冊の絵本の読み聞かせを味わっていました。会場で以前参加していた読み聞かせサークルのメンバーに会いました。彼女はまだ頑張っているようで、8月にある夏休み読み聞かせ会のことを教えてくれました。数年経っているのに全然変わらない彼女でした。もうお子さんも大きくなっていてびっくり。そうですよね、あれからしばらく時が流れていたのですから。わたしも年を取ったものです(笑)なんて感慨もあり。

ブルーベリーは摘み取った樹もありましたが、まだまだ食べる実がついていて、これから熟した実があるだろうなというものが沢山。申し込めば摘み体験ができそうです。こういう体験はぜひ子供にさせたあげたいです。しかも美味しいし!!
他で売っているものを食べましたが、ここで食べたのとは全然違う味でした。食感といい味といい、本当に美味しかったです。
帰ってきて次の日に娘がジャムを作ってくれましたが、ヨーグルトにのせて食べたらまたまた美味しい♪

本当に楽しい体験ができました。
これは市で企画している「おしゃべりひろば ひだまり」というものでした。公民館や児童館、あるいは公園、河原などで親子で集うイベントを開催しているようです。子育て中のママさんが相談したり、情報交換したり、楽しんだり、そういう機会があるということはいいですね。地元に住んでいない娘たちが参加できるというのもまた嬉しい企画でした♪

おまけ。

ブルーベリー娘。



コメント (2)

素敵なお店

2016年07月26日 | ほんのすこし
日曜日、娘と孫を乗せて秋田市まで。
わたしは別行動だったので、駅でお別れ。後は午後に会うことに。

ひとりでしばらくぶりの街を散策。駅から歩いてもそんなに時間がかからないところに美術館がある。
千秋美術館。
今のテーマは『勇壮 優美 遊楽』
高津古文化会館の品が主に展示されていたが、とても面白かった。その内容はまた別の機会に紹介したい。

そこで二時間あまりも費やしてしまった。他のお客様があまりいなかったのでとてもとてもゆっくりじっくり味わいながら見ることができた。甲冑の細部を上下左右から見ることもできたし。じっと見ていても飽きない。

そんなことをして次は県立美術館に向かった。今回は何をやっているのか下調べをせずに向かったけど、残念。
私の苦手な怖い絵(百鬼夜行とか)がテーマだったので見るのは止めた。
その戻り道、そろそろお腹もすいてきたし、喉も乾いたしってことでお店探し。
ちょうど昼時なのでどこも家族連れとかカップルが沢山入っていたり(外から見える)。そんなところじゃなくて静かなところがいいな。

ふとブティックが入っている建物の脇に「クロワッサンと美味しいお茶はいかがですか」とさりげなく小さな看板が。白い壁と階段が見える。



階段を上がった先はこんな感じで


目の前に冒頭の中庭、そしてテーブル。

店内も白壁。





ステンドグラスも。


カウンター脇


個室みたいな雰囲気の場所に座った。


天井。

椅子。


隠れ家的な雰囲気。街中、外は大勢の人が歩いているけどここだけ違う世界みたい。


アイスコーヒーとシナモンシュガートーストセットを。ふかふかのトーストがとても美味しい♪

ところでこのお店、名前はなんというのだろう・・・?


『pour deux』ですって。

久々に素敵なお店を見つけてご機嫌な日でした!


コメント (2)

アンパンマン大好き

2016年07月25日 | 家族のこと
実にアンパンマンは素晴らしい。
2歳8カ月の子を夢中にさせるアンパンマン。
どこに行ってもアンパンマンの歌を歌っている。
昨日は娘の友人宅訪問のため、秋田市まで遠出をした。秋田市まではわたしの運転では二時間半みないと。それでも今回は朝早かったせいか予想よりずっと早く到着した。わたしは秋田市までは運転できるが、市内を運転するのは無理なので、いつも駅裏の大きな駐車場に止めて行動する。

朝早く出発し、無事について駅の中に入った。広い駅の壁に大きなアンパンマンが!
もうこれは歌うっきゃないでしょ。
「あっ! アンパンマンがいる!」
その後は駅の中で孫の歌声が響いた。
アンパンマンの歌を歌っている幼い子に対して「うるさい!」と言う人はいず、ちょっと苦笑いする人、ほほえましく見て行く人、その反応は様々だ。

それにしてもしっかりと音程があっている。
歌詞も全部覚えている。
ただいま公開中のアンパンマンの映画ポスターを見つけると
「あー、これ知ってる!」とテレビの宣伝で見たことを話す。もうすっかりテンションマックス。事前にお母さんのお友達の家に行くということを説明されているので、それもまた興味津々マックス。東京でお世話になっているお母さんのお友達と無事に合流できると、わたしには元気よくバイバイ!
駅のエレベーターに乗るまでアンパンマンの歌を口ずさんでいた。乗り込む時にチラッとこっちを見て手を振る、その顔はキラキラしていた。
お母さんとそのお友達、ふたりがいることで安心しきったような顔だった。
娘は良い友達関係ができているのだなと思った。

その後、秋田市の友人の家にお邪魔した孫は、無事にそこの家のお兄ちゃんとも仲良くしていただいて家の中にあるハンモックで遊ぶということもしたらしい。あれこれと普段はできないようなことをさせていただき、本当に楽しそうだったようだ。
帰りの車中。車に乗って数分、あれれっと思ううちに眠りこんでいた。二時間半、到着するまでずっと寝入っていたようだ。よっぽど疲れたか、あるいはアンパンマンの夢でも見ていたか。
娘が眠っている態勢を変えようとしたら、ニヤニヤしたらしい。

娘も孫も。お疲れさま。
そしてわたしも運転手、お疲れ様。
後はこうした長旅はないだろうと思う。遠出した先で何があるかわからないものね。

それにしても一番綺麗な空でした。
ほとんど雲ひとつなく、ピーカン!
もしかしてアンパンマンが空からパトロールしてくれたのかもしれないね!


コメント

ただいまお昼寝?

2016年07月23日 | 家族のこと
お昼御飯も終わり、そろそろお昼寝タイムなのですが。
寝かしつけようと娘は孫と一緒にお布団の上に。
なかなか眠らない孫。
先にどうやら娘の方のまぶたが・・・
「ぎゅーっとしてよ、お母さん」
その声に閉じかけたまぶたが少し開いて「はい」。
孫をぎゅーっとすると、孫は
「こっち向いてよ、おかあさん」と。
・・・「○○○、近すぎる」と言ってまたまぶたが・・・
そんなことを繰り返しているうちに、やっぱり娘の方が眠りの国へ。

孫はどうしているのかとそっと覗いてみたら、お母さんの腕枕の上でまっすぐ天井を見て何やら考えごとの最中。
先に寝てしまったお母さんを起こすに忍びないと思っているのか。今度は何も言わずに黙って天井を見ている。
はたして孫は眠るのか?
こういうときは無駄に声をかけないほうがいい。
起き出してしまうから。
眠りたいのに眠れないときは、自分でもどうしたらいいのかわからなくなるようで、あぁでもないこうでもないと駄々をこねる。
「違うの! ○○ちゃんはこれをこうしてこうしたいの!」と、やってほしいことを言うのだが、いかんせん乏しい情報量には中身を解読するまでもいかないことがある。自分が思っている通りに出来ないと眠りたい気持ちも増加して我が家は「違うの!違うの!」コールが鳴り響く。

成すすべもなく・・・だが、いったん眠りにつけばそこはもう天国で。

もう一度、そっと覗いてみる。
ほぉ~、孫も眠りの世界にいったようだ。親子でスヤスヤ、今日は気持ちのよい風が部屋に入り込む。さぞかしお昼寝も気持ちいいだろう。
あと1カ月半、お母さんを一人占めできる時間、赤ちゃんが生まれたら我慢しなくちゃいけないことが沢山出てくるだろう。今のうちにたくさん甘えておきなさいね。

わたしもお昼ねといいたいところだけど、どうもお昼寝は出来ない。
ちょっとゆっくりひとりを味わうことにしようっと♪
コメント (2)

今日はズルした

2016年07月22日 | ほんのすこし
今朝は、すご~くいい天気で、朝は珍しく5時に目が覚めた。
明るい光がカーテンからこぼれている。あぁ、いい天気がやってきたなあなんて思って、そっと外を見てみる。

なんてこった、眩しすぎるよ。
この眩しすぎる光は朝のこの時間がすごい。
だからこの光が道いっぱい、町いっぱいに差し込むときより前に歩きださないとだめなのだ。
このさんざめく光に向かって突き進むのは勇気がいる。一応帽子もマスクもしていくけど、下を向いて歩かなければ歩けない。
う~ん。

う~ん・・・

止めようかな。
もしかしたら早起きして二人とも起き出すってこともあるしなあ。

う~ん。。。

悩みつつ、すぐにへたる自分を励ますこともせず、歩かないという誘惑に漂っている時間。
結局、こんな素晴らしい天気の朝に歩くことをなげとばしてしまったのだった。
おかげで朝食を食べたあとは胃が重い。
運動しない自分はなんという体たらくなのだろう。

歩かなかったいいわけを探しつつ、それではせめて今日一日を有意義に過ごそう! なんて思ったり。

今日も暑そうだ・・・
涼しいうちに出かけよう♪
コメント

たった一個

2016年07月21日 | 母のこと
母の庭にカリンの木がある。
それはいつも厄介で、何が厄介かというと冬囲いの時期になるとかなりてこずるわけで。所々にあるとげが邪魔をして冬囲いがなかなか上手くできないのだ。それでも母は長年の経験からわたしにやり方を伝授するのだが、言葉と行動は一致することが稀だということをこのときに知ったりする。
まあ、わたしのだめさ加減がこういう場面で浮き彫りにされるってことなのだろうけど。

そのカリン。花を咲かせるが実をつけたことがなかったらしい。
冬囲いの作業中、よく母がこぼしていた。
「このカリン、実をつけないままずっと過ごしてきてねぇ」と。
わたしはそういう植物を育てる経験が全くといってだめな人間なので、母のそういった感覚を理解できずにいた。

それがつい最近母のところに行ったとき帰り際、見送ろうと玄関に出てきて、ふと思いついたように話した。
「見てみれ、あそこに実が一つついているんだよ」と。
よくよく見ると確かに緑の中で緑の実が見える。
嬉しそうに実を見ている母の姿。
長年待ち焦がれていたのだろう。
次の日に行くと、痛い手足で、カリンの実がよく見えるようにと周りの不必要な葉っぱを取ろうと悪戦苦闘したらしい。その付けが後で来るのだけど、やりたくてしょうが無かったことだから本人も致し方ない。

毎日、カリンの実を眺めている母。
わたしを見送りながら、風除室の椅子に腰掛け、カリンの木を仰ぎ見る。
たった一つだけ緑の中で緑色の実が隠れている。
まるで我が子を愛でるように、母の目が注がれていることに、かの実は気づいているのだろうか。
コメント

ぴとっと

2016年07月21日 | 家族のこと
諦めていた朝のウォーキング、昨日・今日二日続けて実行できました。
夜は早い時間に眠るので、朝早く起きてそっと外へ。
今日もゴミを出した後で軽くぐるりと歩いてきました。汗もかき、ではゆっくり新聞でも読むか・・・
って、玄関のドアを開けたら、
「お帰りなさい♪」
あらら、もう起きていたのでした。
ニコニコ顔にちょっとびっくりしながら「もう起きたのぉ~」と答え、後をついてくる孫の前で汗をかいたものを脱ぎ着替え。
すると娘も同じく起きていたみたいで、おっとこれはいかん、朝食の準備をしなければ。予定よりかなり早い準備を始めました。

ふたりとも元気な朝を迎えたようです。

で、朝食をとり、娘は里帰りなのに戻ってきたその日から仕事があってずっとパソコンとにらめっこ。今朝もにらめっこ。でも朝早いお目覚めにはやっぱり睡魔が。朝食の後少し横になるともう眠りの国へ。
残された孫は、お母さんの横で一緒に寝ころび、ときどきお母さんの髪を触ったり、顔を触ったり。
それでも「お母さん、起きて!」と言わないのは、お母さんが疲れているのを知っているからでしょうね。

ぴとっと娘にくっついている孫がなんだかいとおしく見えました。

お母さんってやっぱりいいんだね。

※※※

そろそろ終わりに近づいてきたアジサイたち。
それでもまだ綺麗な花弁が。







今朝の散歩で。

※※※


コメント

朝日

2016年07月21日 | 朝のことば&つぶやき


朝日の眩しさ
厚いカーテンの隙間から顔を出している
朝四時四十分

今日は三時には目が覚めた
きっと昼間はあくび連発だろう
それでも冬と違い目覚めはスッキリ
体内時計も夏仕様になっているらしい

朝日と共に目覚めたことに感謝を
これから始まる一日に感謝を
今日も何かと格闘する誰かにエールを

朝日を拝むことができた、
それだけで今日は嬉しいことが始まってる
しあわせな一日の始まりでありますように…
コメント

変なおばあちゃん

2016年07月20日 | 家族のこと
孫がやってきて、ひとつ問題が。
わたしのことを呼ぶ時は、おばあちゃんって。
で、わたしの母を呼ぶ時に、困ってしまって・・・
で、母が「小さいけど大きいおばあちゃんって呼ぶのがいいよ」と。
そういうわけで、大きいおばあちゃんって言うようにしたのはいいけどね。

昨日の夜、母のところから戻ってきて、何をしているときだったか、孫がわたしを探しているときがあってね。
呼びに来たの。
「あのね~、変なおばあちゃん!」って。
はあ?って。
変なおばあちゃんって・・・ どゆこと?

で、わたしがびっくりした声を出したので、孫は慌てて弁明したらしい、母親に。
難しかったかも、大きいおばあちゃんって言わせたり、あれやこれやとね。

で、さらに今日の話になって。
何かをしていたときに、孫がわたしを呼ぶとき
「あのね~、大きいおばあちゃん・・・ 普通のおばあちゃん!」って。
考えに考えたネーミングだったのかしらね。

なんだかすご~く面白くて、これが子供の感覚なのかしらねって、昔は少しもそんなことまで考える余裕もなかったけど今になってみれば、沢山気付くことがあったんだろうなって。

二歳と8カ月。もうずいぶんお話も達者になってこっちの言うこともわかってきてるけど、やっぱりまだまだわからないことだらけで、意思の疎通ももどかしいことがありまする(笑)
今日は娘の健診。
里帰りの初診だったので、かなり待ち時間があったけど、大勢の患者さんがいたときはとてもお利口で静かにして待っていて、後数人ぐらいになったときに本領発揮(笑)。待合室にあった絵本とかを次々にリクエスト。おしゃべりも止まらず。
娘の診察の間、孫とあれこれ話すこともまた楽しい時間となりました!
コメント (3)