心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

朝のことば 31

2010年02月27日 | 朝のことば&つぶやき
雪解け水の音が聞こえそうな日中の暖かさが続いています。いつまで続くのかしらね♪
天気がいいと出かけたくなります。
今日は午前・午後と出かける予定が。ひとつは・・・怖い歯医者(笑)、いえいえドクターも看護士さんも大変優しいんですけどね。音が苦手なんです。

※※※

ぽこっぽこっぽこっ
土の中から あったかい空気が顔を出す
冬の間 じっと我慢して
ようやく ゆっくり息を吐きだした

さあ これからが本番だよ
命を謳歌しよう
春はなんて力強いんだろ

※※※

だれかにやさしいことばをかけたら
自分にもだれかがやさしくしてくれそう・・・なんて
そんな見返りを期待しているわけではないの
でも いつのまにか やさしい目で見られていると感じることがある
それって わたしもだれかにやさしくしたから?

やさしさは きっと伝染するんだね
電車の中で だれかがだれかにやさしくすると
それを見た人の心のなかに やさしさが生まれるように
あぁ人間って こんなふうだったんだと
ひとつ深呼吸したくなるような
あったかいやさしさ
わたしもだれかに与えることができたらな

※※※
コメント

差し六つ目というらしい

2010年02月27日 | エコクラフト
基本の六つ目すらよくわかっていなくて・・・テキストをいつも見ないと・・・
それなのに さらにそれに差し色を入れる?
わからん・・・状態が。

でも なんとかオリンピックを見ながら(笑) 完成。
まだまだ変なところがあって 満足のいく出来ではないなぁ。

テープも柔らかいのと固いのがあって、縁に使うのを今回は柔らかいのにしてしまい それが失敗だったと気付いたときにはすでに大方終わっていて・・・これも反省。
作ってみて初めてわかるということもしばしば。

それにしても 色々な編み方や材料があるものだと感心します。ふぅ。
コメント

貴重な体験♪

2010年02月26日 | 思いのまま
昨夜は とても貴重な現場を体験してきました♪

以前 ここでお話した「私が今、ここに在る」というオリジナル曲を歌うAさん。彼女の歌を聞いた珈琲「3」のマスターと「3」でライブをしている藤井よしのぶさんというアーティストが 彼女の歌に伴奏をつけてくるというのです。しかも それを録音してくれるという・・・その現場に立ち会うというラッキーなことに遭遇したのです。
夜7時から ということを聞いていたので、少し前に到着。
わたしはというと ギタリストの藤井さんを写すという課題に挑戦すべく デジカメ持参。でも しばらくいじっていなかったわたしはデジカメのズーム方法も知らず(笑)。藤井さんに聞いて知ったというおまけ付き。

昨夜のことを教えてくれたのはMさん。録音に自分も参加できるんだ と張り切っていて、重要な役目らしい・・・で 何をするかというと リモコンで録音ボタンを押すということでした。いやいや それだって十分重要ですよ。演奏者よりもMさんの緊張が伝わってきました。だってボタンを押さないと せっかくのいい演奏が録れないのですからね♪

前奏。ギターとピアノの柔らかいからみが始まる。リフレイン。音が抑えられて・・・彼女の声が始まる。
「目を閉じて~」ふわっとするような 包まれるような声に本当に目を閉じて聞いていたくなる。
何度か ギターと声とピアノのバランスを調整しながら 繰り返しました。プロなんだなあとその仕事ぶりに驚きつつ 拝見していました。藤井さんがヘッドフォンで音のバランスをよく聞いて 最終的にピアノとギターをひとつずつのスピーカーにつなげることにしたようです(違っていたら ごめんなさい)。
それが功を奏して とても綺麗な音ができました。録音された歌を店内のスピーカーで流し確認すると、まるで本当のCDを聞いているようです。

Aさんが流している曲に別の音でハモリながら聞いていました。それがまたとても良くて、もし可能ならば 彼女の歌った上に彼女の声でハモリを重ねることができたらなぁ・・・最高のものができると思いました。
残念ながらわたしからは彼女の背中しか見えませんでしたが、きっと歌う表情は輝いていたことでしょう!
珈琲「3」のマスターといい 藤井よしのぶさんといい 素敵な方々と出会えたAさん、良かったね。これもMさんの後押しのおかげですね。Mさん 本当にありがとう。だれかのために何かはできるはず。自分なりの何か・・・それがひとつの形になった瞬間。輝いた瞬間。それを一緒に感じることができたわたしもまた 深い感激を味わったのでした。

藤井よしのぶさんには 来月28日(日)に「ワンディシェフの店」でライブをしていただく予定です。若い感性と彼のアコースティックの世界を十分味わってほしいとMさんが企画しています。わたしもちょびっと企画に加わって頑張ります♪みなさん お近くの方 ぜひいらしてくださいね。詳しいことはポスター&チケットが出来次第 ここで紹介します。それまでお待ちくださいね。さて、ポスター&チケット 出来るかなぁ・・・
コメント (4)

越前屋さんのえびマヨランチ

2010年02月25日 | 思いのまま
美味しいことで定評のある越前屋さんのランチ。ワンディシェフの店で。
先月は食べられなかったので、今月こそは!と思っていましたが、午前中忘れていました(笑)。スケジュール表を何気なく見て あわてて支度して出かけました。

今日はえびマヨランチ。玉子焼きの中は野菜がいっぱい。その上に春らしく菜の花の煮びたしが乗り、あんがかけられていました。そのなんともいえない美味しさ。う~ん 最高。
えびのフリッターはセロリやエリンギの素揚げとともに マヨネーズを主体にしたあんがかけられていて これまた絶品!!細めのアスパラも薄味がついていて、このランチを食べると 今日の野菜がO・Kだねと話していました。

ワンディシェフの店は ひとりで行っても大丈夫。今日はうたごえでご一緒する方がふたりいました。ひとりは体操の帰りでそのメンバーと先生とご一緒。もうひとりの方は越前屋さんのランチの大ファンになって・・・と毎回 楽しみにきていると話していました。
わたしは同席させていただきましたが、わたしの向かいに座っていた方とお話する機会ができ、色々と話を聞かせていただきました。

人と付き合うことのむずかしさをその方が話してくださいました。相手がギリギリの言葉を言ったら その相手をそれ以上追い詰めないようにしようと思うのだそうです。自分に対してきつい言葉を吐いたら、やさしくしてあげようと思うのだそうです。もし相手のきつさに対し 激昂したら、相手は後戻りできないところにきているから、追い詰めないように 逆にやさしく接していくのだそうです。それは義理の母への介護で学んだ大切な思いだとか。
介護してもらうことへのねぎらいの言葉の代わりに「誰に食わせてもらったんだ。」とか「介護するのは当然だ」という言葉を毎回言わなくてはならなかった義理の母の気持ちをくみ取ると、感謝の気持ちはあっても嫁には決して頭を下げたくないというものがあったのだろうというのです。でも それに対して その方は、それじゃあ わたしはもっと優しく接していこうと思ったのだそうです。

それからどんどん関係が良くなっていったということでした。
人は考え方ひとつで 変わっていくものなんですね。相手に対して自分がどんな態度をとっていったらいいのか 相手の真意を理解できずに あるいは相手のことを良く受け止めようとせずにいると、自分に返ってくるものも変わらないのでしょう。
いつもワンディシェフの店に行くと、色々な方から新鮮なものをいただきます。自分を振り返るための大事なものをいただいてきます。
本当に素敵な場所だと思います。

うたごえに来てくださる方が 帰り際
「うたごえでお会いするのが楽しみなんですよ。みなさんとお話できるのをいつも楽しみにしているんです。」と話されていきました。
そうなんです。わたしもそうなんです。わたしもみなさんから沢山の素晴らしいものをいただいています。あの時間があることで 私の中に何か温かいものが とくとくと流れているような気がしてならないんです。

今日は素敵な時間を味わえて それだけでハッピーでした♪
コメント (2)

朝のことば 30

2010年02月24日 | 朝のことば&つぶやき
見上げた天井のガラスに映る空
あまり綺麗だったので パチリ。車内もついでに映ってました(笑)面白かったので。

※※※

だいじょうぶ だいじょうぶ と
自分にいい聞かせてうなづいている
悪いことを考えていると 悪いことに近づくからね
きっと良くなるって だいじょうぶだって
自分に言うんだよ

だいじょうぶ だいじょうぶ って
自分で自分に強く言ってきかせる
不安なことがあったとき

これはおまじない?

※※※

大好きな人は?と聞かれたら
一番に 両親と答えたい
今はいない父でも 思いだすのはやさしさ
母の一挙手一動を見ていると
いつまでもこの視線の先にいてほしいと願う
父さんの分もずっと生きていてね 母さん

なんだか今日はふたりの姿が目に浮かぶ
仲良かったふたり
しあわせって あんな感じかなと
青い空の色が 目にまぶしい今日という日

※※※
コメント (2)

よろい編みの小物入れ

2010年02月23日 | エコクラフト
昨日 クラフトサークルに行って作ってみました。おしゃべりしながら・・・でも完成させることができました(笑)

春らしくパステルカラーの三色をよろい編みに使ってみました。
ひとりで作るときは 黙々と作っているけど、こうしてみんなとおしゃべりしたり 他のメンバーの話を聞きながら 手を動かしているひとときもまた 楽しいなぁと感じます。月に二回だけなので、なるべく参加できるようにしたいなと思っています。

昨日はわたしから一つ提案してみました。
4月に開催されるアートマーケットに メンバーが1個以上持ちより、出品しませんか?と。
会費がたまっているので その中から土日の使用料分を支払うこともできるし、当日ブースにつけるメンバーにはお弁当代をお支払いするということで 対面販売も経験してみることになりました。
販売目的というより、自分が作ったものを見ていただく機会にしたいという方が合っているかもしれません。せっかく作っても沢山の人に見てもらえないままという作品もあります。それぞれが工夫を凝らして 自分なりのものを作って出せたらなぁと思っています。

先生には ランドセルを要望しておきました♪
今年は わたしの周りで何かいろいろなことが動き出したという感じです。クラフトもそうですし。他でも・・・
じっとしていては 何も起きないし、変わらないんですね。やっぱり外に出ていかないと♪

4月が楽しみです。あっその前に作品作りですね。ちょっと忙しくなるので わたしは最低路線で行くことになりそうです(笑)
コメント

朝のことば 29

2010年02月23日 | 朝のことば&つぶやき
昨日 出かけようとしたら・・・こんな感じ。
朝 とても冷えていたみたいです。
エンジンをかけてフロントガラスが溶け始め 不思議な感じに思わず パシャッ。面白い画像が出来たなとひとりでご満悦♪

※※※

人を傷つけていないかと
言ってしまってから出した言葉を
ひっこめることができたらなぁと
思うことがあります

そんな日はなんだか心が晴れなくて
どうなんだろと思いながら
相手に聞くこともできず
気持ちが宙ぶらりん

も一度 会ったら
いつもよりぐんと優しい笑顔で
話してみようっと

※※※

あなたのためにわたしができること
あなたの話を聞いてあげること
あなたの言葉を受け止めてあげること

でもそれは決してあなたが言うことすべてが正しいよね といううなづきではないのです

あなたが悩んでいたら一緒にそばにいてあげて
あなたが喜んでいたら一緒にうれし泣き
あなたが沈んでいたらどこかへ行こうと引っ張り出し
あなたが輝いていたらその光がもっと増すことを願う
そんなわたしでありたいなと思っているのです

※※※
コメント (2)

H22/2/22 22:22:22

2010年02月22日 | ほんのすこし
昨日 新聞の声欄に紹介されていた。
今日って・・・平成22年2月22日なんだね。
で・・・22時22分22秒に その方は記念撮影するんですって。

わたしも便乗しちゃおうかなぁ(笑)

一生に一度のことって めったにないからね。

なんて思いながら いってきまーす♪
コメント (2)

朝のことば 28

2010年02月22日 | 朝のことば&つぶやき
あぁやっちゃった・・・記事投稿。せっかく入力したのにパーになっちゃった。がっくり。

気持ちを入れ替えて。

今朝。山際にうっすらとサーモンピンクの光が見えた。
そろそろ 顔をのぞかせるかな。


ほらっ!おはよう!!


今日も新しい一日が始まるよ。

※※※

ふとさびしさをかんじるときがある
わたしがわたしだけだとおもうときがある
にんげんがこどくだというのは
生まれたときからしっていたこと
それがときどきかおをだして
じぶんというもののそんざいをたしかめさせる

こどくとはそういうもの
わたしはわたしというものだということを
あじわえるためにあると
それでいいじゃない

こどくな人がこんなにいっぱい
だからよりそって生きていける

※※※

まだ眠りから覚めない街
木々の枝を覆っている冷たさが
ひとつ またひとつと溶けだしていく

陽のぬくもりが溶かす前に
木々が持つ内からのぬくもりで
溶けだしていく

さあ
わたしたちも
自分の内にあるぬくもりで
今日を目覚めさせよう

※※※
コメント

涙腺ゆるみっぱなし

2010年02月21日 | 思いのまま
今日は なんて言ったらいいんだろう・・・不思議な日だった。

朝。新聞を読む。
全国紙に「いつか咲く 中卒のオレ がむしゃら勉強が変えた」という記事を読んだ。泣けた。黒沢一樹さんという方のことが書かれていた。彼の人生 半端じゃない。
その中で 彼は言う
「最高の人生を送ることは難しい。でも、悪くない人生を送ることは、きっとできる。」という言葉に圧倒される。
人生をあきらめずに生きてきたという証がそこにはあった。彼にはこれからずっとしあわせでいてほしいと願わずにいられない。

ぐずぐずと涙をぬぐっていたら 電話がきた。先日 アートマーケットで知り合ったスラッシュキルトという手芸を手掛けている方からだった。あのとき わたしの手づくり本を上げたい人がいるからといって買ってくれた方だ。母にその方のバッグをプレゼントし 自分用にも作ってほしいと注文していた。それができたからという電話だった。
そのとき わたしの本を娘に見せたら 泣いてね と言った。そして 娘がもっと他の人にも見せたいから後三冊お願いできないかしら と言ってくれた。
それを聞いて わたしは電話口で涙が出てしまった。そんな風に思っていただけるなんて・・・・言葉に詰まった。

だれかの心にわたしの言葉がすとんと落ちる・・・そうでありたいと願った。それが形になったのかな・・・胸がいっぱいになった。

うたごえがあるので 3時ころまではワンディシェフの店にいるからと伝えた。
うたごえに遅れていった。すでに店は満杯。KIMIKOさんが気を利かせて 自分の場所を空けてくれた。
うたごえは いつも以上になんだかキラキラしていた。参加している人の気持ちがそこに漂っているなぁと感じた。わたしの後でHさんがやってきた。少しお話すると 息子さんが結婚が決まりそうだという。その嬉しい気持ちと反面 さびしい気持ちがわかって 胸がきゅんとした。

何曲か歌っていたら 一子さんが「涙そうそう」のことを話した。息子さんが離れて暮らすことになったときの話をした。もうわたしは彼女のほうを見ていられなかった。どんなにか苦しんだだろうな。彼女のことをわたしはゴスペル時代からしか知らない。彼女の人生からすればほんの少しの付き合いだ。でも わたしにとっては特別な存在だ。その彼女が苦しんできた時間 それを思うと今があることがとてもとても口に出していえないほど・・・しあわせって あきらめないから味わえるんだね きっと。
たぶん これからも大変なことはあると思う。でも 彼女だったら大丈夫だとわたしは思う。次の歌に入って もうわたしの涙腺はゆるみっぱなし。彼女の気持ちを思うと もう止まらなかった。

そして 息子さんの結婚が決まったHさん。大好きな「みかんの花の咲く丘」が入ると涙ぐんでいた。思い出がいっぱいあるのだろう。それを見て また涙した。
今日はなんて日だろう・・・涙ばかりが流れた。

でもね。こういう日も必要なんだよ きっと。
何かに感動して 泣ける自分がいるってわかった それだけでもう十分しあわせなんだね きっと。

※※※
今日のオススメ映画 『わたしの中のあなた』
コメント