心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

フレンチトースト

2018年07月18日 | ほんのすこし
先日、一晩漬け込んだフレンチトーストを焼いてみました。
外はカリ、中はトロトロでした。4枚切りの食パンは地元のスーパーに入っているパンやさんのもの。ふわふわでしたからそのまま食べてもいいのですが、なんだか無性にフレンチトーストが食べたくなったのです。
そういう突然無性に何かを思い出して作ってみたくなることってないですか?
その日がその”無性に”の気分だったのです。

でも、作ってすぐ食べたい、ではなく。一日置いた後のフレンチトーストを食べたい、という気分。
冷蔵庫に入れるときに、明日の朝どんな感じになるかなと想像してみる。そのちょっとした期待感があることが嬉しい。
でも作ってみてがっかりだったら駄目ですけどね。

その期待感にこのフレンチトーストは充分に応えてくれました(笑)
ナイフを入れた瞬間、中がとろっとしているのがわかりました。
といっても中まで火が通っていないというわけではなく。今回は味も思った感じになっていて(ということは毎回味が違う?)甘さもほどよくなっていて。冷蔵庫に入れてから何度かひっくり返してまんべんなく玉子液を染みこませたからかなと思いました。
きっともっと置いたら、今度はぐちゃぐちゃになってしまっただろうなあ。物事には適度な引き際が必要なのよ。そんなことも思いました。

引き際といえば、最近自身の引き際について深く考えることがありました。それは人生における一つの決断、とも言えるようなことでもあります。
来年、という遠からぬことが案外早く起きることになるかも・・・ということ。それも自分が引き起こすということ。
それもまた一つの選択なのだと思えるような。

まあ、どうなるか先行きを見ていこうと思っています。

今日は母の受診。退院後の経過報告と検査。
パーマもかけたしバッチリ準備は出来ているはずの母(笑)。結果はどうかしら・・・?

そうそう、焼きバナナにも挑戦。シナモンがいいアクセントになりました。これはこれで美味しいなと思ったのでした。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

言い間違い

2018年07月16日 | ほんのすこし
今日は前々から母に頼まれていた美容院の日。9時過ぎには迎えに行った。美容院はすぐ近く。歩いても数分のところだけど、歩行困難な母にとっては限りなく遠い場所。車で送り迎えする。

実はここ数日、どうも眠れず夜中に起き出したりする生活が続いていた。今日は朝から母のところに行く、ということが頭にあったのでそれがますます起きなくては・・・という思いになったのかもしれない。頭がはっきりしない状態で送っていく。叔母には送ったら部屋に戻って仮眠する、と話して戻った。
だが、戻ってからあることに気づき、結局仕事をする羽目に。明日までに送る仕事があったのだ。
何度も思案し、送った。結局仮眠せず。そのままお昼近くに母の家に。お昼御飯は炒飯にしようとその準備。まだ「迎えに来て」コールは無い。

1時近くになってようやく母から連絡がはいった。
迎えに行くと、キレイにパーマがかかった髪、やっぱりいいね。
水曜日に受診があるから、その前にキレイにしておきたかったのだろう。キレイになった母はご機嫌な様子。
叔母と三人で炒飯をお腹いっぱい食べた。

その後、わたしは用事があって午後に買い物に出かけ、そのまま部屋に戻る。そしてまた夕飯の準備のために再度母の元へ。
今日は母のところまで三往復することになってしまった。まあ、通い慣れた道だからね。苦も無く運転できるってわけ。これが全然知らない場所に行けって言われたらびびりのわたしは行く前にあれこれと・・・
それに比べたら三往復なんて、軽い軽い(笑)。

夕飯の支度をし、お風呂をいただき、「暴れん坊将軍」(かなり古い、BSに毎日入っている)を夢中で見ている母に声をかけた。
「じゃぁ、今日はこれで帰るね。母さん、今日はパリにも行ったし・・・」と言いかけて、
「あーー!! パリじゃなくて、パーマやさん!」

母がパリに行く?
想像しただけでおかしくて、叔母が笑い転げている。

叔母が
「あぁ、良かった。わたしらみたいな年寄りが間違うだけじゃなくて、○○子みたいな若い人も間違うってわかって」とお腹を抱えて笑っていた。
このところトンと耳が遠くなった母は後ろでわたしが言った言葉など聞こえていなかった様子で、テレビの画面に釘付け。
苦笑いしながらわたしは「母さん、そのままでいいから。今日は見送りなしねと言ってさよならした。

あぁ、それにしてもパーマやさんとパリ、一体その二つに共通するものはあるのか?
パ、という言葉だけでパリが口に出た今日のわたし、この頭のなかを覗いてみたいものだわ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

片付け始めました

2018年07月12日 | ほんのすこし
実家の車庫、ようやく片付け始めました。しばらく風邪で何も出来ずにいて、さらにその後仕事が入り、ようやく、ようやく母が待ち望んでいた片付けに手をつけることができました。叔母が滞在している内になんとか片付けを・・・と思っていた母。車庫の中の物の配備もあれこれ考えているようです。

月曜日、水曜日と処分するもの、残す物を仕分け。ゴミに出す物は叔母が丁寧にまとめてくれました。何年も下手すると何十年も使わずに取っていたものもあります。大きな漬け物樽、あれってもう使うことないんじゃないの? そう母に聞くと、やはり処分出来ないみたいで・・・ その度に叔母とわたしは目を合わせ、やっぱりね、といった顔で諦めます。
母の物はやはり本人の了解を得てからでないと捨てられないので、物が出てきたら確認。

もう母は自分手で片付けることは出来ません。だからふたりに指示を出すのですが、自分が思い描いた通りのやり方にならないことも多いのだと思います。そのイライラを思うと、母が何を望んでいるのかを思い計ることって難しいなと思います。今日は、昨日仮に片付け置いたテーブルをもう少しキレイに置くように工夫しようと思っています。朝方、ベッドであれこれ考えていたら、母だったらどうするかなと・・・昨日のままだったらきっと嫌だろうなと。
車庫が片付くのはもう少し先になりそうですが、それが終わったら物置です。長年母が使ってきた食器の類。それを処分しようと思っているようです。新しい食器を出してこようと。
大事に取って置いてもね、と。そうですよ、母上。使わずに取って置いても何にもならないですよ。
そう言うわたしも母のこと言えません。だって、使わずに取って置いてるコーヒーカップとか沢山あります。集めた時は楽しかったけど、今はマグカップだけで充分な生活になっています。今後もその生活は変わらないでしょうからね。
カップ類の処分はどんな形にしたら良いか思案中。もったいない、もったいない というその思いが長い間処分を妨げてきました。精選して残そうと思います♪

そんなカップの中から見つけたもの。

ウエッジウッドのミレニアム。三方向の図柄の違いが楽しめます。







ソーサーはこんな感じです。



母のところが終わったら今度はわたしのところの不必要なものを出してくれと言われました。どうせ業者に頼むのなら持ってきて一緒に処分してもらったほうがいいだろうって。確かこれって過去に何度かありました(笑)。
何年かすると処分できないままのものが増えているということですね。なかなか物をため込まない生活にはなれないようです。でも、これからはそんな生活とはおさらばするようにしなくてはね♪

それでは、今日の任務に行ってきます。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

わたしが眠れなかったのは

2018年07月10日 | ほんのすこし
夕べ、早くにベッドに行ったのです。でも、予約録画していたテニスが頭に残っていたのですね。

何度か目が覚め、その度にスマホを確認。ニュースでテニスの速報を。(それなら起きて放送を見ればいいのに)
わたしの悪い癖で、リアルタイムで見るより結果がわかって見る、という方が安心だと気持ち。でもそれが今回は違った。錦織選手のベスト8、どうなるかと気が気でなかった。途中、スマホで1-1だという事を知り、ちょっと安心。それで少し眠りました。
でも、4時半には目がランランとしてしまい、起きました。
そこで録画を見始め・・・でも一進一退。とうとうスマホを開いてしまいました。ゲーム結果を見て、ワオ! 安心して録画を見始めたのでした。

錦織選手、頑張りました。
ベスト8進出。ウインブルドンでは初めてですね。松岡修造選手に続き初めて。
良かったあ。途中、肘の不調が気になりましたが。

これからの試合がすごく気になります。またまた眠れなくなりそうです。サッカーも気になるし。
スポーツって見ている方にも力を与えてくれますね。でも録画で恐る恐る確認しているわたしは、応援するということにはならないのかもしれないなあ・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく一息

2018年07月10日 | ほんのすこし
ここ数日、一週間前倒しの仕事が入って、慌てていました。

ようやくGOサインをもらえてホッとしています。

蒸し暑い。蒸し暑くなると食欲が減退する。それでも口案配のいいものがあると食も進む。ということでピクルスを作ったり。
面倒くさい揚げ浸しはまだ作る気がしないけど
台所に立つ事態がなかなか出来ない(笑)

それでも日々、母の食べるものだけは・・・と考えている。

私はと言えば、面倒だと思いつつも、パプリカを網焼きし皮をむいてマリネしたものを母たちに。自分の分はなかなか消化できずに。キュウリの辛子漬けは母も叔母もお気に入り。あっという間に1キロのキュウリが無くなる。例年だとわたしも食べるのだけど、なんだか食べる気がしない。毎年、嗜好も変わるのかな。

風邪引き以来、面倒だなと思うことが多くなり、日々の感動が薄れてしまい、なんだこれ、わたしってこんな風だった? と呆れている。どうにもこうにも感動することを忘れてしまったかのよう。
そんな自分に母が、叔母が気づきを与えてくれる。ちょっとした感動が日常にはあるのだと。



母の庭に叔母が植えてくれた百合
不思議なことに右側にある小さな一本の先につぼみがついている。その大きさは普通のつぼみとは全然違うサイズなのだけど。それを見つけて教えてくれたのは叔母。毎日、このつぼみが果たして花を咲かせてくれるのかと、楽しみにしているという。小さな小さな百合。一体どうなるのかしらね。叔母に触発されて母のところに行く度にまず最初にここを詣でるわたし(笑)。
こんな風に少しずつ周りの変化に関心を持っていければいいのかなと。
なんだか感動することを忘れてしまったわたしに、風穴を開けてくれるのが、母と叔母だなとここ数日感じているところだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謝っておこうっと

2018年07月03日 | ほんのすこし
ごめんね、と謝っておこう。
息子は朝早くに起きてサッカーの応援をしていることだろう。わたしはといえば、わたしが映像を前にして応援すると、どのスポーツもだめになるということを息子に言うと
「絶対、起きて見ないように」・・・といわれていました。
なのに、今夜は蒸し暑くて眠れず。仕方ないので起きました。

最初見ている分には、ハラハラがそんなになくてね。これはもしかすると・・・なんて勝手に素人、というか身びいきで。連続ゴールを決めた辺りではもうこれはいけた!と。
でも世界はすごいね。そんなものは物の見事に覆してしまうんだね。

わたしが最初から最後までリアルタイムで見てしまったこと、そのとんでもない愚行に息子が気づきませんように・・・

でも今回の試合は最高に面白かったんだなあ。だから最初の数分間だけ見ようという気持ちが崩れてしまったんだよ。選手皆凄かったからね。
ありがとう、立ち向かう気持ちを最後に見せてくれて。

※※※

これを入力している途中で睡魔に襲われ、そのままベッドへ。

ようやく眠れた・・・で、電話の音で目が覚めた。

今夜はゆっくり寝よう。でも暑くてまた眠れないかな。ベッドじゃなく畳の上で眠ってみようかな・・・それにしても今からこんな蒸し暑さ、本格的な夏になったらどうなるの? エアコンなしじゃ過ごせなくなっているよ。

※※※

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

はあとのトマト

2018年06月30日 | ほんのすこし
宮城県産、石巻産。ネームがトマトベリー。
はあと型のミニトマト。味もスィート♪ 果肉は適度に弾力があって、水っぽさが無いのがわたしには嬉しかった。そのまま口の中にぽいぽいと入れて食べる。
美味しいね。リピートしたくなるトマトだった。

トマトやら夏野菜が店頭に出回っている。ナスも美味しいし、ズッキーニも出てきた。そうそうトウモロコシも出始めた。そのままガブリ! とは出来ないわたしだが、トウモロコシを茹でて包丁でこそげ落とす。めんつゆとかに漬け置くのも好きだ。トウモロコシがあると、あれこれ料理に使えるのも嬉しい。もう少し安くなったら、スープを作ろうかな。

連日、じめっとした天気に何もせずとも汗をかきかき。タオルが手放せない。首にタオルを巻いていると、母が
「○○○がお前が首にタオルを巻いているとすぐ取りに来たよなあ」と娘がお産でわたしのところに泊まっていた頃のことを言う。そういえばあの夏はすごく暑くて。本当にへばってしまいそうだった。元来汗っかきのわたしには困った夏だったな。孫はどういうわけかわたしの所にやってきて首にかけたタオルを取ってしまう。嫌だったみたい。わたしがタオルを首に巻いている様子が。
おっさんくさいから?
よくわからないけど、一目散にやってきては首から取る。しばらくしてわたしが暑さに耐えきれずまた首に巻く。すると遊びに夢中だったが孫がわたしを見つけ、また飛んでくる。

何度も繰り返すので、わたしの方が降参。

そばにタオルを置いて、汗を拭くことにした。

孫のはあとには、おばあちゃんの姿はこんな感じだ、というのがインプットされているのかもしれない。その範疇に無いわたしの姿は見るに堪えられないのだろう(笑)

あの頃、このトマトベリーがあったら、きっと喜んで食べていただろうな。はあとのトマトだ!って言ってね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スマホにアプリを入れてみた

2018年06月29日 | ほんのすこし
昨日。
叔母にメモを見せられた。叔母は何か気になった言葉があると(テレビや本)メモをしておく習慣がある。ときどきわたしに「○○、これはどういう意味なの?」と振ってくる。
わたしに分かる範囲で応えるが、たまに分からないときはスマホを取り出して調べて応える。
それが昨日、言葉の意味ではなく、なんと読むのか? という質問だった。メモを見ると、はて? 見たことのない漢字だ。ちょっと「ひるがえる」に似ているから「これ、ひるがえる、じゃないよね」というと叔母も違うと応えた。

初めて見る漢字。叔母にいわせるとその小説を読んでいたら、何度か出てきたそうで、意味をつなげようと想像を働かせたらしいが、どうもどれも当てはまらないらしい。そこでわたしに白羽の矢を立てたというわけだ。
わたしに聞けば、スマホでなんでも答えが分かるはず、それが叔母の認識だった。だが、これは難問。スマホではなく実家にあった古い広辞苑を出してみた。巻末にある画数で調べてみる。う~ん、18画の中にはその漢字は入っていない。念のために19かくや20画でも調べてみたが、そこには入っていない。通用漢字には入っていないのか・・・それともその広辞苑が40年も前のものだったからか(そんな古い物があるというのもまたおかしいけど)。わたしが若い頃に使っていた広辞苑だ。若い頃にはあまり役立てなかったが、今にして活用? しようとしている。やはり新刊の広辞苑にするべきか・・・

適当に読み仮名を振って調べてみる。だが、本当に適当だから当るはずがない。

こうなるとわたしもむきになる。分からないことが気になって仕方がなくなってくる。
「もういいから。」と叔母に言われてもなんとかしようとあちこち探す。「そういえば、昔大きな漢字辞典があったよね~ どこ行ったかなあ」探しても出てこない。

ふと、無料アプリに何か無いかなと思った。調べてみる価値あり?
スマホの画面を見ると、漢字読み方アプリなるものが存在するらしい。早速ダウンロード。
画面に出てきた入力部分に指で書いてみる。
おぉ! 出てきたぞ。
「わだかまる」だって。「蟠って」と叔母はメモしていたから、「わだかまって」と読むことになる。
へ~、そう読むんだぁ。
アプリってそんなに入れても使わないけど、これは使えるって思った。

「どんどん分からないのがあったら言ってね」
ちょっと鼻穴を膨らませて叔母の顔を見たわたしだった(笑)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「得する人損する人」を見て真似てみた

2018年06月29日 | ほんのすこし
今年になってからよく見ている番組に「得する人 損する人~」があります。
先日も録画していたものを見ていました。有名シェフがお勧めの朝ご飯のお供。簡単にできるものなら作ってみようかなあって思いながらね。
するとイタリアンで有名なシェフがお勧めのものが。作り方は混ぜる作業ばかり。あら、これだったらわたしでも出来そうじゃない? 録画だからメモしたいところで一時停止。
ふむふむ、この分量で、この順番で、ね。

一度作って食べてみました。その時は分量の砂糖が多いなあって思ったので、適当に少なくしたら、なんだかしょっぱい。でも思ったより美味しかったので、再度挑戦。
今度はレシピの分量どおりに。

調味料は砂糖・醤油・オリーブオイル。
材料は、海苔、鰹節、ちりめんじゃこ、くるみ、チーズをこの順番で混ぜていく。最初に作っておいた調味料の混ぜ合わせを食材にかけて混ぜる。

砂糖の量が二回目はやはり自分には多すぎる気がしたけど、まあ、レシピ通りで。くるみの食感がすごくいい。ふとご飯に乗せるよりもパンに乗せた方がいいんじゃない? って思い、パンに使ってみました。

パンに乗せてからさらにチーズを。



それをオーブントースターで焼きました。



甘さとチーズとくるみのカリカリ感がなんともいえず美味しい。
海苔もパンに合うってわかりました。

息子が泊まった次の朝。ご飯に乗せて食べてみて、と勧めたら。
甘すぎる!って却下。でもパンに乗せるのはアリだなと。わたしもそう思います(笑)。

この番組、美味しいものを簡単にっていう目線が嬉しいわぁ。
残り物のお刺身を次の朝、美味しいものに変身、というのも興味あり。今度はそれに挑戦してみようっと。でもお刺身が残るってあまりないのよね~(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日は

2018年06月28日 | ほんのすこし
雨が上がり、少しは気分も上昇したかと思ったけど、途中ですごい夕立にあい、これもまた近年にない出来事だなあとちょっと感心していた今日でした。

今日は少し紙類を整理。
燃えるゴミの日だったけど、出した後で整理。なんていうことをしているんだ、わたし。
でも少しずつ整理していかないとね。オリジナルで作っていただいた棚、そこにはちょうどはまる蓋付きの入れ物。その中には・・・あぁ、そういえばこういうことをしていたんだったなあ。それでも捨てきれずに取って置いたんだ・・・そう思いながらせっせと整理。
すでに燃えるゴミの回収は終わっただろうけど、ゴミ袋に往年の書き物が収められていく。取って置いても仕方がないものだらけだ。
それなのに、小説もどきは捨てがたい。ついつい最後に取っておき、読みふける。
あぁ、そうか。これはここでこうして、まてよ。
ふと我に返る。わたし、今何していたんだっけ・。

なんだかいつもこんな繰り返しだったような気がしてくる。
ついつい印刷してしまったもの、パソコンの中に入れておけばいいのにね~。でも活字で確認したいって思う、その気持ちがどこかにあって。
そんな物があちこちにあるんだ。だから整理しよう。

で、読み返したら、なんだか意欲が湧いてきた(笑)。これ、もっと修正したらいいんじゃないの?
単純(笑)自己満足だけど、なんだか楽しくなってきた。最近、こういう思いになったことが無いからね。ふと、まだまだやりたいことがあるんじゃない? って思えてきたり。またまた単純(笑)

まあ、これも母が元気になって叔母も元気になったってことが影響しているかも。周りの人が元気になるってすごく大事なことだなって思うよ。
オドモテレビの歌を思い出す。
「大人になってもチュッチュル~ こどもになってもちゅっちゅる~ ハッピ ハッピハッピ」
今のわたしにピッタリだわ。
ハッピ ハッピハッピ
いつまでも元気でいてね、母も叔母も。そしてわたしも健康に気をつけなくちゃね♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加