心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

わたしの好き

2018年10月16日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

わたしの好きは どこ
どこにもない なんて言わせない
わたしの好きは そこかしこに
そして わたしの好きは
ほら
あなたのすぐそばに

わたしの好きは
だれにもあるの
そして
たぶん
わたしの好きが
だれにもなくなったら
わたしはとぼとぼ
探し続けるだろうね

でも
きっと
だれにでもある好きより
わたしだけが好き、を見つけることのほうが
ずっといいってことに
気がついているんだよ

わたしはちょっとお利口になったかも
なんてね

※※※

好みの問題です

白々しく応える
好みだけで分けてしまう?
それ あり得ないでしょ
人の好みは千差万別だからって
でも
どこか白々しい
問題にきちんと向かい合っていない気がするんだけど
好みだけで分けていいのか
もっと違う見方は出来ないのか
好みが違っていても
この胸の中からわき上がるものの行く末を
語ることはできる気がするんだよ

最初から距離を置きたくて応えたんだろうね

画面に向かってつぶやいた

※※※

コメント

こんなカボチャがありました!

2018年10月16日 | 母のこと
母のご近所さん。離れた場所で家庭菜園をしているのですが。その中でカボチャを育てていたら・・・こんなにでっかいカボチャが出来たそうです!
ハロウィンにうってつけですよね。
最初は母の玄関の塀においていたそうですが、母がどうも美的感覚が違うと思ったようで(笑)、今は向かいの空き地に置いています。

でもなんかいいなあ。
こんなでっかいカボチャを見る事が出来るなんて。
だって今年は作物が荒らされて大変だったと聞いていたんです。クマじゃなくて猿がやってきたりとか。色々苦労されてのこのカボチャです。ご近所さん、来年はどうしようかなと悩んでいるようです。

だんだん年もとるし、近ければいいけど30分もかけていって畑を維持するのも大変だろうなとは母とも話していたところです。元気は元気でいつも朝から張り切っているご近所さんですが、やはり毎日畑に行くのは大変なんだろうなと思っています。わたしなんて母の狭い庭を手入れしてくれなんて言われても絶対無理だなと思うくらい。
今日、母が「いなくなったらどうなるのか」と話しました。
「もう伸び放題にしておくよ」と少々やけになった声で言ったわたしです。叔母が笑って
「少しくらい伸びたって大丈夫だものね」と、救いの手をさしのべてくれました。母が大事に育てた植木たち。母がいなくなったときのことを考えたのでしょうね。

昨日、母に頼まれて木蓮の余分な枝を切りました。のこぎりでギコギコ。でも木のすぐ下にいると木の形が見えないんです。叔母があれもこれも切っていいんじゃないと言うのをいいことにわたしの目の前にある邪魔な枝をばっさり。
後で母が出て来て道路から見ると
「なんで、そこを切ったの!」と。
切るなら全体を見て見栄えの良いように切るのがいいのだそうで。そんな・・・切ってしまったんで、もう元に戻せないんです。
ため息をつきつつ母が説明をする。しおらしくそれを聞くわたし。来年は間違えないように切るぞ!
「来年は(切ったから)花が咲かないだろうね」と無情にも叔母が言う。
「でも再来年にはよくなるんじゃないの」とわたしの気持ちを上げてくれる。有り難いね。

なんというか母のためによかれと思ってしたことが、そんなでもなかったりするとちょっとがっくりくるのです。わたし、頑張りたいけどそんなに役立っていないの?
という気分を味わうとがっくり。
でも母と叔母はそんなわたしの気持ちを汲んでいるのか、帰りにはねぎらいの言葉をいつもかけてくれるのです。本当に救われるなあと思いつつ。明日の原動力になっているのでした!
コメント

『スキマコーヒー』に行ってきました

2018年10月16日 | ほんのすこし
昨年、地元におしゃれなカフェが出来たという新聞記事を読んで以来、いつかは行ってみたいものだと思っていました。でもきっと若い子が行くんだろうなという暗黙の理解をして(笑)、足が遠のいていました。実は立地は何度も行くショッピングセンターのごく近くにあるのです。だから行けるのに行っていなかったという。わたしにしては初めての場所というのは結構ハードルが高いのです。
先日、とうとう行ってきました。
その日はなぜか朝からテンション高く、ついでに空も高く、青くて澄んでいました。こんな日はいつもと違うことをしたくなる・・・ではありませんが、なんとなくそんな気分でした。ついでにショッピングセンターで買い物もしよう!

駐車場はもちろんショッピングセンターで。
てくてく歩くこと数分。ここじゃないかな? と思っていた予想どおりの場所にそのお店はありました。玄関もなんとなく好きな雰囲気。



赤いレンガといい、丸い椅子といい、わたしの中に直球で入り込みます。



白い壁と木のテーブルとベンチ、わたしが座ったのはこの手前にある一人がけできる可愛い場所です。シンプルなのにどこも考えられて作っている、そんな空間でした。ひとりで経営しているという店長さんに少しお話を伺うと設計施工は弘前の業者さんで、自分のやりたいコンセプトを理解してくれて思い描いた通りに造ってくれたそうです。ほんとに細部までこだわりが感じられるお店でした。ドアノブの一個一個にもね。

わたしはホットでカフェモカを注文。



たっぷりと入って、ちょっと飲むのがもったいない気分になります。母たちへのおみやげはマフィンやパウンドケーキ、三種類を二個ずつ。母のところでMINTON製のお皿に乗せてみたら、喜んでいました。



10坪の店内ですが、おしゃれな雰囲気いっぱいで地元にもこんなお店があるんだよと自慢したくなりました。

わたしよりずっと美味しそうに紹介しているブログを見つけました♪ こちらを参考にしてくださいね。

コトノタネ

コメント

大好きなひととき

2018年10月16日 | ほんのすこし
最近、BOSEのミニスピーカーでamazonのステーションミュージックをかけることが多くなった。様々なジャンルやミュージックシーンの設定が楽しい。
例えば「休み明けの~」とか「雨の日の~」とか、ジャズやポップス、あるいはヒーリングといったようなものを集めたステーション、どれにしようかとその日の気分で選択する。いつもは夕方戻るとすぐにテレビのスイッチをつけていたのだけど、それが少し違ってきた。
秋になったんだなと感じる瞬間だ。

照明もこんな感じに落として。
好きな絵を前にして。

音楽と共にゆっくり。



360度方向に音が聞こえる。

しばらく聞いてからおもむろに夜の準備に入る。
絵と音楽を味わいながら、食事を楽しむ。

こんな時間、夏の間はなかったな。暑すぎてゆったりと時間を味わうなんてこと、頭から抜けていた(笑)。


最近、かなり頻繁に作っているおつまみ。
砂肝。



今年の秋のマイブーム♪



コメント (6)

眺めているだけで

2018年10月13日 | ほんのすこし
昨日はムーミングッズに目がくらんで買ってしまった雑誌だけど、一緒に買ったこっちの本が本命。
前から欲しかった本。普通のレシピ本とは違っている。中を見ると、ご夫婦の生活が垣間見られ、それがなんともいい。
なんといっても大好きなフレンチトーストとプレーンオムレツの作り方が・・・自分で適当に作っていたものとは違い、すんばらしい♪

早速作りたくなったフレンチトーストだけど、いかんせん食パンが手元にない。諦めてオムレツを。
玉子3個も使用するから、たぶん食べきれないだろうなあ。と思いつつ、やり方を見ながらフライパンを手元でとんとんしてみる。おっ、案外うまくできそうだ。
朝ご飯に早速食べましたよ。でも思ったとおり、半分しか食べることが出来なかったの。

今度はフレンチトーストを作ってみようっと。
スープも具だくさんでなんとなくわたしが考えていたことで良かったんだと思えて、ページをめくるのが嬉しくなっていく。

ここのお宅はきっと余計なものなど置いていないのだろうなあ。
シンプルでとっても住みやすい感じが本から漂ってくる。理想の住まいだ。それに比べてなんとまあ、ごちゃごちゃした我が家だろうか。
ということで朝からあっちこっちと掃除。なんでこんなに汚れているのか、ふだんいかに手入れをしていないかがわかるというものだ。

眺めているだけで幸せな気分になる本。
派手な色合いでもなく、めくるたびに食べたくなるものがそこにはあって、出来たらわたしにも作ってほしいなあとちょっとよだれが出てきそうな。
好きな本を手に入れたときって、ちょっと贅沢な気分になる。

『ふたりのごはん』

ふたりというタイトルだけど、ひとりだって構わないよ。ひとりだって十分幸せな気分を味わえた。美味しいものを見るっていいね♪
コメント (2)

こんな感じのが好き

2018年10月12日 | ほんのすこし
ムーミン、ねぇこっち向いて。
それがなんともよくて。

ついつい買ってしまったのよ。付録についていたと知ったときに。
別にお皿が足りないわけでもなく、トレイだってなくてもいいし、コースターだって他にあるし・・・
なのに、なのに・・・ムーミンというだけで手にとってしまった。企業戦略についつい乗ってしまったわたしですよ。

どういうわけかムーミングッズには目がとまってしまう。このなごみ加減にやられてしまうんだろうね~。
困った、困った。
しっかり洗って、明日の朝はこれで何か食べようっと♪
コメント (2)

食べ過ぎ注意報

2018年10月12日 | ほんのすこし
水曜日、朝から大失敗だった日のことね。
朝、息子を遠くの病院まで送ることになり、午前5時半に起きた。炊飯は予約していたから大丈夫って余裕のわたし。どれどれ、炊飯器を見る。
はあ?
なんと予約を間違えて午後6時に設定していた!
慌てて取り消しをして炊飯のスイッチ・オン!
間に合うかなあ。炊きあがるまでに朝ご飯の準備。最近は朝の味噌汁を野菜具だくさんにしてスープだけでも野菜を十分採るようにしている。昨夜から出汁を入れているので、しっかり出汁は取れている。出汁が出ていると野菜のうまみだけで味噌はそんなにいらない気がする。出汁に入れている根昆布も少し煮た後に取り出し小さく切って一緒に煮て食べることにしている。
野菜が多いので、おかずに野菜が少なくても大丈夫だと思ってる。

そんな感じでおかずを作ったりしていると息子が起き出した(息子は前日から泊まっている)。
ギリギリに御飯が炊きあがり、新米炊きたてを味わうことができた。食べている間にわたしは行く準備をする。御飯を食べたい気分じゃなかったのでスルー。ほんとは食べたほうがいいんだけどね。

初めていく場所なので着くまでどのくらい時間がかかるか分からないから、少し余裕を持って出た。午前7時前。

病院まで行き着くまでにとんだ勘違いがあったりしたけど無事に到着。診察を終えて出た頃には午前11時。思ったより早く終わったので、途中でお昼をとっていこうとした。
道の駅。

息子は担々麺と半ライス。
わたしは?
朝から何も食べていないのでお腹すきまくり(笑)。だからね、こんなに沢山の天丼&そばセットを注文しちゃった。
お腹が空いていると食べることができるのね。
息子があきれた顔で見ているのにもかまわず平らげた。

「晩ご飯食べなくてもいいくらいだわ」と言うと笑われた。
その後の運転、お腹がいっぱいで眠気を押さえるのに大変でした(笑)
やっぱり朝ご飯は少しでも食べたほうがいいみたい。
コメント (8)

一歩

2018年10月11日 | 朝のことば&つぶやき
昨日・今日と夜中に目が覚める。寝不足が一番身体に良くないと知っているので、なんとか一時間はベッドで眠れるように、眠れるようにと・・・でも今朝はゴミ出しがあるので起き出した。ほんとはそのまま眠っていきたかったんだなあ。

気になることがいくつかある。それが時々頭に浮かんできて、解決できるかどうか、将来にどんな影響を及ぼすかを考えると限りなく頭の中がそのことで満たされていく。まだ起きていないことに逡巡とすることほど無毛なことはない。わかっているけどね。こういう不安感を覚えるというのは加齢なのだろうか(笑)。
今日は母の顔を見てこよう。明るい母と叔母の様子を見るだけで自分がいかに無駄なことをしているのかがわかるというものだ。元気をもらいに会いに行こう。

※※※

ことばの力を信じる
自分が見つけたことばには
前に進む希望がのぞいている

立ち止まってもいい
背中に風が当るまで
その風には
わたしだけに聞こえることばが入っている

十分休んだ
一歩踏み出すにはもういいだろう
でも焦らないことだ
少しずつ 少しずつでいいんだ

一歩 わたしの前のまだ見ぬものへと
ことばが後押ししてくれている

※※※

あなたがいてくれたから
ここまでこれた
あなたがいてくれたから
沈まずにいた

あなたのまなざしがあったから
わたしは絶望から遠くにいることができた
守られている そう感じることで

こんどはわたしがあなたを守る番だね

※※※

コメント (6)

つくづくアホだと思った

2018年10月10日 | ほんのすこし
今日は半分がっくり、半分安堵の日になった。
それにしてもわたしってつくづくアホだわ。
自分の駄目さ加減にガッカリすることが、それも最高に大きなダメージを持ってわたしの前にやってきた。アホだなと思うことはこれまでも数限りなくあるのだけど、ここまでだったのかと。

まあ、息子は自分以外に言わなければそれでいいだろ、と言ってくれたけど。
すでに母には電話で教えたわ。もちろん、母には笑われたけどね。

そんな大失敗を朝からやっちまったわたし。
しかも得意げにわたしに任せて! と胸を張っていたのに。下見はしっかりできていたのに。
なのになのに、どうして?
どこでどう間違えたの、わたし。

名前を間違えるというとんでもない初歩的な問題。目的地が最初から違っていたじゃないの。

あぁぁ、なんというか、決定的にアホさをさらけ出してしまったわたし。息子は呆れきっていただろう。

それでも救いがあったのは、結果が不安をぬぐい去るようなものであったこと。ホッと一安心。夜中の二時から変な夢で目が覚め、眠れなくなっていたわたしにはそれは朗報だとしか思えなかった。
今日はゆっくり眠れそうだ。しかもここしばらく不安だらけだったのがすっきりと晴れていく。信頼できる見立て? があるというのはなんと安心なのだろう。
また来週、今度はしっかり間違えずにつれて行くぞ!
母は立ち直るのだ(笑)
この煎餅を食べて元気アップ! しとぎ豆がき、限定パッケージだじょ。

コメント (2)

劇団四季『ジャージー・ボーイズ』

2018年10月09日 | ほんのすこし
久しぶりに興奮した。
血がたぎるというか、身体を電流が駆け巡るというか。ともかく言葉に出せないほどの衝撃を受けた。

今までミュージカルの類いを舞台で見る、ということはなかったかもしれない。映画とかではテレビの画面を通じて見てきたけど、目の前の大ホールでしかもそんなに遠くないいい場所で観劇するなんてあり得なかったからだ。チケット代金が高かったので二の足を踏んでいたわたしだが、ゴスペルの知り合いがチケット勧誘をしていたこともあってすぐさま申し込みした。数ヶ月前のことだ。申し込みをしたことじたい頭の中からすっかり抜けていたが、チケットを届けて貰ってようやく現実となった。早速でかでかとパンフレットとチケットを冷蔵庫に貼り付けておいた(笑)。

昨日、たぶん駐車場は満杯になるだろうと思い、少し離れた有料駐車場に停めた。ところが、ラッキーなことにその日は「開放中」の張り紙が。ラッキー♪ これは幸先いいぞ。

ゴスペルのメンバーが横並びに座った。前には指導してくださっているゴスペルの先生たちもいた。始まる前からなんだか興奮気味でメンバー達とあれこれ話した。



始まる前は会場のあちこちが画面に映っている。

この『ジャージー・ボーイズ』は以前映画で見ていた。レンタルDVD。そのとき感激したことを思い出した。あれを一体どんな風にミュージカルに作り上げたのだろう。興味津々だ。演出を手がけたのは藤田俊太郎氏。まだ30代の秋田県出身の方だ。舞台はジャージー・ボーイズの4人のメンバーがそれぞれ語る内容になっている。リーダーだったトミーが最初に語り部となる。4人が集まるまでの紆余曲折。メンバーの出入と最終的にこのメンバーに落ち着き、売れるまでの苦労・・・やがて、ラジオで連日流される曲が彼らをスターへと引っ張っていく。これはサクセスストーリーだけではない。メンバーひとりひとりの人生が挫折をそれぞれ味わうことで次に迎える復活を本物の復活としてさらなる高みに上げた最高のバンドの話だ。

ボーカルのフランキー・ヴァリ役 中川晃教 なんという声だろう。ハイトーンがこれでもかこれでもかと会場に響き渡る。周りのゴスペルメンバーも休憩時間にため息をついていた。あまりの声の素晴らしさにため息が出てしまうのだ。しかも歌いながらキレキレのダンス。もう無我夢中でかぶりつきで見てしまっていた。
これがミュージカルというものなのか。あぁ、なんでもっと早く見なかったのだろう。数年前にも我が町で別の公演をしたと伺った。今度はいつこれるかわからない。でも絶対来よう。この歌声とダンス、劇に会えるなら本望だ。
なんだか興奮してもっと書きたいのだけど、言葉が出てこない。我が町がツアーの初日だとか。素晴らしすぎて最後はずっとスタンディングオベーション、観客全員が割れんばかりの拍手をこれでもかこれでもかと続けた。

素晴らしい経験、そこに行かなくては味わえない感動。DVDでは味わえないものがここにはあった。終わったあと、チケットを手配してくれたメンバーに皆がお礼の言葉をかけたのは言うまでも無い。口々に興奮しながら「良かったよぉ~」と言うと彼女が「でしょう?」と本当に嬉しそうに顔を崩した。長年劇団四季と関わってきている彼女、感激をぜひ味わってほしいと思ったのだそうだ。十分すぎるほどの感動を身体に受け入れたよ。
ほんとにありがとう。
今も目をつむると浮かんでくる、舞台。
出演者も音楽担当の方もみんなみんな輝いていた。自分の役割に誇りを持っていることがわかる。演劇という素晴らしい人生に乾杯だ♪






コメント (4)