波と狛のつれづれ日記

日本スピッツ波と狛と、ときどき箔

毎年GW前後にやる例のアレ、行ってきました

2021-06-12 01:17:57 | 年間行事

こんばんは、白黒茶々です。

夏といえば蚊が発生する時季でもあるのですけど、今年の私は夏になる前にはすでに喰われています。 なかには「えっ、喰われた?」と思われる方もいるかも知れないので、「蚊に刺された」とか「蚊に噛まれた」と同じ意味だとお捉えくださいませ。 とにかく、ワンコにとって夏場は蚊を介してフィラリアに感染する恐れがあるので、毎年その対策をしっかりとやっておかなければなりません。 それと、ついでにワクチンの接種も。

ということで、GW後の最初の日曜日となる5月9日に……… って、なかにはその日までGWが続いていたという羨ましい方もいるとは思いますけど、私は波と狛を連れて浜松市東区にあるS動物病院を訪れました。 一見、昨年までと同じ佇まいのようですけど、傾いでいたドアが取り換えられていました。 そうしたら、波ちゃたちの心の準備を待たずにその中へ

この時季になると、私たちと同じ目的のワンコ連れで病院は混むのですけど、こちらは古いながらも手際がよいのですよ。 なので、あまり待たされることもなく私たちの順番が回ってきました。まずは年配の波ちゃからです

体重計付きの診察台に乗せたら、9.48kgと表示されました。 ふ、増えてる。それでも、一時期8.6kgまで減っていたので、少しホッとしました。 そのあと、お約束の血液検査のための採血とワクチンの接種は、泣くことも抵抗することもなく受けてくれました。 次は狛ちゃの番なのですけど………

なんと、10.80kgまで増えていましたよ 白黒茶々家のペット史上初の10kg肥え、いや、超えです どおりで重いと感じていたワケです。 その狛ちゃは獣医さんを好む派みたいで、嬉しそうに尻尾を振りながら一連の処置を受けていました。

あとは会計を済ませて帰るだけですけど、ワクチン接種と血液検査、それとフィラリア予防薬7回ぶんを処方してもらった費用がいくらになるか、気になる方もいらっしゃると思います。 それは自由診療なので、病院によって違うのですよね。ちなみに、私が以前行っていた地元のK動物病院は、1頭あたり19041円もしました。
なので、安いと聞いたS動物病院に変えて、車で50分かけてでも行くことにしたのでした。 そちらの病院でのお会計は……… 12271円でした
そして、病院での試練から3週間後となる5月30日には………

波と狛に、今季最初のフィラリア予防薬をあげることになりました。 両者とも、期待に満ちた顔をしていますね。波ちゃ~、狛ちゃ~、「おいしい」ですよ~

「うわっ、ビックリした 」と、唐突な展開に驚かれた方がいるかも知れませんね。 だったら、このあたりで高まる感情を抑えきれず、前足を激しくブンブン振っていたことでしょう。 波と狛も遠慮しないで(?)、ブンブンをやってもいいのですよ。

それでも、気持ちは私の「ヨシ 」を待たずに捕食していると思います。 ある程度焦らしたら………

さあ、お食べなさい。 その直後に彼女たちは一瞬で、高価で効果のある予防薬を消化器官に吸収していきました。 美味しく食べて、フィラリアを予防できるなんて、いいシステムですよね。 また嬉しそうな顔が見られるので、あげるほうも翌月の今季2回目を楽しみにしています。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「桃太郎印のきびだんごって、効果はいつまであるのだろうか?もし突然効き目がなくなったらどおしよ~」と、急に不安になられた方は、こちらに投票してやってください。

コメント

犬キャン△の夜明け

2021-06-09 01:32:53 | キャンプ

こんばんは、白黒茶々です。

渚園でを巻き込んで……… いや、一緒に挑んだ「犬キャン△」は佳境に入り、今回は前回の終盤にかけて作った晩御飯を食べ終えたところから始めさせていただきます。 私はその片付けを済ませてから………

渚園の敷地内にある、浜名湖体験学習施設ウォットに向かいました。 こちらは浜名湖に生息する魚類などを飼育しているミニ水族館で、310円で入館することができるのですよ。 通常は昼間に営業しているのですけど、GWの間は特別に夜開いていました。 私は近くに住んでいながらも、実はこちらに入るのは今回が初めてとなります。 いきなり「ナイトウォット」からとなるのですけど、果たしてその中身はどうなっているのでしょうか?

入ってすぐのところは、こんな感じでした。 照明を落として暗っぽくしても、イキイキと泳いでいますね。肝心のこの魚の名前を控えておくのを忘れてしまいましたけど、魚に詳しくて「サカナさん」を自称する方がいらっしゃったら、どうかお教えくださいませ。

こちらはハコフグですね。 フグといえば、自由に膨張できるイメージがあるのですけど、ハコフグには四角っぽい固い骨格があるそうです。

さらに水族館の華ともいうべきクラゲもいたのですけど、なんてフワフワしているのでしょうか

浜名湖といえば、やはりウナギが有名ですよね? 大きくて美味しそうなものに加えて………

突然変異で白と黒のまだら模様となった、いわゆる「パンダウナギ」もいました。

あと、この水族館の最大の見どころともいうべき巨大水槽では、エイなどのお腹を見ることができました。

今まで気付かなかったのですけど、それらの説明書きをよく見てみたら、遠州弁になってるに。
それから、3階の展望回廊に出てみたら………

キャンプ場に広がる無数のテントの明かりを臨むことができましたよ 夜の水槽だけではなく、こちらも幻想的でした。

ウォットの見学を終えて、テントに戻ってきた私は……… 今回は「焚き火トーク」のような項目はなく、基本的にキャンプでは暗くなったら寝ることになっているので、22時には消灯しました。

夜が明けて、翌日は朝から快晴でした。せっかくなので、テントの中の様子を少しお見せします。 200mm四方のサイズは1人と2頭には広く、ゆったりと寝ることができました。 身仕度を整えたら………

まずはドッグランに波と狛を放って、朝の運動をさせました。 6時台はまだ他のワンコは来てなくて、私たちの貸し切りとなりました。

私たちはさらに、近くの渚橋にも行っておきました。 こちらは渚園千鳥園(ともに埋め立て地の人工島)の間に架かっている橋で………

各務原なでしこの回想シーンなどに出てくる、「ゆるキャン△」の聖地でもあります。 朝の散歩が終わったら、朝ご飯を作りますよ 気になるその献立の内容は………

こうなりました メインのおかゆは前日に炊いた御飯の残りを使い、スキレットでウインナーと卵を焼いて、マカロニツナコーンサラダを盛りつけ、………なんか絵的にコップに醤油を注いだようになってしまいましたけど、ドリップコーヒーを淹れました。 こちらも自分にしては手際よく作れて、美味しくいただくことができました。

そういえば、キャンプやバーベキューはコロナの感染に対しては、安全とも危険とも言われていますね。 確かに、人が少ない山野でやれば、コロナから逃れられるので、他のレジャーよりは安全です。 ただし、それは施設が清潔に保たれ、消毒などの感染予防策が敷かれたところで単独か同居している家族でおこなう場合となります。 それに対して、不特定多数の仲間内などで酒を飲みながらやった場合は、危険度は増すということに。
GW中の渚園のキャンプ場は利用できるスペースは制限されていて、私たちが選んだペットサイトは10あるうちの5だけとなっていました。 どうりで1回目の予約ですぐに完売となったワケです。 また、広い芝生地を各々が自由に使うことができるフリースペースのほうも、かなり人数を絞ったみたいです。

あと、大人がキャンプにハマる理由を考えてみたら……… やはり日常の住まいから離れた山野にテントを張って寝泊まりするのが、秘密基地にいる感覚に似ているからと思われます。 私にも言えるのですけど、大きくなっても残っている子供心というか、冒険心がそうさせているのでしょう。 なので、キャンプは敢えて不自由な環境を楽しむことに意味があるのですよ。
GWの真ん中に初めて挑んだ犬キャン△は天候にも恵まれ、楽しくて充実したものとなりました。 調子に乗った私は、第2弾を目論んでいるのですけど、また機会があったらキャンプ用具を買い足したり人数を増やしたりして、さらには料理やロケーションなどもレベルアップしていきたいです。



にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 水族館のウナギを見た後は鰻屋でその味を確かめ、さらに魚籃観音に行って供養するというモデルコースを考えている方は、こちらに投票してやってください。

コメント

ゆるキャン△の聖地で犬キャン△

2021-06-05 01:48:38 | キャンプ

こんばんは、白黒茶々です。

前回の後半から、私・の白黒茶々家の1人と2頭は浜松市西区舞阪町にある渚園のキャンプ場に来ています。 その終盤でご紹介した簡易なキャンプ食は、予定通り平らげて………

(私の)食後は、渚園内にある入場無料のドッグランを利用することにしました。 こちらは、しばらく来ない間にゲートやフェンスが一新されていて、お得感がより増していました。

先客のワンコがいくらかいる中で、波と狛はそこそこ動き回っていました。 その様子を眺めながら、私がキャンプを始めた経緯を語らせていただきます。 なかには「そのあたりの事はあまり気にはならない」という方もいらっしゃるかも知れませんけど、どうか聞いてやってください。

私は昔から物好きで、いろんなものに興味を持っていました。 今からン十年前の独身時代はディーラーの営業をやっていて、外回りのついでにホームセンターに寄ったりもしました。 そこで目にしたキャンプ道具が気になり、テントや折り畳み式のテーブル、寝袋、飯盒(はんごう)、……… など、買い集めていきました。 スキーと同じように道具を揃えるところから入っていき、「近いうちにキャンプをやってみたい」と思っていました。 しかし、なかなかそのような機会がなくて、夏に仲間内でバーベキューをする際に一部を使ったぐらいで、多くの道具は長い間タンスの肥やしになっていました。

そして、今年に入ってから放送された「ゆるキャン△ SEASON 2」を観ていたら、キャンプ熱が再燃 いや、以前からキャンプに行きたい欲はあったので、長年その炎はくすぶり続けていたのかも知れません。 これまでの間、一緒に行ってくれる人が見つからず、箔母さんもアウトドアは好きではないのですけど、「ゆるキャン△」で1人でやるソロキャンプという手があることも知りました。 もちろん、ワンコOKのところがあったら、波と狛も道連れに……… いや、連れていくつもりでしたけど。

ドッグランでの運動と交流を終えた私たちは、ペットサイトに戻りました。 ここで、「テントやテーブルなどのレイアウトが前回と違うような………」と感付かれた方はいらっしゃるでしょうか?そうです この日はずっと風が強くて、コンロの火が消えそうになったりテントが飛ばされそうになったりしたので、車を風避けにすることにしました。 しかし、せっかく10m四方もの広さがあるのに、その中でよりコンパクトに収まってしまいました。 それからしばらくの間、テントの中で読書をしたりして過ごしました。 持ってきた本は何かですって?もちろん「ゆるキャン△」の単行本ですよ

やがて17時を過ぎ、陽が傾いてきたので、まずは波と狛に晩の御飯を食べさせました。 いつもとは違った、外でのお食事は美味しかったことでしょう。 それが済んだら………

いよいよ今回のキャンプのメインともいうべき、人間用の晩御飯の仕度に取り掛かりますよ クーラーボックスを風避けにしつつも、飯盒やミニコンロは四半世紀以上の時を経て出番が巡ってきました。 あと、昔はなかったアルミ製のケトル、スキレット(ミニサイズの厚手のフライパン)、LEDランタンなどは、新たに揃えました。 それからしばらくして………

ご飯がうまく炊きあがりましたよ 私にとって飯盒もン十年ぶりだったので、ネットなどで炊き方を調べながらやってみました。 その際に、途中でフタを開けて中身を見てみたい衝動をいかに抑えるかが重要だということを、つくづく感じました。 それから、大多数の方は飯盒をひっくり返して蒸らすみたいですけど、私はそれに抵抗があったので、ひっくり返さないでやってみました。 その結果、わずかに蒸らしむらがあるような感じになりましたけど、すぐにかき混ぜれば何の問題もないレベルでした。

広大なフリーサイトのテント群の向こうに夕日が沈む頃………

キャンプ食の晩御飯が出来上がりましたよ カレーはレトルトなのですけど、鍋でゆで玉子を作り、スキレットでウインナーを炒めて、カップスープにお湯を注いで、レトルトのポテトサラダを盛りつけました。 あと、写真映えするように買ってきたデザートのプリンは……… しまった 家の冷蔵庫の中に忘れてきてしまいました。

私が思い描いていたものに僅かに及ばなかったものの、思っていたよりも上手くいきました。 その献立の画像を自宅待機組に送ったら、いっただきま~す 自分で作ったものを野外で食べてみたら、格別の味がしました。はい、美味しかったです。
実は、キャンプに息子のたつぴを誘ってみようとも思ったのですけど、今回は試験的な要素が強いというか、初めて尽くしで失敗する恐れがあったので、人間のほうは私が単独で挑みました。 しかしよく考えてみると、失敗したことのほうが思い出に残るのですよね。 小学校5年生の時に参加した宿泊訓練では、私の班は飯盒で失敗して芯のあるご飯を炊いてしまい、とても食べられたモノではありませんでした。 なので、他の班に少しずつ恵んでもらい、その時の情けなさと美味しさは今でもハッキリと覚えています。 なので、次回は失敗は恐れずにたつぴを道連れに……… いや、誘って「親子キャン△」をやってみようと思います。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「犬に『キャン』を付けたら、鳴き声にしか思えない」というご意見の方は、こちらに投票してやってください。

コメント

いざ、いろんな意味で聖地の渚園へ!

2021-06-02 01:06:05 | キャンプ

こんばんは、白黒茶々です。

前回はとともに中田島の防潮堤の上から浜松まつりの凧揚げの様子を見学して、キレイな(?)終わり方をしたのですけど、実はそのあとには続きがあったのですよ。 中田島をあとにした私たちは………

浜松市西区舞阪町の乙女園に向かいました。 そこは浜名湖の弁天島の西北に位置する人工島で、かつてはリゾート地だったのですけど、現在は魚籃(ぎょらん)観音などが立てられています。 買い物かごのようなものを提げている姿が印象的なこちらの観音様は、漁業に携わる者の航海安全と大漁を祈願して建立されたのですけど、毎年こちらでうなぎの供養祭がおこなわれていることから「うなぎ観音」とも呼ばれています。 さらにその近くには………

海水を引き入れた池の中の浮き島に、魚を積み重ねたトーテムポールのようなオブジェがありますね。 さらに道路を隔てた反対側には………

こちらも同じような造形物なのですけど、よく見てみたら一番下でヒラメが土台となっておられる 実はこのあたりは………

かつて浜名湖ホテルがあったところなのですよ そのホテルは昭和13年(1938年)に開業したのですけど、戦時色が強くなってきたこともあって、わずか1年半ほどで閉業に。 その後は海軍の療養所になったりしたのですけど、昭和22年(1947年)には姿を消しました。

ところで、この建物に見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか? そうです 箱根にある龍宮殿本館は、浜名湖ホテルを移築したものだったのですよ 宇治の平等院を模した姿は美しく、現在は登録有形文化財となって日帰り入浴施設として活用されているとのことです。

その後の昭和29年(1954年)になって、そのあたりには県営の弁天島水族館がオープンしました。 こちらは竜宮城のような外観がインパクトありありですね。しかし、開業からわずか14年で閉鎖となってしまいました。

さらに乙女園には、なぜか乃木希典将軍の胸像もあるのですよ その台座には「日本青少年キャンピングの父 乃木さん」と刻まれていました。 乃木さんといえば、軍人のイメージが強いのですけど、西洋からキャンプを持ち帰って日本国内に広めた功績もあるそうです。 そう、キャンプといえば………

そこから歩いて25分、車で行けば5分のところには「ゆるキャン△」の聖地にもなった渚園があるのですよ 渚園といえば、B'zサザンオールスターズONE OK ROCKなどが野外ライブをおこなったことでも知られているのですけど、その管理事務室がある建物の中には………

アニメ「ゆるキャン△ SEASON 2」や実写ドラマ「ゆるキャン△ 2」志摩リンがこちらを訪れたこともあって、新聞記事やパネル、関連本などに加えて、ドラマで彼女の役を演じた福原遥さんの直筆サインも飾ってあるのですよ

さらに、「ゆるキャン△」グッズも販売されていました。 リンはこちらでのキャンプで、1泊410円のフリーサイトを利用したのですけど………

その他にも、10m四方の広い空間に車を乗入れることができるオートサイト。さらには、オートサイトの中でもペットと一緒に利用することができるペットサイト(ともに3660円)があり、それらには電源付きのもの(ともに4700円)も用意されています。

そこで私たちがテントやテーブルを設営したということは……… そうです 今からそのペットサイトで、ワンコとのキャンプ、いわゆる「犬キャン△」をしようとしているのですよ
今年に入ってから、浜松まつりはおこなわれる流れにはなったものの、かなり制約されることが確定的となりました。 なので、私はGW中にそのイベントに関わるのは難しいことに。それならば、コロナの感染のリスクを避けつつ、近場で有意義に過ごせるところはないか? ………と模索していったら、渚園での犬キャン△に行き着いたのでした。 私はキャンプ場の受付が始まった3ヵ月前の2月上旬に、こちらに予約の電話を入れたのですけど、何回かけても通話中でした。 やっと繋がった時には希望していたペットサイトはすでに埋まっていたので、「明日再び挑戦します」と言って電話を切りました。 とはいっても、日を改めてからも電話が繋がらなかったらイヤなので、その日は出勤前に渚園に直接赴き、予約に挑むことにしました。 そうしたら、すんなりと押さえられましたよ

そして話は、犬キャン△の初日となる5月3日に戻ります。 自分たちの縄張り(?)で落ち着いてから、まずはお昼の仕度をしました。 とはいっても、コンパクトなガスコンロでお湯を沸かしてカップ麺を作るという、キャンプ料理の初歩の段階から入ったのですけど。 これから今回のキャンプがどのように展開していくのか?また、キャンプ初心者の私がどのようにして道具を揃えたのか?など、次回はそれらの疑問にお答えしつつ、皆さまを犬キャン△の世界に引きずり込……… いや、誘(いざな)います。



にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
カップ麺はカッ○ヌードルよりも金ちゃんヌードル派という方は、こちらに投票してやってください。

コメント

浜松まつり傍観

2021-05-29 02:08:43 | その他

こんばんは、白黒茶々です。

今年の梅雨は1ヵ月ほど早く、それに伴って皆さんの気分は夏に向かっていることと思いますけど、波狛日記はようやくGWに入ったところです。 今年のGWは、昨年のような海岸の駐車場や公営施設が封鎖されるようなことはなかったものの、コロナに気を配らなければならない状態は続いていました。 そういうこともあって、私はその期間は近場で過ごすことにしました。

私の地元の(隣の)浜松市では、毎年GWには浜松まつりがおこなわれていました。それは初子の誕生を祝って、地域が一体となって巨大な凧を揚げたり、豪華絢爛な御殿屋台を引き回したり、大勢で練り歩いたり、押しくらまんじゅうのような激練りをしたり、……… と、かなり賑やかでパワフルなイベントであります。 しかし、密を主体としていたこともあって、昨年は中止に。 今年も厳しい状況だったのですけど、条件付きで凧揚げのみおこなわれることになりました。

その条件とは……… 各町内はお互いに距離をとって、時間帯も分散して凧を揚げることに。 また密集を避けるために、凧の糸切り合戦も禁止されました。それから、凧揚げ会場では水分補給以外の飲食は禁止に。 さらに一般の客の立ち入りを禁止し、関係者のみ入れるようにしました。 例年浜松まつりには174もの町内が参加していたのですけど、厳しい状況や条件の中で辞退するところが続出し、今年は97にまで減りました。 今まで、私はたつぴとともに、親戚のつてを頼って萩丘というところで、まつりの士気を高めるラッパ隊として参加していました。しかし、飛沫を防ぐためにラッパは禁止され、私たちの出番はなくなってしまいました。 それよりも、今年の萩丘はどちら側になるのでしょうか? そのことをその町内のラッパ隊の隊長に聞いてみたら、参加する方向で準備を進めているという返事がありました。 それならば………

5月3日の朝、私はを伴って浜松まつりの凧揚げ会場となる中田島の遠州灘海浜公園に向かっていました。 その周辺は、まつりの開催期間中は地元民と関係者以外の車の乗入れは禁止されていたので、1.5kmほど離れたところから歩いていかなければなりませんでした。

さらに私たちは、海岸に沿うように造られた防潮堤に登っていきました。 その上を、東に向かっていったら………

凧揚げ会場が見えてきました。 そうです 私たちは会場を一望できるこの防潮堤の高台から、浜松まつりを観ることにしたのでした。 その会場では、凧より先にテレビ局や新聞社のヘリコプターが飛んでいて、開会式の前の独特の雰囲気が漂っていました。

なんとなく予想していたのですけど、そこにはすでに私と同じことを考えていた方たちがたくさん押しかけていました。 それから間もなくして………

浜松市長による開会宣言を合図にして、一斉に大凧が上がりました。 完全ではなかったのですけど、久しぶりにその光景を見てグッときました。

そういえば、我らが萩丘の凧は……… この時点では見つかりませんでした。 それはさておき、この日はちょうどいい感じで風が吹いていて、凧はかなり高いところまで上がっていきました。

そうしたら、今度は凧揚げ会場の地上の様子を観察してみましょう すぐ手前では、凧を揚げる準備をしていますね。ちなみに「ひ」の凧印は広沢という町内で、向こうに見える天狗の団扇もみじの葉は三組町のものにございます。

そうしているうちに、山下町が練りを始めました。 お互いの距離を取りつつ、声のボリュームも控えめにしていますね。 なかにはラッパや太鼓の演奏をあらかじめ録音してきて、スピーカーで流すという、ハイテクな町内もありました。

それらの様子は眺めているだけでも楽しいので、ずっとここにいたいです。 しかし、大会初日となるこの日は午前と午後にそれぞれ2時間ほどおこない、残りの2日は午前のみの短縮した開催となっていました。それに、私たちには次に行くところがあるので、そろそろ会場(を見渡すことができる防潮堤の上)から退散しなければなりません。 しかし、そのまま帰るのもナンなので………

地上レベルで、ギリギリ近付けるところまで迫ってみました。 このあたりは例年なら各町内の陣屋がひしめき合っているところなのですけど、何もないとだだっ広く感じてしまいます。 その向こうでは、凧の準備がおこなわれていますね。

浜松まつりの今回の開催には賛否両論あり、感染の予防策が徹底されている中でおこなわれて、「そうまでしてやる意味があるのか?」という意見もあったのですけど、私はやってよかったと思っています。 まつりには地域が一体となって一つのことを成し遂げる要素もあり、それには老若男女の垣根はありません。それに私たちのような市外からの参加希望者も、温かく受け入れてくれますし。 あと、凧揚げの技術や士気も受け継いでいかなければなりませんし。
本来のまつりの姿には程遠いのですけど、これからコロナが終息していって、来年は今年以上、再来年は……… と、少しずつでも復活していき、私たちラッパ隊の出番が再び来ることを願っています。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「そういえば萩丘の凧はあったのか?」ということを気にされていた方は、こちらに投票してやってください。結局、見つけられませんでした、ぴえん(涙)

コメント

蓬莱橋はどこまでも続くよ

2021-05-26 02:21:35 | お出かけ

こんばんは、白黒茶々です。

昔の大井川には橋が架けられていなくて、旅人などに厳しい試練を与えていました。 その代わり、川岸の宿屋や川越人足はその恩恵(?)を受けて儲けていましたけど。 そんな東海道の難所となっていた大井川に、明治12年(1979年)になって………

「蓬莱橋」という名の木の橋が架けられました。

大井川の下流域ということもあって川幅はかなり広くなっていて、橋の長さは897.4mにもなりました。 あまりにも長過ぎて、対岸に向かって伸びている先が見えませんね。

蓬莱橋は平成9年(1997年)12月に「世界一長い木造歩道橋」ということで、ギネスに認定されました。 橋の入口には、そのことを記念してモニュメントが設置されました。

さらに平成30年(2018年)3月には、勝海舟の銅像も立てられました。 明治に入ってから、蓬莱橋の出現などの影響から、武士と川越人足は職を失いました。 そんな彼らのために海舟は私財を投じて、大井川の対岸の牧之原台地を開墾し、茶畑の造成に貢献しました。彼らは茶の生産に勤しみ、それは静岡県の重要な産業となったのでした。
そんな勝先生の功績はもちろんのこと、風貌やポーズにもグッときますね。

そうしたら、いよいよ蓬莱橋を渡りますよ こちらの橋は世界に誇る名所なのに、通行料はたったの100円なのですよ さらに、ワンコと一緒に歩いて渡ることもできるのですよ ちなみに私とは6年ぶりで、は今回が初めてとなります。 それからまもなくして………

私たちは、補修したばかりのところに差し掛かりました。 蓬莱橋は大きな台風などで川が増水したりすると、流されることがあります。 そもそも木の橋はメンテナンスが大変で、朽ちたり劣化したりしたら新たな部材と交換しなければならないので、明治時代からの遺構はもう残っていないと思われます。 私たちが安全かつ快適に渡れるように日々点検や補修をしている方たちに思いを馳せながら進んでいったのですけど………

この日は風が強いうえに川風まで加わって、歩くのが大変でした。 波と狛の輪郭も変わっていますし。 それよりも、私はメガネが飛ばされそうになったので、外して行かざるを得ませんでした。 さらにマスクも危うかったのですけど、こちらは必須アイテムなのでなんとか堪えました。 そうしているうちに対岸が………

見えてきたと言いたかったのですけど、なかなか行き着きません。 897.4mのギネス記録は侮れません。それでも、波と狛は文句も言わずに(言ったらコワイですけど )私に付いてきてくれました。

先ほどの「なかなか行き着きません」と発した地点から5分ほど歩いていったら、対岸にたどり着きました。 この世界一の橋はただその長さを実感するだけかと思いきや、その行った先には鳴らして愛を誓う「愛知の鐘」や長寿を願う「長寿の鐘」といった縁起物の仕掛けが用意されていました。せっかくなので、それらを叩いておきましょう

さらに、蓬莱橋の全景を臨める高台には、このような撮影スポットが設けられていました。 ちなみに丸太のフレームは、橋の廃材を活用したそうです。

それらのアトラクションを堪能したら、歩いてきた道を引き返しますよ

ところが、そこで突然狛が歩行拒否をしだしたのです 行きは普通に付いてきていたのに……… やむを得ず、その恥ずかしい姿を撮ってから、私が彼を抱っこして歩いていくことにしました。 とはいっても、897.4mもの距離を10kgは超えているに違いないワンコを抱えて……… って、ウソでしょ

一方の波は、私たちに付いてきていました。

「もう限界………
私は途中で苦しくなり、狛を降ろしました。 すると、彼は普通に歩きだしたではありませんか どうやら横風や橋の微妙な揺れが怖くなったというワケではなく、ただ単にズルをしたかっただけみたいです。 そのような抗争もありましたけど、私たちは無事に帰還することができました。

ギネス記録の橋の実施レポートを振り返ってみると、困難なことばかりが印象に残っているようですけど、木造ということもあって、歩いた感触はよかったです。 それに、開放的な風景を眺めながら進んでいき、達成感のようなものを味わうこともできましたし。 それから「897.4mの長い木橋」は「厄無しの長生き橋」とも変換できるので、歩いて渡ったら何かいいことが起こるような気がします。
………という縁起のいい雰囲気のまま、今回の藤枝・島田方面の探訪シリーズを締めさせていただきます。皆さま、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 一連の訪問記のエンディング曲として、氷川きよしさんの「大井追っかけ音次郎」を推される方は、こちらに投票してやってください。

コメント

大井川の渡り方、お教えします。

2021-05-22 02:38:40 | その他

こんばんは、白黒茶々です。

前回の日記の予告通り、私はとともに旧東海道の藤枝宿をスルーして、島田宿だったところにやって来ました。 こちらは大井川の東側に位置していて………

その町並みの跡が残っているところに建物の一部が復元され、「島田宿大井川川越(かわごし)遺跡」として公開されています。 なかには実際に住んでいる家もあるのですけど………

入口が開け放たれているところは入っても怒られないというか、土間までは自由に見学できるので、さっそく潜入してみましょう

そういえば、ファミコンでサン電子が出した「水戸黄門」では、助さんや格さんが町屋に飛び込んで事件の情報や手がかりを掴んだりしましたね。 また、KONAMI「がんばれゴエモン!からくり道中」になると、町屋の中がお店だったり、宿屋だったり、迷路だったり、………
つい、ファミコン談義に花を咲かせてしまいましたけど、いよいよ町屋の中に入りますよ とはいっても、正確にはこの建物ではなかったのですけど、ダマっていればバレない……… いやいや、どの町屋も似たような造りなので、敢えて出させていただきました。 そうしたら………

この日は4月18日で、端午の節句が近いということもあって、五月人形が飾られていました。 さらにもう一軒の町屋に入ってみたら………

うわっ 血色の悪い人がいるっ しかも、露出度も高いですし。………なんて、ヒトの家に勝手に入りこんでその言い様は、失礼ですよね。 実はこちらの建物は川越人足が待機していた番宿で、こちらの方の職業は川越人足。彼は、大井川の川越しの仕事に携わっていたのですよ。
さらに、その通りのちょっと奥まったところには………

安政3年(1856年)に建てられ、昭和45年(1970年)に移築復元された、川会所の建物があります。 防御上の理由などから、江戸時代の大井川には橋は架けられていませんでした。 なので、旅人は川越人足に肩車をしてもらったり、輦台(れんだい)という神輿のような道具に乗せてもらったりして川を渡りました。こちらの建物は日中は無料で開放されているので、内部を見させてもらいましょう

中はけっこう広いですね。 1人(のマネキン)は柱がかぶって申し訳ないのですけど、川会所には川の深さなどを測って川越しの料金を決めたり、川札(かわふだ=切符)の販売に加えて、川留めや川開けなどを取り仕切った川役人がいました。

さらにその建物内には、本物の輦台も展示してありました。 この輦台に乗ってみたくなったという方もいるかも知れませんけど、大丈夫です。 島田市博物館の前には………

石化した川越人足と輦台の像が設けられています。 それだけではなく、それらは撮影スポットとなっていて、台の上に乗って写真を撮ることもできるのですよ そうしたらせっかくなので、この状態で川を渡った場合の料金を算出してみます。 波と狛が乗っているのは手すりのない平輦台なので台札1枚(川札2枚ぶん)。さらに2人乗りの場合は担ぎ手が6人要るので、別に川札6枚も買わなければなりません。 それから、その川札は水の深さによっても値段が変わり、この場合は帯上通(ヘソの上あたり)なので、川札1枚につき六十八文(現代の価格で約2040円)ということに。 そうしたら、合計16320円にもなりましたよ

その料金を払って渡れたらまだいいのですけど、大井川が増水した場合は「川留め」といって、旅人は安全に渡れるようになるまでは宿屋に滞在しなければなりませんでした。 それは長いときは3週間前後にも及び、宿屋のほうはホクホクなのですけど、旅人の財布は痩せ細っていきました。 「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とはよく言ったものです。昔の大井川は、東海道の中でも難所だったのです。
そんな江戸時代までの交通史に思いを馳せながら、次回は近代的な方法でギネス認定のところから大井川を渡っていきます。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「ギネス認定の近代的な方法で川を渡るって……… まさか、人間大砲的なヤツか!?」と、とんでもない妄想をされている方は、こちらに投票してやってください。

コメント

岡部宿に現れた狛郎兵衛と波八

2021-05-19 02:04:05 | お出かけ

こんばんは、白黒茶々です。

藤枝市の蓮華寺池公園をあとにした私・の白黒茶々家の1人と2頭は、そこから北東の山側に入っていき………

同じ市内の旧岡部町にやってきました。 こちらはかつて東海道の21番目の宿場町だったところで……… といっても、地元の方には失礼ですけど分かりにくいかも。 そう、とろろ汁で有名な丸子(鞠子)宿からひと山(宇津ノ谷峠)越えたところに位置しています。 それから岡部町といえば、ゴン中山こと中山雅史さんと彼のお父さんの儀助さんの出身地でもありました。 ちなみに波と狛がいるのは、参勤交代の際などに大名の宿泊施設となる本陣というところで………

外側の門構えは復元されたのですけどその内側は跡地のままで、表面の表示というか、だだっ広い広場となっていました。 そう東海道といえば、歌川広重がすべての宿場の風景を描いた「東海道五十三次」が有名ですよね。それと、十返舎一九弥次さん(弥次郎兵衛)喜多さん(喜多八)の珍道中の様子を記した「東海道中膝栗毛」を加えた東海道の旅が、昨年日本遺産に指定されました。 そのうちの「東海道中膝栗毛」は旅のガイドブックの走りとなり、江戸時代に旅ブームを巻き起こしたそうです。
そのことを記念して、弥次さん喜多さんの書き割りが設けられていたので………

顔を突っ込んでおきました そんな彼らを「狛郎兵衛さん」「波八さん」とお呼びくださいませ。 それから、その岡部宿には………

江戸時代後期に建てられ現存している旅籠の建物を活用した、大旅籠柏屋(かしばや)があります。

そうしたらせっかくなので、波と狛には駐車場の車の中で待機していてもらって、私が代表してその内部を見学いたしましょう 電子マネーにも対応しているみたいですけど、入場料の300円を払っていざ宿の中へ

そうしたらいきなり、宿に到着したばかりの弥次さんと喜多さん(のマネキン)が足を洗っているところに出くわしました。 その奥にある台所では………

配膳の準備がされていました。 一般の旅人が通される部屋は、旅籠の土間を挟んだ北側で、そちらに敷かれた畳は縁がないうえに質素な材質でした。 一般人向けの客室は2階にもあって………

そちらには、晩酌をしている弥次さんと喜多さんがいました。 しかもセンサーが仕込んであるみたいで、私が通りかかったら彼らの楽しそうな会話が聴こえてきました。 それらの平民宿泊ゾーンを見終わったら………

土間の南側にある、侍を対象にした部屋を見学しますよ こちらは格式がグンと上がっていて、縁付きの畳と欄間、さらには床の間まで設けられていました。 しかも部屋は広くて、日当たり抜群。 さらには、庭に面しているときたもんだ その庭の向こうには………

明治時代(左)と江戸時代(右)に建てられた倉が並んでいました。 ちなみに明治の倉は「ギャラリーなまこ壁」という名で………

この日は大量の髭天神(?)が飾られていました。 一方の江戸の倉は、「倉cafe & dining coconomi」という名の地場産品を食材にした、創作料理店となっていました。 いわゆる古民家カフェのような感じで、古い建物の柱や梁が現代風の改造とうまくマッチしていて、そのようなお洒落なところで料理をいただくことに。こちらは繁盛していて、予約もいっぱいになっているそうです。

大旅籠柏屋専用の駐車場がほぼ満車になっていたので、「日本遺産効果で旅籠に見学者が殺到しているのか?」と思っていたのですけど、ほとんどの方はcoconomiさん目当てだったみたいです。 私が行ったほうはガラ空き……… いや、静かに自分のペースで見学できる環境となっていました。 さらにスタッフの方が親切丁寧に案内&解説してくださったおかげで、そのありがたみは増しました。

岡部宿の次は藤枝宿となるのですけど、そこは朝ラーメンと蓮華寺池公園の周回を済ませてきたので、すっ飛ばかして、そのまた次の島田宿まで進ませていただきます。



にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「ゴン」と聞いて、サッカー界の人物と防虫剤で意見が二分された方は、こちらに投票してやってください。

コメント

藤枝の蓮華寺池公園の藤

2021-05-15 02:13:27 | お出かけ

こんばんは、白黒茶々です。

前回の日記のラストで、私はとともに藤枝市の蓮華寺池公園に降り立ちました。 私と波にとってこちらの公園は約3年ぶりなのですけど、狛は初めてということに。 それから藤の花の時季に訪れるのは、みんなして初めてとなります。

まずは撮影スポット(?)となる、公園名が刻まれた石碑の前でポーズを決めたら………

園内の散策に繰り出しますよ ちなみに池の向こうに見える赤茶色の建物は、藤枝市郷土資料館にございます。 「前回のラストでは、その建物がスタート地点になっていたような………」という記憶力のいい方もいるかも知れませんけど、話の展開上こうしたかったので、そのあたりはどうかスルーしてくださいませ。 その蓮華寺池のいたるところには………

藤まつりの真っ只中ということもあって、露店が出ていました。 ただし、コロナの感染を避けるために、買った物はその場で食べずに持ち帰らなければならないとのことです。 そこからしばらく歩いていったら………

特設の検問所というか、検温所に行き当たりました。 さらにその先に進みたかったら、こちらで検温と手指の消毒をしていってくださいませ。 それから、このチェックポイントを通過したら、蓮華寺池を一方通行の反時計回りに歩いていかなければなりませんでした。

そこから少し進んだところにある藤棚の下で写真を撮ろうとした際に、私は駐車場の車の中に忘れ物をしてきたことに気付きました。 それはデジカメなのですけど、コースを逆戻りすることはできませんし、1周1470mもある池の外をもう1周するのはイヤですし……… 結局、ブログ用の写真はスマホに納めることにしました。

そうしたら、気を取り直して園内の散策を続けましょう。

池の畔の日本庭園では、おばちゃんたちに注目され………

ちょっと離れたところにある藤の里広場では、藤のすぐ近くで写真を撮ることができました。 できることならそこからさらに坂を登っていって、富士見平展望台まで行きたい……… いや、時間と体力を消耗するので、行きたくない、というか、今回は見送らせていただきます。

再び池側に戻ったら、その池を跨ぐようにして鯉のぼりが泳いでいました。

藤枝の市の花は藤で、蓮華寺池公園は藤の名所ということもあって、園内のあちこちに藤棚がありました。 しかも、それらからはマスクをしていてもいい香りが入ってきましたよ。

池沿いにも、ワンコの高さレベルの藤がありました。

あと、せっかくなので池をバックにした写真も撮っておきましょう。 ちょうどパンダの足こぎボートが入ってきましたけど、その他にもスワンやコアラもあるそうです。

藤の鑑賞は、毎年崎公園五万石藤のほうでお仲間を集めてやっていたのですけど、今年はコロナの影響もあって、単独で静岡県内の蓮華寺池公園に行ってヨシにしました。 それでも、予想していた以上に綺麗で見応えがあり、来年はどちらに行くか迷ってしまいそうです。 この勢いに乗って池をもう1周したいところなのですけど、私たちには次の目的地があって、駐車空きを待っている方もたくさんいるので、ここで撤収することにします。 というここで、次回は旧東海道の岡部宿で歴史散策をいたします。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 スワンボートから「進ぬ!電波少年」のRマニアを連想された方は、こちらに投票してやってください。

コメント

初めての藤枝朝ラー

2021-05-12 01:24:14 | 美味情報

こんばんは、白黒茶々です。

今年も早いもので、気付いたらGWを過ぎていました。 皆さんはそのGWはどのようにして過ごされたでしょうか? 私は近場の渚園で犬キャ……… おおっと、ここでその話をしたら、それまでの間にあったことに触れる機会を逃してしまいますよ。 なので、それは後ほど改めてということで、順を追って今回は4月18日の日曜日にあったことを語らせていただきます。

私はその日はを伴って、朝早くから朝食もとらずに家を出て、東のほうに向かいました。 まずは道の駅掛川に立ち寄り、その様子を写真に撮ろうとしたのですけど、いつものごとく波と狛はなかなかこちらを向いてくれませんでした。 そのうち、彼女らの注意を引くために私が怪しい行動に入りかけていました。 が、まさにその時に通りかかった女性の方がその状況を察し「ワンちゃん、こっちこっち 」と声と手振りで協力してくださいました。おかげでいい感じで撮れましたよ とても助かりました、ありがとうございました。
それから30分ほど後には………

私たちは藤枝市内に入っていました。向こうに見えるインパクトありありのとんがり屋根の建物は、旧藤枝製茶貿易商館にございます。

明治35年(1901年)に建てられたのですけど、今年度中に近くの蓮華寺池公園内に一部を移築し、「旧藤枝製茶貿易商館を活用した茶文化発信・観光交流拠点整備事業」を実施しする計画があるそうです。
その建物を仰ぎ見ながら………

私たちは、高校サッカーで有名な藤枝東高校の真ん前にある、志那そばしげもとさんというラーメン屋にやって来ました。 こんな早い時間からというよりは、このお店は朝の7時からやっているのですよ
朝から営業のお店、空腹の私、「朝ラー」のタイトルが揃ったら、もうおわかりですよね?そうです 今回私はこのお店で、朝ラーメンを食べていこうというのですよ

正確には「志那そば」となっているのですけど、しげもとさんには赤と白のスープの麺があって、さらにそれらには温かいのと冷やしのジャンルも選べるようになっています。 それらの中で、私が注文したのは………

志那そば赤の温かいほう(税込み550円)にございます。 「朝からラーメンなんて、胃がもたれるのでは?」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんけど、ご心配には及びません。 こちらのラーメンは魚から出汁を取っていて、スープもあっさりしているので、朝からでもいけるようになっているのですよ。 ラーメンのスープというよりはむしろ、うどんやそばの汁に近いような感じでした。 実はこれだけではなく………

間もなくして、一緒に頼んだ志那そば白の冷やし(小・税込み450円)も運ばれてきました。 聞いた話によると、通は朝ラーメンの温かいのと冷やしの両方を食べるというので、初心者の私もそれに則ってみました。 ただし、朝からラーメン2杯はキツいと思い、冷やしのほうは小盛りにしておきました。
それから、付いてきた柚子わさびは効き目が強いので、入れ過ぎにご注意くださいませ。 はい、私はつい調子に乗って、涙ぐみながら食べるハメになってしまいました。

それはさておき、茶どころの志太藤枝地区では、早朝から茶農家や茶の取り引きなどの茶業に携わっている人たちの要望に応えて、朝ラーメンを出す店が増えていったそうです。 それらのお店が開く時間は次第に早くなっていって……… (志太だけに、次第にって )朝ラーメンは定着していきました。

そして、モーニング好きな私が藤枝朝ラーを食べてみた感想は……… モーニングといえば、トーストやおにぎり、お粥の類は受け入れられるのですけど、ラーメンはアリかナシかと聞かれたら、う~ん……… といったトコです。これはあくまでも個人的な好みなのですけど、朝ラーの話題を膨らませておいて、このような締め方はないだろうと思われた方もいらっしゃるかも知れません。 いや、朝ラーは習慣化されているものなので、1回食べただけで可否を問うのは邪道なのかも。なので、朝ラーを極めるためにも、また挑戦してみます あ、でもモーニングコーヒーはどうしてもハズせないので、今回と同じように次回も朝ラーを食べた後にはコンビニに寄らせていただきます。

そのコンビニコーヒーを調達した私は、次の目的地となる蓮華寺池公園に向かいました。 ところが、ちょうどその日は藤まつりがおこなわれていることもあって、公園に至る道は大渋滞となっていました。 気が遠くなるほどの混み方だったのですけど………

30分もしないうちに、私たちは公園に繰り出すことができました。 目の前にある汽車はやけに小さいのですけど………

モデルとなった実物は、公園の郷土資料館の前にありました。 この汽車は、私たちが袋井市側から軌道跡を歩いていった駿遠線を実際に走っていたものであります 軽便のサイズなので、ミニミニ列車ではあるのですけど、重厚感や存在感はありありでした。
蓮華寺池公園に無事に着いたということで、次回はコロナ感染防止対策が敷かれた藤まつり真っ只中のその公園を散策した様子をお伝えします。



にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「朝からラーメンを食べれたら、朝・昼・晩全部イケるじゃん!」と言っている、ラーメン好き過ぎな方は、こちらに投票してやってください。

コメント