心の色を探して

自分探しの日々 つまづいたり、奮起したり。
マウス画・絵及び文章の著作権は このブログ作者(けい)にあります。

ありがとう!

2006年04月30日 | ゴスペル

昨日29日は さくらまつり。
わたしたちゴスペルクワイヤ(ジョイフル シンガーズ ←名称が決定しました!)にも 「桜を楽しむ会」と野外ステージでの歌の依頼がありました。

昨年 ワークショップの集大成として文化会館の大ホールでのコンサートを行ったわたしたち。その後 サークルとして活動し、人数は半分に減ったものの、奇しくも1年後の同じ日にライブができるということは 素晴らしいことだと思っています。
わたしたちの成長を感じてください。そんな気分でした。
でも考えてみたら、昨年のコンサートに来てくれた人が観衆だとは限らないんですねー。

公園のなかにある体育館で 市長さんを始めとする方々を前に 歌い始めたのですが、相手はお酒を飲むのが忙しい?みたいな方も多く、まぁこういうもんかな?と思いつつ。
歌っているうちにそんなことどうでもよくなって、気分よく歌えましたよ。

30分後に野外のコンサート。
昨日は 近ごろにないいいお天気。まるでわたしたちの歌を歓迎してくれているみたい!そんな気持ちを たぶんメンバー全員が思っていたことでしょう。
今までのぐずついた天気を吹き飛ばすかのように 思い切り歌えました。

美味しい空気を味わいながら、歌えるってなんて素晴らしいのでしょ!
久しぶりのライブに 歌っていてよかった・・・としみじみ思ったのでした。
まだ骨折がよくなっていない母に 聞いてもらいたかったのですが、やはり無理だということで母は家で好きなドラマを堪能。(まだまだドラマの魅力にゴスペルは勝てないなぁ・・・)

終了後、リーダーの家で慰労会。話は尽きず。歌っていてよかったという思いがそこいらじゅうにみなぎっていた。
わたしが話しのついでに「昨日 誕生日だったんだ」と言うと、即座にメンバー全員が「Happy Birthday」を歌ってくれ、思わず身震いするほど嬉しかったり。
そのうち二人のメンバーがいなくなり、どうしたのかな?と思っていたら。
こんな素敵なケーキを頼んで 作ってもらってきていました!
ちゃんと名前も入っているんですよ。「けい」という名前にしてくれたのは きっとここに来てくれているカオリさんの計らいですね、ありがとう。

スポンジがふわふわして 甘さもほどよくて。
しあわせって こんな味かも・・・
ろうそくの火を吹き消して。
ああっ。びっくり。
あまりにも鼻息が荒くて、ろうそくが1本 ぐにゃりと曲がっていたんですね。

そんなこんなで とっても楽しい一日を過ごしたんですよ♪
そうそうわたしたちの歌を聴いた方が 次の出演依頼をしてくれたんです。
来月も歌うことになりました。しかも400名ぐらいの方を相手に。アトラクションですけど、二曲ぐらいですけど。でも歌う場があるってだけで ひよっこのわたしたちには素晴らしいことなんですね、きっと。
コメント (16)

春の宵

2006年04月27日 | 月と星/マウス画

さくら ほんのり 空を染め

春は 春 つかのまの甘いひとときに

こころはいつしか 酔いしれる

あちらこちらに降り注ぐ 甘やかな春の魔法で

※ 画像は縮小しています。 ※
コメント (6)

第8集

2006年04月24日 | ひよこなど/マウス画
『MOKA's WORLD』第8集です。
ブログで紹介したものを中心に作ってみました。反省が多くありました。
画像が小さい場合、拡大表示させると 粗いものになってしまうということで、その粗さがどの程度なのかが仕上がったものでしか確認できないのが、たまにきず。

今度からはまず試しに1冊だけ作るということにしたほうがいいみたいです。

ブログで紹介した


この二つは色合いが似ているので 並べてみました。

見開きページには 


こちらを採用しました。これはまだ紹介していない絵だと思います。
明るい感じで広がりをもたせたかった絵です。でも拡大したら 粗さが目立ちました。反省・・・

これはちょうどCDの1.5倍ぐらいの大きさ(縦188mm×横187mm)の画集ですが、今 お願いしているのはそれよりサイズが小さいもの(140mm×190mm)で 月をテーマにしています。サイズが小さいと バッグに入れて歩けるかな?と思って 1冊作ってみることにしました。早めに届いたら プレゼントしたい人がいるのです♪
5月の初め 間に合うかなぁ・・・
コメント (10)

夜更けの森で

2006年04月20日 | 月と星/マウス画

だれもいない 夜更けの森

煌々と照らされた道は どこにも見えない

見えるのは 入り組んだ木々のからまりあった姿

夜のしずくをその身にまとい

ふるると揺すり 葉っぱは光を受ける

音の無い 月との対話を
夜更けの森は 楽しんでいる

※ 画像は縮小しています。 ※
コメント (8)

指定席は どこ?

2006年04月18日 | ひよこなど/マウス画

探して 探して

わたしの指定席を探して

すわり心地のいい その椅子は

どこにあるの?

※ 画像は縮小しています。 ※
コメント (12)

ひよこです

2006年04月17日 | 壁紙・素材/マウス画

ひよこが ぴょこぴょこ

こんにちは!

あったかくなってきたねー。

※ 実寸画像は こちらです ※
コメント (6)

夢を開いて

2006年04月16日 | ひよこなど/マウス画

どこまでも伸びる 伸びる

地面にしっかり足をつけ

ぐんぐん ぐんぐん伸びる

はあとの花が ほころんでくる

夢を開いてみよう

広い世界にはばたくために

※ 画像を縮小しているので 細部がよくわからないと思います。ご了承ください。 ※
コメント (6)

空にアパート

2006年04月14日 | 月と星/マウス画

空には夜になると アパートができる

てっぺんには おつきさま

今夜は三日月さんだ

窓から顔を出している星たち
そろそろ出番だよ

窓を抜け出し
暗い空をぴかぴか照らしておくれ

※ 画像は縮小しています。 ※
コメント (6)

コメントありがとうございました。

2006年04月09日 | 思いのまま

父が亡くなって 初七日も過ぎ、ようやく落ち着いてきました。でも 雑用がたくさんあるということを知らされました。
人の生き死にで 大変なのは「死」なんですね。
残された者が あれこれしなくてはならないことが多すぎて、毎日があっという間に過ぎています。

たくさんのコメント ありがとうございました。
本当ならば ひとりひとりの方にお返事差し上げたかったのですが、気持ちがついていかず、せっかく頂いたお言葉の数々に 心をこめて応えることができなくて・・・お返事 書けなくてごめんなさいね。
みなさんからのひとつひとつの言葉を 携帯で何度 確認したことでしょうか。
読みながら 涙して あぁなんて心強いのだろうと感じていました。

ありがたいことですね。顔も知らない、声も聞けない なのにどこか安心できるものが ここにあると思うと、生きていることがとても大切に感じます。
ありがとうございます、本当にありがとうございます。

父のそばで最期まで励まして 話しかけていれたことはわたしにとって 最高の喜びです。母の代わりに何度も繰り返し話してあげれたことで あぁすればよかった とかという悔いがあまり残らない気がするのです。父は喜んでくれたような気がします。
静かに 苦しむことなく 去っていったことが救いでした。
会いたい人を待ち続け 会えるまでがんばっていました。すごいなと思います。あの痩せた体のどこにそんな力があったのかと思うほど 父は静かに待ち続けました。遠くにいる私の弟が駆けつけるまで 看護士さんたちが 持ちこたえるのは・・・と懸念したのに、弟が来てからも一晩ついていれたこと 話すことは叶わなかったけど、生きているそのそばでぬくもりを感じれたこと きっと父は物言わなくてもわかっていたのでしょう。自分が少しでも生き延びることで 息子の気持ちをやわらげてあげることができると。間に合わなかったという後悔の念をずっと持ち続けてほしくないと思っていたのでしょう。

父はそういう人でした・・・
コメント (15)