心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

しょっぱかったぁ~

2012年05月31日 | ほんのすこし
昨日のお昼は1時すぎに。
火曜に残ったラーメンをいただいたのがあって、スープはなくなったので手持ちの「トマトバジル味 涼麺スープ」というのを 初めて使ってみました。
底にサニーレタスを敷いて 茹でたラーメンを冷やして乗せ さらに火曜の残りのチャーシューと漬け玉子(どっちも美味しかった!)をのせ 上からスープをかけトマトを飾りつけ、それだけなんですけど。
見た目はまぁまぁいいかなと思ったのですが、スープの水との割合 ボトルに書いてあった冷やし中華にするなら 1:1で・・・と書いていたので その通りにしてみたら・・・

なんという しょっぱさ!!

あわてて ペットボトルの水を出して 上からかけたけど、まだしょっぱい!

どうなってんの?
わたしの見間違いか?

これ スープの配合さえ間違えなければ 暑いときにはさっぱりして美味しいと思うけど。大失敗の巻でした(笑)
もっとも冷やし中華用の麺じゃなくて 普通のラーメン用の麺を使っているので、やっぱり温かいスープの方が合うのかもしれませんね。まだ麺があります・・・今度はどうやって食べようかと思案中。
シェフは自分が食べたくないものだから わたしに押しつけたに違いありません(笑)

昨日から今日 二日間は怒涛の日になりそうです。スケジュールが次々にあって、夜にはへたれそうです。
コメント

ココロが弱くてねぇ・・・

2012年05月29日 | ほんのすこし
母が裏にある鉄泉どうなっているだろうねぇと言うので 早速写して見せました。
楽しみにしていた花たちが すでに咲き終わっていたり 今が盛りだったり・・・

スマホで写したので 画面が大きく花の様子も楽しめて喜んでくれました。

※※※
毎日があっという間に過ぎています。一日 自分は一体何をしていたんだろう?という疑問符で終わる日々が多い気がします。やらなければいけない仕事もあるのに 何も手につかない・・・

唯一 早朝のウォーキングは続けていました。でも 今日は四時に起きたにもかかわらず止めようと思っているところです。ほんとにココロが弱いです。誘惑?に負け過ぎです(笑)

※※※
偶然 以前読み聞かせをした幼稚園の先生に会いました。アートマーケットに『心にビタミンを』の本を出していたときのこと、その先生がやってきて買ってくれました。先日 偶然会ったときに、「あの本 ときどき読み返しているんですよ」と言ってくれました。
なんだか・・・わたし どこかに行っていたんだなぁ・・・今までやろうとしていたことが見えなくなっていたんだなあ・・・そう言われた瞬間 思い出しました。自分がやりたかったこと。

※※※
やろうと思っても どうせ・・・という否定的な言葉が頭をよぎる。ココロが弱いなあ、わたし。
そして 何もせずに一日を終わる。人生 短いよ、乙女と言われる時期はほんのまばたき一つ。あとは野となれ山となれだ(笑)どうせ大半がつまらないのなら、一生懸命何かをする時間に替えることもまたありだ。生きるのは有限だよ。
なんて ココロにつぶやきながら、今日をどうやりこなそうかと朝から考える自分・・・
まぁ やるべきことはあるけど。それ以外にね、自分がやりたいことを一日にどのくらいやっているのか?ってことなんだよね。それができていないから、こうして自分にいら立っているっていうのが正解だね・・・

※※※
コメント

じゅうたん♪

2012年05月20日 | ほんのすこし
線路沿いを歩くと 今はこんなふうに芝桜のじゅうたんがある。
この近くの住民がせっせと手入れをしているのだろう。ここだけ別世界のように見事なじゅうたんだ。





じゅうたんの向こうには チュ―リップも♪



道行く人に安らぎを与えてくれている方は どんな方なのだろう。
線路沿いには その季節ごとに花が咲いている。夏は大きな向日葵。向日葵を見るたびに この暑さに負けずに咲いているなぁと思ってしまう。
花を見る楽しさは しあわせ感にもつながる気がする。ほんの少し 小さな花を見つけたときにも ラッキー♪って思えること、不思議な満足感。
そしてわたしの場合は 花もいいけど、大きな樹に出会えたとき。冬にシャイニングストリートと化する町並があるが、そこの両脇に伸びているケヤキの姿がとても好きだ。今はちょうど緑の葉が燦々と太陽の光を浴びて 目に優しく映る。風に さわさわと揺れているのを見るのも好きだ。
そういえば 子供のころ住んでいた家の二階に上がる階段途中にあった大きな窓から 隣の木材所にあった大きなポプラが見えていた。すぐ手が届きそうなくらいの位置にあったそのポプラが 6月の風に揺れてちらちらと葉の陰を見せていた。そのポプラを階段に座りながら ぼんやり眺めているのがとても好きだったな。

あのポプラ どうなったのかな・・・きっともうないね。
でも わたしの記憶の中では今も風に揺れている。

ケヤキの通りも これから先ずっと わたしの記憶の中で佇んでいるだろう。

芝桜のじゅうたんももう少しで終わりだ。しばしの美しさを楽しもう♪
コメント

今日の一押し♪

2012年05月12日 | 紹介します
怒髪天

リンク先のビデオクリップ『歩きつづけるかぎり』を見聞きして 一発でノックダウン(笑)
かなりグッときました。
早速 4月に発売されたというCDを探してみたいと思っています。

すごく人間くさい感じがします。そして自分のことばで歌っているという気がします。
ギターも上手いし、聴いてて無理がないというか・・・ステージ見たくなりました。
平均年齢が高いことにもびっくりです。
桃屋のCMやっていたんですね、知りませんでした。
このバンドを知るのが遅かったことが悔しい気分です。

今朝は朝から雨模様。
肌寒いぐらい。冬もの片付けなければよかった・・・

※※※
ニンジンさん あれから こうなって・・・




今朝は こんなふうに伸びています。



伸びるのが早い茎と遅い茎がありますね。生き物は同じなんだなぁって思いました。人間も人それぞれ生長の度合いが違うしね。
でも与えられた環境の中で最善の生き方を見つけていくのかな。
※※※
コメント

スーパームーンの動画を見つけました

2012年05月09日 | 紹介します
5月6日 こちらは曇っていて 残念ながらスーパームーンは見ることできず。
先ほど You Tubeで見つけました。スーパームーン!
しかも とても劇的な幻想世界に満ち溢れています!!

ぜひぜひみなさん 見てみてください♪

スーパームーンを通過する飛行機

素晴らしい映像です。飛行機が通過するところも感激ですが、最初の山際からスーパームーンが出没する画面の美しさ そして大きく月面が写しだされるところも 月面の綺麗さに圧倒されます。

Nyanta8355さん 素晴らしい世界を見せてくださってありがとうございます!!

コメント

今度はニンジン♪

2012年05月07日 | ほんのすこし
東京から戻ってきた次の日 母のところに真っ先に行って サラダ大根ちゃんに会おう!と楽しみにしていた。
おみやげを手に 玄関に立ったら・・・あれ?どこに行ったのかな?

「母さーん、サラダ大根は?」
「あー あれねぇ。花がいっぱい咲きすぎて 頭が重くなって折れちゃったんだよ。」
「あっちゃー、だめかぁ」
姿かたちはどこにもなく、見事に花をたくさんつけたところも見れず・・・悲しいかな サラダ大根ちゃん。

部屋に戻り 何かサラダ大根ちゃんに代わるものはないかと物色。ニンジンがあった!
小皿を探し、ニンジンの頭(葉っぱが出てくる部分)を少し切り、水を張った。
サラダ大根ちゃんのときもそうだったけど、最初の茎が出てくるまでが時間がかかる。今回は4日ぐらいかかった気がする。ほんの少しだけど、てっぺんの丸い部分の縁に顔をのぞかせている茎がある。

ニンジンの葉っぱは何度も見ているけど、花はどんなのかな・・・というか 花 咲くのかな。

今度も毎朝「ニンジンちゃん ニンジンちゃん」と声をかけてあげたら ぐんぐん伸びる気がするなぁ。

※※※
昨日 桂城公園でさくらまつりのカラオケがあった。スコップ三味線サークルが出るというので 歩いて向かった。途中 なんだか空模様があやしくなってきたが、めげずに向かった。会場に着く前から 雨がだんだん強くなってきた。
会場に入ったときに見覚えのある方と遭遇。彼女は戻るところで
「あれ?スコップ三味線は?」と聞くと
「あら~残念 たった今 終わったところよ。」
が~ん・・・ジャンパーのフードをすっぽりかぶり 頭から雨をしたたらせて Uターン。
途中 雨足がひどくなり アーケードの下を選んで歩いたが、どう考えてもこれは傘がないとだめだと判断。ヨコキチに入る。なになに・・・閉店セール?!知らなかった・・・
店員さんに聞くと 学童用の黄色い傘はあるけど・・・と言う。隣のかばんやさんに戻り、安い傘を物色。500円の黄色い花がたくさんある傘を選んだ。学童用も黄色だったのに あえて黄色を選ぶあたり後で思えば なんかおかしい 自分。

ヨコキチで母に似合いそうなチョッキを見つけた。
桂城公園のカラオケには間に合わなかったけど、母へのプレゼントをゲットすることが出来たので良しとするか(笑)半額なので かなりのお得感だった。
それにしても ヨコキチが商店街の並びで閉店するとますます大町界隈は 閑散としそうだ。
※※※
コメント

朝のことば 47

2012年05月06日 | 朝のことば&つぶやき
「さぁ 行くぞっつ!」
そんな力をこめた言葉が 後ろに待っているような
ポンとひと押しされて前に動いたような

道は開かれて
自分の前に整然とたたずむ景色に
違和感なく入り込める気がした

毎日が同じような繰り返しだと思っていた
同じ行動パターンだったから

でも 多分違う
毎日 判で押したようなスケジュールじゃない
自分で自分の行動を決めているはず
同じようだと感じるのは 自分がそう動いているから

ほんのすこしでいい
昨日と違うものを見つけて
昨日と違う自分を見つけて
前にポンと足を踏み出す
それが 生きてるって気持ちにつながる気がする

※※※
東京からの戻りの車中からパシャ。銀河鉄道ライン・・・花輪線 珍しい駅名もあった。



駅の名前って面白い。
※※※
コメント

娘よ・・・おめでとう♪

2012年05月02日 | 思いのまま
嬉しいね、ほんとに嬉しいね・・・
今 こうして 戻って来ると その気持ちがずんずん大きくなってくるよ。
おめでとう・・・ほんとにおめでとう。

ずっと書けなかった。思いだせば色々あってね。書けばあれもこれもと 色々なことが頭に浮かんできてね、書くことができないまま 結婚式に行ったんだなぁ。
自分の中の問題とかもあったりして あなたには気苦労をかけたりして・・・
でも そんなこと全然関係ない!って思った。あなたのしあわせの日をみんなで喜ばなくてどうするの?!って。
そうなんだよね。
素敵な一日を ありがとう!!
素晴らしかったよ。
ホテルに戻って 手紙を読んで・・・ずっと堪えていたものが どんどん流れていって・・・
それでも まだあなたが結婚したという実感がわいてこなくて・・・
戻ってきて ようやく少しずつ感じてきた今、書いてもいいかなと。

隣でナプキンを目に当てていた様子を見て やっぱりなぁと。やせ我慢しているんだなぁと。
「目を合わせてくれないんだよ」って あなたは言ったけど、そりゃそうだよ。目を合わせたら泣かずにいられなかったはず。

たぶん 今までと同じように一日が過ぎていくのだろうけど、やっぱりどこか前と違う時間が過ぎていくのだろうね。ふたりが築いていくもの ふたりでなくては築けないもの、それがこれからの時間。
きっといいことばかりじゃなくて、色々なことが起きてくるだろうね。でも いいこと 悪いことって 見方によってずいぶん変わってくるから、「これはふたりにとっていいことなんだ」となんでも思えるくらいになってほしいな。辛いことだって いいことだと思えるぐらいにね。

素敵な場所だったね。
レストラン ラ・ビュット・ボワゼ
緑がいっぱいで あちこちに花があって 白いシフォンが入口から歓迎してくれて。店内に飾られていたたくさんの絵も素敵だったね。宮本三郎の『えび』もあったね。
今 調べたら レストランのかなり近くに宮本三郎記念美術館があったんだね。行きたかったなぁ。

シェフの森重さん とっても魅力的な方だったね。子供のように 6キロ近くもある真ハタをトレイに乗せてお客様のところに見せに来たり。サーベルでシャンパンを見事に開けて見せたり、パフォーマンスをしながらも とても楽しそうにふたりのことを温かく受け入れてくれているってことが伝わってきて。本当に素敵なレストランウェディングだったね。もちろん お料理も素晴らしかった!!



森重さんがヨーロッパで写してきた写真をコーディネイトしたお料理の紹介状。この裏に本日の料理を丁寧に自筆で書かれていた。素敵な思い出になった。下は席順とふたりのプロフィールが書かれたもの。お料理の写真を写せなかったのが すごく残念だったけど。かろうじてウェディングケーキのお裾わけプレートだけは写せたんだ。
お皿も綺麗、ケーキのスポンジのふんわり感がたまらなかったね。



でも お料理がたくさんで、最後のケーキを全部平らげることが出来なかったのが パティシエさんに悪かったなあ。もう一度戻れるなら あのケーキ全部食べたい!(笑)

息子と彼女のお皿だけ 特別だったね。「この次はあなたたちが幸せになる番だよ」という気持ちが伝わってくるチョコのメッセージとハートのチョコがついていたっけ。あれもあなたたちが頼んだんだね きっと。嬉しいサプライズだったね。

息子がふたりのために作ったウェルカムボード。
アルファベットひとつひとつのデザインが細かく違っていて綺麗だったね。左側に二頭のシカが佇んでいたけど、あれはふたりのことを表していたんだってね。ふたりが来客を心からお迎えしたいという気持ちが とっても自然に伝わってきたね。



こうして あのときのことを振り返れば あれもこれもと書きたくなってくる。戻ってきた直後は放心状態?で なんにも浮かんでこなかった。ただ終ったんだな・・・という思いで。もっと色々なことを話せばよかったという後悔の念が 今はふつふつと沸いている。でも これで良かったのかもしれない。娘には言わなくても伝わっているのだろう。そして これからだって 必要なときに必要なタイミングで話せると思う。母として 友人として。お母さんがふたりもいるって すごいことだよね。

二次会もすごかったね。二次会の話は また後でね♪

今日は これから母の検査付き添いがあるから。不安がっているから 励ましてあげないとね。


コメント (4)