心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

一年の最後に

2016年12月31日 | 朝のことば&つぶやき
※※※

時 というのは
思いがけない贈り物をくださる

忘れかけていた感情や
人に触れ合う喜びや

あんなに転げ回るほど笑っていた
若いはつらつとした自分の姿が
今はもうどこにもないのだと
ことあるごとに見せつけられても

この目の前にいる老いた自分が
この一年という月日を
生き延びたということだけで
この世界に感謝をしたくなる

感謝という大事な気持ちを
時 は
こうして与えてくださっている

一年の一番大事な日
ここまでこれたという
わたしも
あなたも

※※※

今年も暮れていきますね。
沢山の出来事が当たり前のような顔で過ぎていこうとしています。
でも違うのですね。
当たり前ではなくて、すれ違うこともあっただろうにそこで出会えたという、それが奇跡だと。
当たり前なことは何ひとつなく、こうして生きていることが生きているその人こそが奇跡の存在なのだと。
今年一年、母も年老いてさらに大変で、それでも明るく生きています。
わたしにとって母が明るく生きている、それが一番です。
そして子供たちそれぞれの家庭が和やかであること、それが何よりもわたしの宝物になっています。

こうして人は人と結びついていくのだなと今年ほど強く感じたことはありません。
来年もまた奇跡の日々が続きますように・・・
ここに足を運んでくださった皆様に沢山の感謝をこめて。

※※※

アクリル画の一部。明るい未来へ。

※※※

コメント (10)

もっと寒くなりましたよ

2016年12月29日 | ほんのすこし
12月は思ったよりも寒さが厳しくなくて、不思議な年もあるものだと思っていたのですが。やっぱり季節は冬ですね。
今朝は一番雪があります。この画像よりずっとね。
あんまり寒くて起きたくなくて(笑)。でもストーブも火曜日には取り替えることができて、とても快適な空間にいます。ついでにブルーレイレコーダーも買うという大散財をしてしまいましたが。
どうもわたしは電気やさんに行くと、思った以上に買ってしまう習慣があるようです。

今年は電化製品買いました。
12年物の洗濯機も換えました。
パソコンもデスクトップを買いました。

そして暮れにストーブとレコーダーでしょ。
これじゃお金が貯まるわけないですよね。
これで12年来の物といえば、冷蔵庫と電子レンジのみになってしまいました。ここに住むようになって12年以上が過ぎ、住むと同時に買った電化製品、それが次々に不具合が生じて、今年は最たるものに。
これも年月の流れでしょうね。
来年は冷蔵庫と電子レンジにさらに頑張っていただき、どうか電化製品の買い換えがありませんように(笑)。

そして今年はもっと大きなというかお金を使ってしまいました。
でも自分ではこれで良かったと思っています。
老後、どんな生活ができるかをシミュレーションして楽しむにはなかなか面白いし、実現出来ないことでも想像して楽しむものを手に入れました。

それには後二年とちょっとお金を貯めることができるうちに貯めておかないとね。
と言いつつ、こんな大散財をしてしまうわたし。

母が昨日、前の日に見た番組で大家族の番組があって、そのお母さんが凄かったと話していました。一ヶ月の食事代を7万円にするために食材をすっかり使い切るそのやり方に感心したそうです。
わたしなんてそれを聞いたら反省だらけです。
来年は食費やあれこれ節約できるところは無いか考えていかなくては。
まっ、今年は贅沢しちゃったってことで。使っちゃったものはもう仕方ないし。

それにしても、この雪と寒さで今日計画していたことが先延ばしに。家の中はできるけど、暮れの掃除も計画倒れになりつつあります。
これから母のところの寒さ対策に行ってきます。
コメント (12)

録画しておいて良かった

2016年12月27日 | 母のこと
夕べ母は遅くまで起きていたらしい。
お昼近くに訪問すると、なんと今朝は9時に起きてしまったとぼやいていた。その原因は遅くまで見ていたテレビ。
前日に早い時間からSMAPの最後の番組が入るから見れないときのために(自分のテレビでも録画するけど母のテレビでも)録画予約しておくね、と言っておいた。母は彼らのことをCDを買って聞くまではいかないけど、番組とかで踊ったり歌ったり、色々なことをしているのを見るのが好きなのだという。
録画しているという気持ちがあるせいか、途中で別チャンネルに変えたりしながら見ていたそうだ。それでも最後だけは絶対見ようと思ったらしい。
お風呂の準備をしているうちに最後がやってきて、入るのを中断し、ソファに座りながらずっと待っている母。

最後のお辞儀のとき、中居くんがずぅっと頭を下げたままだったよ、そしてこっちを向かなかったんだよ。

中居くんが泣いている姿を見て、母は「どうして解散しなくちゃいけないんだろうねぇ」と何度も言ったという。

そしておもむろに
「今、わかったよ。お前が録画をするわけを。いつも後で録画見るよりもそのときに見たほうがいいだろってずっと思っていたけど、こういう時に録画があればいいんだな。録画していればこれ(SMAPの番組)を何度も見ることが出来るものなあ」と言った。
そうか、今わかってくれたか、録画のいいところ。

きっとこの最後の番組、これから何度か母は見るだろう。

で、わたしは当然録画したわけで。
ところが今日新しいレコーダーを設置してもらったために、古いレコーダーに録画されている最後の番組を見るのは面倒な手順を踏まねばならず(テレビの裏の電源コードを差し替えする← これって面倒なのかぁ?)。
お正月に母のところで一緒に母の録画を見ようかなと思っている。

それにしても新しいものっていいね。
あんなに寒かったストーブも新品ならばぬくぬくと暖かく、財布の中は大幅に寂しくなったけど心はあったかい(笑)。ついでにレコーダーまで買ってしまったわたし、来年は節約せねば!
コメント (4)

冷凍パイ生地を使って

2016年12月27日 | ほんのすこし
冷凍パイ生地をどういうつもりで購入したのか、生協で注文しました。パイを作る予定はなかったのですが、お正月やクリスマスが来るなあと思ったからでしょうね。
でもクリスマスにはチキンがあったし、食べるものもあったので、そのままで。
で、なんにも関係ない日に何かこのパイ生地を使って作ってみようかなと。
合い挽き肉を買ってきました。分量は適当。その前にタマネギを炒めておきました。
冷凍パイを半解凍し、生地をのばし、その上に生ハムをおき、合い挽き肉と炒めタマネギをこね塩こしょうしたものを置きました。
二つ分できましたので、オーブンで焼きました。焼き時間も適当。
最初は180度で焼きましたが、全然焼けないので200度に設定しなおしました。

適度に焦げ目もつき、中も焼け表面上は成功かな? と思いました。
形の良い方を母のところへ。
もう一つはわたし用に。

わたし用のを食べたら少し塩気が強かったかなと思いましたが、ソースを使わずに食べてもらえばいいだろうと。なんて適当なわたしでしょうね。

切り取って持っていきました。



母には外側のパイ生地が良かったようです。・・・ って、そこわたしの管轄じゃないから(笑)。
肉の部分がもう少し柔らかかったら良かったと言われてしまいました。反省です。

まあ、何か作ってみようと思って挑んだだけですので、これからまた試行錯誤。
冷凍パイ生地は使い勝手がいいので、これからも何か作りたくなりそうです。
コメント

困るんですけど

2016年12月26日 | ほんのすこし
えっ?
昨日から一体何度ストーブの前に立ったことでしょう。
つけると少ししただけで消火になってしまいます。
今年ストーブを付け始めたときに、無事に今年もつきますように、というお願いめいた気分でした。もう12年が過ぎ、そろそろ無理かなあという不安が頭をよぎっていたのです。それでもなんとかついてくれて。
でもなんだかつけても寒いし。これってやっぱりガタが来ているのかななんて思ってはいました。なんとかこの冬を乗り切ってくれないかと。
ストーブを買い換えするなんて、レコーダーもだめになってきているのに、どうしましょ。

でも・・・
やっぱりこの寒さには耐えられないです。
しかたありません。

これから電気やさんに行ってみることにします。
でも暮れで忙しいでしょ、電気やさんも。
ストーブ取り付けにいつ来てくれるのかしら。
それまで持つかしら・・・

そんな大きな不安。
助かるのはここ最近暖かい日が続いているということです。まるでわたしのためにあるみたいな天気だと思って、今のうちに行ってきます。

他のストーブを使うという手もありますが。デロンギのオイルヒーターがあります。
でもね、二つの部屋全体を暖かくするには心許ないし、第一電気代がかかりすぎます。灯油のストーブの方がまだ安上がり。
あるかなぁ、在庫。いつだったか冬の始めに電化製品を覗いたとき、在庫が全然なかったときがあったのです。今年はまだ暖かいから大丈夫かなあ。
それにしても、こんな時期にだめになるなんて。
ほんとに困った困ったのわたしです。

コメント (2)

プレゼントいただきました

2016年12月26日 | ほんのすこし
毎年、クリスマスの時期になると知り合いから贈られてくるプレゼント。
毎年、内容は違っていて雑貨類が多く、去年はイッタラのカップ&ソーサーでした。まだ持っていなかったのですごく嬉しかったのです。そのことを覚えていた彼女からのプレゼントでした。

中身は。



オーナメントです。

これが入っていた箱がまたステキでした。
真っ赤なケースに透き通ったオーナメントにフクロウや鳥が描かれています。
きらきらと透けてみえるのが、とても綺麗です。

わたしの在宅時間の関係で不在、昨日の午前中に指定を修正。彼女は24日の午前中指定で送っていました。きっとクリスマスに間に合うようにという思いだったのでしょう。25日の夜にはカードたちと一緒に飾りました。



嬉しいことがあると、その日一日が輝いてみえます。

※※※

24日のクリスマス&忘年会にて。
年に一度しか会うことのないご夫婦。奥様が毎年会えば言う言葉が。
「○○さんっていつ見てもお肌がきれい。しわがないじゃないの」とお褒めの言葉。
まぁ、自分で言うのもなんですが、肌は綺麗かも。
で、しわが少なく見えるというのも案外当たっているかも。
そんなちょっとうふふな気分で母にご報告。

「お前、それって太ってしわが伸びたってことじゃないのか」
即、反論されました!
毎年言われるということは、毎年確実に太っているってこと(笑)。

※※※
コメント (2)

ちょっとだけクリスマス気分

2016年12月25日 | ほんのすこし
昨日はちょっとだけクリスマス気分を味わうために、こんな飾り付けにしてみました。
母もこれは喜んでくれましたよ。
それと、ポッキーでこんなリースもどきも。



この二つを作る時間が結構長くて、後のものは適当にしてしまいました(笑)。

ロマネスコってカリフラワーの種類だよね?
前からこれはツリーの形に似てるなあって思っていたら、スーパーで半分にして売っていました。立体的ではなく平面的に利用する方がいいよねって思っていたので、即、買いました。
周りの緑はアスパラ菜。母のために軽く火を通しましたが、生のままのほうが飾り付けには良かったなと反省。

母にはロマネスコよりも生ハムの方が気に入ったみたいです(笑)。

モンブラン好きの母のためにケーキは小さいモンブランケーキを。
おかずが結構あるからって肝心のチキンは明日食べるからと言われ、がくっ。
まあ、食が細くなっているからそれでいいってことにしました。

甘いのが好きな母は、ポッキーリースよりも残ったポッキーたちの方に興味が。
「これ、持って行くのか」というので、
「いや、母さんに置いていくから後で食べて」というとニッコリ。ポリポリ少しずつ食べるのが好きらしい。リースはしばらくそのままにしておくと言われました。
ちょっといびつですが、これはこれで味のある形になったかな♪

夜は2時間遅れでとある場所でのクリスマス&忘年会に参加しました。



7時から開催していたとのこと。わたしが行った9時頃には皆さんご機嫌さんでした。
でも違和感なく途中参加できたわたしです。初めてのご夫婦もいらっしゃいましたし、若い素敵な女性も。男性陣が嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。

途中で「自分は4人姉弟だけど、まだ弟が独身なのよ、ねえ、○○さん、何歳?」と聞いてきた方がいて。
一瞬目が点に。
わたしよりも隣にいたTさんが、それって○○さんに結婚相手にってこと?と素っ頓狂な声。
もう笑うしかないよ。
そんなおかしなこともあったりして。(若く見られたらしい)

隣にいたWさんはパソコンとかに詳しくてずっとパソコンやスマホやら動画とかの情報を教えてもらったり、すごくためになりました。やっぱりすごいわ、Wさん。


次々と帰っていく人たちを見送って、最後はなんとメンバーの中で若い部類に入る方とカラオケに行ってきました!
銀恋なんて歌っちゃいましたよ。
あーーー、面白かった!

で、今朝は頭と喉が・・・ (笑)
コメント (4)

『クリスマスの約束』

2016年12月24日 | ほんのすこし
 
『クリスマスの約束』という番組を知っていますか?

わたしは数年前にその番組があるということを何気なく番組表を開いたときに「なんだろう?」と思いながら予約録画したのが始まりでした。そのときは出演者は誰だったかなあ。そんなに多くなかったという印象があります。
小田和正さんが2001年に始めた番組は今回で16回目になったそうです。

初の第一回目はオファーをお願いしても不参加ということで小田さんがたったひとりで歌い語る、そんな内容だったらしいのですが、今では深夜にもかかわらず沢山の方が視聴している番組になりました。
わたしも初めてこの番組を見たときの感動は忘れません。小田さんが醸し出す柔らかな空間がそのまま画面を超えてわたしの方までやってきている! そんな感じがしたのです。それから毎年、今年はどんなアーティストとどんな曲をコラボするのか? と楽しみになりました。クリスマスと言えばこの番組! そんな気持ちになっています。

今年は宇多田ヒカルがやってきてくれました。
第一回目、オファーを出したけどこれなかった彼女の歌を小田さんがギター片手にひとりで歌った映像が流れました。そして16年ぶりのふたりのコラボが実現しました。
こんな贅沢な時間を見ることが出来ただけでも嬉しいです。

この番組は消去しないで取っておくことにします(笑)。録画可能時間が残り少なくなっているので、どんどん消去しないといけないのですが、これだけは消すことができないだろうなあ。

音楽番組、あまり見ていなかったのですが、今年の一番はやっぱりこれかなと思います。

クリスマスの約束
コメント (2)

小さなツリー

2016年12月23日 | ほんのすこし
もみの木は無いのです。
おもちゃのツリーも無いのです。

だからこんな小さなツリーを出してきました。
ブローチです。
使わないスープカップ&皿にちょこんと置きました。

小さくてもツリーって形だけでどこかクリスマスを思わせてくれる気がします。
明日は母のところでプリッツを使ったチョコのリースを作ってみたいなと思っています。でも作れるかどうかまだ疑問ですが(笑)。それもかなり小さなリースのようです。チラッとインスタグラムで作っているのを見ただけですので、どうなるかさっぱり予想がつきません。
材料も適当に買ってきました。いつも適当なわたしです。

明日はそれよりも大事な眼科に行くという用事があります。ずっとコンタクトレンズを買わなくては・・・ って思っていたのに、ぎりぎり後二回分になっていました。ほんとは水曜日に行こう! って思ったのにその日に限って休診。で、木曜日は用事があって行けず。金曜日に行こう! って決心してカレンダーを見たら、えっ! 祝日! 今日が祝日なんてことすっかり忘れていました(笑)。
なので、明日ギリギリ午前中に受診予定です。

どうも病院のたぐいは苦手なわたし。
この習慣、なんとか治さないと。友人にも叱られました。健診受けなくちゃだめよ! 手遅れになったらどうするの! って。見つかったときにはひどい状態ってことあるからねって。
う~ん、頭が痛い。
明日はちゃんと行くぞ。
天気が荒れていようが、雨が降ろうが槍が降ろうが行くぞ(笑)。

小さなツリーの脇にキャンドルを。



コメント

お茶してきましたが

2016年12月23日 | ほんのすこし
涙。
彼女の目からポロッとこぼれた。

昨日、突然メールが入った。
友人が会いたいと。
話を聞いてほしいらしい。

ふたりまだ行ったことのないお店に行った。
彼女の今を語る・・・
これまでの自分の生活とは全然違う時間になっていくことに不安を感じている様子にときどき言葉をかける。
そうだよね。
夫婦で過ごしていたところに別の人間が四六時中一緒にいるって、そしてその世話をしなくちゃいけないって・・・

あれこれと話したいた彼女が、何が嫌かって怒る自分が嫌なの、と。
そう言いながら涙を見せた。
何度も同じことを注意しなければいけない自分、注意するたびに、あぁまた怒ってると思う自分がいる。それが嫌で嫌でたまらないと。

相手が意地悪な人だったら自分もどんどん強い態度で行くけど、全然そうじゃないのよ。

年老いるということは、こういうことなんだね。
本人はいつでも最初。初めてのことなんだ。
同じことを何度も注意しなくちゃいけない。でも本人にとってはいつでも初めての注意だと思っていれば、気持ちが少し楽じゃないかな。
自分を責めることはないと思う。
友人は少しだけ気分が楽になったみたい。
いつまでこの状態(一緒にいる)が続くのかわからないという不安もあるのだろうね。

彼女の気持ちが和らぐのなら、いつでも大丈夫、お迎えに行くからね。

※※※

アクリル画の一部をインスタグラムでいじる。

※※※
コメント (2)