goo

中学受験パパママ塾「ONE」を始めた理由


近年、中学受験は3年生の3学期から始まるのが一般的になってきました。

ただ、これは以前の状態からするとかなり早い。しかもカリキュラムの修了が5年生終了時になってしまったので、相当ペースも速くなりました。

子どもたちにとってはかなりの負担増です。実際に少子化で競争率はそれほど上がっていないにもかかわらず、早くからの塾通いで、習い事やスポーツをあきらめる子どもたちが多くなりました。また、その途中で、早いペースについていけず、親子で困ってしまう場面も多く見受けられるようになってしまったのです。

小学生ですから、本当にまだ成長途中。いろいろなことができるようになっていくのも個人差があり、全員にそれこそ以前の飛び級のような学習をやらせるのは本当は無理なのです。

そこで、2017年からITをフルに使ったフリーダム進学教室のWEB学習システムの開発を始めました。このカリキュラムは敢えて5年生からスタートし、子どもたちが受験準備にふさわしい学齢になって勉強をやってもらうことを念頭に置いています。さらに2018年にはテレビ電話とWEB学習システムを使って「いつでもどこでも」受講できる個別指導「スタディールームオンライン」も始めました。

しかし、まだまだ力不足というか、その内容を知っていただくべき新4年生のみなさんに情報を届けられていない、と感じていました。

当たり前ですが、5年生からスタートすることを薦めているからです。といって5年生からスタートする、というコンセプトは捨てられません。

では4年生は何をすればいいの?

この問いに答えなければいけないと思ったのです。

もちろん4年生にも勉強はしてもらいたい。ただ、すぐに受験勉強、ではなく算数の思考力や国語の読解力、あるいは基礎となる計算や読書、そういう土台となる部分を培ってもらいたいのです。それもできるなら自宅で。

4年生はまだ体力もないし、夜遅くまで塾、というのは生活のリズムを壊します。

だからお父さん、お母さんに手伝ってもらいながら、少しずつ準備を進めていきたいと思うのです。

またお父さん、お母さんにも現在の受験の姿を知ってもらった上で、もっと効率の良いやり方、学校の選び方などを知ってもらえたらと思います。

これまで開発してきた4年生の教材をフルに公開します。

これらをお使いいただいて、早くに塾を始めるのではなく、子どもたちの中学受験に対するモチベーションをしっかり作った上で、中学入試の準備を始めてもらいたいと思います。

新4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内


今日の田中貴.com
受験心得

6年生の教室から
ミスが続いたら

慶應進学館から
出願書類のコピーを忘れずに












にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« なぜ本気にな... 入試が始まり... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。