箔と波のつれづれ日記

日本スピッツ波&狛とゆかいな仲間たち

狛、初めてのドッグランとオフ会

2019-02-16 01:31:08 | オフ会の類
こんばんは、白黒茶々です。
先月の中旬にハッピースママさんから、2月10日にハマ&ワンさんでオフ会をおこなうという御触れが出されました。 この時季は白ふわ仲間と逢う機会が少なく、私にとっては今年初めてのオフ会となり、さらにはちょうどウチ以外の白ふわに飢えていたところだったので、もちろん参加しますよ たつぴにも参加の意向を確認してから「おはようございます。白黒茶々家は2人と1頭で参加させていただきます。(原文ママ)」と表明しました。



しかし、その日のうちに事態は急変したのですよね。 ジェットコースター的な展開で、白黒茶々家の新たな家族としてを迎え入れることになり、水面下でその準備を進めていきました。そのことを皆さんに公表したい気持ちを抑えつつ、彼を引き取りに行く1月20日を迎えました。そして、本ワンとご対面 ここまで来たら、もう公表してもいいでしょう ただし、ストレートな発表ではナンなので………

「2月10日のオフ会、白黒茶々家は2頭と2人に変更してください。(原文ママ)」と、オフ会のグループチャットに書き込んでおきました。
それから間もなくして「わぁ 白黒茶々さん、もしや新しい子をお迎えになられたのですか (原文ママ)」という反応がありました。さすが勘が鋭いです というよりは、私の遊び心をくすぐるその返しに、思わずのたうちまわってしまいました。 自分で言うのもナンですけど、なんておバカなのでしょうか。それから、狛はその時までに混合ワクチンと狂犬病の予防接種をすでに済ませてあったので、そのままドッグランやオフ会に入り込むことができる状態となっていました。



今度の集まりは、狛にとっては初めてのオフ会となり、彼のお披露目の場にもなります。 さらに、たくさんのスピッツと対面したら、どのような反応をするのか、楽しみですね。 そして、いよいよオフ会がおこなわれる2月10日となりました。



………ということで、久しぶりにハマ&ワンさんにやって来ましたよ 私が自宅から車をぶっ飛ばしてきたら、30分を切る速さで到着しました。



それでも、そこにはすでにたくさんのお仲間が集まっていました。 この段階で私は気持ちがいっぱいになってしまい、写真を撮るのも忘れ、辛うじてこの1枚だけが記録に残っていました。 そこで長いこと雑談していたのですけど………



お昼までまだ時間があり、せっかくなのでドッグランに入ることにしました。それにしても、その第1次ドッグランの写真も少ないですね。 狛には、白黒茶々家史上初の「ドッグランで走る犬」と「もってこいができる犬」が期待されていたのですけど、彼は私が思っていたよりは自分のペースでその空間を味わっていました。 その一方で、今までボールには一切興味を示さなかったが狛に触発されて、私が投げたボールを追うようになりました。 「もってこい」は前半だけできたのですけど、それだけでも彼女にとっては大きな進歩です。



そのあとはみんなして屋内に入りました。 今回は奥の大部屋を貸し切っていただいたので、ランチを味わいながら大いに歓談できますね。



抱っこされたコタロー君は、嬉しそうなお顔をしていますね。おめかしもステキです。



ましろ君家は、パパさんが海外出張でいないのに、ママさんが5頭を引き連れて来ました。 おかげでまた賑やかで楽しい一家と逢うことができたのですけど、息が合ったところを撮るのは難しいです。



すずちゃんとは、今回が初対面でしたっけ?彼女はもうじき3歳になる、可愛い女の子です。



以前は犬見知りだったハッピーちゃんは、オフ会などに参加していくうちにかなり慣れてきた様子でした。社交的なママさんの影響もあって、今まで以上にフレンドリーでした。



こちらの2スピは、同居犬ではなかったような……… それでも、いい感じで並んでいますよ。



ピースちゃんミルク君も、いい味出していますね。 彼女らはなんとなく似てきたような気がします。



そこにやって来たのは、初めましてのそらちゃんです。なんとなくお顔が男の子の空君にも似ていますね。



こちらの空君は、抱っこされていました。ゆるい表情でも、イケメン、いや、イケワンです。



山梨県から遠路はるばるやって来たgun君は、箔を思わせるような前足ブンブンの動きをしていました。 その技を、ぜひとも狛に伝授してやってくださいませ。 そうそう、つい放ったらかしにしてしまっていた波と狛は………



なんか、シンクロしていますね。両者とも後ろ足が横にびろ~んと開いていますし。 この格好だけではナンなので………



シャキッと座っている姿も載せておいてあげましょう。 さらに撮影の範囲を広げてみたら………



彼女らの後方で、ハッピース兄弟が見事にシンクロしていました。彼らは双子だけあって、ソックリですね。 皆さんは区別がつくでしょうか?ちなみに向かって左側がハッピー君、右側がピース君であります。
このあたりで各テーブルに料理が運ばれ、オフ会は小休止というよりは会食に入りました。 ということで、午後からの様子と、ハマ&ワンさんの休日用メニューの1例などについては、次回の日記で触れさせていただきます。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 ハッピー君とピース君がフュージョンした姿を見てみたいという方は、こちらに投票してやってください。
コメント

満身創痍の赤オニ

2019-02-13 01:07:32 | 年間行事
こんばんは、白黒茶々です。
冬の寒さが本格的になるに連れて、全国各地でインフルエンザが猛威を振るっていますけど、皆さまのところは影響はないでしょうか? 私の身のまわりでは罹った人はいなくて、遠い世界の話だと思っていたのですけど……… 今月に入ってすぐに、職場にいる5人のうち2人がインフルエンザの魔の手に襲われてしまいました。 そういう私は微熱が出てノドと鼻がおかしいのですけど、これは風邪に違いない。たぶん、きっと。 もしインフルエンザだとしても、高熱が出てからではないと病院でその判定ができないそうなので、もう少し様子を見てからにしましょう。

………なんて言っていたら、朝から38℃以上の熱が出てしまいました。 これは、自分でもインフルエンザに罹っている自信があります。しかし、よりによって医療機関が休みの日曜日にコレをやってしまいました。 それでも、できるだけ早く治してまわりへの二次被害を出さないためにも、多少余計に治療費がかかるとしても、救急外来に行くしかありません。



その結果……… インフルエンザのA型と判定されてしまいました。 私がその病気になるのは、人生2度目ということに。「じゃあ、今夜は恵方巻はやめとく?」そういえば、この日は節分でもあったのです。



多少の吐き気はあるのですけど、普通に食べれないこともないです。 前の晩はカツ丼を、その日の昼は豚カツのネギ塩ソースがけ定食といったちょっと重めのメニューを完食していますし。 一方の恵方巻は、昨年の大量廃棄問題の反省から、今年は生産数が抑えられているので、売れ残りが出ることはほぼないと思われます。なので、この日に調達しなければ、食べるチャンスはないのです。



………ということで、節分食を用意してもらいました。 やはり恵方巻と一緒に、そばも食べておきたいですね。ただし、本来なら天ぷらそばにしたいところを、ややさっぱり目のきつねそばに変更してもらいました。



今年の恵方は東北東。今回は恵方巻を食べている間に「おえっ」とならないことを願いつつ、いっただきま~す
おかげでその願いは叶ったのですけど、もっとスケールの大きなことを念じておけばよかったと、今さらながら思っています。



恵方巻の一気喰いが済んだら、お楽しみ(?)の豆ぶつけタイムに入りますよ しかし、今回は赤オニのメンバーの中に病人がいて、部屋中に投げ散らかした豆をに無制限で食べて掃除させられない事情もあったので、こたつに座ったままの小規模なものとなりました。そういえば今年のデザインは、将棋鬼ですね。



投げる豆の量は減らしても、的確にぶつけますよ 「おには~そと、インフルエンザ~もそと (字余りでござる)」



最後には、瀕死の赤オニが出てきました。 しかし、そんな彼にも情け容赦なく豆がぶつけられました。ゲホゲホ、インフルエンザも早く退散してくれ



節分ということで、別バラもそれっぽいものが出回っているみたいですね。ちなみにこれは、フルーツロールケーキにございます。 さすがに1人で丸かじりというワケにはいかないので、3人で分けていただきました。



食べるほうの節分が終わったら、白黒茶々家のワンニャン総出演で、オニになってもらいますよ まずは京ちゃ(メス、7歳)からです。彼女はいつものごとく「やれやれ」という表情で応じてますね。



次は銀ちゃ(メス、8歳)の出番です。 オニのかぶりものは彼女のプライドが許さないみたいで、必死にもがいております。しかし、撮影できるまでは解放しないので、お諦めくださいませ。



3番打者は、晃ちゃ(オス、3歳)なのですけど、カメラが勝手に露出補正とかしてしまうので、黒猫を写すのは難しいです。 それに加えて、彼はジッとしてくれませんでしたし。それでもこの絵が撮れたということは、私の粘り勝ちということで。



ニャンズのラストは、緑ちゃ(オス、3歳)であります。基本的に彼はビビりなので、いとも簡単に撮ることができました。 それにしても、なんとなく難しい顔をしているようにも見えます。



そうしたら、今度はワンコ部門に入りますよ まずは波ちゃにやってもらったのですけど、彼女にとっては5回目ということもあって、すっかり慣れているというよりは、諦めている感じでした。



今回初オニ体験となる狛ちゃは「なんでこんな目に………」というような顔をしていますけど、ウチに来たらこのようなことをさせられる運命にあるので、お諦めくださいませ。



昨年まではこのあとにワンズは床に落ちている豆を食べ放題となるのですけど、狛がお腹を壊す恐れがあるので、各自年の数の豆を……… いや、そのようにしたら彼は1コも食べられないので、数え年にしておきました。 あ、それから後ろの障子は、狛が遊んでいる時にケツ圧で破りました。



いくらか睨みをきかせたら、さあお食べなさい 今回は家の中にインフルエンザ人間が出たり、新メンバーが未成犬ということもあって、例年よりは控え目な節分となってしまいました。 それでも、その範囲内で楽しむことができました。来年以降も規模縮小をしたままとなるのかも知れませんけど、食べるほうは何のためらいもなくやりたいので、前段階からインフルエンザが入らないことを願っています。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 私が赤オニのお面をかぶったまま救急外来に行かないか、ハラハラドキドキされた方は、こちらに投票してやってください。
コメント (2)

憧れの法多山のおみくじと厄除だんご

2019-02-09 00:30:10 | 年間行事
こんばんは、白黒茶々です。
前回の日記と同じように、今回もの最近の様子から入らせていただきます。 私は先月の20日に大阪の高槻市まで生後7ヶ月の狛を迎えに行き………



その翌朝には、彼にとっては初めてとなる、白黒茶々地方の散歩に出ました。 さっそく通学する小学生や、彼らの見守り隊を務めている近所のおじちゃんやおばちゃんたちに、狛をお披露目したかったのですけど、家を出るときにもたついたこともあって、すっかり出遅れてしまいました。 それはさておき、都会だった前の住まいの周辺とは違って、こちらは田舎なので、舗装路からちょっとはみ出れば、すぐに土や草を踏めるような環境となっております。 それだけではなく………



海岸にも近いのですよ この風景をバックにしていい写真が撮れたら、SNSのプロフィールにでも使うことにしましょう。



………と言っているのに、またしても両者の息が合いません。 波ちゃも狛ちゃも、頼むからこっちを向いてくれ~



このあたりが限界でしょうか?今回は報酬(おやつ)も持ってきていませんし。 これを先の目的に使えるかどうかは「う~ん………」としか言えません。



それでも次に寄ったコンビニの駐車場では、いい感じの絵を撮ることができました。 しかし、こちらは背景が「う~ん………」ですよね。
………といったトコで、話はまたしても狛史以前の、先月6日の初詣にまでさかのぼらせていただきます。

箔母さんたつぴの白黒茶々家の3人と1頭は、矢奈比賣神社霊犬神社を参拝したあと、袋井市の法多山(はったさん)に向かいました。その正式名称は法多山尊永寺で、私と波が昨年の12月に紅葉狩りに行った可睡斎油山寺とともに、遠州三山の1つに数えられている名刹であります。 そちらは初詣の時季にはいつもにも増して賑わっているのですけど、それとは別に、私たちにはある目的があったのです。それは……… のちほど触れさせていただきます。



とかなんとか言っているうちに、法多山の門前にたどり着きました。 ちなみに私たちがこちらに来たのは約2年ぶり。その時はまだがいて、夕暮れ時ということもあって、閑散としていたのですけど………



この日はこんなにも混んでいました。 これぞ、初詣の醍醐味 ………なんて言ってみたのですけど、できたら身動きができる程度の混み具合でお願いします。 その門前町や露店の間を通過した先に………



国指定重要文化財の仁王門が姿を表しました。 その両脇に飾られている門松も、大きくて立派ですね。



そいつを潜った先に続く参道には、杉の大木が並んでいて、厳かな雰囲気がありありでした。



さらに参道は舗装路となっていき………



天界に続く長い石段へと変わっていきました。 そ、それにしても、法多山の石段って、こんなに長くてキツいものでしたっけ?



ハアハア……… な、なんとか本堂のある山頂部にたどり着きましたよ。 そうしたら、みんなで参拝いたしましょう。



法多山の境内は、ワンコも一緒に入れるのですけど、本堂の手前からは規制されています。 それはまあいいとしても、「ペットを連れての立ち入りはご遠慮ください」のような、やんわりとした断り方でもよかったのでは。いや、なかにはご遠慮しない方がいたのかも知れませんね。
そもそも波はペットではなく、私にとっては歴史探訪のパートナーでもあるので、入っても……… く、苦しい……… 結局、前回の時と同じように、家族で波の守り役を交替しつつ、参拝しました。



初詣をしたら、やはりおみくじも引きたくなりますよね 前回は訪れるのが遅くて、私たちが来た頃にはもうこちらのおみくじ屋は終わっていました。実は、法多山のおみくじは「凶」の比率が多いというウワサがあるので、本当にそうなのか、確かめてみたかったのです。 私にとって初めてとなる、こちらでの運勢は………



「吉」ですね。全体的に並々な内容ですけど、この時点ではまだ意識していなかった「待人(犬)」は「来るとしても遅い」となっていました。 現実ではその部門は、11日後に撤回されることになりますね。ちなみに、たつぴも「吉」だったのですけど………
箔母さんは、なんと「大吉」 法多山でその運勢を引き当てるなんて、スゴいことですよ。 もちろん、いいことばかり書いてあるのですよね。ところが「今年中に死ぬが、極楽浄土への道が用意されている」なんて内容のことが書かれていました。 「こんな『大吉』は、ヤダ」これなら「凶」でズタボロにされつつも救いの道を教えてもらったほうが、まだマシでした。



そんなモヤモヤを解消させたい方には、こちらのだんご茶屋で売られている厄除だんごがオススメです。 いや、おみくじの内容とは関係なく、法多山に来たら必ず食べたくなるのですよね。そういう私たちは、そのだんごも目当てでこちらに来たのですけど。 ちなみに厄除だんごは、皿に乗せられたお召し上がり用と、箱に詰められたおみやげ用の2種類があり………



お召し上がり用は1皿200円で、もれなく袋井のお茶が付いてきます。 私たちはワンコ連れなので、外のベンチに座っていただくことにしましょう 串にささった、もちもちの細長い団子が5つ束ねられていて、それらに程よい固さと甘さのあんこがかけられています。そいつを、1つずつ味わいながら食べてもよし。豪快に5つを一口で一気にいってもよし。皆さまのお好みの食べ方で、お召し上がりくださいませ。
ちなみに私は、最初の串は1つずつ、次の串は1ー2ー2でいただきました。

参道を引き返していく間に、私たちはカートに乗せられたニャンコと行き逢いました。 彼(彼女?)は最近、一緒に暮らしていた相方のワンコを亡くしたみたいで、飼い主さんは「おかげで、どんなワンコとも仲良くなれる」と言っていました。そんな彼(彼女?)に、波は興味津々のご様子。 彼女はウチの全てのニャンコに嫌われているのですけど、ひょっとしたら……… ところが、近付いたら思いっきり「シャーーー 」と威嚇されてしまいました。波ちゃ撃沈 です。彼女の今年の願い事は「ニャンコとも仲良くなれますようになの~」にしておいたほうがいいみたいです。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 やはり厄除だんごは参拝前と参拝後の2回食べておきたいという、食いしん坊な方は、こちらに投票してやってください。
コメント

今さらながらの矢奈比賣神社初詣噺

2019-02-06 09:00:27 | 年間行事
こんばんは、白黒茶々です。
先月は月の終盤に白黒茶々家にが電撃的な仲間入りをして中身が濃くなったということもあって「今年はもう1ヶ月経っちゃった」というセリフは出ませんでした。 若いスピッツが新たに加わった生活は、新鮮なのですけど………



私の念願だった2スピが並んでいる写真を撮ろうとしても、エネルギーが有り余っている狛はジッとしていてくれなくて、かなり苦労させられました。 それは贅沢な悩みで、再び2スピ体制に戻れただけでも充分なのでは?とは思っているのですけど、でも、でもっ………
とかなんとかやっているうちに、偶然彼女らが真横に並びました。今だ



しかし、私が撮影ボタンに指をかけたときには狛が次の動きに入り始めていて、ブレてゴーストのようになってしまいました。 これでは可愛くないというよりは、ホラーですよ
その後も粘り強くチャンスを狙っていたら、狛がようやく動きを止めてくれました。 今度こそ本当に、撮れましたよ



そいつを改めて確認してみたら、う~む……… 狛ちゃがまばたきをしてしまいましたね。 お互いにまだ息が合ってなくて私が思い描いている絵を撮るのは難しいのですけど、いつかは自然と寄り添う姿が見られるようになると信じ、その時が来るのを待つことにします。

皆さまもご存じの通り、当箔波日記は時事ネタを扱う際には少々出遅れ気味で、いつも賞味期限ギリギリとなっています。 本来なら1月下旬に初詣に行った話を載せるトコだったのですけど、突然ウチに狛が来ることになり、そのいきさつを豪華(?)3本立てで綴ったら、初詣ネタが1月からはみ出てしまいました。 だからといって没ネタにしてしまうのはあまりにも惜しいですし。2月に入って世間はすっかり節分の豆ぶつけムードの中にあるのですけど、話は狛が来る前の狛史以前となる、先月初旬にまでさかのぼらせていただきます。

年初の行事でもある初詣は、年が改まったらすぐに行きたいですよね。 しかし、お正月の3が日は大きな神社仏閣は混んでいて、駐車場に車を止めて拝殿や本堂にたどり着くまでにかなりの時間と労力を要してしまいます。 そういうこともあって、白黒茶々家は今年の初詣はお正月休みが終わったあとの最初の日曜日に……… って、もしかしてその日(1月6日)まで休みが続いていたという方はいるのでしょうか? と、とにかく………



そのような流れで私たちがやって来たのは、静岡県磐田市にある見付天神の愛称でも知られている、矢奈比賣(やなひめ)神社であります



こちらの神社には、妖怪を退治した霊犬・悉平太郎の伝説もあります。 さらにそのワンコは、箔波日記にも馴染みのあるご当地キャラのしっぺいのモデルにもなっているのですよ。 そこから奥に進んでいき………



昨年の1月2日にはこんなにも混んでいた参道は………



今回はこうなっていました。 駐車場は谷間のほうに回されて、そこから歩いてきたのですけど、ここまではいたって順調



そうしたら、みんなして拝殿にお詣りしておきましょう。 それが済んだら………



その両脇に鎮座している牛の石像を触って、パワーをいただきましょう。 せっかくなので、もやっておきなさい。



さらに、裸祭りの書き割りにも顔を突っ込んでおきたいですね。 昨年まではこれとは別に、神主と巫女の書き割りもあったのですけど、年々朽ちてきていたのでついにお役御免となったみたいです。



おみくじは相変わらず種類が充実していますね。今回はそれらに加えて、犬みくじ猫みくじなんていうのもありました。 しかし、ウチの全ワンニャンぶんとなると、かなりの数になってしまいます。



しっぺいのお守りも、充実していました。 こちらでは、陶製のしっぺいに入ったおみくじも売られていました。ちなみにそちらのしっぺいは、ノーマル、裸祭、ラグビーの3種類となっております。



あと、しっぺいの絵馬なんというのもありました。絵が可愛くて、ついお持ち帰りしたくなりそうです。



矢奈比賣神社の参拝が済んだら、今度は霊犬神社に向かいますよ ちなみにその神社は、矢奈比賣神社の裏側に位置しています。



鳥居をくぐって、長い参道を進んでいくと……… こちらの神社はワンコの参拝が多いということもあって、参道脇にはたくさんのお手紙(マーキング)のあとが残されているみたいですね。 波ちゃがそれらを解読し続けていこうとしたので、なかなか先に進めませんでした。



な、なんとかたどり着きましたよ。 霊犬神社は全国で唯一の、犬(霊犬・悉平太郎)を祀った神社でもあります。 だからでしょうか?その祠は犬小屋サイズとなっています。
さらにその脇には、私たちが先程見たしっぺいの絵馬が奉納されていたので、ちょっと失敬して読ませていただきました。 愛犬の健康を願うものばかりと思いきや、「天国に行った⚪⚪ちゃんが、先に行った△△ちゃんと幸せに暮らせますように」というのもあって……… つい泣けてきてしまいました。 私もの行く末を願って、絵馬を納めておくべきでした。一連の行事を終えて、帰……… いや、次の目的地に向かおうとした私たちの前に………



このようなワンコが現れました 姿かたちからしてポメラニアンのようですけど……… 飼い主さんに聞いてみたら、正真正銘のポメの男の子でした。



しかも、体重が9kg台もあるというのですよ 9,3kgの波と並べてみても、彼のほうが大きく見えてしまいます。 私は以前にも何回か巨大ポメと遭遇したことがあるのですけど、9kg台は初めてです。
そういえば、彼の名前を聞くのを忘れていました。そのことに気付いてから、必死になって追いかけたのですけど、なかなか見つかりません。 もし見つかったら、お互いに涙を流しながらあの名ゼリフ「君の名前は?」を言わなければ
※大ヒット映画の「君の名は。」のラストシーンですか。その前に、入れ替わったり胸を揉んだりしないといけないのでは!?(編集部注)
実はこの日は初詣のはしごをしていて、次回の日記はそちらでの様子について綴らせていただきます。 それから、次の参拝地では巨大ポメと再会することを祈願しておけばよかったと、今さらながら思っています。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 白黒茶々家の待人(犬)運が気になるという方は、こちらに投票してやってください。
コメント

狛、問答無用の電車デビューと白黒茶々家入り

2019-02-02 01:10:26 | ワンコ
こんばんは、白黒茶々です。
前回から、私と狛(こま)は前の飼い主のAさん家と同じ市内にある、スピ仲間のももにゃんさんのご自宅にお邪魔しています。 新たに仔犬を迎え入れる際には、本ワンに負担がかからないためにもなるべく早く帰宅し、その日は新しい環境の中でゆっくりと休ませるのがセオリーなのですけど、私はももにゃんさんの好意に甘えて、寄り道させていただきました。 そのような初めての場所で、狛は借りてきた猫のようにおとなしくしている………



………と思いきや、お部屋の中を走り回ったり、おもちゃで遊ぶのに夢中になったり、………と、viviちゃんを圧倒させていました。 どうやら場所見知りをしない子みたいですね。その動きは昨春に亡くなったLambちゃんにも似ていたみたいで、ももにゃんさんのお孫さんのしゅう君が「あ、Lambだ 」と言うほどでした。



それから何かに集中していたり、伏せの状態でいるときは、後ろ足が横に開くみたいです。 は大人になった現在でも同じようなことをしているので、この体勢をダブルでやることになりそうですね。



そんな狛は、viviちゃんと一緒にももにゃんさんに抱えられました。 お顔をマトモに見られるチャンスなので、今のうちに写真を撮りまくらなければ



この顔も、いいですね よく見てみたら、彼は長くて立派な耳毛も持っていました。



そんな狛ちゃですけど、椅子などの高いところはニガテみたいで、急におとなしくなりました。 この特性は、今後も使えますよ そうしたら、viviちゃんにも乗ってもらって、このショットも撮りまくり
とかなんとかやっているうちに、帰りの列車の時刻が迫っていました。 これだけ遊び回れば、さすがに疲れて弱って、電車の中ではおとなしくしていてくれるでしょう。………なんてことを私は目論んでいたのですけど、狛の動きは少しも弱まりませんでした。 彼はいつになったら疲れるのでしょうか?



その後、私たちは高槻駅の前まで車で送っていただきました。 ももにゃんさん、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
列車に乗り込む前に、狛に水分補給をさせていたら、通りかかったおじちゃんやおばちゃんたちに囲まれ「ひょっとして、スピッツ?珍しいわぁ」いきなり注目を浴びてしまいました。 彼は吠えないスピッツなのですけど、電車用キャリーの中でおとなしくしていてくれるでしょうか?

心配する必要はありませんでした。 狛は列車での移動中は、一言も言葉を発しなかったのです。 私たちが列車に乗り込んでから約2時間半後、白黒茶々地方に到着………



………したのかと思いきや、実はもう一ヵ所寄り道をしていくのですよ。 ちなみに私たちが降り立ったのは、愛知県の尾張一宮駅にございます。



その駅前は、イルミネーションによって幻想的な風景となっていました。 実は今度は、スピ仲間でこちらの地元民でもあるけいママさんと合流することになっているのですよ 彼女は来月に予定しているオフ会への参加が厳しく、この日私たちは帰りの通り道でもあったので、この際逢っておきましょう という流れとなりました。それにしても、昨年の4月にも待ち合わせ場所となった、駅の西口にいらっしゃるハズなのに、見当たりませんね。
※白黒茶々さんたちがいるのは、東口のほうです。駅前の佇まいがソックリで間違いやすいのですけど、早くそのことに気付いてください!(編集部注)



間違えた~ けいママさんから電話が来るまで、まったく気付きませんでした。 こちらでもイルミネーションをやっていて、紛らわしいことこの上ないですし。いや、綺麗なので大いにやってもらっていいですよ。 そちらのほうの駅前には………



最年長のゴウ君を除いた、心愛ちゃんゆめちゃん夢来君の3スピとけいママさん娘さんがいらっしゃいました。 そんな彼女らに、狛は圧倒されることもなく、グイグイと迫っていました。



なんかワヤワヤしてしまい、みんなのお顔をうまく撮ることができませんでした。 それでも「らしさ」が出ているので、ヨシとしておきましょう。



今度は場所を変えて撮ってみました。 こちらでは、スピッツの白さが際立ちますね。




さらにもう1枚。狛は夢来兄さんに興味津々のご様子ですね。 けいママさんは「波ちゃんより先に逢っちゃって、申し訳ない」と仰っていましたけど、これは私がお願いしたことなので。 それよりも、この日は私の急な申し立てに応じてくださり、さらに寒い中お付き合いしてくださって、ありがとうございました。
その後も私の方向感覚は狂っていて、列車のトイレがある最後尾の車両に乗るつもりだったのに、間違えて最も遠い最先端の車両のほうに行ってしまいました。 あとは、朝乗り込んでいった駅まで箔母さんに迎えに来てもらい………



21時ちょっと過ぎに、白黒茶々家に到着。 そうしたら、家の中でいよいよ玉手箱を……… じゃなくて、電車用キャリーを開封しますよ その中で、狛はおとなしくしていたのかと思いきや、敷物を再利用できないほど噛みちぎっていたのです ま、まあ、それはいいとして、初めて彼とご対面した箔母さんたつぴは「かわいい~ 」と、とろけていました。 しかし、その場にいた猫の銀ちゃの動きは固く……… なんか、波と初めて顔を合わせた時のことを思い出してしまいました。 そうしたら、いよいよその波姉さんと逢わせてみましょう



初対面なので、最初は慎重にいくと思われたのですけど、両者ともテンションが上がり、いきなりじゃれ合っていました。 おかげで、写真に納めるのに苦労しましたよ。頼むから、一瞬だけでもジッとしていてくれ~



ハアハア……… なんとか捉えることができましたよ。 末っ子の波に弟ができ、「波姉さん」という呼び名に私はまだ不思議な感じがするのですけど、これからは狛のいい見本となってもらいたいです。 最初はお互いのペースがわからなくて大変だと思いますけど、必ず両者の立ち位置が見つかると信じています。波と狛がこれからどのような関係を築いていくのか、楽しみにしています。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「狛君の前世はダルシム(ヨガファイヤー)だったのでは?」と思われた方は、こちらに投票してやってください。
コメント (2)

運命の子

2019-01-30 01:52:24 | ワンコ
こんばんは、白黒茶々です。
前回の日記は、私が里子に出されていたスピッツの仔犬を迎えに行き、飼い主さんのご自宅の前まで来たという、いいところ(?)で終わっているのですけど、今回はその続きではなく、伏線から入らせていただきます。



時は昨年の秋、ところは大阪府高槻市にある、ホームセンターのカインズホームのペットコーナーにまでワープします。 そちらには日本スピッツの男の子の仔犬がいて、私のスピ仲間でその地域の地元民でもあるももにゃんさんは、その動向を気にしていました。その頃彼女は、買い手となる新しい家族が決まるかどうか、しょっちゅう見に行っていたそうです。 ずっと彼の顔を見ていたいのですけど、早く行き先も決まってほしいですし、嗚呼~どぉしよ~ ………と、葛藤されていたことと思われます。ちなみにその仔スピは6月10日に、長野県のブリーダーのもとで生まれたそうです。
それからしばらくして、「新しい家族が決まりました」という札が付けられ、彼はいなくなったのですけど………



「地域といい(現在は)生後7ヶ月といい、あまりにも当てはまるので、ひょっとしたら(今から白黒茶々さんが迎えに行く)里子の仔スピ君はその子かも」ということを気にされていました。私は「そのあたりのことも、確認してきます」と言って、先方のご自宅マンションの扉をたたき……… いや、私にとっては人生初のオートロックの入口を通過しました。 その一角のAさんのお部屋に、例のワンコはいました。 そちらで写真を撮るワケにはいかなかったので、ここからは皆さまはその情景を想像しながらお読みくださいませ。



仔スピ君はもともと人好きだったみたいで、いきなり現れた私にも嬉しそうな顔をしつつ、尻尾を振ってくれました。 その子のために、部屋の中にはちょっと大きめで立派なケージも置かれていました。さらにマイクロチップを埋め込んだり、ペット保険に加入していたり、………と、彼が大切にされていることが伝わってきました。



それから、ある程度のしつけもすでに仕込んでありました。ただし、奥さんがイラン系のハーフということもあって、「おすわり」や「ふせ」はペルシャ語でしかきかないみたいです。
しかし、旦那さんと共働きで家を留守にすることが多く、そのストレスから仔スピ君が前足の毛をむしるようになったそうです。私にもいえるのですけど、ペットには実際に飼ってみないとわからないことが多々あります。 できることなら手離したくなかったのですけど、新しい里親さんのいい環境で育ててもらったほうが、本ワンにとって幸せだと思い、苦渋の決断をされたそうです。彼が幸せになれるかどうかは私の努力次第なのですけど、その話を聞いて、より大切にしなければ と決意しました。



それから、その仔スピ君にはラディー君という名前がついていました。カッコいい響きなのですけど、実は私はすでに新しい名前を用意してあったのですよ 念のためにAさんに「違う名前で呼んでもいいですか?」と確認したら、すんなりと了解してくださいました。
※白黒茶々家のワンニャンの命名に関しては、いつからか漢字で1文字、読みでは2文字程度という暗黙のルールができていて、今回もそれらに基づいています。ラディー君から変わる仔スピ君の名前は、のちほど公表させていただきます。(編集部注)

あとは里親募集サイトの規定に従って、契約書を交換するだけです。 その際に、新たな飼い主として私を選んでいただくまでの経緯を少し聞かせてもらいました。里子に出すことになったラディー君に対して、応募や問い合せは20件を超えていたのは、前回の日記で触れた通り。 また募集の範囲は、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県としてあったのですけど、東は東京、西は……… 確か山陽地方まで、全国から書き込みがあったみたいです。 それに対してAさんは、受け入れ先に関しては特にこだわらず、どこでもOKだったみたいです。そして選考作業は進んでいき、2件ぐらいまで絞られたところで、私が飛び込んできたのでした。 それを聞いて、初期段階で諦めなくてよかったと、つくづく思いました。

最後に、私がラディー君を引き取ったあとの要望を聞いてみたら……… たった1つだけありました。それは、彼のその後の様子が気になるから、たまに写真を送って欲しいというのでした。 もちろん、お送りしますよ ということで、LINE交換をしておきました。それから、彼の様子は箔波日記でも見られることを改めてお知らせし、オフ会などでこちら方面に来る機会があったら必ず顔を出すということも約束して、私とラディー君はAさん宅をあとにしました。



私たちはそのまま、近くのコンビニの駐車場で待機しているももにゃんさんのもとに戻りました。 ということで、再びviviちゃんの登場となります。 「例の件を聞いてみたら、やはりカインズのあの子でした」「そうでしたかー
私はAさんのところで、ラディー君を見つけられたお店についても聞いていました。そうしたら、市内のカインズホームだということが判明し、さらに彼の誕生日が6月10日ということもわかりました。 このような形で、この子と再び逢えるなんて……… ももにゃんさんにとっても、彼は運命の子だったみたいです。



玄関にスピッツのプレートが掲げられているのは……… ももにゃんさんのご自宅です。 私たちはその後、こちらにお邪魔させていただきました。



そこには、昨春に10歳で亡くなったLambちゃんの祭壇があったので、私は最初に彼女に手を合わせておきました。



viviちゃん、少し騒がしくさせてしまいますけど、堪えてくださいね。 Lambちゃんを亡くしたあと、ももにゃんさんは再び新たなスピッツを飼いたいとは思いつつも、高齢のviviちゃんに負担になってはいけないという理由で諦められたそうです。



しかしお財布に手をかけつつ、カインズのこの子のことを見ていたことと思われます。それにしても、彼にとっては初めてのところなのに、場所見知りすることもなく、思いっきり遊び回っています。 おかげで、なかなかいい感じの写真が撮れません。



ハアハア……… なんとか捉えることができましたよ。 このようなことがあろうと思い、私は箔の形見のマナーベルトを持ってきたのですけど、それはすぐに容量がいっぱいになってしまいました。そういうこともあって、この写真ではLambちゃんの形見の紙パンツを履いているのですよ。



そのような中で、私はラディー君に代わる新たな名前を発表しました。ちなみに「波」という名前は人気アニメの「ONE PIECE」ナミをモチーフにしつつ、呼びやすさと親しみやすさと可愛らしさをから導き出したのですけど、こちらは可愛らしさの代わりにカッコよさを意識して考えました。 それは………
「狛(こま)」という名であります。もんげーなこの名前は、人気アニメ「妖怪ウォッチ」に出てくるキャラクターのコマさんと同じで、狛犬の狛です。 この字は「はく」とも読むことができて、昔箔の友達だった狛(はく)君から1文字いただきました。
※1文字というか、まるごと全部でもあるのですけど。(編集部注)
スピッツの「白」に「ケモノヘン」が付いて、カッコいいと思いませんか? それに、狛犬は神の守護獣でもありますし。ということで皆さま、今後とも狛のことをよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 ペットショップなどでスピッツの仔犬を見かけたら、ワンコと財布の中身の往復運動を始めてしまうという方は、こちらに投票してやってください。
コメント (2)

日本スピッツの男の子とのご縁

2019-01-26 01:29:55 | ワンコ
こんばんは、白黒茶々です。
皆さまもご存じの通り、白黒茶々家は昨年の3月末に日本スピッツの(享年14歳1ヶ月)を亡くしました。その数ヵ月前から彼は病んでいたので、ある程度は覚悟ができていて、そのXデー以後も普通に生活し、笑ったりもできるので大丈夫 ………と思ったのですけど、13年近くもずっと一緒にいたこともあって、寂しさはあとからじわりじわりと来るようになりました。



波と合わせて2頭の世話は大変でしたけど、両脇にスピを従えて散歩やお出かけをしたり、あのモフモフの感触を味わったり、私が帰宅したらダブルの笑顔で迎えてくれたり……… と、一度2頭飼いの醍醐味を味わってしまったら、なかなか捨てきれませんでした。 そのような流れで、私は「また新たなスピッツを飼いたい」と思うようになりました。

それから、私は以前からワンコを親子で飼うことにも憧れていて「に産んでもらおう」なんてことも考えていました。ところが、箔母さんは「面倒を見るのが大変だから」という理由で、再び多頭飼いすることに反対しました。 「ましてや、波に産ませるなんて以ての他 」それでも、私はなかなか諦めきれませんでした。

ワンコの出産について調べたりする一方で、その経験のある飼い主さんに意見を聞いたりしたのですけど……… ある方は獣医さんを介していながらも、母犬が死産や感染症に遭い、子宮を摘出されたりしたそうです。 さらに、母乳が止まっていることに気付かず、無事に生まれてきた仔犬にも死なれたり……… ということなどがあって、1頭しか育ちませんでした。
さらに追い討ちをかけるように、スピッツクラブの最後の挨拶の中で、司会のアクアマリンさんは「スピッツの繁殖は難しく、私のところでも死産だったり、後で生まれてきた子がしょっちゅう死にそうになったりしたので、素人が手を出してはいけません」という話をしていたこともあって、私の決意は大いに揺れました。
こうなってしまったからには、波に産ませるのは現実的ではありません。そもそも女の子の彼女を選んだのは、増やす目的があったワケではなかったですし。新たな子を迎え入れるとしたら、彼女と血が繋がっていなくても、いいじゃないですか ということで、私はワンコの里親募集サイトに走りました。

しかし他の犬種に比べて、日本スピッツの件数は圧倒的に少なく、それが希少種だということを改めて実感させられました。 こうなったら、スピッツならどの子でもOKです この際、性別や年齢に関してはこだわらないことにしましょう。
そのような心持ちで1件ずつ見ていったら、このような場所でも保護団体が活動していました。 彼らのおこないは立派で、頭が下がる思いなのですけど……… 大切にしたい気持ちがあまりにも強過ぎて、「避妊・去勢手術をやっておくので、それにかかった費用を負担してもらう」とか「健康診断、ワクチン、マイクロチップ埋め込みの費用も、別途請求」といった条件がありました。ま、まあ、それらの条件はやむを得ないことなのですけど。 それにしても、団体御用達の獣医費がけっこう高いです。 さらに「引き渡しの際には譲渡先に届けに行くのですけど、その際の交通費も負担していただく」というのですよ。さらに「冷暖房完備、完全室内飼い、番犬不可、長時間の留守番不可」など、かなり厳しい条件を突きつけていました。それらのことはやってやれないこともないとは思うのですけど、私にとってはハードルが高いです。 それ以降もスピッツの里子情報が追加されることもなく、私はしだいにそのサイトから離れていきました。



そんな今月の17日に、ふと思ってその里親募集サイトをチェックしてみたら、大阪府高槻市で生後7ヶ月の日本スピッツの男の子が出ていました。 「共働きのため、家にいる時間が短くゲージで飼っているため、出して遊ぶ時間があまり取れないので、子犬のストレスになっていることに気づきました。」ということから「在宅時間があり、遊んであげられる時間を作れる家族や、既婚者の方の限定の応募に致します。(原文ママ)」という条件で里親を募集することにしたそうです。 こちらは個人間のやり取りとなるので、保護団体のときほど厳しくないのですけど、応募や問い合わせがすでに20件を超えていました。

しかも、募集対象地域は滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県に限られていますし。私のいる静岡県は、思いっきりその圏外となります。今から4年ほど前に、私は黒ふわの猫を求めてこのサイトを利用したことがあります。その際に、募集対象地域外ながらも、同じ東海地方の岐阜県で「これは 」という猫を見つけました。ところが「静岡県まで連れていったら猫にとっては負担となるので」という理由で断られてしまいました。 新幹線や高速道路を使えば、2時間ほどで行けるというのに。

それでも、私はそのスピッツの子が気になって仕方がありませんでした。 そうしたら、家に帰ってから箔母さんを説得して、エントリーする許可をもらうか?いや、先方は「18日に家族会議で受け入れ先を決める」とも言っているので、それでは間に合いません。 ならば、まずは「大阪府高槻市で、生後7ヶ月のスピッツの男の子の里親募集情報がありました。」というメッセージとともに、その子の写真をLINEで送ってみましょう。 それからしばらくして「なんか、箔に似ているね(原文ママ)」と返ってきました。実は、私もなんとなくそう思っていました。 ここからが本題です。勝手にエントリーして、箔母さんには事後報告という手もあったのですけど、そのようにしたら禍根を残すことになるので、正々堂々といくしかありません

私は意を決して「募集が18日までで、すでに20件以上の希望者や問い合わせがあったそうです。さらに関西限定など、条件面でかなり不利なのですけど、よほどの縁があれば繋がれるかも。ダメ元でエントリーしてもいいでしょうか?」と送ってみました。 それに対しての彼女の答えは……… 「飼いたいとか?」「まあ頑張れ 」でした。
いちおう了解を得ることができたので、これから誠心誠意をもって、先方との交渉に入ります。
白黒茶々家の家族構成や、現在のペットの数(ワンコ1頭、ニャンコ4匹)の紹介から入り、昨春に先住犬の箔を亡くして私も波も寂しくて、新たなスピッツを迎えるのを望んでいること。朝晩の散歩の他にも、柵で囲まれたフリースペース(箔波庭)でも運動できること。さらにはスピッツが好きで、多くのスピ仲間と交流していて、高槻市内にもスピ友達(ももにゃんさん)がいることを伝え、そちら方面に行く機会があったら、必ず顔を出すと付け加えました。 あと参考資料として、当ブログの箔波日記も添付しておきました。
しかし、その時にはすでに募集は締め切られていたということに、後になってから気付きました。 ダメになる可能性のほうが大きいのですけど、もし今回はご縁がなかったとしても、猫の京ちゃと行き逢うまでに6ヶ月、晃ちゃのときには5ヶ月もかかったので、長期戦も覚悟の上です。 それよりも、箔母さんの前で里子を探す方向に舵を切ることができたので、たとえどんな結果になったとしても、大きな一歩を踏み出したことになります。
そしてその日の夜に、先方から返事がありました。気になるその結果は………

「アンケートを読んだら、私共が考えていた理想的な里親像でしたので、連絡させて頂きました。もし里親様になられるとしたら、お迎えに来られる日はいつがいいでしょうか?」
というではありませんか これはもう、奇跡というしかありません。さらに
「ぜひ、私達のワンちゃんの家族になっていただけないでしょうか?家族会議をしたら、即答で白黒茶々さんに里親様になって頂けたらと、意見がまとまりました。」
とまで言ってくださいました。 そのことを箔母さんとたつぴに伝えたら………

え~~~!!
まだ年が改まったばかりなのですけど、今年最大の感嘆詞が飛び出しました。 箔母さんは当初は新たな家族を受け入れることには否定的だったのですけど、あまりの縁の深さにまいってしまった様子でした。そうと決まったら、次は私がワンコを迎えに行く日にちを決める段階となります。 双方の都合のつく日を擦り合わせていったところ………
「3日後の(20日の)日曜日に行くことになった」

え~~~~~~!!!!
早くも今年最大の記録更新となりました。 ジェットコースター的というか劇的で、あまりの展開の早さに、心が追い付かない状態でした。 今思えば、あの夜の白黒茶々家はテンションが高かったです。



そうと決まったら、早急に目的地までの交通手段を考えなければなりません。 当初は私が波を連れて車を運転していく方向でした。 ムリなく行くには、土曜の夜経ち&途中で車中泊まで考えたのですけど、不慣れな土地にいきなり車を乗り入れるのは危険で、費用もかなりかさみます。
それだったら、お得意の列車での旅にしてみては? それなら渋滞や迷走もなく、確実に目的地にたどり着くことができます。 仔スピ君にとっては、いきなりの電車デビューとなってしまいますけど、波のきょうだい犬のまなちゃんなつちゃんも、受け入れ先までは鉄道で行ったので、大丈夫でしょう。たぶん、きっと。

そうそう高槻に行くのだったら、やはりその地域にお住まいの、ももにゃんさん家のviviちゃんにもお逢いしたいですね。 そのような私の急な申し立てにも、彼女は都合を合わせてくださいました。あと合流する前には、高山右近にゆかりのある高槻城跡にも寄っていきましょう このようにして、急ピッチで仔スピ君お迎え計画を仕上げました。



そして間髪入れずに、その当日となりました。 朝早くに出る列車に乗るために、私は未明から支度を始め、波を散歩に連れていき………



その一連の動きから、彼女はお出かけムードを察して勝手に盛り上がっていました。 「今から新しい弟を迎えに行くから、家で待っていてくれ」とことわってはみたのですけど、果たして理解してくれたかどうか……… そんな彼女に見送られながら、私は箔母さんに駅まで送ってもらい、列車に乗り込んでいきました。
しかし米原駅で乗り換えに失敗し、予定より30分ほど遅れてしまいました。しかも、外は雨が降っていますし、今から高槻城跡に行くのは厳しいです。 そのようなときに、ももにゃんさんから連絡が
「山崎駅まで来てくださったら、先方のご自宅前まで車でお送りします」願ったり叶ったりのありがたいお言葉に、私は甘えさせていただきました



ということで、山崎駅までやって来ましたよ 京都府と大阪府の境にあるこの地は、天正10年(1582年)6月に羽柴(のちの豊臣)秀吉明智光秀が山崎の戦いを繰り広げたところでもあります。 また、その駅前にはコンビニのデイリーヤマザキもあるのですよね。 そこで、私は数年ぶりにももにゃんさんと再会しました。



その車内で、viviちゃんも出迎えてくれました。 14歳4ヶ月にもなるのですけど、持病もなくて私が思っていたよりは元気でした。 そして、その一同はいざ仔スピ君のもとへ 約束していた12時までまだ時間があったので、その近くのコンビニ(そちらは7と11のお店)のコーヒーをいただきつつ、歓談などしていました。



そして、いよいよ先方のご自宅マンションの前にたどり着きましたよ 箔や波を迎えに行ったとき、これから一緒に過ごす楽しい生活を想像し、とても嬉しい気持ちだったのですけど、今回も同じなのでしょうか? また、彼は初対面となる私を受け入れてくれるのでしょうか?その様子については、次回の日記で触れさせていただきます。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 明智光秀が主人公の来年の大河ドラマ「麒麟がくる」を今から楽しみにされている方は、こちらに投票してやってください。
コメント (2)

感謝の言葉しか見つからない……… さくらももこさんが遺したもの

2019-01-23 01:12:32 | 人物伝
こんばんは、白黒茶々です。
昨年の8月15日に、漫画家で作詞家でエッセイストのさくらももこさんが亡くなりました。 彼女は人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の原作者として有名ですけど、私のいる静岡県出身で、さらに作風にも共感できることが多々あるので、私には親近感があります。今回はそんなさくらももこさんの出身地を訪れつつ、彼女の歩んだ道を辿っていこうと思います。



さくらももこさん(本名はシークレット)は、昭和40年(1965年)の5月に静岡県清水市(現在の静岡市清水区)に生まれました。 入江小学校、同・第八中学校と地元の学校に通い、高校は公立ながらも当時は女子校だった県立清水西高等学校へ。 さらにこれもまた地元の静岡英和女学院短期大学(現在の静岡英和学院大学短期大学部)に進学しました。



そんな今年の1月中旬に、私は静岡駅に降り立ちました。 その駅前には、さくらさんによって描かれた、静岡市をアピールする横断幕が掲げられていました。
彼女は後日談で「何の取り柄もなかった私に、学校の先生は『お前のエッセイは群を抜いて優れている』と言ってくれました。私は漫画を描くのが好きだし、そうだ エッセイの漫画を描いてみよう」と、語っていました。そのようにして、短大に在学中の昭和59年(1984年)に「りぼんオリジナル」の冬の号で「教えてやるんだありがたく思え!」という作品で漫画家デビューしたのです

さらに、漫画家をやりながら東京の企業に就職したのですけど、二足のわらじはさすがにキツかったみたいで、仕事中には居眠りばかりしていたそうです。 しまいには、上司に「仕事か漫画か、どちらかにしろ」とまで言われ「じゃあ、漫画を取ります 」入社からわずか2ヶ月でその会社を辞めてしまいました。



漫画に専念する決意をしたさくらさん。デビューから2年後の昭和61年(1986年)に「りぼん」「ちびまる子ちゃん」の連載を始めたのでした。 姉が単行本を持っていたこともあって、私はかなり前からその存在を知っていました。その書き出しが、こんな感じなのですよ。 このような作者のノリ、私は好きです。



その記念すべき第1話は「おっちゃんの まほうカードの巻」というタイトルでした。 夏休みを前に、終業式から帰ってきた小学生のさくらももこさんことちびまる子ちゃんは、両手に持ちきれないほどの荷物を持って帰宅しました。 そのあと、誰でも手品ができるというカードを売る、怪しいオジさんと出くわすのですけど………
初期の「ちびまる子ちゃん」は、さくらさんが小学校3年の時の自らの姿を描いていて、日常の生活の中で彼女のまわりに起こることには、思わず「うんうん」とか「あるある」と言ってしまいます。



とかなんとか言っているうちに、私は清水駅に到着しました。ここは、さくらさんが生まれ育った街でもあります。



その駅の西口となる江尻口には、そこがかつては東海道の宿場町だったということもあって、さくらさんの手による旅人に扮した彼女の自画像がありました。 また、一緒にいるレッサーパンダは、日本平動物園のシンボル的存在でもあります。



その反対側の東口ことみなと口には、今度は茶摘み娘姿のさくらさんが 富士山と駿河湾の風景も、いいですね。



そのみなと口を出たところからは、エスパルスドリームプラザへの無料送迎バスが出ているのですよ ということで、今から私はそのバスに乗っていきます。



清水駅から10分ほどで、エスパルスドリームプラザが見えてきましたよ ちなみにこちらは、お土産屋、飲食店、映画館、観覧車などを備えた複合施設であります。 さらにその3階には………



ちびまる子ちゃんのテーマパークとなる、ちびまる子ちゃんランドがあるのですよ その入口前には、漫画に出てくる駄菓子屋のみまつ屋や神社が設けられています。



そこを入ったら、ちびまる子ちゃん(以降は『まるちゃん』とさせていただきます)とお友達のたまちゃん、それと友蔵じいさんがお出迎え なんか、これから楽しいことが始まりそうな気がしてきました。



そのまた先には、さくら家の日常の風景がありました。 台所にはお母さん(名前はすみれ)とお姉ちゃん(さきこ)がいて、茶の間にはお父さん(ひろし)とお祖母ちゃん(こたけ)の姿がありました。



さらに子供部屋には、いましたよ まるちゃんが。それにしても、かなり散らかしていますね。



さくら家ゾーンを過ぎたら、学校の教室に突入しました。 その一角で………



着ぐるみ、いや、生身のまるちゃんがグリーティングをしていたので、一緒に写真を撮ってもらいました。 これはいい記念になります。



………なんて言いながらも、次の公園ゾーンでは、まるちゃんやたまちゃんに囲まれつつ、しっかりちゃっかり自撮りしている私の姿がありました。



それらのような見て撮って楽しむコーナーの他にも、新聞の四コマ漫画に連載していた頃の、さくらさん直筆のネーム(大ざっぱな流れを表す下書き)や………



アニメのオープニングに流れる映像の原案なども展示されていました。 「ちびまる子ちゃん」は平成2年(1990年)にアニメ化され、当初のオープニングは今のような「おどるポンポコリン」ではなく、「ゆめいっぱい」という曲だったのですよ。 アニメの放送は一旦途切れたのですけど、あまりの人気と反響に押されて放送は再開され、今ではすっかり日曜日の夕方の定番となっています。



ちびまる子ちゃんランドのすぐ横では、期間限定で「さくらももこ ありがとうの会」の展示がおこなわれていました。その入口には長蛇の列ができていたのですけど、私はそれを見るまでは帰らない決意をして並びました。



お待たせしました。今から皆さまをその中にご案内いたします。 ある程度の人数で仕切られたのですけど、かなり賑わっていますね。



入ってすぐのところには、さくらさんの仕事部屋の様子が再現されていました。このような環境の中で、数々の作品が産み出されてきたのですね。



こちらにも、新聞の四コマ漫画の原画がありました。「うんうん」な内容ですけど、カラーだとキレイで見やすいですね。



こちらは、ネームみたいですね。まるちゃんと父ひろしとのやりとりがとても面白いです。



さらに、まるちゃんとクラスメイトなどが描かれたイラストや………



さくらさんのメッセージが書かれた色紙などもありました。 またその会場では、さくらさんの歩んできた道や、彼女へのメッセージが収録されたビデオも流されていました。 そのナレーターは、やはりキートン山田さんだったのですけど………
「『ちびまる子ちゃん』など、私の描いてきた作品をたくさんの皆さまに可愛がっていただき、とても感謝しています」という彼女のメッセージに対して、キートン山田さんが「ありがとうと言いたいのは、こちらのほうである」と返したところで、私はぶわっときてしまいました。 さらにそれに追い討ちをかけるように「さくら、ありがとな 」などといった、まるちゃんのクラスメイトの声でお礼の言葉が続いたので、泣かない自信があった私でも耐えきれませんでした。 彼女が亡くなってから、5ヶ月近くも経つというのに………



さくらさんは故郷の清水が好きで、このような環境で生まれ育ったので、長年多くの人から愛されてきた「ちびまる子ちゃん」などの作品が生まれたのですね。そのことは、彼女の直筆のメッセージからもうかがうことができます。



静岡市葵区の新静岡セノバの近くには、さくらさんがデザインしたマンホールの蓋があります。



さらにもう1ヶ所、清水区の清水駅の江尻口の近くにも、その地域をイメージしたデザインのものが設置されているのですよ。 そこからも地域愛を感じるのですけど、これが彼女にとって最後の仕事となってしまいました。



あと、会場の外に「さくらももこさんにメッセージを書こう 」というコーナーがあったので………



私も一筆書かせていただきました。 さくらさんの活動場所は天国に移ってしまったのですけど、彼女が遺した作品はこれからも親しまれ、伝わり続けていくことでしょう。 エスパルスドリームプラザの「さくらももこ ありがとうの会」の特別展は、2月11日までおこなわれているので、さくらさんを偲びたいという方は、期間内にそちらを訪れてみてくださいませ。
それからオマケとなりますけど、彼女が郡上八幡(岐阜県郡上市)をいたく気に入り、そこを舞台にして勝手に作ったという「GJ8(エイト)マン」というヒーローが主役のネットアニメに、私は最近ハマっています。 主題歌の「長良川鉄道の夜」の歌詞は彼女が手掛け、さらに自ら声優も務めたのですよ その肉声が、まるちゃんをやっているTARAKOさんにソックリなのですよ さくらももこ先生、いろいろと楽しませてくださり、ありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 GJ8マンの水ぶっかけ攻撃を受けてみたい方は、こちらに投票してやってください。
コメント

ガラスの十代最後の、たつぴの誕生日

2019-01-19 01:03:19 | 家族
こんばんは、白黒茶々です。
1月14日はたつぴの誕生日で、今年で19歳になりました。 彼がスピッツのオフ会に顔を出すようになったのは、小学校に入る頃だったので、なかにはまだ小さいイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、肉体は着々と成長しているのですよ。 それに伴って声が変わり、縦の成長も止まりつつあります。ここまで来ると、親の箔母さんは、来年彼が成人式に出ることを意識してしまいます。



2020年の成人式は……… 調べてみたら、成人の日は1月13日なのですけど、自治体が主催する成人式はその前日の12日の日曜日におこなわれることになるでしょう。いずれにしてもたつぴの誕生日より前なので「成人式のあとは、懐かしい級友たちと打ち上げに行こう 」というノリでの飲み会には、まだ参加できないのですよ。 それよりも、式典に参加するときの服装は和服かスーツか……… 彼が酒に強いかどうかも含めて、来年まで楽しみにしています。



話は今年の1月に戻ります。たつぴの誕生日の直近の日曜日に、白黒茶々家はちょっと豪華なディナーを食べに行きました。 ただし、今回はいつものような肉系のチェーン店ではなく、同じ市内の新居町地区にあるパパガロというピザとパスタのお店にしました。レンガ張りの外観からしておしゃれですね。
内部の様子は撮ってないのですけど、木を使った落ち着いた内装となっております。席についてから、私たちはお得なセットを注文しました。



しばらくして、前菜が出てきました。サラダも含めたメニューには、このお店の自家菜園で有機栽培された野菜が使われているので、新鮮であっさりとしています。



次は、Lサイズのピザですね。 ちなみに具にはツナ、ベーコン、コーンが入っております。



さらにパスタが来たのですけど、種類は季節限定も含めて30以上もあるのですよベースはトマト、クリーム、ガーリックなどの中から選び、麺の量や太さも調整することができます。 ちなみに私は、トマトベースのナスとモッツァレラチーズのスパゲティーにしました。そうそうこちらのお店では、並盛りが成人男性サイズとなっているので、大盛りにするとかなりの量となります。おかげで、この段階でお腹いっぱいとなってしまいました。それでも、別バラぐらいはいけますよ。



あとはドルチェの、ブルーベリーとヨーグルトのアイスとホットコーヒーで締めるだけです。 ちなみに、3人がお腹も心も満たされるこれらのパパガロセットは、5378円(税込)となります。



そして、たつぴの誕生日当日には、今年もじいじばあばからケーキの差し入れがありました。 1回での食べきりサイズとはいえ、ケーキ屋さんの手によるお祝いのメッセージが嬉しいですね。



さすがにローソクを19本も立てることはできないのですけど、添付されているだけ使って、火を点けてみました。



あとは部屋の電気を消して、みんなでお祝いソングを歌いますよ よろしかったら、パソコンやスマホの前の皆さんもご一緒にご唱和くださいませ さん、はいっ
♪はっぴば~すでぃ、つぅ~ゆ~………



2022年の4月から、成人の規定が18歳に引き下げられるそうですけど、たつぴはその対象外となります。それでも、選挙権はすでに手にしていて、今年4月の統一地方選あたりが、彼にとって最初の選挙となりそうです。 1人の力は小さいのですけど、やりようによっては国を動かすことができます。とにかく選挙デビューの際には、大いに悩んでから投票してくださいませ。
それから今さらながらですけど、たつぴには「硝子の少年」とか「ガラスの十代」とか当てはまるのでしょうか?私たちの世代は「十代」といえば、つい「ガラスの………」を連想してしまうのですけど、いずれにしても壊れやすい年頃はこの1年のうちに終わらせてください。たつぴ、ちぇすと~ 気張れや ………って、もう古い?


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 すでに頭の中で光GENJIがループしている方は、こちらに投票してやってください。
コメント

あのスクールアイドルが銀幕デビュー!映画「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」

2019-01-16 00:59:47 | 映画情報
こんばんは、白黒茶々です。
昨年秋から年末にかけて「ラブライブ!サンシャイン!!」の再放送がありました。 そのアニメは沼津市を舞台に、小規模な私立高校に通う9人の女の子たちがスクールアイドルグループの「Aqours(アクア)」を結成し、ラブライブの頂点を目指す物語です。 ちなみに箔波日記では、昨秋に私が最後のスピクラ展に向かう途中で沼津に降り立ち、彼女たちが描かれたマンホールめぐりをした時に触れたことがあります。



その「ラブライブ………」が映画化され、今月の4日から公開が始まったのですよ そのタイトルはズバリ「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」………ってかなり長いのですけど、皆さまはトチらずに一息で言うことができたでしょうか? その映画をやることは以前から決まっていたので、アニメの再放送はその準備段階というか、誘い水だったのかも知れません。もしそちらを全話観てしまったら、映画に行かざるを得なくなるとは思っていたのですけど、私は最後まで付き合ってしまいました。 その間に主要メンバーの9人の顔と名前を覚え、気付いたらそこには義理ではなく、楽しく観ている自分がいました。



高海千歌(声・伊波杏樹)を中心としたAqoursの9人が通う浦の星女学院は、統廃合の危機を抱えていました。 それを阻止するために彼女たちは奮闘したのですけど、力及ばず。 悲しみにくれるAqoursだったのですけど、生徒のみんなに励まされ、学校があった証を残すために、スクールアイドルの全国大会のラブライブの頂点を目指す決意をしたのです。 その結果、見事に優勝を果たすことができました。そして、その翌春には3年生のメンバーが卒業し、学校は閉校しました。

映画はその後の彼女たちの話みたいですけど、「ROOKIES」「信長協奏曲(コンツェルト)」も、ドラマを引っ張っておいて「続きは映画館で 」という手法を取っていましたね。 いや「ラブライブ………」のアニメはきれいに完結しているので、映画は別モノと捉えたほうがいいのかも。 それから公開と前後して、セブンイレブンココスなどで「ラブライブ………」のコラボも始まりましたし。 こうなったからには、私の今年の映画事始めは「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」に決めましたよ



………ということで、やって来ましたよ 隣町にあるユナイテッドシネマ豊橋18に。私がこちらで最後に映画を観たのは、昨年6月の「空飛ぶタイヤ」だったので、半年ぶりぐらいになります。 今回も日曜日のファーストショー(午前)なので、1100円を払っていざ劇場へ



やはりいきなり本題に入るのもナンなので、いつもの如くこれから公開が予定されている、いくつかの他の作品の予告編に触れさせていただきます。
まずは「劇場版・シティーハンター」です。 これは北条司さん原作の人気漫画で、これまでにアニメ化はもちろんのこと、映画化も3度されてきました。
冴羽獠(声・神谷明)と槇村香(伊倉一恵)を中心として、東京・新宿で殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー「シティーハンター」の活躍を描くハードボイルドコメディ。連載が開始された1980年代後半が舞台で、「シティーハンターが美人の依頼人から仕事を受け、その依頼を数話をかけてこなす」というのが基本構成となっています。
主題歌はやはり、アニメ版をきっかけに大ヒットした、TM NETWORKの「Get Wild(ゲット ワイルド)」とのことです。 「劇場版・シティーハンター」は、2月8日から公開が始まります。



次は、毎年春の映画としてすっかり定着している「ドラえもん」で、今回のタイトルは「のび太の月面探査記」であります。
最近、中国の月面探査機が月の裏側を探査したばかりなのですけど、その件とは別モノとしてお捉えくださいませ。 ドラえもんの世界では、月面探査機が月の裏側で白い影を捉えて、大ニュースになりました。 それを見たのび太は「月のウサギだ 」と言い張ったのですけど、みんなから笑わらわれてしまいます。 そこでドラえもんの「異説クラブメンバーズバッジ」という道具を使って、月の裏側にウサギ王国を作ることに。 そんなある日のこと、不思議な少年ルカが転校してきて、のび太たたちと一緒にウサギ王国に行くことになったのですけど………
やはり今回も、笑いあり涙ありハラハラありの展開につい引き込まれ、大人から子供まで楽しむことができる内容になっていると思われます。 それから、映画の主題歌は平井大さんの「 THE GIFT」になるそうです。来場者には、手のひらサイズのおもちゃがもれなく付いてくる映画ドラえもんは、3月1日から上映されます。



そうしているうちに「ノーモア映画泥棒」のビデオカメラ男、ポップコーン男、ジュース男の三侯が現れ、映画の撮影禁止の注意喚起をしました。 わかっておるから、心配要りませんよ。 そして、いよいよ映画「ラブライブ………」の本編が始まるのかと思いきや………
コミカルな渡辺曜(斉藤朱夏)がMCとして出てきて、映画の前に特別なショットを出すことを伝えてきました。 しかも、その画像はスマホなどで撮影してもいいというではありませんか 「なお、撮影した絵は、SNSなどで………」
著作権や肖像権の問題があるので、SNSなどで広めず、持ち帰ってくれっていうのでしょう?
「大いに拡散して、映画をアピールしてください
な、なんと そういうことなら………



お望みの通りにしてあげようではありませんか 私は今までに、百数十回(たぶん)は映画館に来たことがあるのですけど、そのスクリーンを写したのは今回が初めてです。ちなみにモデルを務めているのは、高海千歌であります。この画像は、来る時期によって変わっているのでしょうか? こうなったらリピーターになって、確かめなければ………

「ラブライブ………」噺をする前に、この作品の中心となるAqoursのメンバーを紹介します。 スクールアイドルは学校の部活動で、Aqoursは各学年3人ずつの合計9人となります。



まずは、アニメ版の最後に卒業していった3年生で、左から小原鞠莉(鈴木愛奈)、松浦果南(諏訪ななか)、黒澤ダイヤ(小宮有紗)です。



次は2年生の、桜内梨子(逢田梨香子)、高海千歌渡辺曜の3人。



あとは1年生の、国木田花丸(高槻かなこ)、津島善子(小林愛香)、黒澤ルビィ(降幡愛)であります。



「ラブライブ………」は、磯野フネさんの故郷でもある沼津市を舞台にしていて、映画の本編はAqoursが同市内にある仲見世商店街をバックにして、歌って踊る(ライブをする)ところから始まります。 この作品は、実在する場所をリアルかつ丁寧に描いていることもあって、聖地巡礼がしやすくなっているのですよ。 浦の星女学院の外観だけではなく、ロケーションまでもが、市立長井崎中学校そのものですし。仲見世商店街でのライブ映像には、彼女らの足元に沼津市のマンホールの蓋がそのまんま出ているのですけど、よく見たらかなり踏まれていました。

映画は、新学年になる前の春休みにあった話となります。浦の星女学院(略して浦女)は閉校し、在校生だった1・2年生は別の高校に編入することになっていたのですけど、その学校の一部の父兄が「小規模校の生徒を受け入れると、部活動がユルくなる」という理由から、ここにきて反対していました。 やむを得ず、浦女の生徒は………



とりあえず分校という扱いで、沼津の外れにある廃校になった別の学校の校舎を割り当てられることになったのでした。 ちなみにこの建物は実在し、旧赤坂区沼津臨海学園だったものが、現在は沼津市文化財収蔵庫として使われています。
「浦女は生徒が少なく、どの部活も中途半端なのが弱み」という意見に、高海千歌は「全国を圧巻した、私たちのスクールアイドル部という部活があるじゃない」と言い、編入を保留している学校の部活紹介のイベントに、特別に参加させてもらうことになりました。
ところが、結果は散々なことに。3年生が抜けた残りの6人だけでは、ステージでのパフォーマンスがおぼつかなかったのです。おかげで、その時には編入を認めてもらうことはできませんでした。



一方の、3年生の3人はどうしているのかというと……… 彼女たちは卒業旅行で、小原鞠莉の祖国のイタリアに行っていました。 しかし程なくして、彼女の母(矢島晶子)から千歌たちに「鞠莉たちと連絡が取れなくなったから、現地に行って捜してきてクダサイ」という依頼がありました。行方不明となったと思われた3年生でしたけど、千歌たちとはローマであっさりと遭遇 鞠莉と母親との間には、一悶着あるみたいなのですけど………



再び合流したAqoursは、アイドル活動をする意義を彼女に認めてもらうために、ローマのスペイン広場(もちろん、実在します )でライブを披露したのでした。

しかし、3年生とは離れ離れとなることが決まっているので、これからは残りの6人は彼女たちに頼らずにスクールアイドルを続けることになります。そのためには、どうしたらいいのか?千歌たちは、その答えを見つけなければなりませんでした。



今回の映画には、アニメ版にも出てきた北海道のスクールアイドルの、Saint Snow(セイント スノー)鹿角聖良(田野アサミ)・理亞(佐藤日向)姉妹も遠路はるばる出張してきて、物語のキーワードとなります。



また、渡辺曜の従姉の渡辺月(黒沢ともよ)というニューキャラも出てきますし。

それからアニメ版と同じように、個性的なAqoursの9人のキャラが立っているので、この映画が「ラブライブ………」事始めとなる方で自然に入り込めると思います。ストーリーやまわりの情景については申しぶんないのですけど、それらに加えてライブのシーンは臨場感があって素晴らしいです。各声優さんがアニメから飛び出し、紅白歌合戦でも歌って踊ったほどなので、なかなか侮れません。



さらに、6人で再スタートしたAqoursは、最後は沼津駅前の大通りに特設ステージを建てて、ライブをやりますし。 映画「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」は現在、全国の映画館で「絶賛公開中 」とのことです。気になる方は、ぜひ映画館に駆けこみ、ついでにスマホなどに彼女たちのスペシャルショットもお納めてきてくださいませ


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 沼津で歌って踊りたい衝動に駆られた方は、こちらに投票してやってください。
コメント